Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Imagine a microscopic-sized ladder contained in the part of our brain that we'll label our subconscious.

    脳の一部に含まれている顕微鏡サイズのはしごを想像してみてください潜在意識にラベルを貼ることになります。

  • The ladder of inference, which was first proposed by Harvard professor Chris Argyris,

    ハーバード大学のクリス・アルギリス教授が最初に提唱した推論の梯子。

  • is the basis of this model.

    がこのモデルの基礎となっています。

  • Every time we interact with someone,

    誰かと交流するたびに

  • that experience enters the ladder at the bottom.

    その経験が底辺ではしごに入る。

  • That same experience zips up the ladder in the blink of an eye,

    それと同じ経験が、瞬く間に梯子をジップアップしていく。

  • exiting at the top.

    トップで退出します。

  • This process happens thousands of times a day without us knowing it.

    このプロセスは、私たちが知らないうちに一日に何千回も起こります。

  • Let's focus on what happens on each rung of the ladder.

    梯子の各段で何が起こるかに焦点を当ててみましょう。

  • On the first rung, we have the raw data and observations of our experience.

    第一階層には、私たちの経験の生データと観察があります。

  • This is very similar to what someone watching a video recording of our experience would see.

    これは、私たちの体験を録画したビデオを見ている人が見るのと非常に似ています。

  • Moving up to the second rung

    第二階層への移動

  • we filter in specific information and details from our experience.

    私たちは、私たちの経験から特定の情報や詳細をフィルタリングします。

  • We unknowingly filter based on our preferences, tendencies,

    私たちは無意識のうちに、自分の好みや傾向に基づいてフィルターをかけています。

  • and many other aspects that we believe are important.

    などなど、様々な面が重要だと考えています。

  • On to the third rung.

    3段目へ

  • We assign meaning to the information we have filtered through.

    フィルタリングした情報に意味を割り当てています。

  • This is where we start to interpret what our information is telling us.

    ここから私たちの情報が何を伝えているのかを解釈するようになります。

  • On our fourth rung, a very crucial thing happens.

    4番目の階段では、非常に重要なことが起こります。

  • We develop assumptions based on the meaning we created on the previous rung,

    前のめりに作った意味をもとに仮定を展開していきます。

  • and we start to blur the distinction between what is fact and what is story.

    そして、何が事実で何が物語であるかの区別を曖昧にし始めます。

  • On the fifth rung, we develop conclusions based on our assumptions.

    第5段階では、前提条件に基づいた結論を導き出します。

  • This is also where our emotional reactions are created.

    ここにも私たちの感情の反応が生まれています。

  • On the sixth rung, we adjust our beliefs about the world around us,

    第六階層では、私たちは自分の周りの世界についての信念を調整します。

  • including the person or people involved in our experience of the moment.

    私たちの体験に関わる人や人を含めて。

  • On the seventh and final rung,

    7回目の最後の階段で

  • we take action based on our adjusted beliefs.

    調整された信念に基づいて行動します。

  • Still with me? Great!

    まだ一緒にいるのか?いいね!

  • Let's take a real-life example and run it up the ladder to see how this all works.

    実際に例に出して梯子を登ってみて、これがどのように動くのか見てみましょう。

  • Have you ever been cut off in a parking lot, signal light on

    駐車場で信号機を切られたことはありませんか?

  • as you steer toward your coveted spot, only to slam on your brakes at the last minute

    狙い目の場所に向かってハンドルを握ると、最後の最後にブレーキを踏んでしまう

  • as someone pulls in front of you and steals your spot away?

    誰かがあなたの前に引っ張ってきて、あなたの場所を奪うように?

  • Imagine that experience and notice all of the data and observations landing on the first rung of your ladder.

    その経験を想像して、あなたのはしごの第一段に着地するすべてのデータと観測に気づく。

  • Now let's watch what we pay attention to on the second rung.

    では、第二階層で何に注目しているのかを見てみましょう。

  • Who cares that it's sunny out and the birds are chirping?

    外は晴れていて、鳥のさえずりが聞こえることを誰が気にするの?

  • The 50% off sign outside of your favorite store is meaningless.

    お気に入りのお店の外にある50%OFFの看板は意味がありません。

  • You filter in the sensation of your grip tightening on the wheel,

    あなたのグリップがホイールに締め付けられる感覚でフィルターをかけています。

  • you feel your blood pressure rise,

    血圧が上がるのを感じる

  • you hear the squeal of your brakes,

    ブレーキの鳴き声が聞こえてきます。

  • and you notice the expression on the face of the other driver as he pulls in front of you and quickly looks away.

    と、目の前で車を停めてすぐに目をそらす相手の表情に気づく。

  • Time for our third rung.

    第三の階段の時間だ

  • Ever since you were young, your parents taught you the importance of waiting in line and taking your turn.

    幼い頃から、親は列に並んで順番を待つことの大切さを教えてくれました。

  • You live and die by the rule of first come, first serve.

    先に来て先に仕えるというルールで 生きるか死ぬかだ

  • And now this guy has just stolen your spot. What gives?

    そして今、この男はあなたの場所を盗んだ。どうしたの?

  • Up to the fourth rung we go.

    4段目まで行こう

  • Watch closely as our assumptions take over and our story creates itself.

    私たちの思い込みが引き継がれ、私たちの物語が自作自演しているのをよく見てください。

  • "That stupid jerk, didn't his parents teach him anything?

    "あのアホ "は親から何も教わらなかったのか?

  • How could he not see my signal light? He must never pay attention!

    どうして彼は私の信号機が見えないの?彼は注意を払ってはいけない!

  • Why does he think he's more important than anyone else?"

    なぜ彼は自分が誰よりも重要だと思っているのか?"

  • Jumping quickly to the fifth rung,

    すぐに5段目にジャンプ。

  • we conclude that this guy is heartless, inconsiderate, he needs to be taught a lesson and put in his place.

    結論から言うと、この男は冷酷で、思いやりがなく、教訓を与えられ、彼の場所に置かれる必要がある。

  • We feel angry, frustrated, vindictive, justified.

    私たちは怒りを感じ、イライラし、執念深く、正当化されていると感じます。

  • On our sixth rung, we adjust our beliefs based on the experience.

    私たちの第6のラングでは、経験に基づいて信念を調整しています。

  • "That's the last time I give in! Next time someone tries to cut me off,

    "これが最後の屈服だ!次は誰かに切られそうになったら

  • tires will be smoking on the pavement as I squeal past them into my spot."

    "タイヤが舗道で燻っているだろう" "私は彼らを通り過ぎて私の場所へと鳴きながら"

  • And finally our last rung: we take action.

    そして最後の最後に、私たちは行動を起こすのです。

  • We back up, pull up behind his car, honk our horn, and roll down our window to scream a few choice words his way.

    後退して、彼の車の後ろに寄り、クラクションを鳴らして、窓を倒して、彼のやり方で言葉を叫ぶ。

  • Now imagine, he walks over quickly, apologizing.

    想像してみてください、彼はすぐに謝りながら歩いてきます。

  • His wife, who's almost due with their first baby, called him from inside the mall

    第一子出産間近の奥さんがモールの中から電話をかけてきた。

  • to say she is in labor and needs to get to the hospital immediately.

    陣痛が来ていてすぐに病院に行く必要があると言うことです。

  • We're momentarily shocked, apologize profusely, and wish him luck as he rushes toward the entrance.

    私たちは一瞬ショックを受け、深く謝罪し、入り口に向かって突進する彼の幸運を祈ります。

  • What just happened here? What changed? Why is this so significant?

    ここで何が起きたの?何が変わったのか?なぜそれが重要なのか?

  • In our parking lot example,

    当社の駐車場の例では

  • our beliefs were short-circuited by the ladder of the other individual.

    私たちの信念は、他の個人のはしごによって短絡されていました。

  • "My wife is in labor, I need to get there quick,

    "妻が陣痛中だから早く行きたい。

  • there's a parking spot. Whew!

    駐車場があるふー!

  • Oh, jeez, I cut someone off. I'd better apologize quickly so they don't think I'm a jerk."

    誰かを切ってしまった"嫌な奴だと思われないように早く謝らないと"

  • But what if we were able to short-circuit our ladders ourselves?

    でも、もし自分たちで梯子をショートさせることができたとしたら?

  • Proactively, by choice?

    積極的に、選択的に?

  • Guess what? We can!

    何だと思う?私たちはできる!

  • Let's return to our unique human function of free will.

    自由意志という人間特有の機能に立ち返ってみましょう。

  • Next time you notice yourself reacting to your experience,

    次は自分の経験に反応している自分に気づく。

  • pay focused attention to your ladder.

    あなたのはしごに集中して注意を払ってください。

  • Ask yourself what beliefs are at play, where do they come from.

    信念はどこから来ているのか、自分自身に問いかけてみてください。

  • What data and observations did you filter in as a result of your beliefs, and why?

    あなたの信念の結果として、どのようなデータや観察をフィルタリングしましたか?

  • Are your assumptions valid and supported by facts?

    あなたの仮定は有効であり、事実に裏付けられていますか?

  • Would a different set of assumptions create different feelings, and result in new and better conclusions and actions?

    異なる仮定のセットが異なる感情を生み出し、新たなより良い結論や行動につながるのでしょうか?

  • We all have our own unique ladder.

    みんなそれぞれに個性的なハシゴをしています。

  • Be mindful of yours, and help others to see theirs.

    自分のものを大切にして、他の人にも自分のものを見てもらえるようにしましょう。

Imagine a microscopic-sized ladder contained in the part of our brain that we'll label our subconscious.

脳の一部に含まれている顕微鏡サイズのはしごを想像してみてください潜在意識にラベルを貼ることになります。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 TED-Ed 信念 フィルタリング 階層 経験 駐車

TED-ED】思考の再考 - トレバー・メイバー

  • 14806 1786
    Why Why に公開 2020 年 08 月 06 日
動画の中の単語