Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • Hi there. My name is Emma, and today, we are going to be talking about a scary topic: Tips for dealing with speaking - Anxiety.

    こんにちは。エマです。今日は、怖い話をします。話すことに対処するためのヒント - 不安。

  • So, what do I mean by "anxiety"?

    では、「不安」とはどういうことでしょうか?

  • Just in case you don't know that word.

    この言葉を知らない人は念のために。

  • Well, what I mean is... have you ever, maybe gotten very nervous before talking to someone in English or even in your own language?

    さて、どういうことかというと...あなたは、英語や母国語で誰かと話す前に、とても緊張したことがありませんか?

  • Maybe you have a presentation to give, and right before the presentation your hands get all wet and sweaty, your heart starts to beat.

    もしかしたら、プレゼンの直前に手が濡れて汗ばみ、心臓がドキドキすることがあるかもしれません。

  • For some people, they start to shake.

    人によっては、震え出す人もいます。

  • Speaking anxiety is not a fun thing to go through, and people get it for meetings, when they even just go to a party, or out with their friends, some people get nervous, especially if they have to speak in a different language.

    話すことの不安は、楽しいことではありませんし、人々は会議で不安になります。また、パーティーに行くとき、彼らの友人と外出するときや、別の言語で話さなければならない場合は特に、一部の人々は緊張します。

  • So, looking at engvid.com, I've noticed a lot of you have asked, "How do I deal with speaking anxiety?" "How can I become a more confident speaker?".

    engvid.com を見ていると、多くの方が "スピーチの不安にどう対処すればいいのか?"と質問していることに気づきます。"どうしたらもっと自信を持って話せるようになりますか?"という質問です。

  • Well, this video is going to talk specifically about that, and give you some good tips to use.

    このビデオでは、それについて具体的に説明し、使用するためのいくつかの良いヒントを提供します。

  • These tips are all tested, because as some of you may know, I have a second language.

    これらのヒントはすべてテスト済みです。ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、私は第二言語を話します。

  • So I speak English -- that's my native language -- my second language is French.

    つまり、私は英語を話します。それが母国語ですが、第二言語はフランス語です。

  • And so, when I was learning French, I had a lot of these types of situations, where maybe in class the teacher would ask me a question, and I would panic.

    フランス語を学んでいるとき、授業中に先生に質問され、パニックになるようなことがたくさんありました。

  • And, as I tried to talk, I just couldn't find the right words.

    そして、話そうとすると、どうしても適切な言葉が見つかりません。

  • My heart would start to race, and my language-speaking ability would just drop.

    心臓はバクバクするし、語学力は落ちるばかりです。

  • I'd start to make mistakes, and I knew they were mistakes.

    ミスをするようになり、間違っていると自分でも気付いていました。

  • But for some reason, because I was so nervous, I wasn't able to communicate well.

    でも、なぜか緊張していたせいか、うまく伝えられなかったんです。

  • I made lots of mistakes that I knew I shouldn't be making.

    ミスすべきではないとわかっていても、たくさん間違えてしまいました。

  • So, let's look at some of these tips.

    では、そのヒントをいくつか見ていきましょう。

  • Some of these tips, before we begin, are maybe a little bit common sense.

    紹介を始める前に、これらのヒントの中には、もしかしたら少しばかり常識的なこともあるかもしれません。

  • Maybe you've heard these tips before, but ask yourself:

    もしかしたら、これらのヒントは以前に聞いたことがあるかもしれませんが、再度自分自身に問いかけてみてください。

  • Do you actually do these things when you speak?

    実際に話すときに、これらのことを実行していますか?

  • Because it's one thing to know that something is good for you, it's another thing to actually do it.

    なぜなら、あることが体に良いと知っていることと、実際にそれを実行することは別物だからです。

  • My very first tip is the importance of breathing.

    私の最初のアドバイスは、呼吸の重要性です。

  • So, when you are nervous, it's very important to breathe.

    つまり、緊張しているときは、呼吸をすることがとても大切なんです。

  • To breathe deeply.

    深く呼吸すること。

  • You don't have to do this in front of people, though.

    人前でやる必要はないんですけどね。

  • You don't have to take a deep breath where they notice you're breathing heavily.

    呼吸が荒いと気づかれるような深呼吸をする必要はありません。

  • Just remember, take a breath.

    ただ、忘れてはいけないのは、一呼吸置くことです。

  • What does this do? It calms your heart.

    これにはどんな効果があるのでしょうか?心が落ち着くのです。

  • Scientists have proven that just by breathing, you calm yourself down and you relax yourself.

    科学者たちは、呼吸をするだけで、自分自身を落ち着かせ、リラックスさせることができることを証明しています。

  • This is something you can do, especially in a speaking test.

    これは、特にスピーキングテストで活用できることです。

  • I know a lot of my students do the IELTS, they do the TOEFL, they do various tests like this.

    私の生徒の多くは、IELTS や TOEFL、このような様々なテストを行っていますね。

  • And at some point, maybe they make a mistake and they panic.

    そしてある時、もしかしたらミスをしてパニックになるかもしれない。

  • They think, "Oh, no. I've made a horrible mistake. I'm going to fail this test."

    彼らは「ああ、だめだ」と思うのです。とんでもない間違いを犯してしまった。このテストは失敗だ "と。

  • What do I tell them to do? Take a breath and continue.

    何を伝えればいいのか?一息ついて、続けてください。

  • My second tip is to walk.

    2つ目のコツは、「歩く」ことです。

  • Now, I'm not saying you have to... before speaking to people, you always have to be walking, because that's just not practical.

    人と話す前に、常に歩きながらでないといけないということではありません、それは現実的ではないので。

  • And I'm not saying you have to go on hour-long walks in order to be better speakers.

    また、話し上手になるために、1時間のウォーキングをしろとは言いません。

  • What I'm saying though, is that if you have some sort of speaking performance, speaking test, something you have to do which you're very nervous about.

    しかし、私が言いたいのは、もしあなたがスピーチのパフォーマンスやスピーチのテストなど、とても緊張するようなことをしなければならないのであれば、そのようなことをする必要があるということです。

  • If you have a little bit of time before you have to speak, a good idea is to take a short walk.

    話すまでに少し時間がある場合は、少し散歩をするのも良いアイデアです。

  • Before a presentation, before you present, walk around the room for three minutes.

    プレゼンの前に、プレゼンをする前に、3分間、部屋の中を歩いてみましょう。

  • Again, this sends a signal to your brain, and it naturally has a calming effect on you

    ここでも、脳に信号が送られ、自然と心を落ち着かせる効果があります。

  • It will calm your heart and it will help you to not panic.

    心が落ち着くので、パニックにならずに済みます。

  • Now, if you're at a party and you know, your friends are all there, and you're still really nervous, you can still use this tip.

    さて、もしあなたがパーティーで、友達がみんなそこにいて、それでも本当に緊張しているのなら、このコツを使いましょう。

  • You don't have to be obvious, like pacing back and forth.

    行ったり来たりするような、目立つことはしなくていいんです。

  • But, you can walk before you speak, if possible.

    でも、できれば話す前に歩くといいです。

  • It's a very good way to keep you from panicking.

    パニックにならないようにするためです。

  • The third point is a little bit more technical.

    3つ目のポイントは、少し専門的な話になります。

  • I've written here "Automate Language".

    ここに「言語の自動化」を書きました。

  • What does this mean? Practice.

    これはどういうことでしょうか?実践してみましょう。

  • The way your brain works is the more you do something, it becomes automatic, almost like a robot or a machine.

    脳の働きは、何かをすればするほど、それが自動化され、まるでロボットや機械のようになるのです。

  • If you practice the same expressions again, and again, and again, you don't have to think about them anymore, they just come straight out of your mouth.

    同じ表現を何度も何度も練習していると、もう考えなくても、そのまま口から出てくるようになるんです。

  • This is what you want to do with speaking.

    これが、スピーキングでやりたいことです。

  • Learn key expressions, either that you might use for work, or that you may use for school.

    仕事で使うような、あるいは学校で使うような、重要な表現を学びましょう。

  • For example, a lot of students, they always say, "I think" -- that's a key expression. You can change that -- "in my opinion".

    例えば、多くの学生はいつも「I think」と言いますが、これは重要な表現です。"in my opinion"「私の考えでは」という表現に変えてもいいでしょう。

  • If you practice saying that enough, anytime somebody asks you your opinion, it will just come out.

    そうやって練習していれば、いつ誰に聞かれても、自分の意見が言えるようになりますよ。

  • You won't have to think about it.

    考えなくて済むようになります。

  • Even if you're panicking, these words still come out.

    パニックになっても、この言葉は出てきます。

  • So, practice. Practice these key expressions.

    だから、練習してください。これらの重要な表現を練習してください。

  • Our fourth tip is to remember you don't need to be perfect.

    4つ目のアドバイスは、「完璧である必要はない」ということを忘れないようにすることです。

  • This is something a lot of ESL students forget.

    これは多くのESL学生が忘れてしまうことです。

  • They meet a native speaker and they think, "Wow. This person, their English is beautiful. They have perfect English. I wish I could talk like that."

    ネイティブスピーカーに会って、「わあ、この人、英語がきれいだなあ」と思います。彼らは完璧な英語を話します。私もこんな風に話せたらいいのに......」と思うのです。

  • But, what a lot of ESL students don't realize is native speakers make mistakes all the time in their English.

    しかし、多くのESL学生が気づいていないのは、ネイティブスピーカーだって常に自分の英語を間違えることがあるということです。

  • Every time I talk to my friends, family, even professors, they make grammar mistakes, they make vocabulary mistakes, they have what's called, "slip of the tongue", where maybe something comes out incorrectly.

    友人や家族、教授と話すたびに、文法を間違えたり、語彙を間違えたりしています。いわゆる "舌禍 "と呼ばれるもので、何か間違いが出てきてしまうのです。

  • It's normal to make mistakes and people don't judge you harshly on your mistakes.

    間違えるのは当たり前だし、失敗を厳しく評価されることもありません。

  • So, don't judge yourself too harshly. It's okay to make mistakes.

    だから、あまり厳しく自分を評価しないでください。間違えてもいいんです。

  • In fact, the best way to learn a language is to make mistakes.

    実際、言語を学ぶのに最適な方法は、間違えることです。

  • So make mistakes - don't be perfect.

    だから、間違えましょう、完璧を目指さないで。

  • Number five: I'll be giving you a bit of an example with this specific point in a minute.

    5番です。この具体的なポイントについて、ちょっと例を挙げてみますね。

  • Use a "speaking template".

    「話し方テンプレート」を使いましょう。

  • Now, what is a template? It's like a map, where you figure out exactly how to organize the way you speak.

    さて、テンプレートとは何でしょうか?それは地図のようなもので、自分の話し方をどう整理するかを正確に把握するものです。

  • These are very useful especially for speaking tests.

    特にスピーキングテストにはとても有効です。

  • For the TOEFL, for the IELTS. They're good for presentations, for business meetings.

    TOEFLに、IELTS、プレゼンテーションや商談にも向いています。

  • If you memorize a template that is useful for what your specific need is, it will really help you with the flow of your language.

    具体的に何が必要なのか、そのために役立つテンプレートを暗記すれば、言葉の流れに本当に役立つはずです。

  • You won't have to think so hard about what you're going to say next.

    次に何を言うか、そんなに難しく考える必要はないでしょう。

  • If you follow a template... I'll show you how to do this in a second.

    テンプレートに従えば... すぐにその方法をお見せします。

  • It will show you how to speak in just a couple of easy steps.

    たった2つの簡単なステップで、話し方がわかるようになります。

  • Finally, number six: mantras.

    最後に6番目、マントラです。

  • Now, for those of you who don't know what a mantra is, these are things we say to ourselves -- you don't have to say them to other people.

    マントラを知らない人のために説明すると、マントラは自分自身に言い聞かせるもので、他の人に言う必要はありません。

  • Often, you say them in your own head, and they usually have a good message, a positive message.

    多くの場合、自分の頭の中で言っているのですが、大抵は良いメッセージ、ポジティブなメッセージを持っています。

  • So, when I was learning French, my mantra is, or my mantra was, "I am a good French speaker."

    だから、私がフランス語を学んでいたときのマントラは、つまり、"私はフランス語が上手です "でした。

  • The problem with a lot of students who are learning languages is that when they talk, they start to get nervous and they think in their head, "I'm horrible. My language is terrible. I'm making so many mistakes. The person I'm talking to can't understand me."

    語学を学んでいる多くの生徒の問題は、話すときに緊張し始め、頭の中で「私はダメだ。私の言葉はひどい。間違いが多い。相手は私のことを理解できないだろう」と思ってしまうことです。

  • They start to panic. "My English is so bad."

    彼らはパニックになり始めます。"私の英語はとても悪い"

  • Do you ever think these things when you're talking to someone?

    誰かと話しているときに、こんなことを考えたりしませんか?

  • Because what scientists have proven is that if you have these types of thoughts, it's going to make your language ability go down.

    なぜなら科学者が証明したのは、こういう思考をしていると、言語能力が下がるということだからです。

  • You're not going to talk as well as you could; whereas if you think positively, if you say, "I am a good speaker".

    一方、ポジティブに考えれば、「私は話し上手だ」と思えば、上手に話せるようになります。

  • Anytime that negative thought comes into your head, anytime you think "I'm not a good speaker."

    ネガティブな考えが頭に浮かんだら、"私はスピーチが下手なんだ "と思ったらいつでも、です。

  • I want you immediately to tell yourself, "No, I am a good speaker."

    すぐに "いや、私は話し上手なんだ "と自分に言い聞かせてほしいです。

  • Because if you do this... language is very powerful, a lot of people don't realize that.

    なぜなら、そうすれば...言語は非常に強力ですが、多くの人はそのことに気づいていません。

  • But the way that we talk about something changes the way we think about something.

    しかし、話し方によって、考え方が変わってきます。

  • If you say it out loud to yourself, if you tell yourself, "I'm a good speaker," it will become true; you will become a better speaker.

    「私は話し上手だ」と自分に言い聞かせれば、それが現実となり、話し上手になるのです。

  • So, this is a very important tip. Tell yourself, "I am a good speaker".

    だから、これはとても重要なヒントなんです。「私は話し上手だ」と自分に言い聞かせてください。

  • Come up with your own mantra. Anytime you think negatively, think like this.

    自分なりのマントラを考えてみましょう。ネガティブなことを考えるときはいつも、こう考えてください。

  • Overcome the negative with the positive.

    ネガティブをポジティブで克服しよう。

  • Now I am going to show you an example of a speaking template.

    それでは、スピーキングテンプレートの例をお見せします。

  • So, here is a template that can be used for the speaking part of the TOEFL test or the IELTS test, or these tests where they ask you your opinion on something.

    ここでは、TOEFLやIELTSのスピーキングパート、あるいは何かについて意見を求められるテストで使えるテンプレートをご紹介します。

  • Now, I probably wouldn't use this template if I'm at a party with my friends; it would just be too formal.

    このテンプレートは、友人とのパーティーでは使わないかもしれませんね。

  • But, again, using different types of speaking templates for different situations can really help you conquer speaking anxiety.

    しかし、やはりシチュエーションによってスピーチのテンプレートを使い分けると、スピーチの不安を克服するのにとても役立ちます。

  • Let's look at this template.

    このテンプレートを見てみましょう。

  • So, first of all, if I'm asked a question, I would state my opinion: What do I think? What do I prefer? What do I think?

    まず質問されたら、自分の意見を述べます。私はどう思うのか?私はどの傾向なのか、どうしたいのか。私はどう思う?

  • Second thing I would do is give a reason, and I would introduce it with a transition.

    2つ目は理由をつけること、そしてトランジションで紹介することです。

  • There are many different transitions you can use, "First of all" is a good one.

    トランジションにはいろいろなものがありますが、"First of all "は良い例の1つです。

  • I'd give a little bit of a detail for that reason, then I would give a second reason.

    その理由を少し詳しく説明してから、2つ目の理由を説明します。

  • And I could say, "A second reason is...", "Secondly...", I give a detail for that reason.

    そして、「2つ目の理由は...」「2つ目は...」と、その理由を細かく説明します。

  • I'd give a third reason: "Finally, blah blah blah blah.", detail for this.

    3つ目の理由として、「Finally, 〜」、と、これに関する詳細をあげます。

  • And then I would give a conclusion; maybe something like "For these reasons, blah blah blah blah."

    そして、結論を出します。"以上の理由により〜"のような感じでしょうか。

  • So, I know I've just said "blah blah blah blah".

    〜とだけ言ったことを知ってますよ。

  • Now I'm actually going to do a question, so you can really see a template in use.

    では、実際に質問をしてみますので、テンプレートを使っているところをご覧ください。

  • So, one common question that's on both the TOEFL and the IELTS is asking if you would prefer to live in a small town or a big city.

    では、TOEFLでもIELTSでもよく出題されるのが、「小さな町と大きな都市のどちらに住みたいか」という質問です。

  • I've seen this question on many of these tests, so it's a good one to practice.

    この手のテストではよく見かける問題なので、練習しておくとよいでしょう。

  • This template would be perfect for a type of question like this.

    このテンプレートは、このようなタイプの質問には最適でしょう。

  • First of all, if somebody asked me, "Would you prefer to live in a small town or a city?"

    まず、"小さな町と都会、どちらに住みたいですか?"と聞かれたら、私はこう答えるでしょう。

  • I'd state my preference with a word like, "I believe", "in my opinion", "I think".

    私なら、「私は信じる」「私の考えでは」「私は思う」といった言葉で、自分の好みを述べます。

  • So, I'll use "believe", for now: "I believe that living in a big city is better than living in a small town."

    というわけで、とりあえず「believe」を使ってみます。"小さな町に住むより、大都会に住む方がいいと信じています"

  • Now I'm going to give a reason: "First of all, living in a big city means there are many restaurants around you.

    では、その理由を。「まず、大都市に住んでいると、周囲に飲食店がたくさんありますよね。

  • If you feel like Greek food, you can get Greek food.

    ギリシャ料理が食べたくなったら、ギリシャ料理が食べられます。

  • If you feel like Indian food, you can get Indian food.

    インド料理が食べたくなったら、インド料理が食べられます。

  • For people who love eating well, for people who love restaurants, living in a big city is better than living in a small town."

    おいしいものを食べるのが好きな人、レストランが好きな人にとっては、小さな町に住むより大都会に住む方がいいんです。"

  • So, I also gave some details with that.

    ということで、その詳細もお伝えしました。

  • I gave you the reason, restaurants, and I gave you detail, some examples.

    レストランという理由と、詳細、いくつかの例を挙げました。

  • Now I'm going to move on to a second reason:

    では、2つ目の理由に移りたいと思います。

  • "Secondly, living in a city is better than living in a small town because of the nightlife. In a big city, there are lots of clubs, there are lots of places to go dancing, movie theaters, plays -- there's a lot to do; whereas in small cities, maybe there's not so much to do."

    「第二に、都市に住むことは、小さな町に住むよりも良いことです。大都市にはクラブがたくさんあり、ダンスができる場所もたくさんあり、映画館も演劇もあって、やることがたくさんあります」

  • Again, I've given transition words -- "secondly" -- and I've given some details.

    今回も、"secondly "という移行語を使い、詳細を説明しました。

  • Now I'm going to move on to reason number three:

    では、3番目の理由に移ります。

  • "Finally, living in a city is great for jobs. There are a lot of jobs in a city. Sometimes in small towns, it's hard to find jobs. So, for these reasons, I think living in a big city is better than living in a small town."

    "最後に、都市に住むことは、仕事にとって素晴らしいことです。都会には仕事がたくさんあります。小さな町では、仕事を見つけるのが難しいことがあります。だから、これらの理由から、小さな町に住むより大都市に住む方がいいと思います。"

  • Now, I didn't actually practice that.

    今、実際にそれを実践したわけではありませんが。

  • With that question, I just came up with it, off the top of my head using this.

    その質問で、私は今、これを使っていたことを思い出しました。

  • This is very useful, just for organizing your thoughts.

    これは、ただ自分の考えを整理するためのものですが、とても便利です。

  • Any question I ask you that has to do with your opinion, you can use this template.

    あなたの意見に関係するような質問は、このテンプレートを使ってください。

  • Find transition words you like. Maybe some of you don't like "first of all". "Firstly...", "my first point is...", "my first reason is..." -- these are all fine.

    好きな遷移語を見つけましょう。もしかしたら、「まずは」が嫌いな方もいらっしゃるかもしれません。"最初に..."、"私の最初のポイントは..."、"私の最初の理由は..."。-- これらはすべて問題ありません。

  • "Secondly...", "my second point is..." , "another point is...".

    "2つ目に...", "私の2つ目のポイントは...""別のポイントは...."

  • "Finally...", "my third point is..."

    "最後に..." "3つ目のポイントは..."

  • These transitions can really help you with the flow of your language.

    このようなトランジションは、言葉の流れにとても役立ちます。

  • Again, speaking templates are good things to use.

    繰り返しになりますが、スピーキングテンプレートは使って損はないものです。

  • They will help you organize your thoughts, they will help you to not ramble on and on, and they can help you calm down, especially in speaking tests.

    自分の考えを整理するのに役立ち、延々としゃべり続けることがなくなり、特にスピーキングテストでは落ち着くことができます。

  • So, for more tips. For more templates, for more tips, for more ways to conquer speaking anxiety.

    より多くのテンプレート、より多くのヒント、話し方の不安を克服するためのより多くの方法については、次のサイトをご覧ください。

  • Come visit our site: www.PresentationPrep.com

    私たちのサイトをご覧ください: www.PresentationPrep.com

  • And also, if you want to practice some of these tips at our home site, www.engvid.com, I welcome you to join us there.

    また、これらのヒントを本家サイト(www.engvid.com)で実践してみたいという方も、ぜひそちらに参加してみてください。

  • Until next time, take care.

    次回会う時まで、お元気で。

  • Learn English for free www.engvid.com

    無料で英語を学ぼう www.engvid.com

Hi there. My name is Emma, and today, we are going to be talking about a scary topic: Tips for dealing with speaking - Anxiety.

こんにちは。エマです。今日は、怖い話をします。話すことに対処するためのヒント - 不安。

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

A2 初級 日本語 テンプレート スピーキング ヒント テスト 理由 緊張

英語を話すときの緊張をほぐす6つのコツ

  • 74071 6223
    VoiceTube に公開 2022 年 03 月 18 日
動画の中の単語