Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • BOOK EIGHTH. CHAPTER I.

    BOOKの第八。 CHAPTER I.

  • THE CROWN CHANGED INTO A DRY LEAF.

    CROWNは、ドライリーフに変更。

  • Gringoire and the entire Court of Miracles were suffering mortal anxiety.

    Gringoireと奇跡の全体裁判所は死すべき不安に苦しんでいた。

  • For a whole month they had not known what had become of la Esmeralda, which greatly

    ヵ月間、彼らは非常にラエスメラルダで構成になっていたのか知​​られていなかった

  • pained the Duke of Egypt and his friends the vagabonds, nor what had become of the

    エジプトの公爵と彼の友人浮浪者が苦しそうな、また何はなっていた

  • goat, which redoubled Gringoire's grief.

    Gringoireの悲しみを一層のヤギ、。

  • One evening the gypsy had disappeared, and since that time had given no signs of life.

    ある晩、ジプシーが消失していた、そしてその時以来、生命の兆候を与えていなかった。

  • All search had proved fruitless.

    すべての検索は無益証明した。

  • Some tormenting bootblacks had told Gringoire about meeting her that same

    いくつか苦しめるbootblacksは同じことを彼女に会う約Gringoireを伝えていた

  • evening near the Pont Saint-Michel, going off with an officer; but this husband,

    ポンサンミッシェルの近くに夕方、担当者と離脱、しかしこの夫、

  • after the fashion of Bohemia, was an

    ボヘミアのファッションの後に、あった

  • incredulous philosopher, and besides, he, better than any one else, knew to what a

    懐疑的な哲学者、そして他のいずれよりも以外にも、彼、良いが、何を知っていた

  • point his wife was virginal.

    彼の妻が処女だった指す。

  • He had been able to form a judgment as to the unconquerable modesty resulting from

    彼は、に起因する不屈の慎み深さ、的確な判断を形成することができていた

  • the combined virtues of the amulet and the gypsy, and he had mathematically calculated

    複合アミュレットとジプシーの美徳、と彼は数学的に計算していた

  • the resistance of that chastity to the second power.

    二乗にその貞操の抵抗。

  • Accordingly, he was at ease on that score. Still he could not understand this

    したがって、彼はその点では使いやすさにあった。それでも彼はこれを理解することができませんでした

  • disappearance.

    消失。

  • It was a profound sorrow. He would have grown thin over it, had that

    それは深い悲しみだった。彼は、その上に薄くなっていたであろうこと

  • been possible.

    可能であった。

  • He had forgotten everything, even his literary tastes, even his great work, De

    彼はすべてのもの、さらに彼の文学的な嗜好、さらに彼の偉大な仕事、デを忘れていた

  • figuris regularibus et irregularibus, which it was his intention to have printed with

    figuris regularibusらirregularibus、それはで印刷しているために彼の意図であった

  • the first money which he should procure

    彼が調達する必要がある最初のお金

  • (for he had raved over printing, ever since he had seen the "Didascalon" of Hugues de

    (彼はユーグドの"Didascalonを"見ていた以来、印刷上の激賞していたため

  • Saint Victor, printed with the celebrated characters of Vindelin de Spire).

    Vindelinデスパイアの有名な文字で印刷セントビクター、)。

  • One day, as he was passing sadly before the criminal Tournelle, he perceived a

    ある日、彼は犯罪者Tournelle前に悲しげに渡していたので、彼が知覚さ

  • considerable crowd at one of the gates of the Palais de Justice.

    パレデジャスティスのゲートのいずれかでかなりの観客。

  • "What is this?" he inquired of a young man who was coming out.

    "これは何ですか"と彼は出てきていた若い男に尋ねた。

  • "I know not, sir," replied the young man. "'Tis said that they are trying a woman who

    "私は、先生を知らない、"若者は答えた。 "'TISは、彼らが誰な女性をしようとしていることだ

  • hath assassinated a gendarme.

    憲兵を暗殺かれら。

  • It appears that there is sorcery at the bottom of it, the archbishop and the

    それはそれの下部にあるソーサリー、大司教とがあることが表示されます

  • official have intervened in the case, and my brother, who is the archdeacon of Josas,

    公式にはケースに介入し、そしてイアンジョの助祭である私の兄、、している

  • can think of nothing else.

    他には何も考えることができます。

  • Now, I wished to speak with him, but I have not been able to reach him because of the

    今、私は彼と話すことを望んだが、私が原因で彼に到達することができていない

  • throng, which vexes me greatly, as I stand in need of money."

    私はお金を必要として立っている、非常に私をvexes群衆、。"

  • "Alas! sir," said Gringoire, "I would that I could lend you some, but, my breeches are

    "ああ!先生、私はあなたにいくつかを貸すこと私が意図している"Gringoireは言った"、しかし、私のズボンは

  • worn to holes, and 'tis not crowns which have done it."

    穴に身に着け、そして"はそれを行って冠をしないあわ。"

  • He dared not tell the young man that he was acquainted with his brother the archdeacon,

    彼は弟の助祭に精通されている若者を、言わない勇気

  • to whom he had not returned after the scene in the church; a negligence which

    彼は教会のシーンの後に返されていなかった人に、その過失

  • embarrassed him.

    彼に恥ずかしい。

  • The scholar went his way, and Gringoire set out to follow the crowd which was mounting

    学者は自分の道を行き、Gringoireは取付けwas群衆をフォローするために着手

  • the staircase of the great chamber.

    偉大なチャンバーの階段。

  • In his opinion, there was nothing like the spectacle of a criminal process for

    彼の意見では、のための刑事プロセスの光景のようなものはなかった

  • dissipating melancholy, so exhilaratingly stupid are judges as a rule.

    憂鬱を放散させるので、陽気に愚かでは原則として審査員です。

  • The populace which he had joined walked and elbowed in silence.

    彼が参加していた民衆は、歩いて、沈黙の中でelbowed。

  • After a slow and tiresome march through a long, gloomy corridor, which wound through

    through巻いた長い、暗い廊下を介してゆっくりと退屈な行進の後

  • the court-house like the intestinal canal of the ancient edifice, he arrived near a

    古代の山体の腸管のような裁判所の家は、彼が近くに到着

  • low door, opening upon a hall which his

    低ドア、ホールによって開いている彼の

  • lofty stature permitted him to survey with a glance over the waving heads of the

    崇高な地位は、彼が財産振って頭の上に一目で調査することが許可

  • rabble. The hall was vast and gloomy, which latter

    やじ馬。ホールは、広大で陰鬱された後者

  • fact made it appear still more spacious.

    実際は、それがさらに広々と出現した。

  • The day was declining; the long, pointed windows permitted only a pale ray of light

    日が減少して、長い、先のとがった窓は光だけ青白い光線を許可

  • to enter, which was extinguished before it reached the vaulted ceiling, an enormous

    、それはアーチ型の天井に到達する前に消滅した、巨大なを入力する

  • trellis-work of sculptured beams, whose

    その彫刻ビームのトレリス、仕事、

  • thousand figures seemed to move confusedly in the shadows, many candles were already

    千の数字は影に慌て動くように見えた、多くのろうそくはすでにあった

  • lighted here and there on tables, and beaming on the heads of clerks buried in

    テーブル上であちこちで点灯し、に埋もれて店員の頭に晴れやか

  • masses of documents.

    文書の塊。

  • The anterior portion of the ball was occupied by the crowd; on the right and

    ボールの前方部分は観客に占領され、右側にと

  • left were magistrates and tables; at the end, upon a platform, a number of judges,

    左は、治安判事とテーブルだった;最後に、プラットフォームによって、裁判官の数、

  • whose rear rank sank into the shadows, sinister and motionless faces.

    その後列は影、不吉と動かずに顔に沈没した。

  • The walls were sown with innumerable fleurs-de-lis.

    壁には無数の百合の花 - デ - LISで播種した。

  • A large figure of Christ might be vaguely descried above the judges, and everywhere

    キリストの大きな数字は、漠然とどこでも審査員の上にdescried、とされる場合があります

  • there were pikes and halberds, upon whose points the reflection of the candles placed

    パイクとくち造りは、その点に置かキャンドルの反射によって、そこにいた

  • tips of fire.

    火のヒント。

  • "Monsieur," Gringoire inquired of one of his neighbors, "who are all those persons

    "ムッシュ、"Gringoireは、これらすべての人が誰であるか"、彼の隣人のひとりに尋ねた

  • ranged yonder, like prelates in council?"

    理事会の高位聖職者のような遠隔あそこの、?"

  • "Monsieur," replied the neighbor, "those on the right are the counsellors of the grand

    "ムッシュ、"隣人は、右上のものは、壮大のカウンセラーです"と答えた

  • chamber; those on the left, the councillors of inquiry; the masters in black gowns, the

    チャンバー、左の上のもの、お問い合わせの議員、黒いガウンの修士、

  • messires in red."

    赤でmessires。"

  • "Who is that big red fellow, yonder above them, who is sweating?" pursued Gringoire.

    "発汗されている大きな赤い仲間、それらの上のあそこのは、誰ですか?"Gringoireは追求。

  • "It is monsieur the president."

    "それは社長ムッシューです。"

  • "And those sheep behind him?" continued Gringoire, who as we have seen, did not

    "そして、彼の後ろのそれらの羊は?"我々が見てきたように、しなかったGringoireは、引き続き

  • love the magistracy, which arose, possibly, from the grudge which he cherished against

    彼が反対愛さ恨みから、おそらく、生じた行政長官を、愛

  • the Palais de Justice since his dramatic misadventure.

    彼の劇的な不運な出来事以来、パレデジャスティス。

  • "They are messieurs the masters of requests of the king's household."

    "彼らは王の家族の要求のシュールの達人です。"

  • "And that boar in front of him?"

    "彼の前にそしてそれイノシシ?"

  • "He is monsieur the clerk of the Court of Parliament."

    "彼は議会裁判所の書記ムッシューです。"

  • "And that crocodile on the right?" "Master Philippe Lheulier, advocate

    "右上にそして、そのワニ?""マスターフィリップLheulier、提唱者

  • extraordinary of the king."

    王の特別。"

  • "And that big, black tom-cat on the left?" "Master Jacques Charmolue, procurator of

    "そして、その大きな、左側の黒トム猫?""マスタージャックCharmolue、の検察官

  • the king in the Ecclesiastical Court, with the gentlemen of the officialty."

    officialtyの紳士with教会裁判所の王、。"

  • "Come now, monsieur," said Gringoire, "pray what are all those fine fellows doing

    "、今ムッシューを、是非、"Gringoireは、これらすべての素晴らしい仲間がやっていることを祈る"と言った。

  • yonder?" "They are judging."

    あそこの?""彼らは判断されています。"

  • "Judging whom?

    "誰から判断?

  • I do not see the accused." "'Tis a woman, sir.

    私は告発表示されていない。"""女、先生はTIS。

  • You cannot see her. She has her back turned to us, and she is

    あなたは彼女を見ることはできません。彼女は彼女が戻って私たちになっている、と彼女は

  • hidden from us by the crowd.

    群集が私たちから隠さ。

  • Stay, yonder she is, where you see a group of partisans."

    滞在は、パルチザンのグループを参照してくださいここで彼女は、あるあそこ。"

  • "Who is the woman?" asked Gringoire. "Do you know her name?"

    "女性は誰ですか?"Gringoireは尋ねた。 "あなたは彼女の名前を知っていますか?"

  • "No, monsieur, I have but just arrived.

    "いいえ、ムッシュー、私はあるが、ちょうど到着した。

  • I merely assume that there is some sorcery about it, since the official is present at

    公式が現われるので、私はただ、それについていくつかの魔術が存在することを前提としています

  • the trial."

    裁判。"

  • "Come!" said our philosopher, "we are going to see all these magistrates devour human

    "来て!"私たちの哲学者は言った、"我々はすべてのこれらの判事は、人間の食いを確認しようとしている

  • flesh. 'Tis as good a spectacle as any other."

    肉。 "他の良好なスペクタクルとしてあわ。"

  • "Monsieur," remarked his neighbor, "think you not, that Master Jacques Charmolue has

    "ムッシュ、"彼の隣人は、マスタージャックCharmolueが持っている、"あなたがしないと思う、と述べた

  • a very sweet air?" "Hum!" replied Gringoire.

    非常に甘い空気?""ハム!"Gringoireは答えた。

  • "I distrust a sweetness which hath pinched nostrils and thin lips."

    "私は不信挟ま鼻と薄い唇をかれらの甘さを。"

  • Here the bystanders imposed silence upon the two chatterers.

    ここでは傍観者には2つのchatterers時沈黙を課した。

  • They were listening to an important deposition.

    彼らは重要な沈着に聞いていた。

  • "Messeigneurs," said an old woman in the middle of the hall, whose form was so

    "monseigneurの複数形、"フォームそうだったホールの中央に老婆は言った

  • concealed beneath her garments that one would have pronounced her a walking heap of

    一彼女の歩行ヒープを発音しているという彼女の衣服の下に隠され

  • rags; "Messeigneurs, the thing is as true

    ぼろは、"monseigneurの複数形は、事は本当です。

  • as that I am la Falourdel, established these forty years at the Pont Saint Michel,

    それと私は、アラカルトFalourdel午前橋サンミッシェルでこれらの四十年に設立、

  • and paying regularly my rents, lord's dues, and quit rents; at the gate opposite the

    定期的に私の家賃を支払って、領主は会費だし、賃料を終了し、反対側のゲートで

  • house of Tassin-Caillart, the dyer, which

    テッセン- Caillartの家、染色、

  • is on the side up the river--a poor old woman now, but a pretty maid in former

    今貧しい老婆が、前者にかなりメイド - 川までの側にあり、

  • days, my lords.

    日、私の領主。

  • Some one said to me lately, 'La Falourdel, don't use your spinning-wheel too much in

    いくつかのいずれかが最近私に言った、"ラFalourdelは、あまりにも多くのあなたの回転ホイールを使用しないでください

  • the evening; the devil is fond of combing the distaffs of old women with his horns.

    夜、悪魔は彼の角をもった古い女性のdistaffsをとかすのが好きです。

  • 'Tis certain that the surly monk who was round about the temple last year, now

    "今、昨年の寺院についてのラウンドだった無愛想な僧侶、特定のあわ

  • prowls in the City. Take care, La Falourdel, that he doth not

    市のprowls。彼はない蓄えケア、ラFalourdelを、取る

  • knock at your door.'

    あなたのドアをノックする。"

  • One evening I was spinning on my wheel, there comes a knock at my door; I ask who

    ある晩私はホイール上でスピンされ、私のドアをノックするがそこに来る、私は誰を求める

  • it is. They swear.

    それはです。彼らは誓う。

  • I open.

    私は開く。

  • Two men enter. A man in black and a handsome officer.

    二人の男のように入力します。黒とハンサムな将校の男。

  • Of the black man nothing could be seen but his eyes, two coals of fire.

    黒の男の何も、火災の二つ石炭を見たことがないが、彼の目にすることができます。

  • All the rest was hat and cloak.

    すべての残りは帽子とマントだった。

  • They say to me,--'The Sainte-Marthe chamber.'--'Tis my upper chamber, my lords,

    彼らは、私に言う - "サント=マルトチャンバー.'--'が私の上室、私の領主を、TIS

  • my cleanest. They give me a crown.

    私の最もきれい。彼らは私に王冠を与える。

  • I put the crown in my drawer, and I say: 'This shall go to buy tripe at the

    私は私の引き出しに王冠を置いて、私は言う:"これはAT胃袋を買いに行くもの

  • slaughter-house of la Gloriette to-morrow.' We go up stairs.

    - 明日へのアラカルトグロリエッテの虐殺 - 家。"我々は階段を上る。

  • On arriving at the upper chamber, and while my back is turned, the black man

    上室に到着し、そして私の後ろは、黒の男になっている間、

  • disappears. That dazed me a bit.

    消えます。それは私を少しボーッと。

  • The officer, who was as handsome as a great lord, goes down stairs again with me.

    偉大な領主のようにハンサムwas役員は、、私と一緒に再び階段を下りて行く。

  • He goes out.

    彼は外に出る。

  • In about the time it takes to spin a quarter of a handful of flax, he returns

    それは亜麻の一握りの四半期をスピンするのにかかるの時間で、彼は返します

  • with a beautiful young girl, a doll who would have shone like the sun had she been

    美しい若い女の子と、太陽のように輝いていた人形は、彼女がしていた

  • coiffed.

    髪をきれいに撫でつけた。

  • She had with her a goat; a big billy-goat, whether black or white, I no longer

    ビッグビリー=ヤギ、黒または白かどうか、私はもはや、彼女は彼女と一緒にヤギがなかった

  • remember. That set me to thinking.

    覚えている。それが思考に私を設定します。

  • The girl does not concern me, but the goat!

    女の子は私が、ヤギは関係がありません!

  • I love not those beasts, they have a beard and horns.

    私はそれらの獣ではなく愛し、彼らはひげと角を持っている。

  • They are so like a man. And then, they smack of the witches,

    彼らは人間のようなそうです。そしてその後、彼らは、魔女のピシャリ

  • sabbath.

    安息日。

  • However, I say nothing. I had the crown.

    しかし、私は何も言わない。私は王冠を持っていた。

  • That is right, is it not, Monsieur Judge?

    右つまり、それは、ムッシュ裁判官ありますか?

  • I show the captain and the wench to the upper chamber, and I leave them alone; that

    私は、上室に船長と田舎娘を示す、と私は放っておく、つまり

  • is to say, with the goat.

    ヤギと、言うことです。

  • I go down and set to spinning again--I must inform you that my house has a ground floor

    私がダウンし、再び回転するように設定 - 私は私の家は一階を持っていることを通知する必要があります

  • and story above.

    と上記の話。

  • I know not why I fell to thinking of the surly monk whom the goat had put into my

    私はヤギが私の中に入れていた無愛想な修道士の思考に落ちた理由を私は知らない

  • head again, and then the beautiful girl was rather strangely decked out.

    頭を改めて使用して、美しい少女は、むしろ妙に着飾っていた。

  • All at once, I hear a cry upstairs, and something falls on the floor and the window

    一度にすべての、私は叫びの階を聞く、そして何かが床と窓に落ちる

  • opens.

    開きます。

  • I run to mine which is beneath it, and I behold a black mass pass before my eyes and

    私はその下にある鉱山に実行し、そして私は私の目の前に黒い塊の通過を見よと

  • fall into the water. It was a phantom clad like a priest.

    水に落ちる。それは司祭のようにクラッドファントムだった。

  • It was a moonlight night.

    それは月明かりの夜だった。

  • I saw him quite plainly. He was swimming in the direction of the

    私はかなりはっきりと彼を見た。彼はの方向に泳いで

  • city. Then, all of a tremble, I call the watch.

    都市。その後、震えのすべては、私は時計を呼び出します。

  • The gentlemen of the police enter, and not knowing just at the first moment what the

    警察の紳士は入力して、単に最初の瞬間に知ることではないのか

  • matter was, and being merry, they beat me. I explain to them.

    問題があった、と陽気さ、彼らは私を破った。私は彼らに説明する。

  • We go up stairs, and what do we find? my poor chamber all blood, the captain

    我々は階段を上ると、我々は何を見つけるのですか?私の貧しい室すべての血液、船長

  • stretched out at full length with a dagger in his neck, the girl pretending to be

    彼の首に短剣との完全な長さで伸ばし、少女は、ふりをし

  • dead, and the goat all in a fright.

    すべての恐怖で死んでいる、とヤギ。

  • 'Pretty work!' I say, 'I shall have to wash that floor for

    "プリティ仕事!"私は言う、"私はにその床を洗う必要があるもの

  • more than a fortnight. It will have to be scraped; it will be a

    二週間以上。それは、スクレープする必要があります、それはなる

  • terrible job.'

    ひどい仕事。"

  • They carried off the officer, poor young man, and the wench with her bosom all bare.

    彼らは将校、貧しい若者、そして彼女の胸すべて素手で田舎娘をオフに行った。

  • But wait, the worst is that on the next day, when I wanted to take the crown to buy

    しかし、私は買うために王冠を取ると思ったときに、最悪のことが次の日にか、待って

  • tripe, I found a dead leaf in its place."

    胃袋は、私が代わりに死んで葉を見つけた。"

  • The old woman ceased. A murmur of horror ran through the

    老婆は収まった。恐怖の雑音はを走った

  • audience. "That phantom, that goat,--all smacks of

    聴衆。 "それはファントム、そのヤギ、 - のすべての萌芽

  • magic," said one of Gringoire's neighbors.

    マジック、"Gringoireの隣人の1人だ。

  • "And that dry leaf!" added another. "No doubt about it," joined in a third,

    "そして、その乾燥した葉は!"別のを追加しました。 "それについて疑いなく、"3番目に参加し、

  • "she is a witch who has dealings with the surly monk, for the purpose of plundering

    "彼女は略奪を目的に、無愛想な僧侶との取引を持っている魔女です。

  • officers."

    役員。"

  • Gringoire himself was not disinclined to regard this as altogether alarming and

    Gringoire自身はこのように完全に驚くべき考えるのは気が進まないとされていない

  • probable.

    可能性。

  • "Goody Falourdel," said the president majestically, "have you nothing more to

    "Falourdelグッディ、"社長が堂々と言った、"あなたはには何ももっと持っていない

  • communicate to the court?"

    裁判所に通信する?"

  • "No, monseigneur," replied the crone, "except that the report has described my

    "いや、僧正、"報告書が説明されていることを除いて"、老婦人は答えました私の

  • house as a hovel and stinking; which is an outrageous fashion of speaking.

    Hovelや臭い、ハウス、話すの非道なファッションです。

  • The houses on the bridge are not imposing, because there are such multitudes of

    のような群衆が存在するため、橋の上の家屋は、堂々されていません

  • people; but, nevertheless, the butchers continue to dwell there, who are wealthy

    裕福であるが、それにもかかわらず、肉屋が住むに引き続き、、人々

  • folk, and married to very proper and handsome women."

    フォーク、そして非常に適切とハンサムな女性と結婚して。"

  • The magistrate who had reminded Gringoire of a crocodile rose,--

    ワニのGringoireを連想していた治安判事は、バラ -

  • "Silence!" said he.

    "サイレンス!"と彼は言った。

  • "I pray the gentlemen not to lose sight of the fact that a dagger was found on the

    "私は短剣がで発見されたという事実を見失わないようにしない紳士を祈る

  • person of the accused.

    被告人の人物。

  • Goody Falourdel, have you brought that leaf into which the crown which the demon gave

    グッディFalourdelは、その葉を持っているに悪魔がくれた冠

  • you was transformed? "Yes, monseigneur," she replied; "I found

    あなたは、形質転換した? "はい、僧正は、"彼女は答えた、"私が見つけた

  • it again.

    もう一度。

  • Here it is."

    ここにある。"

  • A bailiff banded the dead leaf to the crocodile, who made a doleful shake of the

    憂鬱な揺れをしたワニに枯れ葉を縞廷吏、

  • head, and passed it on to the president, who gave it to the procurator of the king

    王の代理人にそれを与えた頭部、と大統領に渡さ、

  • in the ecclesiastical court, and thus it made the circuit of the hail.

    教会の法廷で、そしてそのためには、雹の回路を作った。

  • "It is a birch leaf," said Master Jacques Charmolue.

    "それは白樺の葉である、"マスタージャックCharmolueは言った。

  • "A fresh proof of magic."

    "魔法の新鮮な証拠。"

  • A counsellor took up the word.

    カウンセラーは、単語を取り上げた。

  • "Witness, two men went upstairs together in your house: the black man, whom you first

    "証人、二人はあなたの家で一緒に二階に行きました:あなた初の黒人の男を、

  • saw disappear and afterwards swimming in the Seine, with his priestly garments, and

    彼の聖職者の服を、その後セーヌ川で泳いで消えると見た、と

  • the officer.

    役員。

  • Which of the two handed you the crown?" The old woman pondered for a moment and

    このうちのどちらがあなたに王冠を渡した?"老婆は一瞬思案し

  • then said,--"The officer." A murmur ran through the crowd.

    その後、言った - "役員は。"雑音が群衆を走った。

  • "Ah!" thought Gringoire, "this makes some doubt in my mind."

    "ああ!"Gringoireは"これが私の心にいくつかの疑問を作る。"、と思った

  • But Master Philippe Lheulier, advocate extraordinary to the king, interposed once

    しかしマスターフィリップLheulier、王への異常な支持者は、一度に介在

  • more.

    より。

  • "I will recall to these gentlemen, that in the deposition taken at his bedside, the

    "私は、堆積に彼のベッドサイドで撮影したので、これらの紳士にリコールされる

  • assassinated officer, while declaring that he had a vague idea when the black man

    彼は漠然とした考えを持っていたことを宣言しながら、役員を暗殺するときに黒の男

  • accosted him that the latter might be the

    後者はかもしれないことを彼にaccosted

  • surly monk, added that the phantom had pressed him eagerly to go and make

    無愛想な僧、ファントムは行くとするために熱心に彼を押されたことを追加

  • acquaintance with the accused; and upon his, the captain's, remarking that he had

    そして彼の時に、船長の、彼が持っていたマーキング、告発されたと知人

  • no money, he had given him the crown which the said officer paid to la Falourdel.

    お金、彼は彼に当該役員はアラカルトFalourdelに支払われた王冠を与えていなかった。

  • Hence, that crown is the money of hell."

    したがって、その王冠は地獄のお金です。"

  • This conclusive observation appeared to dissipate all the doubts of Gringoire and

    この決定的な観察はGringoireのすべての疑いを晴らすように見えたと

  • the other sceptics in the audience.

    聴衆の中に他の懐疑論者。

  • "You have the documents, gentlemen," added the king's advocate, as he took his seat;

    彼は彼の席を取ったように"あなたは、ドキュメント、紳士を持っている、"王の支持者は、追加された。

  • "you can consult the testimony of Phoebus de Chateaupers."

    "あなたはポイボスデChateaupersの証言を相談することができます。"

  • At that name, the accused sprang up, her head rose above the throng.

    その名前で、被告人は、彼女の頭は群れの上にバラ、跳び。

  • Gringoire with horror recognized la Esmeralda.

    ラエスメラルダを認識恐怖でGringoire。

  • She was pale; her tresses, formerly so gracefully braided and spangled with

    彼女は淡いでした。herトレス、以前のように優雅に編組し、WITHちりばめられた

  • sequins, hung in disorder; her lips were blue, her hollow eyes were terrible.

    スパンコールは、障害に掛けて、彼女の唇は彼女の中空の目がひどいていた、青でした。

  • Alas!

    悲しいかな!

  • "Phoebus!" she said, in bewilderment; "where is he?

    "!ポイボスは"彼女は困惑して、言った。"彼はどこか?

  • O messeigneurs! before you kill me, tell me, for pity sake, whether he still lives?"

    Oのmonseigneurの複数形!あなたが私を殺す前に、彼はまだ住んでいるかどうか、同情のために、私に教えて?"

  • "Hold your tongue, woman," replied the president, "that is no affair of ours."

    "あなたの舌、女性をホールド、"社長、こう答えた"我のない出来事はない。"

  • "Oh! for mercy's sake, tell me if he is alive!" she repeated, clasping her

    "ああ!彼が生きている場合は慈悲のために、私に言う!"彼女は彼女を抱茎の、繰り返し

  • beautiful emaciated hands; and the sound of her chains in contact with her dress, was

    美しい衰弱、手、そして彼女の服との​​接触の彼女のチェーンの音だった

  • heard.

    聞いた。

  • "Well!" said the king's advocate roughly, "he is dying.

    "まあ!"王の支持者は彼が死にかけている"、大体言った。

  • Are you satisfied?"

    あなたは満足ですか?"

  • The unhappy girl fell back on her criminal's seat, speechless, tearless,

    不幸な少女は、涙も出ない、言葉、彼女の犯罪の席に戻って落ちた

  • white as a wax figure.

    蝋人形のように白い。

  • The president bent down to a man at his feet, who wore a gold cap and a black gown,

    社長は、金キャップと黒のガウンを着ていた自分の足で男、下に曲がって

  • a chain on his neck and a wand in his hand. "Bailiff, bring in the second accused."

    彼の首と手に杖上のチェーン。 "廷吏は、告発された秒で持って。"

  • All eyes turned towards a small door, which opened, and, to the great agitation of

    すべての目はの偉大な撹拌に、開いた、小さなドアの方を向いて、と

  • Gringoire, gave passage to a pretty goat with horns and hoofs of gold.

    Gringoireは、金の角とひづめでかなりヤギに道を与えた。

  • The elegant beast halted for a moment on the threshold, stretching out its neck as

    エレガントな獣は、その首などを伸ばして、しきい値に一瞬停止