Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • Another contemporary economic myth is that women make 75 cents for every dollar men make because theyre discriminated against in labor markets.

    近代経済においては女性はその労働力に対して差別的扱いを受けており、男性に比べて 25 %低い賃金での労働を余儀なくされているという考えが浸透しています。

  • Like other myths, this does have a kernel of truth to it.

    他の社会通念同様に、この考えには確固たる真実が付随しています。

  • So for example, if you add up all the incomes of women and divide by the number of women in the labor force and then do the same thing for men,

    例えば、女性が得る賃金を全て足していって女性労働者の数で割り、同様の計算を男性に対しても実施すると、

  • what youll find is, on average, women do make about 75% of what men do.

    確かに、平均すると女性労働者の賃金は男性労働者の賃金の 75 %の額であることが分かります。

  • What’s happening here is not discrimination in the labor market,

    これが表すのは労働の現場における差別ではなく、

  • but differences in the choices that men and women make, about investing in their knowledge, their education, their skills, and their job experience.

    男性と女性の間に見られる、知識、教育、スキル、仕事における経験に関する選択の違いなのです。

  • that lead to them getting paid different salaries.

    この事実が給与額の違いにつながっていると言えます。

  • Economists talk about people’s human capital. By human capital, we mean the knowledge, the skills, the education, and the job experience that people have.

    経済の専門家は人的資本という点に着目しますが、この人的資本というのは知識、スキル、教育、仕事における経験のことを指します。

  • And economics argues that people get paid wages according to that human capital.

    そして、労働者が得る賃金はこの人的資本によって左右されるというのです。

  • It turns out that men and women invest very differently in their human capital, and we can see that in four different ways.

    男性と女性では人的資本において力の入れる箇所が異なっており、主に4つの領域においてその違いを見ることができます。

  • First of all, educational choices: Men, for example, tend to go into fields like engineering;

    まず最初に、教育的選択です。例えば男性は工学などの分野を選ぶ傾向にありますが

  • women tend to go into social sciences, into psychology, into nursing,

    女性は社会科学や心理学、看護学といった分野を選ぶ傾向にあるので、

  • and so, where men are making higher salaries as engineers or perhaps in the business world,

    その結果、男性はエンジニアとしてもしくはビジネスの世界において高額の給与を得ることになる一方で、

  • women tend to end up in jobs in which their salaries are somewhat lower.

    女性の方は元々基本給料が低い仕事に就くことになりがちだというわけです。

  • So even though they may have the same years of schooling, the different choices theyve made about their majors

    したがって、同じ期間学業に励むとしても、専攻の選択が異なるため

  • lead to them working in different areas and getting paid differently.

    異なる業界に就職して、給与額にも違いが出てくるというわけです。

  • Secondly, men and women have different expectations about work.

    2 番目は、男性と女性では仕事に対する考えが異なります。

  • For example, if women expect down the road to take time off to raise children, theyll make different choices today about what kinds of skills they acquire than if they imagine theyll be working full time for the rest of their lives.

    例えば、女性はいずれは子どもの育児に時間を取ることになると考えれば、一生フルタイムで働くという視点で考えるよりは、現時点でどのようなスキルを身に付けておくべきかという所に意識が行くと思います。

  • And we know, historically, that many women in the 1960s and 70s

    そして歴史を振り返ってみても、1960・70 年代の女性の多くは

  • didn’t imagine that they would be working full time at age 40 and ended up making choices that led them to have jobs

    40歳になっても自分がフルタイムで仕事をしているとは想像できなかったので、仕事に就く際には

  • when they were working at age 40 that didn’t pay as well as it might have otherwise.

    実際に40歳になっても働いている時に賃金が最大限得られるような仕事の選び方をしませんでした。

  • Younger women today, of course, are more likely to imagine themselves working at age 40 and, therefore, make different investments today.

    もちろん、最近の若い女性は 40 歳になっても働いている自分の姿を想像しやすいので、現時点で違ったアプローチを取ります。

  • Another difference between men and women is full- versus part-time work.

    男性と女性の間に見られるもう1つの違いは、フルタイムとパートタイムの違いです。

  • Women are much more likely than men to work part-time. Men are more likely to work full-time.

    女性は男性に比べてパートタイムで働く可能性が大幅に高く、男性はフルタイムで働く可能性が随分高くなります。

  • And part-time work, even for the same kinds of jobs, tends to pay less than full-time work.

    そして、同じ種類の仕事であっても、パートタイムの方がフルタイムに比べて給与額は低く設定されがちです。

  • And women tend to prefer part-time work more than men because women still tend to take on the majority of the responsibility for children and the home.

    また女性の方が男性に比べてパートタイムで働く方を選びがちですが、これには女性はまだ育児や家事の大半を担う傾向にあることに起因しています。

  • Finally, men and women differ in terms of their tenure on the job or the way in which their careers get interrupted.

    最後に、男性と女性では在職期間やキャリアの進め方に違いがあります。

  • If it’s the case that women take time off from the workforce to raise children, that will have an impact on their salaries down the road.

    もし女性が育児のために一旦仕事から離れることになれば、復職以降の給与額に影響が出てきます。

  • So we put these four things together, what we get is that the difference between men and women’s pay is not a result of labor market discrimination

    というわけで、これらの 4 つの要因を合わせて考えると、男性と女性の間に見られる賃金の差は労働環境における差別の結果ではなく

  • but of the choices that men and women make before they enter the labor market,

    仕事に就く前の選択の段階で男性と女性には差があるという事実、もしくは

  • or even when theyre in the labor market, about the kinds of jobs they want to have and the way they want to balance a family and work.

    実際に就職した後でも、選んだ業界の種類や仕事と家庭の両立を目指すライフスタイルなどの要因に基づいているのです。

  • Studies that have tried to control for all these factors have shown that if you take a man and a woman (same experience, same education, same job) and compare their salaries,

    これらの要因を平等化して考察した研究では、この条件下で男性と女性を賃金の面で比較してみたところ(経験や教育、職種も全て同一)

  • what you find is that women make about 98% of what men do, so that gender wage gap pretty much disappears.

    女性の賃金は男性の98%になることが分かっており、このことからも性別による賃金格差はほとんど無いものと考えられます。

  • And in some jobs women actually make more.

    それどころか、職種によっては女性の方が多く賃金を得ている場合もあります。

  • Now it might well be the case that women are being discriminated against or that sexism is a problem in the choices that women make.

    中には女性が差別を受けていたり、女性に与えられる選択肢の中に女性蔑視問題が絡んでくる場合もあるでしょう。

  • For example, girls are guided away from math classes and guided into other kinds of classes.

    例えば、女の子は数学の授業を受けさせずに他の授業を取るようになる流れも考えられます。

  • It’s also certainly the case that our expectations about women’s roles versus caring for children in the household,

    また、女性に対する家庭において子供の面倒を見ることに関する考え方は

  • men’s roles about caring for children in the household are very different.

    男性が家庭において子どもの面倒を見るという点に関する考え方とは大きく異なります。

  • If we think those are poor choices, if we want to see women’s pay more equal to men,

    もしこのような選択肢が望ましくない、女性は男性と同じだけの賃金を得られるべきだというのであれば、

  • what we need to do is convince more women to go into areas such as the sciences and mathematics and engineering,

    女性が科学や数学、エンジニアリングの分野に進出するようはたらきかける必要があります。

  • and we need to convince men to take more responsibility for children and the house.

    そして男性にも育児や家事を今以上に負担してもらう事が必要となってくるのです。

  • When those begin to even out, well see wages begin to even out as well.

    こういった要素が平等化されてくると、賃金格差も平等化されてくることになります。

  • But in the mean time, whatever choices men and women make,

    しかし、それまでは男性や女性がいかなる選択肢を取ろうとも、

  • the wages theyre paid in the market will reflect the productivity associated with those choices and are not the result of discrimination.

    賃金というのは、選択された状況下における生産性が反映されるものであって、決して差別要素が絡むことが無いべきなのは確かです。

Another contemporary economic myth is that women make 75 cents for every dollar men make because theyre discriminated against in labor markets.

近代経済においては女性はその労働力に対して差別的扱いを受けており、男性に比べて 25 %低い賃金での労働を余儀なくされているという考えが浸透しています。

字幕と単語

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

A2 初級 日本語 女性 賃金 男性 労働 給与 仕事

女性は男性よりも稼ぎが少ない? (Do Women Earn Less than Men?)

  • 15884 1074
    阿多賓 に公開 2021 年 01 月 14 日
動画の中の単語