Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • -BOOK TENTH. CHAPTER I.

    - BOOK十。 CHAPTER I.

  • GRINGOIRE HAS MANY GOOD IDEAS IN SUCCESSION.--RUE DES BERNARDINS.

    GRINGOIREは、連続して多くの良いアイデアを持っている.-- RUE DES BERNARDINSを。

  • As soon as Pierre Gringoire had seen how this whole affair was turning, and that

    早くピエールGringoireがこの事件全体が回転していた方法を見て、とているていたとして

  • there would decidedly be the rope, hanging, and other disagreeable things for the

    明らかにするためのロープ、掛かること、および他の嫌な事があるでしょう

  • principal personages in this comedy, he had

    この喜劇の主要人物は、彼がいた

  • not cared to identify himself with the matter further.

    さらに問題と自分自身を識別するために構いません。

  • The outcasts with whom he had remained, reflecting that, after all, it was the best

    結局、それが最善だったことを反映して、彼が残っていた誰とのけ者、

  • company in Paris,--the outcasts had continued to interest themselves in behalf

    パリの会社、 - のけ者に代わってで自分自身が興味を続けていた

  • of the gypsy.

    ジプシーの。

  • He had thought it very simple on the part of people who had, like herself, nothing

    彼は、彼女自身のように、持っていた人々の一部にそれは非常にシンプルな何も考えていなかった

  • else in prospect but Charmolue and Torterue, and who, unlike himself, did not

    他の見通しではなくCharmolueとTorterue、そして彼自身とは異なり、しなかった人、

  • gallop through the regions of imagination between the wings of Pegasus.

    ペガサスの翼の間に想像力の領域を通じて、ギャロップ。

  • From their remarks, he had learned that his wife of the broken crock had taken refuge

    彼らの発言から、彼は壊れた壷の妻は避難していたことを学んだしていた

  • in Notre-Dame, and he was very glad of it.

    ノートルダム寺院で、彼はそれを非常に嬉しかったです。

  • But he felt no temptation to go and see her there.

    しかし、彼は行くとそこに彼女を見ても誘惑を感じた。

  • He meditated occasionally on the little goat, and that was all.

    彼は少しヤギは時々瞑想、それがすべてだった。

  • Moreover, he was busy executing feats of strength during the day for his living, and

    また、彼は生活のために日中強度の忙しい実行偉業であり、

  • at night he was engaged in composing a memorial against the Bishop of Paris, for

    夜に彼がために、パリの司教against記念碑を構成するに従事していた

  • he remembered having been drenched by the

    彼はだびしょ濡れであったこと思い出した

  • wheels of his mills, and he cherished a grudge against him for it.

    彼の工場の車輪、そして彼はそれのために彼に恨みを大切に。

  • He also occupied himself with annotating the fine work of Baudry-le-Rouge, Bishop of

    彼はまた司教の、ボードリー=ル=ルージュの細かい作業に注釈を付けることで自分自身を占領

  • Noyon and Tournay, De Cupa Petrarum, which had given him a violent passion for

    ノアイヨンandトゥルネー、ために彼の激しい情熱を与えていたデCupa Petrarum、

  • architecture, an inclination which had

    アーキテクチャ、持っていた傾斜

  • replaced in his heart his passion for hermeticism, of which it was, moreover,

    神秘学への情熱は、さらに、、彼の心にそれがされたの置き換え

  • only a natural corollary, since there is an intimate relation between hermeticism and

    神秘学の間に親密な関係があるので、唯一の当然の結果と、

  • masonry.

    石造建築。

  • Gringoire had passed from the love of an idea to the love of the form of that idea.

    Gringoireはそのアイデアの形の愛へのアイデアの愛から渡さいた。

  • One day he had halted near Saint Germain- l'Auxerrois, at the corner of a mansion

    ある日、彼は屋敷の隅に、サンジェルマン - L' Auxerrois近く停止していた

  • called "For-l'Eveque" (the Bishop's Tribunal), which stood opposite another

    別の向かいに立っていた"の場合=ルベック"(司教の裁判)、と呼ばれる

  • called "For-le-Roi" (the King's Tribunal).

    "の場合=ル=ロワ"(王の裁判)と呼ばれる。

  • At this For-l'Eveque, there was a charming chapel of the fourteenth century, whose

    このために=ルベックで、その14世紀の魅力的な礼拝堂があった

  • apse was on the street. Gringoire was devoutly examining its

    後陣は、通りにあった。 Gringoireは心からその検討was

  • exterior sculptures.

    エクステリア彫刻。

  • He was in one of those moments of egotistical, exclusive, supreme, enjoyment

    彼は自己中心的、排他的な、最高の、楽しみの瞬間のひとつだった

  • when the artist beholds nothing in the world but art, and the world in art.

    アーティストは、世界で何も美術や芸術の世界をbeholdsない場合。

  • All at once he feels a hand laid gravely on his shoulder.

    すべて一度に彼は彼の肩の上に厳かに置か手を感じている。

  • He turns round. It was his old friend, his former master,

    彼はラウンドになります。それは彼の古い友人、彼の元マスターだった

  • monsieur the archdeacon.

    ムッシュー助祭。

  • He was stupefied.

    彼はぼうぜんとするれました。

  • It was a long time since he had seen the archdeacon, and Dom Claude was one of those

    それは、彼は助祭を見ていたので、長い時間であり、ドムクロードは、それらの一つだった

  • solemn and impassioned men, a meeting with whom always upsets the equilibrium of a

    厳粛と熱のこもった、男性との出会いは、いつもの均衡を崩し

  • sceptical philosopher.

    懐疑的な哲学者。

  • The archdeacon maintained silence for several minutes, during which Gringoire had

    助祭はGringoireが持っていた時に、数分間沈黙を維持し

  • time to observe him.

    彼を観察する時間。

  • He found Dom Claude greatly changed; pale as a winter's morning, with hollow eyes,

    彼はドンクロードが大きく変化見つかりました。冬の朝のような薄い、中空の目で、

  • and hair almost white. The priest broke the silence at length, by

    ほとんど白と髪の毛。司祭はして、長さで沈黙を破った

  • saying, in a tranquil but glacial tone,--

    、穏やかなしかし冷たい口調で、言って -

  • "How do you do, Master Pierre?" "My health?" replied Gringoire.

    "あなたはマスタ​​ーピエール、どうすればよい?""私の健康?"Gringoireは答えた。

  • "Eh! eh! one can say both one thing and another on that score.

    "え! EH!一つはその点では一つのことと別の両方を言うことができます。

  • Still, it is good, on the whole.

    それでも、それは全体的に良いです。

  • I take not too much of anything. You know, master, that the secret of

    私は何かのあまりないしてください。あなたは、、マスターを知っているの秘密

  • keeping well, according to Hippocrates; id est: cibi, potus, somni, venus, omnia

    ヒポクラテスによると、よく保持します; ID EST:柴碧、水薬、somni、ヴィーナス、オムニア

  • moderata sint."

    moderata SINT。"

  • "So you have no care, Master Pierre?" resumed the archdeacon, gazing intently at

    "それで、あなたは、マスターピエールには注意を持っているか?"助祭を再開、をじっと見つめ

  • Gringoire. "None, i' faith!"

    Gringoire。 "なし、私は"信仰!"

  • "And what are you doing now?"

    "そして、あなたは今何してるの?"

  • "You see, master. I am examining the chiselling of these

    "あなたは、マスターを参照してください。私はこれらのchisellingを検討しています

  • stones, and the manner in which yonder bas- relief is thrown out."

    石、とあそこの浅浮き彫りが投げ出される方法。"

  • The priest began to smile with that bitter smile which raises only one corner of the

    司祭は、ただ一つの角を発生させることを苦い笑みを浮かべて笑顔を始めた

  • mouth. "And that amuses you?"

    口の中。 "そして、それはあなたを楽しませる?"

  • "'Tis paradise!" exclaimed Gringoire.

    "'TISの楽園は!"Gringoireを叫んだ。

  • And leaning over the sculptures with the fascinated air of a demonstrator of living

    そして生きているのデモンストレーターの魅了空気と彫刻て傾いた

  • phenomena: "Do you not think, for instance, that yon metamorphosis in bas-relief is

    現象は:"あなたが考えるしないで、例えば、浅浮彫でそのヨンの変態です

  • executed with much adroitness, delicacy and patience?

    多くの如才なさ、繊細さと忍耐で実行?

  • Observe that slender column.

    that細長い列を守ってください。

  • Around what capital have you seen foliage more tender and better caressed by the

    どのような資本の周りに次のようにして愛撫葉より柔らかく、より良いを見てきました

  • chisel. Here are three raised bosses of Jean

    彫刻刀。ここでジャンの三提起ボスです

  • Maillevin.

    Maillevin。

  • They are not the finest works of this great master.

    彼らは、この偉大なマスターの最高の作品ではありません。

  • Nevertheless, the naivete, the sweetness of the faces, the gayety of the attitudes and

    それにもかかわらず、素朴さ、顔の甘さ、態度のgayetyと

  • draperies, and that inexplicable charm which is mingled with all the defects,

    カーテン、およびすべての欠陥と混ざり合いされている不可解な魅力、

  • render the little figures very diverting and delicate, perchance, even too much so.

    そうであってもあまりにも多く、非常に流用少ない数字と繊細な、ひょっとしてレンダリング。

  • You think that it is not diverting?" "Yes, certainly!" said the priest.

    あなたはそれが流用されていないことを思う?""はい、確かに!"司祭は言った。

  • "And if you were to see the interior of the chapel!" resumed the poet, with his

    "そして、あなたが礼拝堂の内部を参照するのであれば!"彼と、詩人を再開

  • garrulous enthusiasm. "Carvings everywhere.

    とりとめのない熱意。どこにでも"彫刻。

  • 'Tis as thickly clustered as the head of a cabbage!

    as厚くキャベツの長としてクラスタ化された"あわ!

  • The apse is of a very devout, and so peculiar a fashion that I have never beheld

    後陣は、私がbeholdの過去過去分詞ことのない非常に敬虔な、など独特のファッションである

  • anything like it elsewhere!"

    他の場所でそれのようなもの!"

  • Dom Claude interrupted him,-- "You are happy, then?"

    ドムクロードは、彼を中断 - "あなたは満足して、それから?"

  • Gringoire replied warmly;-- "On my honor, yes!

    Gringoireは暖かく答えた。 - "私の名誉で、はい!

  • First I loved women, then animals.

    最初に私はその後、女性、動物を愛した。

  • Now I love stones. They are quite as amusing as women and

    今私は石が大好きです。彼らは女性と全く同じくらい面白いものであり、

  • animals, and less treacherous." The priest laid his hand on his brow.

    動物、あまり危険なの。"司祭は彼の額に手を置いた。

  • It was his habitual gesture.

    それは彼の習慣的なジェスチャーだった。

  • "Really?" "Stay!" said Gringoire, "one has one's

    "本当に?""STAY!一つ自分のを持っている"Gringoireは、言った。"

  • pleasures!"

    快楽!"

  • He took the arm of the priest, who let him have his way, and made him enter the

    彼は彼が彼の方法を聞かせ司祭の腕を取って、彼が入力した

  • staircase turret of For-l'Eveque. "Here is a staircase! every time that I see

    の-ルベックの階段のタレット。 "ここに階段があります!私が見ているたびに

  • it I am happy.

    それは、私は幸せです。

  • It is of the simplest and rarest manner of steps in Paris.

    それはパリのステップの最も単純で最も稀な方法である。

  • All the steps are bevelled underneath.

    すべての手順は下に斜めされています。

  • Its beauty and simplicity consist in the interspacing of both, being a foot or more

    その美しさとシンプルさはフィート以上であること、両方のinterspacing in構成されています

  • wide, which are interlaced, interlocked, fitted together, enchained enchased,

    一緒に取り付けられて、連動し、インターレースされている広いが、、、enchased enchained

  • interlined one upon another, and bite into

    別のときに1、と一口にしてinterlined

  • each other in a manner that is truly firm and graceful."

    本当にしっかりと優雅な方法でお互いに。"

  • "And you desire nothing?" "No."

    "そして、あなたは何を望んでない?""いいえ"

  • "And you regret nothing?"

    "そして、あなたは後悔しない?"

  • "Neither regret nor desire. I have arranged my mode of life."

    "どちらも後悔も願望。私は生命の私のモードをアレンジしている。"

  • "What men arrange," said Claude, "things disarrange."

    "どんな男性がアレンジ、"クロードは"物事を乱す"と述べた。

  • "I am a Pyrrhonian philosopher," replied Gringoire, "and I hold all things in

    "私はPyrrhonian哲学者です、"Gringoireは、答えた"と私は、すべての物事を保持する

  • equilibrium." "And how do you earn your living?"

    均衡。""そして、どのようにあなたの生活費を稼ぐのですか?"

  • "I still make epics and tragedies now and then; but that which brings me in most is

    "私はまだのようにして叙事詩や悲劇を作るが、ほとんどで私をもたらすいるということです。

  • the industry with which you are acquainted, master; carrying pyramids of chairs in my

    あなたが知り合いされている、業界、マスター、私の椅子のピラミッドを運ぶ

  • teeth."

    歯。"

  • "The trade is but a rough one for a philosopher."

    "貿易は、哲学者が、大まかなものです。"

  • "'Tis still equilibrium," said Gringoire. "When one has an idea, one encounters it in

    ""はまだ均衡をTIS、"Gringoireは言った。 "一つのアイデアを持っているとき、人はそれに遭遇

  • everything."

    すべてを。"

  • "I know that," replied the archdeacon. After a silence, the priest resumed,--

    "私はそれを知って、"助祭は答えた。沈黙の後、司祭は、再開 -

  • "You are, nevertheless, tolerably poor?" "Poor, yes; unhappy, no."

    "あなたは、それにもかかわらず、まあまあ悪いですか?""悪い、はい、いいえ、不幸"。

  • At that moment, a trampling of horses was heard, and our two interlocutors beheld

    その瞬間に、馬の踏みつけを聞いて、我々の2つの対話者は、過去過去分詞された

  • defiling at the end of the street, a company of the king's unattached archers,

    通りの端に冒涜、王のアタッチされていない射手の会社、

  • their lances borne high, an officer at their head.

    彼らのランスは、彼らの頭に役員、高負担。

  • The cavalcade was brilliant, and its march resounded on the pavement.

    パレードは素晴らしいであり、その行進は、歩道に鳴り響い。

  • "How you gaze at that officer!" said Gringoire, to the archdeacon.

    "どのようにあなたがその役員を凝視!"助祭へGringoireは言った。

  • "Because I think I recognize him." "What do you call him?"

    "私は私が彼を認識すると思うから。""あなたは彼を何と呼ぶのですか?"

  • "I think," said Claude, "that his name is Phoebus de Chateaupers."

    "私が思うに、"クロードは"彼の名前はポイボスデChateaupersであること"と述べた。

  • "Phoebus! A curious name!

    "ポイボス!好奇心旺盛名!

  • There is also a Phoebus, Comte de Foix.

    ポイボス、フォワ伯爵もあります。

  • I remember having known a wench who swore only by the name of Phoebus."

    私はポイボスの名前だけで誓った田舎娘を知らした覚えている。"

  • "Come away from here," said the priest. "I have something to say to you."

    "ここから離れて来て、"司祭は言った。 "私はあなたに言いたいことがある。"

  • From the moment of that troop's passing, some agitation had pierced through the

    その軍隊の死の瞬間から、いくつかの攪拌は、通過穴を開けていた

  • archdeacon's glacial envelope. He walked on.

    助祭の氷河の封筒。彼は歩いた。

  • Gringoire followed him, being accustomed to obey him, like all who had once approached

    Gringoireは一度に接近していたすべての人のよ​​うに、彼に従うことに慣れている、彼に続いて

  • that man so full of ascendency. They reached in silence the Rue des

    至上のように完全なその男。彼らは無言で通りデに達し

  • Bernardins, which was nearly deserted.

    ほぼ捨てられたBernardins、。

  • Here Dom Claude paused. "What have you to say to me, master?"

    ここでドムクロードは一時停止。 "何があなたのマスター、私に言わなければならない?"

  • Gringoire asked him.

    Gringoireは彼に尋ねた。

  • "Do you not think that the dress of those cavaliers whom we have just seen is far

    "あなたは私たちがちょうど見てきたそれらのキャバリアーズのドレスがはるかにしているとは考えないでください

  • handsomer than yours and mine?" Gringoire tossed his head.

    あなたや私よりhandsomer?"Gringoireは頭を投げた。

  • "I' faith!

    "私は"信仰を!

  • I love better my red and yellow jerkin, than those scales of iron and steel.

    私は、鉄と鋼とスケールよりも、よりよい私の赤と黄色のジャーキンが大好きです。

  • A fine pleasure to produce, when you walk, the same noise as the Quay of Old Iron, in

    あなたが歩くときに、、、古い鉄のキーと同じノイズを生成する微細な喜び

  • an earthquake!"

    地震!"

  • "So, Gringoire, you have never cherished envy for those handsome fellows in their

    "だから、Gringoire、あなたはそれらのものハンサムな仲間のための羨望を大切にしたことがない

  • military doublets?"

    軍事ダブレット?"

  • "Envy for what, monsieur the archdeacon? their strength, their armor, their

    何を、ムッシュー助祭のための"羨望?彼らの強さ、彼らの鎧、それらの

  • discipline? Better philosophy and independence in rags.

    規律?ぼろで良いの哲学と独立。

  • I prefer to be the head of a fly rather than the tail of a lion."

    私は、ハエの頭ではなく、ライオンの尾となることを好む。"

  • "That is singular," said the priest dreamily.

    "特異つまり、"司祭のうっとりするようには言った。

  • "Yet a handsome uniform is a beautiful thing."

    "しかし、ハンサムな制服は美しいものです。"

  • Gringoire, perceiving that he was in a pensive mood, quitted him to go and admire

    彼が行くと賞賛する辞めた彼は物思いにふける雰囲気であったことを知覚Gringoire、、

  • the porch of a neighboring house.

    近隣の家のベランダ。

  • He came back clapping his hands. "If you were less engrossed with the fine

    彼は手を叩き戻ってきた。 "あなたは以下の罰金に夢中になっていた場合

  • clothes of men of war, monsieur the archdeacon, I would entreat you to come and

    戦争の男性の服、ムッシュー助祭は、私が来ることを切望するだろうし、

  • see this door.

    このドアを参照してください。

  • I have always said that the house of the Sieur Aubry had the most superb entrance in

    私はいつもSieurオーブリーの家は中で最も素晴らしい入り口を持っていたと述べている

  • the world."

    世界。"

  • "Pierre Gringoire," said the archdeacon, "What have you done with that little gypsy

    "ピエールGringoireは、"助祭は、その少しジプシーで何をした"と言った。

  • dancer?" "La Esmeralda?

    ダンサー?""ラエスメラルダ?

  • You change the conversation very abruptly."

    あなたは非常に突然会話を変える。"

  • "Was she not your wife?" "Yes, by virtue of a broken crock.

    "彼女はあなたの妻ではないのか""はい、壊れた壷のおかげで。

  • We were to have four years of it.

    我々はそれの4年間を持っていた。

  • By the way," added Gringoire, looking at the archdeacon in a half bantering way,

    ところで、"Gringoireは、半分冗談の多い方法で助祭を見て、追加

  • "are you still thinking of her?" "And you think of her no longer?"

    "あなたは?まだ彼女のことを考えている""そして、あなたは彼女はもはや考える?"

  • "Very little.

    "非常に少ない。

  • I have so many things. Good heavens, how pretty that little goat

    私はたくさんのことを持っている。天良い、どのように非常にこの小さなヤギ

  • was!" "Had she not saved your life?"

    だ!""彼女はあなたの人生を救ったいなかったら?"

  • "'Tis true, pardieu!"

    ""は、pardieuを真のあわ!"

  • "Well, what has become of her? What have you done with her?"

    "まあ、何は彼女のこととなっている?あなたが彼女で何をしたのか?"

  • "I cannot tell you. I believe that they have hanged her."

    "私はあなたを伝えることはできません。私は、彼らが彼女を絞首刑にしていると信じています。"

  • "You believe so?"

    "あなたはそう信じている?"

  • "I am not sure. When I saw that they wanted to hang people,

    "私はわからない。私は彼らが人々をハングアップしようとしていることを見たとき、

  • I retired from the game." "That is all you know of it?"

    私はゲームから引退した。""それはすべてあなたがそれを知っていますか?"

  • "Wait a bit.

    "少し待ってください。