Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • We live in a vast universe, on a small wet planet, where billions of years ago, single-celled life forms evolved from the same elements as all non-living material around them,

    私たちは広大な宇宙の 小さな水の惑星に暮らしています 地球では、太古の昔に 単細胞生物が 周囲の非生物と同じ物質から 誕生し、

  • proliferating and radiating into an incredible ray of complex life forms.

    ありとあらゆる 複雑な生命形態へと 驚異的に増殖し、進化していきました

  • All of thisliving and inanimate, microscopic and cosmicis governed by mathematical laws with apparently arbitrary constants.

    それらすべて、生物も 非生物も、微細なものも 宇宙も、任意の定数と思われるものを伴った数学的法則によって 支配されています 

  • And this opens up a question: If the universe is completely governed by these laws, couldn’t a powerful enough computer simulate it exactly?

    そこで 1 つの疑問が生じます もし宇宙がそのような法則によって完全に支配されているなら、スーパーコンピューターで宇宙を正確にシミュレートできないのでしょうか?

  • Could our reality actually be an incredibly detailed simulation set in place by a much more advanced civilization?

    私たちの生きている世界が はるかに高度な文明によって作られた 驚くほど精巧なシミューレーションである可能性はないでしょうか?

  • This idea may sound like science fiction, but it has been the subject of serious inquiry.

    SF 的な発想に聞こえるかもしれませんが これまでも れっきとした研究の対象でした

  • Philosopher Nick Bostrom advanced a compelling argument that were likely living in a simulation, and some scientists also think it’s a possibility.

    哲学者のニック・ボストロム氏が 完全には否定できない議論を進めています 私たちがシミュレーションの世界に生きているだろうというものです そして、それが可能だと考える科学者も存在しています

  • These scientists have started thinking about experimental tests to find out whether our universe is a simulation.

    彼らは 実験的試験を行うことを考えています 私たちの世界がシミュレーションかどうかを確かめるための実験です

  • They are hypothesizing about what the constraints of the simulation might be, and how those constraints could lead to detectable signs in the world.

    そのシミュレーションの制約条件がどんなものか また、その制約条件がどのように シミュレーションの世界で発見可能な兆候を導くか 仮説を立てています

  • So where might we look for those glitches?

    さて、その実験の欠陥を探すならどこでしょう?

  • One idea is that as a simulation runs, it might accumulate errors over time.

    1 つ考えられるのは シミュレーションの実行の際 時間の経過とともに誤差が累積される可能性があること

  • To correct for these errors, the simulators could adjust the constants in the laws of nature.

    その誤差を正すために シミュレーターは 自然の法則に則って、定数を調整することが可能です

  • These shifts could be tiny, for instance, certain constants weve measured with accuracies of parts per million have stayed steady for decades, so any drift would have to be on an even smaller scale.

    その変化は ごく小さなものでしょう 例えば、0.0001% の精度で計測した定数は数十年は変わらずにいるので、変化傾向はあったとしても、ごくごくわずかなものとなります

  • But as we gain more precision in our measurements of these constants, we might detect slight changes over time.

    でも、それらの定数の計測の精度を上げれば  時間の経過とともに わずかな変化を見つけられるかもしれません 

  • Another possible place to look comes from the concept that finite computing power, no matter how huge, can’t simulate infinities.

    もう 1 つ注目できるのは どんなに計算能力が高くても その能力には限界があり、無限をシミュレートすることはできないという点です

  • If space and time are continuous, then even a tiny piece of the universe has infinite points and becomes impossible to simulate with finite computing power.

    宇宙や時間が連続的なものなら、宇宙をどんなに小さく切り取っても、 いつまでもなくなることはないし、限界がある計算能力ではシミュレートすることができません

  • So a simulation would have to represent space and time in very small pieces.

    つまり、シミュレーションは ごく小さく切り取った空間や、時間でなければならないのです

  • These would be almost incomprehensibly tiny.

    予測不可能なくらい小さなものでしょう

  • But we might be able to search for them by using certain subatomic particles as probes.

    ですが、素粒子を調査方法として使うことで 可能になるかもしれません

  • The basic principle is this: The smaller something is, the more sensitive it will be to disruptionthink of hitting a pothole on a skateboard versus in a truck.

    基本的な原理はこうです 物は小さいほど、壊れやすいですよね スケートボードに乗った状態で事故に遭うことと、トラックに乗っていて事故に遭うことを思い浮かべてみてください

  • Any unit in space-time would be so small that most things would travel through it without disruptionnot just objects large enough to be visible to the naked eye,

    時空では どんな構成単位のものも 小さすぎて ほとんどが壊れることなく通り抜けていきます 裸眼で見えるくらい大きなものだけではありません

  • but also molecules, atoms, and even electrons, and most of the other subatomic particles weve discovered.

    分子も、原子も、電子、そして 私たちが発見した素粒子の ほとんどがそうです

  • If we do discover a tiny unit in space-time or a shifting constant in a natural law, would that prove the universe is a simulation?

    時空で極小の構成単位のものか、自然の法則の中で変化する定数を見つけたとしたら 宇宙がシミュレーションだと証明できるでしょうか?

  • Noit would only be the first of many steps.

    いいえ それは長い道のりの出発点に過ぎません

  • There could be other explanations for each of those findings.

    他にも それぞれ 見つけたものに対する説明ができる可能性があります

  • And a lot more evidence would be needed to establish the simulation hypothesis as a working theory of nature.

    それに 筋の通った自然の理論として シミュレーションの仮説を立証するには、もっと たくさんの根拠が求められるでしょう

  • However many tests we design, were limited by some assumptions they all share.

    どんなに多くのテストを作っても 私たちには限界があります 共通の思い込みによるものです

  • Our current understanding of the natural world on the quantum level breaks down at what’s known as the Planck scale.

    現時点の 量子レベルでの自然界に対する私たちの理解は プランクスケールとして知られる単位で行き詰まっています 

  • If the unit of space-time is on this scale, we wouldn’t be able to look for it with our current scientific understanding.

    時空の極小構成単位をこのスケールで計測すると 現在の科学的理解では見つけることはできないでしょう

  • There’s still a wide range of things that are smaller than what’s currently observable but larger than the Planck scale to investigate.

    現時点で観測可能なものより小さいものの、 プランクスケールで調査するには大きいというものは まだまだ数多くあるのです

  • Similarly, shifts in the constants of natural laws could occur so slowly that they would only be observable over the lifetime of the universe.

    同様に、自然の法則の定数の変化は あまりにもゆっくり生じる可能性があるため 果てしない宇宙の時の流れの中でのみ明らかになりうるでしょう

  • So they could exist even if we don’t detect them over centuries or millennia of measurements.

    つまり、定数の変化は 何世紀も何千年もかけて計測して見つからなくても 存在している可能性があるのです

  • We're also biased towards thinking that our universe’s simulator, if it exists, makes calculations the same way we do, with similar computational limitations.

    また、私たちも先入観を持っています 私たちの世界のシミュレーターが本当に存在するとしたら、私たちと同様に限られた計算力で計算するのだという考えに対する先入観です

  • Really, we have no way of knowing what an alien civilization’s constraints and methods would bebut we have to start somewhere.

    現実、私たちには 異星の文明の定数や計算方法がどんなものかを知るすべはありません でも、いつかは知ることになるでしょう

  • It may never be possible to prove conclusively that the universe either is, or isn’t a simulation, but well always be pushing science and technology forward in pursuit of the question:

    宇宙がシミュレーションなのかどうか、または そうではないかを決定的に証明することはできないかもしれません ですが、私たちは その疑問を追い求める中で 科学やテクノロジーを進歩させ続けています

  • What is the nature of reality?

    実在の本質とは何なのでしょうか?

  • Keep spiraling through the existential void of life's biggest, most brain-bustingest questions with these videos.

    向上あるのみ 私たちの動画で 頭が爆発してしまいそうな人生最大の疑問を理解しましょう

We live in a vast universe, on a small wet planet, where billions of years ago, single-celled life forms evolved from the same elements as all non-living material around them,

私たちは広大な宇宙の 小さな水の惑星に暮らしています 地球では、太古の昔に 単細胞生物が 周囲の非生物と同じ物質から 誕生し、

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B2 中上級 日本語 TED-Ed 生物 宇宙 増殖 暮らし 周囲

仮想現実説とは?本当はシュミレーションの中で生きてる?!

  • 2435 126
    林宜悉 に公開 2021 年 11 月 20 日
動画の中の単語