Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Once upon a time there was an old donkey who lived on a farm.

    むかしむかし、農場に住んでいた古いロバがいました。

  • He was too old to work now, but he loved to sing, and used all of his free time to make up songs.

    年を取りすぎて今は仕事ができないが、歌うことが大好きで、暇な時間はすべて歌を作るために使っていた。

  • Hew-haw! Hew-haw! The roosters are in the chicken pen! Hew-haw!

    ヒューホー!ヒューヒュー! 鶏小屋にいるぞ! ヒューヒュー!

  • One morning, the old donkey overheard the farmer and his wife talking about him.

    ある朝、年老いたロバが農夫とその妻が自分のことを話しているのを耳にしました。

  • That donkey is really getting old. I think we should sell him.

    あのロバは本当に年を取ったな 彼を売るべきだと思う

  • You're right. He isn't much use here, and we could use the money for a new table.

    そうだな彼はここではあまり役に立たないし、新しいテーブルのためにお金を使うことができます。

  • Hearing this, the donkey realized he couldn't stay any longer.

    それを聞いたロバは、もうこれ以上はいられないと悟りました。

  • He made up his mind and ran away from the farm that very day.

    彼は決心して、その日のうちに牧場から逃げ出した。

  • As he trotted down the road, the donkey thought about what he would do now.

    道をトロットロしながら、ロバはこれからどうしようかと考えていた。

  • I am free to choose my own way now. I will go to Bremen and become a singer!

    今の私は自分の道を自由に選んでいます。 ブレーメンに行って歌手になります!

  • He came upon an old dog, sitting alone by the side of the road.

    彼は道の脇に一人で座っている老犬に出くわした。

  • Hey, are you alright? Why are you so sad?

    ねえ、大丈夫? どうしてそんなに悲しいの?

  • My master has thrown me out. He thinks I am too old to be a guard dog.

    ご主人様に追い出されました 彼は私が番犬になるには年を取りすぎたと思っている。

  • Oh...Well don't despair! Come with me to Bremen!

    ああ...そうか...絶望するな! 私と一緒にブレーメンに行こう!

  • Bremen?

    ブレーメン?

  • That's right. We will form our own troupe and sing together!

    そうなんですよ。 自分たちで劇団を結成して、みんなで歌おう!」ということです。

  • The dog liked the idea and joined the Donkey on his way to Bremen.

    犬はそのアイデアを気に入り、ブレーメンに向かう途中でドンキーと合流した。

  • Soon, they became good friends and sang together.

    やがて二人は仲良しになり、一緒に歌っていました。

  • The cow in the barn goes "Moo, Moo"...

    納屋の牛が「もー、もー」と鳴く...。

  • Singing as they walked along they met a rooster and a cat.

    歌いながら歩いていると、彼らは雄鶏と猫に出会いました。

  • Where are you two headed? What are you doing here?

    どこに行くんだ? ここで何をしているの?

  • My master was cruel to me, so I had to run away from home.

    主人が残酷なことをしてくれたので、家出をすることになりました。

  • Me too. We were just deciding where we should go.」

    私もです。どこに行くか決めていたところでした。

  • Excellent! Come with us, then!

    素晴らしい! 私たちと一緒に来てください!

  • But where are you going?

    でも、どこに行くの?

  • We are off to Bremen.

    ブレーメンに向けて出発です。

  • And so the four of them set off for Bremen singing together.

    こうして4人は一緒に歌いながらブレーメンへと旅立った。

  • The cow in the barn goes "Moo, moo"!

    納屋の牛が「もー、もー」と鳴く!

  • By nightfall, they were almost in Bremen, but needed somewhere to stop for the night.

    日暮れまでに、彼らはほぼブレーメンにいましたが、夜のためにどこかに立ち寄る必要がありました。

  • They saw a house with lights in the windows. Coming closer, they heard raised voices.

    彼らは窓に明かりのある家を見た。 近づいてみると、声が高くなっていました。

  • Oh, I can feel a delicious smell from inside. I am so hungry. Maybe we could ask them for some food?

    ああ、中から美味しそうな匂いがしてくる。 お腹が空いてきました。もしかしたら、食べ物を頼んでもいいのかな?

  • No, wait here. Let me take a look first, Ok?

    いや、ここで待っててくれ先ずは私に見せてくれないか?

  • The donkey looked through the window and was surprised by what he saw.

    ロバは窓から覗き込んで驚いていました。

  • Ha ha ha! Look at that, we are rich now! You've done well today. Eat as much as you like.

    ハハハハ!見ろよ、これで金持ちになったんだぞ! 今日はよくやったな。好きなだけ食べなさい。

  • Thank you, boss. Dig in!

    ありがとうございます、ボス。 掘れ!

  • The house actually served as headquarters for a band of thieves.

    この家は実際に盗賊団の本部として機能していました。

  • The animals talked the situation over and came up with a plan.

    動物たちは状況を話し合って計画を練りました。

  • Draping themselves in a white sheet,

    白いシートに身を包んで

  • the climbed one on top of another and stood outside the door making lots of noise.

    は別の上に登って、ドアの外に立って、たくさんの音を立てていました。

  • Hew-haw; bow-wow; meow, meow; cock-a-doodle-doo!

    ヒュー・ホー、ボウ・ホー、ニャー、ニャー、コック・ア・ドゥードル・ドゥー

  • The thieves were frightened and confused.

    泥棒たちは怯えて混乱していた。

  • Huh? What's all that racket?

    はぁ?何を騒いでるんだ?

  • Maybe it's a ghost!

    もしかしたら幽霊かも!?

  • What nonsense! There are no ghosts here.

    ナンセンスだ! ここには幽霊はいない

  • In fact, the Boss wasn't so sure himself.

    実際、ボスは自分に自信がなかった。

  • You get out there and take a look!

    外に出て見てみろ!

  • M..Me?

    M...Me?

  • Just at that instant the animals burst into the house, still wrapped in their white sheet

    その瞬間、動物たちはまだ白いシーツに包まれたまま、家の中に飛び込んできました。

  • and continued making noise.

    と騒ぎ続けた。

  • It's a monster!

    怪物だ!

  • It's worse, it's a ghost!!! Yikes! Let's get out of this place!

    幽霊だ!うわっ! ここから出よう!

  • The thieves rushed out of the house.

    泥棒たちは家の外に駆け出した。

  • As soon as the thieves cleared out, the animals removed their sheet

    泥棒が出てくると、動物たちはシートを剥がしました。

  • and shared a good laugh.

    と大笑いを分かち合いました。

  • That was so easy!

    簡単だった!

  • Let's have a feast to celebrate!

    お祝いのごちそうを食べよう!

  • A brilliant idea! This house belongs to us now.

    素晴らしいアイデアだ! この家は私たちのものよ

  • Let's go, I'm starving!

    行くぞ!お腹が空いた!

  • The animals were used to eating the scraps their masters left in the barn or on the floor for them.

    動物たちは、主人が納屋や床に残した食べ残しを食べていました。

  • Now, they could have anything they wanted, and joyfully bit into all the delicious food.

    今では、好きなものを何でも食べられるようになり、美味しいものを嬉しそうに噛みしめていました。

  • After enjoying a hearty meal, the animals settled down to sleep.

    ボリュームたっぷりの食事を楽しんだ後、動物たちは眠りにつきました。

  • The Cat volunteered for guard duty, nervous that the thieves could come back unexpectedly.

    ネコは警備に志願し、泥棒が不意に戻ってくるのではないかと神経質になっていた。

  • Go to sleep, and don't worry. I'm not used to sleeping at night in any case.

    安心して寝てください。 いずれにしても夜寝るのには慣れていません。

  • Comfortable and content, the animals went to sleep.

    快適で満足して、動物たちは眠りにつきました。

  • In the meantime, the thieves gathered together in a nearby forest to discuss what had happened.

    そうこうしているうちに、盗賊たちは近くの森に集まり、何があったのかを話し合っていた。

  • I smell something fishy going on...

    何か生臭い匂いがする...

  • Yes, I was thinking the same, Boss!

    はい、私も同じことを考えていました。

  • What is it?

    それは何ですか?

  • I think the ghost was too white, or something.

    幽霊が白すぎたというか、何というか。

  • That's nothing! I think I heard animal voices...

    それは何でもない!? 動物の声が聞こえた気がする...。

  • Oh....I think I did too.

    あ...私もそうだったと思います。

  • Hey! Go back and take a look. There is definitely something very odd about this!

    戻って見てみろよ 何か変なものがあるぞ!

  • We will stay here and cover for you, and you come back with a report.

    ここに泊まってカバーをして、報告書を持って帰ってきます。

  • What, me?

    何だよ、俺かよ?

  • Yes, you. Stop being a coward and do as I say!

    そうだ、お前だ臆病者はやめて、私の言うとおりにしなさい!

  • The henchman lit a torch and began to creep up to the house.

    子分は松明に火をつけ、家に忍び寄り始めた。

  • Suddenly, a gust of wind extinguished his light.

    突然、突風が彼の光を消した。

  • Oh, no! Now what? If I turn back, the Boss will be angry with me.

    ああ!どうする?引き返せば、ボスに怒られる。

  • I have to go on and see what's happening at the house.

    家の様子を見に行かないといけませんね。

  • Slowly, he snuck into the house.

    ゆっくりと、家の中に忍び込んだ。

  • Squinting through the darkness, all he could see was a pair of bright red lights.

    暗闇の中で目を細めていると、真っ赤な光が一組だけ見えた。

  • Aaaaa! It's a monster!

    アアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア怪物だ!

  • He was too scared to realize that he was only seeing the eyes of the animals shining in the dark.

    あまりにも怖くて、暗闇の中で光る動物の目しか見ていないことに気づかなかった。

  • He tried to back out, but the animals all rushed straight at him.

    彼は身を引こうとしたが、動物たちは皆彼に向かって真っ直ぐに突進してきた。

  • Ow! Oh, my leg! Help! Help!

    痛っ!足が! 助けて!助けて!

  • The Donkey kicked hard at the thief with his strong hind legs and sent him flying.

    ロバは泥棒に強烈な後ろ足で強く蹴りを入れて飛ばさせた。

  • The thief screamed as he flew through the air.

    泥棒は空を飛びながら悲鳴を上げた。

  • After that night, the thieves never came near that house again.

    その夜を境に、泥棒たちは二度とその家に近寄らなくなった。

  • The animals took it for their own and called themselves The Bremen Town Musicians.

    動物たちは自分たちのためにそれを取り、ブレーメン・タウン・ミュージシャンと名乗った。

  • They all lived happily ever after.

    みんな幸せに暮らしていました。

  • Hew-haw; bow-wow; meow, meow; cock-a-doodle-doo!

    ヒュー・ホー、ボウ・ホー、ニャー、ニャー、コック・ア・ドゥードル・ドゥー

Once upon a time there was an old donkey who lived on a farm.

むかしむかし、農場に住んでいた古いロバがいました。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 ロバ 泥棒 動物 ニャー 幽霊 納屋

ブレーメンの町の音楽家たち - ベッドタイム・ストーリー・アニメーション|ベスト・チルドレン・クラシック HD

  • 5756 400
    姚易辰 に公開 2014 年 03 月 19 日
動画の中の単語