Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • There are couples that seem never to argue; their relationships are marked by enormous outward politeness.

    喧嘩をしないように見えるカップルがいます。彼らの関係は、外見上の非常に礼儀正しいものによって作られています。

  • They say thank you a lot, they make each other cups of tea, they can look rather horrified when there’s a mention of a squabble in someone else’s life.

    ありがとうをたくさん言ったり、お茶を入れ合ったり、また、他の人の人生における争いの話が出てくると、むしろ恐縮してしまうこともあります。

  • It's understandable if theyre, privately, a little pleased with themselves.

    彼らが内心、少し喜んでいるのも理解できます。

  • But surface harmony isn’t, in reality, any reliable sign of health in love because it’s impossible to try to merge two lives without regularly encountering deep sources of incompatibility.

    しかし、表面上の調和は、実際には、愛の健康の信頼できる兆候ではありません、なぜなら定期的に深い相容れない原因に遭遇することなく、2つの人生を融合させようとするのは不可能だからです。

  • A lack of arguments is more likely to be a sign that we have given up caring than a superhuman achievement of maturity.

    議論の欠如は、超人的な成熟の達成よりも、思いやりを放棄していることの表れである可能性が高いのではないでしょうか。

  • The goal isn’t, therefore, to do away with arguments, but to find our way towards their more fruitful variety.

    議論をなくすことが目的ではなく、議論をより実りあるものにしていくことが目的なのです。

  • We need to learn to argue well rather than not argue at all.

    私たちは、議論をしないのではなく、うまく議論することを学ぶ必要があります。

  • What, then, are some of the ideas that might help us have better arguments?

    では、よりよい議論をするためには、どのような考え方が必要なのでしょうか。

  • The single greatest idea that can help us to argue more constructively is to remind ourselves publicly that we areboth of usby nature, deeply imperfect and, at points, quite plainly mad.

    より建設的な議論をするための唯一最大のアイデアは、自分自身に公に言い聞かせること、私たちは ⏤生まれながらにして二人とも、深く不完全で、時には明らかに狂っています。

  • The enemy of mature arguments is self-righteousness.

    成熟した議論の敵は独善的な態度です。自分には落ち度がなく、相手は間違いを犯した邪悪な人間に違いない、あるいは自分が罪を犯したと不当に批判する人間に違いない、という感覚です。

  • The sense that we might be beyond fault and that our partner must either be wicked for making a mistake or unfairly critical in alleging that we have been guilty of one.

  • It is of immense benefit if relationships can be conducted under the assumed truth that both participants are idiotic, mentally wobbly, quite flawed in manifold ways, and, so, constantly in need of forgiveness.

    参加者双方が愚かで、精神的にふらふらで、いろいろと欠陥があり、だから常に許しを必要としている、という真理のもとで人間関係を行うことができれば、その恩恵は計り知れないものがあります。

  • It is an implicit faith in our own perfection that turns us into monsters.

    自分の完璧さへの暗黙の信仰が、人間をモンスターに変えてしまうのです。

  • People concede points not when theyre aggressively told theyre wrong, but when they feel loved.

    人が譲歩するのは、「間違っている」と攻撃的に言われたときではなく、「愛されている」と感じたときです。

  • We get stubborn and withhold the truth when were scared and suspect that the person challenging us hates us, means us harm, can never forgive us, and is, perhaps, about to leave us.

    私たちは、自分に挑戦してくる人が自分を憎んでいて、自分を傷つけようとしていて、自分を許すことができず、もしかしたら自分を捨てようとしているのではないかと疑い、怖くなると頑固になって真実を隠してしまいます。

  • It is indispensable to preface every criticism with an assurance of ongoing love.

    すべての批判の前に、現在進行してる愛を保証することが必要不可欠です。

  • People change very slowly, and seldom when they are harassed into doing so.

    人の変化は非常にゆっくりとしたもので、嫌がらせを受けたときにはほとんど変化しません。

  • We must strive not to be desperate for change in our partners.

    私たちは、パートナーの変化を求めて必死にならないように努力しなければなりません。

  • We must make our peace with the idea that they won’t evolve as we would wish on the timescale that would suit us.

    私たちの思い通りのタイムスケールで進化することはない、ということを受け入れなければなりません。

  • We should be rather pessimistic about human nature in order to encounter one or two grounds for hope.

    私たちは、人間の性質についてかなり悲観的にならなければなりません。

  • We shouldn’t aggravate our frustration by a sense that we have been uniquely cursed in ending up in this relationship.

    このような関係になってしまったのは、自分が特別に呪われているからだ、という感覚で不満を募らせてはいけないのです。

  • Of course they are annoying sometimeseveryone in the world would be equally tricky at points, and often, probably a lot worse.

    もちろん、彼らは時に迷惑な存在ではありますが、世界中の誰もが同じように厄介なところがあるでしょうし、多くの場合、おそらくもっとひどいことになるでしょう。

  • The specifics of why we are in an irritating dispute may be local, but that we are in one at all is a universal destiny.

    イライラするような争いをしている理由の詳細はローカルなものかもしれませんが、そもそも争いをしていること自体が普遍的な運命なのです。

  • We should laugh darkly at the human tragedy.

    人間の悲劇を笑うべきです。

  • Our partner is only ever frightened, worried, or not thinking straight rather than bad.

    私たちのパートナーは、悪い意味ではなく、怯えていたり、心配していたり、考えがまとまっていなかったりするだけです。

  • Just like us, they carry a lot of emotional baggage; they have been shaped by their complex, and at moments, very troubled history.

    私たちと同じように、彼らは多くの感情的な荷物を抱えています。彼らは複雑で、時には非常に困難な歴史によって形成されてきました。

  • Much of what they do isn’t directly about us, but is a way of coping with difficulties that came into their life long before we met them.

    彼らがしていることの多くは、直接私たちのことを考えているわけではなく、私たちが出会うずっと前に彼らの人生に訪れた困難に対処するための方法なのです。

  • Choose the moment.

    瞬間を選ぶ。

  • We can be under the illusion that arguing is an exchange of intellectual ideas.

    私たちは、議論をすることが知的なアイデアの交換であるかのように錯覚してしまうことがあります。

  • But it is largely a process reliant on our emotions and is decisively influenced by such easily-overlooked matters as how much sleep weve had, how much weve drunk, and what time it is.

    しかし、それは感情に左右される部分が大きく、睡眠時間や飲酒量、時間などの見落としがちな要素が決定的に影響します。

  • As a general rule, wait till tomorrow.

    原則として、明日まで待つ。

  • Don’t let the relationship die from misplaced politeness or embarrassment; dare to name the problem, however shocking it might sound.

    誤った礼儀作法や恥ずかしさで関係を絶たないように、どんなにショックなことでも、あえて問題を指摘してみましょう。

  • As long as it’s been carefully wrapped in layers of love, the truth is normally bearable to those who care for us.

    丁寧に愛で包まれている限り、真実は通常、私たちを気遣ってくれる人たちに耐えられるものです。

  • It doesn’t matter if were right; we must be prepared to forego all the pleasures of proving a point.

    自分が正しいかどうかは問題ではなく、自分の主張を証明する楽しみをすべて捨てる覚悟が必要なのです。

  • Were not not trying to win, but to live as happily as possible with another person who is, in the end, our best friend and on our side.

    勝利を目指すのではなく、最終的には親友であり味方であるもう一人の人間と、できるだけ幸せに暮らしていくためです。

  • Despite all this, we will, of course, still have furious rows; we will call each other the worst things, slam doors, and cry.

    このような状況でも、私たちはもちろん激しい喧嘩をします。お互いに最悪の言葉を呼び合い、ドアを叩き、泣きます。

  • It’s hugely normal.

    極めて普通のことです。

  • The capacity to be horrible to a partner is even a strange, though genuine, feature of love.

    相手にひどいことをすることは、奇妙な愛、しかし本物の特徴でさえあります。

  • A relationship has to include the madder, more unreasonable parts of our nature; if we are only ever polite, it’s because we have not been made to feel safe.

    人間関係には、人間の本性のうち、より狂った、より理不尽な部分が含まれていなければなりません。もし私たちが礼儀正しいだけなら、それは私たちが安全だと感じられなかったからです。

  • A row may have to be the turbulent passage towards the kind of deeper reconciliation we long for.

    私たちが望んでいるより深い和解に向けての乱流のようなものかもしれません。

  • It can, at points, be important to say some wild and hurtful things to halt a drift apart.

    時には、荒々しく傷つくようなことを言って、疎遠になるのを食い止めることも大切です。

  • By foregrounding for a while the most extreme points of conflict, we set up the conditions for reconnecting with larger areas of closeness.

    最も極端な対立点を一時的に前景化することで 、私たちは、より広い範囲の親密さに再びつながるための条件を整えます。

  • We now remember that, despite an evening squabbling like the frightened, foolish, barely semi-rational idiots we are, we do love them deeply nevertheless, and will strive, with all our willand perhaps with the help of the odd film like thisto argue a little more sensibly next time.

    私たちは、おびえた愚かな半合理的な馬鹿者のように喧嘩をした夜にもかかわらず、そのことを思い出し、それでも、私たちは彼らを深く愛していますし努力し、このような映画の助けを借りて、次回はもう少し賢明な議論をしたいと思っています。

  • Our Relationship Reboot cards inspire conversations that can help to rekindle love between you and your partner.

    リレーションシップ・リブート・カードは、あなたとパートナーの間の愛を再燃させるための会話を促します。

  • Be sure to subscribe to our channel and turn on notifications.

    必ずチャンネル登録をして、通知をオンにしてください。

There are couples that seem never to argue; their relationships are marked by enormous outward politeness.

喧嘩をしないように見えるカップルがいます。彼らの関係は、外見上の非常に礼儀正しいものによって作られています。

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 礼儀 喧嘩 パートナー 成熟 関係 正しい

【恋愛】喧嘩の多いカップルのほうが長続きする!?その理由とは?

  • 268 13
    林宜悉 に公開 2021 年 12 月 16 日
動画の中の単語