Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • You've probably seen an email or an internet post

    メールやインターネットの投稿を見たことがあるでしょう。

  • about how weird and random English spelling seems to be.

    英語のスペルがいかに奇妙でランダムなものであるかについて。

  • But what if I told you that it actually makes perfect sense?

    でも、実際には完璧に意味があると言ったらどうでしょうか?

  • In fact, that's spelling's job:

    実際、それはスペルの仕事です。

  • Making sense. Think of spelling a word

    意味づけをすること。単語のスペルを考える

  • as peeling back the layers of an onion.

    玉ねぎの層をはがすように。

  • The first layer is a word's sense and meaning.

    第一層は言葉の意味や意味です。

  • Often there are multiple layers of meaning.

    多くの場合、意味は何重にも重なっています。

  • Another layer is the word's structure.

    もう一つの層は言葉の構造です。

  • Think of the center of the onion as a word's base element,

    タマネギの中心を単語の基本要素と考えてください。

  • its essential kernel of meaning.

    その本質的な意味の核心。

  • A free-base element, like O-N-E,

    O-N-Eのようなフリーベースの要素。

  • or T-W-O,

    またはT-W-O。

  • can stand on its own as a word,

    は言葉として自立することができます。

  • like one, or two.

    1つか2つのように

  • A bound base, like the R-U-P-T of "erupt" or "rupture"

    のR-U-P-Tのようなバインドされたベース、"erupt"または"rupture&quot.

  • needs another element in order to surface in a word.

    は、単語の中で表面化するために別の要素を必要とします。

  • Two or more bases

    2つ以上のベース

  • give us compounds, like "twofold" or "someone" or "bankrupt."

    私たちに"twofold"または"somebody"または"blood.&quotのような化合物を与えます。

  • Once we figure out a word's meaningful elements,

    単語の意味の要素を把握したら

  • We can peel back its history to shed a little more light

    その歴史を振り返ることで、もう少し光を当てることができます。

  • on why it's spelled as it is.

    綴りが違うのはなぜだ?

  • The word "two," for example,

    例えば、"two,"という言葉。

  • needs its "W" in order to mark its connection

    その接続をマークするためには、その"W"が必要です。

  • to words like "twice," "twelve," "twenty,"

    のような言葉に、"twice," "twelve," "twenty,&quot.

  • "twin" and "between."

    "twin"と"間。

  • A word's history is another layer of the onion.

    言葉の歴史は、玉ねぎのもう一つの層です。

  • With that understanding, let's investigate the word "one."

    そのことを理解した上で、"one.&quotという言葉を調べてみましょう。

  • First we need to check in with what it means.

    まずはその意味を確認しないといけません。

  • Unique, single, solitary.

    個性的で、独身で、孤独。

  • "One's" historical layers include its relatives

    歴史的な層には、その親族が含まれています。

  • "only," "once," "eleven," and even "a,"

    "only," "once," " eleven," and even "a,&quot.

  • "an" and "any."

    と"an"と"any.&quot.

  • But it's the morphological relatives -

    しかし、それは形態学的な親族である。

  • the ones that share the base O-N-E -

    ベースのO-N-Eを共有するもの

  • That are really astonishing.

    それは本当に驚くべきことです。

  • There are the familiar ones, like "anyone,"

    そこには、"anyone,&quotのようなおなじみのものがあります。

  • and "one-track" and "oneself" - those are obvious.

    and "onetrack" and "self" - それらは明らかです。

  • But let's take a look at some unexpected derivations

    しかし、いくつかの予想外の派生を見てみましょう。

  • of the word "one."

    という言葉の"one.&quot。

  • The word "alone" is built from the prefix A-L plus the base O-N-E.

    単語"alone"は、接頭語A-Lに加えてベースのO-N-Eから構築されています。

  • It's the same A-L prefix that we see

    それは、私たちが見ているのと同じA-L接頭辞です。

  • in "always," "already," "almighty" and "almost."

    in "always," " already," " allmighty" and " almost.&quot.

  • It means "all."

    それは"all.&quotを意味します。

  • the word "alone" means "all one."

    word "alone" means "all one.&quot.

  • It was misanalysed in the middle ages

    中世では誤分析されていた

  • as having the prefix "a," like in "asleep" and "awake" and "around,"

    のような接頭辞"a,"を持つように、"asleep"と"awake"と"around,&quot.

  • and a new base was born: L-O-N-E,

    と新しい拠点が誕生しました。L-O-N-Eです

  • which then developed into its own family.

    その後、自分の家族へと発展していきました。

  • In the word "atone," we find the familiar preposition "at"

    言葉の中では、"atone,"私たちはおなじみの前置詞"at&quotを見つけます。

  • compounded with the base O-N-E.

    基のO-N-Eとの化合物である。

  • See, when we atone for something we've done wrong,

    何か悪いことをした時に償うんだ

  • we attempt to make things whole again,

    物事を元に戻そうとしている

  • to fix what's broken, to be at one again with whomever we hurt.

    壊れたものを修理して 傷つけた人たちと一つになるんだ

  • But here's perhaps the best one of all:

    しかし、ここにあるのは、おそらく、すべての中で最高のものです。

  • the word "onion," which is also frequently derided as irregular

    という言葉がありますが、これも不規則と揶揄されることが多いです。

  • or crazy, for its spelling of "uh" with an O.

    or crazy, or crazy, for its spelling of "uh" with O.

  • But again, if we look into the word's structure,

    しかし、またしても言葉の構造を調べてみると

  • and its history, it's a mystery no more.

    その歴史はもう謎に包まれていません。

  • When we look at the roots of an onion,

    玉ねぎの根っこを見ると

  • we learn that it is written as O-N-E plus I-O-N,

    O-N-EプラスI-O-Nと書かれていることがわかります。

  • the same suffix we find in "tension," "action," "union"

    我々は"tension," "action," " union&quotで見つけるのと同じ接尾辞。

  • and thousands of other words in English.

    と何千もの他の単語を英語で表現しています。

  • Unlike the many cloves in a head of garlic,

    ニンニクの頭の中にたくさんあるクローブとは違い

  • an onion has a single bulb.

    玉ねぎは球根が1個です。

  • It is marked by the state or condition of oneness.

    それは、一体性の状態または状態によってマークされます。

  • Like an onion, English is one -

    タマネギのように、英語は一つです。

  • one single writing system shared across time and space.

    時空を超えて共有されている単一の筆記システム。

  • Its structure and its history have many layers,

    その構造や歴史は何層にもわたっています。

  • and peeling them apart can really add flavor to our language

    剥いて剥いて剥いて、言葉に味を加えることができる

  • and spice up our understanding. See, spelling is never just about spelling,

    と私たちの理解にスパイスを与えてくれます。いいですか スペルは決してスペルだけではありません

  • but about how written words make sense.

    でも、書かれた言葉がどのように意味を持つのかということについて。

  • It's almost enough to make you want to cry.

    泣きたくなるほどです。

You've probably seen an email or an internet post

メールやインターネットの投稿を見たことがあるでしょう。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 TED-Ed 言葉 スペル ベース 玉ねぎ 単語

TED-ED】スペルの意味を知る - ジーナ・クック

  • 8878 756
    VoiceTube に公開 2020 年 08 月 06 日
動画の中の単語