Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • For thousands of years, the lands known today as Russia and Ukraine were inhabited by nomadic

    今日ロシアとウクライナとして知られる地域は、 数千年に渡って遊牧民や

  • tribes and mysterious Bronze Age cultures.

    謎の多い青銅器文明の居住圏であった

  • The only record they left were their graves.

    現在に残る彼らの足跡は南に広がる広大な草原地帯、 ステップに作られた墓のみである

  • In the great open grasslands of the south, the steppe, they buried their chieftains beneath

    クルガンと呼ばれる大きな塚の下に 首長が埋葬された

  • huge mounds called kurgans.

    古代ギリシアの歴史学者ヘロドトスは、 これらの人々を「スキタイ」と呼んだ

  • The Ancient Greek historian Herodotus called these people 'Scythians'.

    この地域はローマ帝国を滅ぼした 遊牧民族の侵攻を受けた

  • Their lands were overrun by the same nomadic warriors who brought down the Roman Empire.

    やがてスラヴ人が定住した

  • The land was then settled by Slavs.

    彼らは言語や文化を一部共有していたが 多くの部族に分かれていた

  • They shared some language and culture, but were divided into many different tribes.

    東方では「ヴァランギアン」と呼ばれるヴァイキングが ロシアの長大な川を遠征し、

  • Vikings from Scandinavia, known in the east as Varangians, rowed up Russia's long rivers

    襲撃や貿易を活発に行った

  • on daring raids and trading expeditions.

    伝説によると、東スラブ人が ヴァランギアンの首長リューリクに

  • According to legend, the East Slavs asked a Varangian chief named Rurik to be their

    指導者となって部族を治めるよう頼んだ

  • prince and unite the tribes.

    リューリクはそれを受け、首都ノヴゴロドを建設

  • He accepted and made his capital at Novgorod.

    リューリク朝はこの後 700年に渡ってロシアを支配する

  • His dynasty, the Rurikids, would rule Russia for 700 years.

    人々は自らをルーシと呼び、土地にもその名を付けた

  • His people called themselves the Rus, and gave their name to the land.

    リューリクの後継者オレーグはキエフを占領し、 そこを首都に新国家キエフ・ルーシを築いた

  • Rurik's successor, Oleg, captured Kiev, making it the capital of a new state, Kievan Rus.

    1世紀後、南のビザンツ帝国との接近を図り、

  • A century later, seeking closer ties with the Byzantine Empire to the south, Vladimir

    ウラジーミル1世がキリスト教を導入、 正教会に改宗する

  • the Great adopted their religion, and converted to Orthodox Christianity.

    ウクライナとロシアにキリスト教を もたらした人物として今日も尊敬を集めている

  • He is still venerated today as the man who brought Christianity to Ukraine and Russia.

    ヤロスラフ賢公は成文法を作り、領土を拡大した

  • Yaroslav the Wise codified laws and conquered new lands.

    彼の治世下でキエフ・ルーシは黄金時代を迎える

  • His reign marked the golden age of Kievan Rus.

    当時のヨーロッパで最も洗練された 強力な国家であった

  • It was amongst the most sophisticated and powerful states in Europe.

    しかしヤロスラフの死後、息子たちの争いで キエフ・ルーシは崩壊し対立する公国の集合体となる

  • But after Yaroslav's death his sons fought amongst themselves.

    丁度その頃、東方に新たな脅威が出現した

  • Kievan Rus disintegrated into a patchwork of feuding princedoms... just as a deadly

    チンギス・カンのモンゴルがアジアの大半を征服する

  • new threat emerged from the east.

    そしてコーカサス山脈越えの大遠征を行い、

  • The Mongols under Genghis Khan had overrun much of Asia.

    カルカ河畔の戦いでキエフ諸公軍を撃破 しかし、モンゴル軍は撤退した

  • Now they launched a great raid across the Caucasus Mountains, and defeated the Kievan

    14年後、モンゴルは戻ってきた

  • princes at the Battle of the Kalka River, but then withdrew.

    バトゥ率いる大軍がロシアを蹂躙する

  • 14 years later, the Mongols returned.

    抵抗した都市は焼き払われ、住人は殺戮された

  • A gigantic army led by Batu Khan overran the land.

    ノヴゴロドはモンゴルに服従を誓い、破壊を免れた

  • Cities that resisted were burnt, their people slaughtered.

    大公アレクサンドル・ネフスキーは 侵攻してきたチュートン騎士団を氷上の決戦で撃破

  • The city of Novgorod was spared because it submitted to the Mongols.

    ふたたび街を救った

  • Its prince, Alexander Nevsky, then saved the city again, defeating the Teutonic Knights

    ネフスキーはロシアで 最も偉大な英雄として名を残している

  • at the Battle of the Ice, fought above a frozen lake.

    征服した土地はモンゴルが支配した

  • He remains one of Russia's most revered heroes.

    新たな帝国ジョチ・ウルスが誕生した。 新首都サライを拠点に、ハーンが統治する

  • The Mongols ruled the land as conquerors.

    ルーシ諸公はハーンの家臣となった

  • Their new empire was called the Golden Horde, ruled by a Khan from his new capital at Sarai.

    諸公は貢納を強いられ、略奪に苦しめられた

  • The Rus princes were his vassals.

    ルーシはこれら圧制者をタタールと呼び 「タタールのくびき」の時代が始まる

  • They were forced to pay tribute or suffer devastating reprisal raids.

    ネフスキーの子、ダニールはモスクワ大公国を建国 急速に勢力を拡大する

  • They called their oppressors 'Tatars' - they lived under 'the Tatar yoke'.

    ウズベク・ハンの治世下 タタールはイスラム教に改宗する

  • Alexander Nevsky's son, Daniel, founded the Grand Principality of Moscow, which quickly

    力を増すリトアニア大公国が 青水の戦いでタタールを撃破し、キエフを征服した

  • grew in power.

    18年後、モスクワ大公ドミトリー・ドンスコイも クリコヴォの戦いでタタールを撃破する

  • 18 years later, Dmitri Donskoi, Grand Prince of Moscow, also defeated the Tartars... at

    長年の内紛の末、ジョチ・ウルスは 多くのハン国に分裂して解体した

  • the great Battle of Kulikovo Field.

    ビザンツ帝国最後の砦、コンスタンティノープルが オスマン帝国に征服される

  • After years of infighting, the Golden Horde now began to disintegrate into rival khanates.

    コンスタンティノープル陥落後、「第3のローマ」 としてモスクワが正教会の拠点と認められる

  • Constantinople, capital and last outpost of the once-great Byzantine Empire, fell to the

    一方、モスクワの大公は勢力を拡大し続けており ノヴゴロドを併合

  • Turkish Ottoman Empire.

    最初のロシア国家を形成する

  • Some hailed Moscow as the 'Third Rome', the seat of Orthodox Christian faith, now Rome

    モスクワのイヴァン3世が ウグラ川の戦いでタタール軍を撃破

  • and Constantinople had fallen.

    ついにロシアはタタールのくびきから脱した

  • Meanwhile, the Grand Princes of Moscow continued to expand their power, annexing Novgorod,

    ヴァシーリー3世の下、モスクワはその勢力を さらに拡大していく

  • and forging the first Russian state.

    その子イヴァン4世が ロシア初のツァーリの称号を名乗った

  • At the Ugra River, Ivan III of Moscow faced down the Tatar army and forced it to retreat.

    「イヴァン雷帝」としても知られている

  • Russia had finally cast off the 'Tatar yoke'.

    イヴァン4世はタタールのカザンとアストラハンを 征服するが―

  • Under Grand Prince Vasili III, Moscow continued to grow in size and power.

    リヴォニア戦争でスウェーデンと ポーランド・リトアニア連合に敗北する

  • His son, Ivan IV, was crowned the first Tsar of Russia.

    イヴァン4世の改革は、妄想からなる 恐怖政治と大量処刑に変わっていった

  • He would be remembered as Ivan the Terrible.

    未だロシアは攻撃にさらされていた

  • Ivan conquered Tatar lands in Kazan and Astrakahan, but was defeated in the Livonian War by Sweden

    クリミア・ハン国はモスクワを焼き討ちする

  • and the Polish-Lithuanian Commonwealth.

    しかし翌年、ロシア軍は首都の南 モロディの戦いでタタールを撃退した

  • Ivan's modernising reforms gave way to a reign of terror and mass executions, fuelled by

    3つの国に挟まれた統治の及ばない地域、 ステップ地帯にはコサックが居住していた

  • his violent paranoia.

    彼らは騎馬民族として自由に生活しており、しばしば ロシアやポーランドに傭兵として雇われた

  • Russia was still vulnerable.

    イヴァン雷帝は激昂して息子を殺害する

  • Raiders from the Crimean Khanate were able to burn Moscow itself.

    皇帝の錫杖で撲殺したのである

  • But the next year Russian forces routed the Tatars at Molodi, just south of the city.

    コサックの探検家イェルマーク・チモフェーイェヴィチがシベリアのタタール諸部族を征服し―

  • Cossacks now lived on the open steppe, a lawless region between three warring states.

    ロシアのシベリア進出を招く

  • They were skilled horsemen who lived freely, and were often recruited by Russia and Poland

    北方でアルハンゲリスクが建設され、 ロシアで唯一の西欧に繋がる港となる

  • to fight as mercenaries.

    ただし冬には凍結した

  • Ivan the Terrible's own son, the Tsarevich, fell victim to one of his father's violent

    イヴァン雷帝の後を継いだフョードル1世は 後継ぎのないまま死去

  • rages - bludgeoned to death with the royal sceptre.

    リューリク朝は滅亡した

  • The Cossack adventurer Yermak Timofeyevich led the Russian conquest of Siberia, defeating

    摂政ボリス・ゴドゥノフがツァーリとなる

  • Tatars and subjugating indigenous tribes.

    しかし彼の急死後、妻と10代の息子は惨殺された

  • In the north, Archangelsk was founded, for the time being Russia's only sea-port linking

    帝位はイヴァン雷帝の末子を自称する 偽者が継ぐが、彼もすぐに殺された

  • it to western Europe, though it was icebound in winter.

    ロシアは「動乱時代」と呼ばれる無政府状態に陥った

  • Ivan the Terrible was succeeded by his son Feodor I, who died childless.

    叛乱や侵略により国土は荒廃、 飢饉やペストで人口が激減した

  • It was the end of the Rurikid dynasty.

    ポーランドがモスクワを占領し、 スウェーデンがノヴゴロドを奪取した

  • Ivan's advisor Boris Godunov became Tsar.

    ロシア国家は滅亡の縁に立たされた

  • But after his sudden death, his widow and teenage son were brutally murdered, and the

    1612年、ロシアは動乱時代と呼ばれる 無政府状態の只中にあった

  • throne seized by an impostor claiming to be Ivan the Terrible's son.

    人々は戦争、飢饉、疫病の脅威に晒され、 死者は人口の3分の1に及んだ

  • He too was soon murdered.

    モスクワ、スモレンスク、ノヴゴロドが 外国軍に占領された

  • Russia slid into anarchy, the so-called 'Time of Troubles'.

    しかし、ロシアは反撃する

  • Rebels and foreign armies laid waste to the land, and the population was decimated by

    ポジャルスキー公と商人クジマ・ミーニンが 義勇軍を率いてモスクワに攻め込み、

  • famine and plague.

    ポーランド軍を撃退した

  • Polish troops occupied Moscow; Swedish troops seized Novgorod.

    2005年、ロシアはこの出来事を記念し 毎年11月4日を祝日「民族統一の日」に制定した

  • The Russian state seemed on the verge of extinction.

    ロマノフ朝

  • In 1612, Russia was in a state of anarchy.

    ロシア議会「ゼムスキー・ソボル」は、 新たな指導者の下での統一が必要と判断

  • They called it 'The Time of Troubles'.

    16歳のミハイル・ロマノフをツァーリに選出した

  • The people were terrorised by war, famine and plagueup to a third of them perished.

    ロマノフ朝はこの後300年間ロシアを統治する

  • Foreign troops occupied Moscow, Smolensk and Novgorod.

    ミハイルは領土と引き換えに和平条約を結ぶ。 勝利したロシアには戦争を続ける余力は無かった

  • But then, Russia fought back.

    息子のアレクセイは新たな法典、「会議法典」を制定

  • Prince Pozharsky and a merchant, Kuzma Minin, led the Russian militia to Moscow, and threw

    これはロシア人口の8割を占める 農民を農奴と規定していた

  • out the Polish garrison.

    実質的な奴隷であり、身分は子に受け継がれ、 旅行の自由も、主人を選択する自由も無かった

  • Since 2005, this event has been commemorated every 4th November, as Russian National Unity

    このシステムは今後200年間、 ロシア農民の生活を支配する

  • Day.

    ロシア正教会の総主教ニコンの改革によって 正教会は改革派と「古儀式派」に分かれる

  • The Russian assembly, the Zemsky Sobor, realised the country had to unite behind a new ruler,

    この分裂は今日に至るまで続いている

  • and elected a 16 year old noble, Mikhail Romanov, as the next Tsar.

    ポーランド・リトアニア共和国に叛乱を 起こしたウクライナ・コサックが

  • His dynasty would rule Russia for the next 300 years.

    軍事的支援を条件にアレクセイと結んだ

  • Tsar Mikhail exchanged territory for peace, winning Russia much-needed breathing-space.

    ロシアとポーランド・リトアニア共和国の間で 13年戦争が勃発する

  • His son, Tsar Alexei, implemented a new legal code, the Sobornoye Ulozheniye.

    ロシアが勝利し、スモレンスクを占領 ウクライナ東部を獲得する

  • It turned all Russian peasants, 80% of the population, into serfseffectively slaves

    コサックのスチェパン・ラージンが ツァーリの支配に対して叛乱を起こす

  • - their status inherited by their children, and with no freedom to travel or choose their

    南ロシアは無政府状態に陥った

  • master.

    叛乱鎮圧後、ラージンはモスクワに連行され 四つ裂きの刑に処された

  • It was a system that dominated Russian rural life for the next 200 years.

    病弱ながら教養の高いフョードル3世は 多くの改革を行った

  • The head of the Russian Orthodox Church, Patriarch Nikon, imposed religious reforms that split

    実績よりも家柄によって 政権の地位が決まる門地制を廃止

  • the church between Reformers and 'Old Believers'.

    階級に関する古い書物を焼き払った

  • It's a schism that continues to this day.

    しかしフョードルは僅か19歳で死去 姉ソフィアが摂政となり、

  • Ukrainian Cossacks, rebelling against the Polish-Lithuanian Commonwealth, recognised

    二人の弟イヴァン5世と共同統治者ピョートル1世の 代理として統治する

  • Tsar Alexei as overlord in exchange for his military support.

    数世紀に渡る紛争の末、ロシアは ポーランド・リトアニア共和国と

  • It led to the Thirteen Years War between Russia and the Polish-Lithuanian Commonwealth.

    「永遠平和条約」を結ぶ

  • Russia emerged victorious, reclaiming Smolensk and taking control of eastern Ukraine.

    ロシアは神聖同盟に加盟して 大トルコ戦争に参加した

  • A revolt against Tsarist government, led by a renegade Cossack, Stenka Razin, brought

    ソフィア治世下、ロシアと清国は 初の条約を結び両国の国境を確定する

  • anarchy to southern Russia.

    ピョートル大帝

  • It was finally suppressed: Razin was brought to Moscow and executed by quartering.

    ピョートル1世が17歳になると、 ソフィアから権力を奪取した

  • The sickly but highly-educated Feodor III passed many reforms.

    ピョートルはロシアの指導者として初めて 国外旅行を行なう

  • He abolished mestnichestvo, the system that had awarded government posts according to

    大使節団とともにヨーロッパを旅しながら オスマンに対する同盟の交渉を行ない、

  • nobility rather than merit, and symbolically burned the ancient books of rank.

    最新科学と造船技術を学んだ

  • But Feodor died aged just 19.

    大トルコ戦争が終結し、 コンスタンティノープル条約が結ばれる

  • His sister Sofia became Princess Regent, ruling on behalf of her younger brothers, the joint

    ロシアはクリミア・ハン国からアゾフを獲得。 黒海への足がかりを得る

  • Tsars Ivan V and Peter I.

    ピョートルはロシアをヨーロッパの様に 近代化するため、多くの改革を断行した

  • After centuries of conflict, Russia and the Polish-Lithuanian Commonwealth signed a Treaty

    ロシア貴族の服装や習慣をヨーロッパ風に改めさせ、 拒否する者には「ひげ税」を課した

  • of Eternal Peace.

    ピョートルはロシア海軍を創設し、陸軍と政府を再編 工業、貿易、教育を促進した

  • Russia then joined 'the Holy League' in its war against the Ottoman Empire.

    大北方戦争で、ロシア、 ポーランド・リトアニア共和国、デンマークが

  • Sofia's reign also saw the first treaty between Russia and China, establishing the frontier

    バルト海の支配者スウェーデンと戦う

  • between the two states.

    ロシアはカール12世のスウェーデンに ナルヴァの戦いで大敗する

  • At age 17, Peter I seized power from his half-sister, Sofia.

    しかしロシアは第2次ナルヴァ戦で勝利

  • Peter became the first Russian ruler to travel abroad.

    ポルタヴァの戦いでカールの軍を破った

  • He toured Europe with his 'Grand Embassy', seeking allies for Russia's war against Turkey,

    ピョートルはバルト海沿岸に新首都 サンクトペテルブルグを建設

  • and learning the latest developments in science and shipbuilding.

    沿岸の湿地帯にロシア第2の大都市を 建設したことは偉大な業績だった

  • The war against Turkey was successfully concluded by the Treaty of Constantinople: Russia gained

    代償として数千の農奴の命が失われた

  • Azov from Turkey's ally, the Crimean Khanate, and with it, a foothold on the Black Sea.

    大北方戦争はニスタット条約の締結で終了する。 ロシアはスウェーデンから権益を獲得し、

  • Peter made many reforms, seeking to turn Russia into a modern, European state.

    バルト海の新たな支配者となった

  • He demanded Russian nobles dress and behave like Europeans.

    死の4年前、ピョートルは 「大帝、国の父、全ロシアの皇帝」と称された

  • He made those who refused to shave pay a beard tax.

    4人の女帝

  • Peter built the first Russian navy; reformed the army and government; and promoted industry,

    死後、妃エカチェリーナ1世が後を継ぎ その後、孫のピョートル2世が即位するが

  • trade and education.

    天然痘のため14歳で崩御

  • In the Great Northern War, Russia, Poland-Lithuania and Denmark took on the dominant power in

    ピョートル大帝の異母兄イヴァン5世の娘 アンナ・イヴァノヴナが女帝となるが、

  • the Baltic, Sweden.

    彼女の退廃ぶりと、ドイツ人の愛人 エルンスト・ビロンの影響力が悪評を呼んだ

  • The war began badly for Russia, with a disastrous defeat to Charles XII of Sweden at Narva.

    アンナの治世下、デンマーク出身の冒険家 ヴィトゥス・ベーリングが

  • But Russia won a second battle of Narva...

    アラスカ沿岸を遠征し初の測量を行う

  • Before crushing Charles XII's army at the Battle of Poltava.

    彼はアリューシャン列島を発見し、 ロシアとアメリカを隔てるこの海に自らの名を付けた

  • On the Baltic coast, Peter completed construction of a new capital, St.Petersburg.

    アンナの死後、甥の子イヴァン6世が後を継ぐが、

  • The building of what would become Russia's second largest city among coastal marshes

    ピョートル大帝の孫娘 エリザヴェータに廃位される

  • was a remarkable achievement, though it cost the lives of many thousands of serfs.

    イヴァン6世は生涯幽閉され、23歳の時 救出が試みられたため看守に殺害された

  • The Great Northern War ended with the Treaty of Nystad: Russia's gains at Sweden's expense

    エリザヴェータは虚栄心が強く、贅沢を極め、 多くの愛人に囲まれた

  • made it the new, dominant Baltic power.

    しかし彼女は優れた指導力を発揮し、 フランス、オーストリアと同盟

  • Four years before his death, Peter was declared 'Peter the Great, Father of His Country, Emperor

    7年戦争に参加し、 フリードリヒ2世のプロイセン王国と戦う

  • of All the Russias'.

    ロシア軍はクーネルスドルフの戦いで フリードリヒに大勝する

  • Peter was succeeded by his wife Catherine; then his grandson Peter II, who died of smallpox

    しかしその勝利を活かすことはできなかった

  • aged just 14.

    一方、ペテルブルグでは 大きな犠牲を払って冬宮が完成した

  • Empress Anna Ioannovna, daughter of Peter the Great's half-brother Ivan V, was famed

    以降、1917年のロシア革命まで皇室の住居となる

  • for her decadence and the influence of her German lover, Ernst Biron.

    ピョートル3世はピョートル大帝の孫である。 母のアンナ・ペトロヴナは出産時に死亡した

  • During Anna's reign, Vitus Bering, a Danish explorer in Russian service, led the first

    デンマークで育ったピョートル3世はロシア語が苦手で、敵であるフリードリヒ大王を尊敬していた

  • expedition to chart the coast of Alaska.

    そこで彼はロシアを戦争から抜けさせて、 フリードリヒを敗戦の窮地から救う

  • He also discovered the Aleutian Islands, and later gave his name to the sea that separates

    この行為は多くの軍人達の反感を買った

  • Russia and America.

    彼はドイツ人の皇后 エカチェリーナからも嫌われていた

  • After Anna's death, her infant grand-nephew, Ivan VI, was deposed by Peter the Great's

    ピョートル3世は皇后と軍に廃位させられる その1週間後、疑惑の死を遂げた

  • daughter, Elizabeth.

    皇后が女帝エカチェリーナ2世となった

  • Ivan VI spent his entire life in captivity, until aged 23, he was murdered by his guards

    彼女の治世で、ロシアは栄光時代を迎える

  • during a failed rescue attempt.

    1700年代初頭、ピョートル大帝の改革で ロシアはヨーロッパの大国にのし上がった

  • Elizabeth, meanwhile, was famed for her vanity, extravagance, and many young lovers.

    しかし、この変革を完遂させたのは 彼の孫から帝位を奪った妻

  • But she was also capable of decisive leadership: in alliance with France and Austria, Elizabeth

    ドイツ人のエカチェリーナ2世であった

  • led Russia into the Seven Years War against Frederick the Great of Prussia.

    ピョートル1世同様、彼女も大帝と称される

  • The Russian army inflicted a crushing defeat on Frederick at the Battle of Kunersdorf,

    エカチェリーナ大帝

  • but failed to exploit its victory.

    エカチェリーナはフランスの 啓蒙思想に傾倒しており

  • Meanwhile in St.Petersburg, the Winter Palace was completed at vast expense.

    フランスの哲学者ヴォルテールとも文通していた

  • It would remain the monarch's official residence, right up until the Russian Revolution of 1917.

    彼女は「啓蒙専制君主」として振る舞った 独裁的ではあったが、

  • Peter III was Peter the Great's grandson by his elder daughter Anna Petrovna, who'd died

    「理性、寛容、進歩」の理想を追求していた

  • as a consequence of childbirth.

    エカチェリーナは芸術と教育にも力を入れた

  • Raised in Denmark, Peter spoke hardly any Russian, and greatly admired Russia's enemy,

    学校や大学を創設し、ボリショイ劇場を建設

  • Frederick the Great - so he had Russia swap sides in the Seven Years War, saving Frederick

    帝国美術アカデミーも設立した 彼女の豪華な美術品のコレクションは

  • from almost certain defeat.

    現在は有名なエルミタージュ美術館となっている

  • Peter's actions angered many army officers.

    エカチェリーナはヨーロッパの専門技術を 吸収するため、ロシアへの移民を誘致した

  • And he'd always been despised by his German wife, Catherine.

    ドイツ人がヴォルガ地方に移住し、 「ヴォルガ・ドイツ人」と呼ばれるようになった

  • Together they deposed Peter III, who died a week later in suspicious circumstances.

    この共同体は200年近く存続したが、 第二次世界大戦時にスターリンの命令で

  • His wife Catherine became Empress of Russia.

    東部へ追放された

  • Her reign would be remembered as one of Russia's most glorious...

    エカチェリーナ2世の治世下では、 領土が大幅に拡大した

  • In the early 1700s, Peter the Great's reforms put Russia on the path to becoming a great

    南では露土戦争でオスマン帝国に勝利し、 新領土とアゾフ、ケルチの要塞を獲得

  • European power.

    しかし、コサックのエメリヤン・プガチョフ率いる 農民の大規模叛乱が勃発する

  • But it was his grandson's German wife, Catherine, who deposed her husband to become Empress

    叛乱軍は多くの街と要塞を攻め落とし、 カザン市の手前でロシア軍に敗北した

  • of Russia, who oversaw the completion of that transformation.

    その後エカチェリーナは ザポロジアン・コサックをロシアに吸収

  • Like Peter, she too would be remembered as 'the Great'.

    そして300年に渡ってロシアの喉元の棘だった クリミア・ハン国も併合する

  • Catherine was a student and admirer of the French Enlightenment, and even corresponded

    ロシア南部の新領土は ノヴォロシア(新ロシア)と命名された

  • with the French philosopher Voltaire.

    人口が少なかったため、 女帝の顧問であり愛人でもある

  • She reigned as an 'enlightened autocrat' – her power was unchecked, but she pursued ideals

    ポチョムキン監督の下、 ロシア人の入植が行われた

  • of reason, tolerance and progress:

    ポーランド・リトアニア共和国は、 戦争や隣国の脅威に疲弊しきっていた

  • Catherine became a great patron of the arts, and learning.

    国土は複数に分割され、 ロシアもその分け前を獲得する

  • Schools and colleges were built, the Bolshoi theatre was founded, as well as the Imperial

    ポーランドは1918年の復活までその姿を消す

  • Academy of Fine Arts, while her own magnificent collection of artwork now forms the basis

    ロシアが獲得したポーランド地域は ユダヤ人の人口が多く、エカチェリーナは

  • of the world-famous Hermitage museum.

    ユダヤ人の「定住区域」外への移住を禁じ、 殆どの都市から締め出した

  • Catherine encouraged Europeans to move to Russia to share their expertise, and helped

    フランスでフランス革命が勃発し、 ルイ16世が処刑される

  • German migrants to settle in the Volga region, where they became known as 'Volga Germans'.

    エカチェリーナはこれに脅威を感じ、 晩年の治世では、

  • Their communities survived nearly 200 years, until on Stalin's orders, they were deported

    若いころ傾倒していた自由主義から完全に離れた

  • east at the start of World War 2.

    3年後、エカチェリーナ2世は崩御し、 ロシアの栄光時代は終わりを告げた

  • Catherine's reign also saw enormous territorial expansion.

    後を継いだパーヴェル1世は 軍隊の規則や細部にこだわり、

  • In the south, Russia defeated the Ottoman Empire, winning new lands, and the fortresses

    母の政治を否定する路線を行く

  • of Azov and Kerch.

    ロシアは革命フランスに対抗する ヨーロッパの同盟に参加

  • But then Catherine faced a major peasant revolt led by the renegade cossack Yemelyan Pugachev.

    ロシアの偉大な指揮官スヴォーロフ元帥が 北イタリアでフランス軍に勝利する

  • The rebels took many fortresses and towns, and stormed the city of Kazan, before they

    しかし戦争そのものは失敗に終わった

  • were finally defeated by the Russian army.

    一方、パーヴェルの改革は軍と貴族の 反感を買い、クーデターで暗殺された

  • Catherine then forcibly incorporated the Zaporozhian Cossacks into the Russian Empire, and annexed

    その後は23歳の息子アレクサンドル1世が継ぐ 彼のロシア近代化のためのヴィジョンは

  • the Crimean Khanate – a thorn in Russia's side for 300 years.

    祖母エカチェリーナと共通していた

  • Russia's new lands in the south were named Novorossiya - 'New Russia'.

    皇帝の顧問、ミハイル・スペランスキー公爵は 行政と財政の改革を行う

  • Sparsely populated, they were settled by Russian colonists under the supervision of Prince

    しかし皇帝は彼の自由主義的な憲法を拒絶した

  • Potemkin, Catherine's advisor and lover.

    アレクサンドルの治世下では 対仏戦争が最優先されたのである

  • The Polish-Lithuanian Commonwealth, exhausted by war and at the mercy of its neighbours,

    ナポレオン戦争

  • was carved up in a series of partitions, with Russia taking the lion's share.

    フランス皇帝となったナポレオン・ボナパルトは ロシアと同盟軍を破る

  • Poland did not re-emerge as an independent nation until 1918.

    アウステルリッツ、アイラウ、 フリートラントで連勝した

  • Russia inherited a large Jewish population from Poland, who, Catherine decreed, could

    しかし1807年、ティルジットの和約で 露仏の両皇帝は同盟を結ぶ

  • live only in the so-called 'Pale of Settlement', and were excluded from most cities.

    ロシアはスウェーデンを攻撃し、フィンランドを併合 ロシアの保護国フィンランド大公国とする

  • In France, the French Revolution led to the execution of King Louis XVI.

    ところが1812年、ナポレオンはロシアに侵攻した

  • Catherine was horrified, and in the last years of her reign, completely turned her back on

    ボロディノで露仏両軍は一大決戦を行う 当時では最大級の戦いとなった

  • the liberal idealism of her youth.

    ナポレオンが勝利するが、ロシア軍は 手付かずのまま脱出した

  • Three years later, Catherine died, ending one of the most glorious reigns in Russian

    ナポレオンはモスクワを占領するが、 街は火災で破壊される

  • history.

    アレクサンドルは交渉を拒否したため、 フランス軍はロシアの冬の中

  • She was succeeded by her son, Paul, a man obsessed by military discipline and detail,

    長大な撤退を余儀なくされ、壊滅した

  • and opposed to all his mother's works.

    ナポレオンは致命的な打撃を受けた

  • Russia joined the coalition of European powers fighting Revolutionary France.

    ロシアはプロイセン、オーストリア、イギリスと 同盟し、反撃に出る

  • Marshal Suvorov, one of Russia's greatest military commanders, won a series of victories

    戦いはパリ占領と、ナポレオンの退位で幕を閉じた

  • against the French in Northern Italy, but the wider war was a failure.

    ウィーン会議において、アレクサンドルは 「ポーランド王」の地位を得る

  • Meanwhile, Paul's reforms had alienated Russia's army and nobility, and he was murdered in

    そしてオーストリア、プロイセンと共に 神聖同盟を結成

  • a palace coup.

    今後のヨーロッパでの革命防止に取り組む

  • He was succeeded by his 23 year old son Alexander, who shared his grandmother Catherine's vision

    一方、ロシアはバルカンとコーカサスで 断続的な戦争を

  • for a more modern Russian state.

    オスマン帝国、ペルシア、地元部族と続けていた

  • His advisor, the brilliant Count Mikhail Speranksy, reformed administration and finance, yet the

    国境は南へ拡大し、ベッサラビア、 チェルケス、チェチェン、

  • Emperor refused to back his plans for a liberal constitution.

    現在のジョージア、ダゲスタン、 アゼルバイジャン、アルメニアの殆どを併合する

  • Ultimately, it was war with France that would dominate Alexander's reign...

    しかしコーカサスの人々は ロシアの支配に激しく抵抗した

  • France had a new emperor, Napoleon Bonaparte, who inflicted a series of defeats on Russia

    ロシアによる強権支配に反発し、 コーカサス戦争が勃発

  • and her allies at Austerlitz, Eylau and Friedland.

    森林や山間部で激しい戦いが繰り広げられ、 戦争はこの後50年間続く

  • But at Tilsit in 1807, the two young emperors met, and made an alliance.

    アレクサンドル1世の後を継いだ弟 ニコライ1世は、保守的で復古的な性格だった

  • Russia attacked