Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • A mother and her son trek across an endless desert.

    どこまでも続く砂漠を歩く母と子。

  • Wearing special skin-tight suits to dissipate heat and recycle moisture, the travelers aren’t worried about dying of thirst.

    熱を逃がし、水分を循環させる特殊なスーツを着ているので、喉が渇く心配はありません。

  • Their fears are much greater.

    彼らの不安は、もっと大きいのです。

  • The pair try to walk without rhythm, letting the vibrations of their footsteps blend into the shifting sands.

    二人はリズムを取らず、足音の振動を砂浜に溶け込ませるように歩こうとします。

  • But soon, the sound of the desert is drowned out by a louder hissing.

    しかし、やがて砂漠の音は、より大きなヒスノイズにかき消されます。

  • As a mound of sand races towards them, the pair’s unnatural gait turns into a sprint.

    砂山が迫ってくると、二人の不自然な足取りが疾走に変わります。

  • The two clamber into a nearby rock face, as a sandworm 400 meters long bursts from the desert floor.

    二人が近くの岩肌によじ登ると、砂漠の底から体長400メートルのサンドワームが飛び出してきました。

  • This is the world of "Dune."

    これが "デューン "の世界です。

  • Written by Frank Herbert and published in 1965, "Dune" takes place in a far-flung future, where humanity rules the stars in a giant feudal empire.

    フランク・ハーバートが1965年に発表した『デューン』は、人類が星を支配する巨大な封建帝国を舞台にした遥かな未来が舞台です。

  • This medieval motif goes beyond just the government.

    この中世のモチーフは、政府だけにとどまりません。

  • Unlike most interstellar sci-fi, Herbert's humans conquered the stars without any computers.

    ハーバートの描く人類は、他の星間SFとは異なり、コンピュータを使わずに星を征服しました。

  • Following an ancient war with robots, humanity has forbidden the construction of any machine "in the likeness of a human mind."

    古代のロボットとの戦争の後、人類は "人間の心を模した "いかなる機械の製造も禁じてきました。

  • But rather than stifling their expansion, this edict forced humans to evolve in startling waysbecoming biological computers, psychic witches, and prescient space pilots.

    しかし、この勅令は、人類の発展を妨げるどころか、生物学的コンピューター、超能力を持つ魔女、先見の明を持つ宇宙パイロットなど、驚くべき進化を遂げることを余儀なくさせたのです。

  • Members of these super-powered factions are regularly employed by various noble houses, all competing for power and new planets to add to their kingdoms.

    これらの超強力な派閥のメンバーは、様々な貴族に定期的に雇用され、権力と自分の王国に加える新しい惑星を争っています。

  • But almost all these superhuman skills rely on the same precious resource: the spice.

    しかし、これらの超人的なスキルのほとんどすべてが、同じ貴重な資源であるスパイスに依存しているのです。

  • This mystical crop also known as "melange" is essential for all space travel, making it the cornerstone of the galactic economy.

    メランジュ」とも呼ばれるこの神秘的な作物は、すべての宇宙旅行に不可欠であり、銀河系経済の根幹をなすものです。

  • And it only grows on the desert planet Arrakis, a dangerous and inhospitable world whose native inhabitants have long rebelled against the empire.

    砂漠の惑星アラキスにしか生育しない。この惑星は危険で人を寄せ付けない世界であり、原住民は長い間帝国に反抗してきました。

  • Arrakis, also called Dune, is the setting for Herbert’s novel, which follows Paul of the noble House Atreides.

    アラキスは「デューン」とも呼ばれ、貴族アトレイデス家のポールを主人公とするハーバートの小説の舞台です。

  • The book begins with Paul’s family being assigned control of Dune as part of an elaborate plot by their sworn enemies: the sadistic slave drivers of House Harkonnen.

    本書は、ポールの家族が宿敵であるハルコネン家のサディスティックな奴隷運転手たちによって、緻密な計画の一部としてデューンの支配権を割り当てられるところから始まります。

  • The conflict between these houses upends the delicate political balance on Arrakis.

    この両家の対立は、アラキスの微妙な政治的バランスを崩します。

  • Soon, Paul is catapulted into the middle of a planetary revolution, where he must prove himself capable of leading and surviving on this hostile desert world.

    やがてポールは惑星革命の渦中に巻き込まれ、この過酷な砂漠の世界で生き残るための指導力を証明しなければならなくなります。

  • But Arrakis is not simply an endless sea of sand.

    しかし、アラーキスは単に果てしなく続く砂の海というわけではありません。

  • Herbert was an avid environmentalist, who spent over five years creating Dune’s complex ecosystem.

    ハーバートは熱心な環境保護主義者で、5年以上かけてデューンの複雑な生態系を作り上げました。

  • The planet is checkered with climate belts and wind tunnels that have shaped its rocky topography.

    この惑星は、気候帯と風洞によって岩石質の地形が形成され、市松模様になっています。

  • Different temperate zones produce varying desert flora, and almost every element of Dune’s ecosystem works together to produce the planet’s essential export.

    温帯の違いによって砂漠の植物相は異なり、デューンの生態系のほぼすべての要素が連携して、地球にとって不可欠な輸出品を生産しています。

  • Herbert’s world-building also includes a rich web of philosophy and religion.

    ハーバートの世界観には、哲学や宗教の要素もふんだんに盛り込まれています。

  • Paul’s mother Jessica, is a member of the Bene Gesserit, an ancient cult of spice-assisted psychics.

    ポールの母ジェシカは、スパイスを使った古代カルト教団「ベネ・ゲセリット」のメンバーです。

  • Sometimes called "witches" for their mysterious powers, the Bene Gesserit have operated as a shadow government for millennia in an effort to guide society towards enlightenment.

    その神秘的な力から「魔女」とも呼ばれる「ベネ・ゲッセリット」は、何千年にもわたって社会を啓蒙するための影の政府として活動してきました。

  • Similarly ancient are the Mentatshuman computers capable of processing incredible amounts of data.

    同様に古くからあるのが、膨大なデータを処理できる人間型コンピュータ「メンタツ」です。

  • While the Mentats are bastions of logic and reason, their results are not mere calculations, but rather, streams of constantly shifting possibilities.

    メンタットは論理と理性の砦であるが、その結果は単なる計算ではなく、常に変化する可能性の流れです。

  • However, no group is more central to "Dune" than the Fremen.

    しかし、フリーメンほど『デューン』にとって中心的なグループはありません。

  • Natives of Arrakis, they are the keepers of the planet’s many secrets.

    アラキスの原住民で、この星の多くの秘密を守る者たちです。

  • Paul’s journey takes him deep into the Fremen’s exclusive brotherhood, where he must prove himself trustworthy in a series of increasingly deadly challenges.

    ポールの旅はフリーメンの排他的な兄弟関係の奥深くへと進み、そこで彼は次第に命がけの挑戦の連続で自分の信頼性を証明しなければならなくなるのです。

  • All these factions have deep histories that pervade the text, and Herbert also incorporates that sense of scale into the book’s structure.

    これらの派閥にはいずれも深い歴史があり、それが本文を貫き、ハーバートはそのスケール感も本の構成に取り込んでいるのです。

  • Each chapter begins with a quote from a future history book, recalling elements of the events that are about to unfold.

    各章は、未来の歴史書からの引用で始まり、これから起こる出来事の要素を思い起こさせます。

  • The book also contains in-universe appendices that further explore the Empire’s history; alongside a glossary of words like "Gom Jabbar" and "Shai-Hulud."

    また、「ゴム・ジャバー」「シャイ・フルード」などの用語解説や、帝国の歴史をさらに掘り下げた宇宙的な付録も収録しています。

  • Dune’s epic story continues to unfold over a six-book saga that spans millennia.

    『デューン』の壮大な物語は、数千年にわたる6冊のサーガで展開され続けています。

  • But every story of Arrakisfuture begins here: as Paul pursues a path that is dangerous, demanding, and always on the verge of being consumed by the oncoming storm.

    しかし、アラーキスの未来の物語はすべてここから始まります。危険で過酷、そして常に迫り来る嵐に飲み込まれそうになりながら、ポールはその道を突き進みます。

  • For all our science fiction fans out there, we think you will love Octavia Butler.

    SFファンの皆さん、オクタヴィア・バトラーはきっと気に入っていただけると思います。

  • And if you are inspired enough to put pen to paper, check out this video on building fictional worlds.

    そして、もしあなたが紙にペンを走らせるほどのインスピレーションを得たなら、架空の世界の構築に関するこのビデオもご覧ください。

A mother and her son trek across an endless desert.

どこまでも続く砂漠を歩く母と子。

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

ワンタップで英和辞典検索 単語をクリックすると、意味が表示されます

B2 中上級 日本語

【TED-Ed】現代人が SF小説「DUNE/デューン 砂の惑星」を読むべき理由とは

  • 3514 240
    林宜悉 に公開 2022 年 05 月 28 日
動画の中の単語