Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • Hello, I'm Simon Whistler, and you're watching the Today I Found Out YouTube channel, and in the video today, we're looking at why pistachios used to be dyed red.

    なぜ、ピスタチオは昔、赤色に染色されていたのでしょう?

  • Historically, most pistachios in the United States were imported from the Middle East.

    歴史的に見てみると、アメリカで流通していたピスタチオのほとんどは中東から輸入されたものでした。

  • The problem was that when they arrived, they tended to have numerous blemishes on the shells, particularly stains left over from the harvesting methods employed in the Middle East.

    問題は、ピシタチオがアメリカに着く頃には、殻が傷だらけになっていることが多かったこと。特に中東の収穫方法が原因でシミがついていたのです。

  • These stains weren't good for marketing purposes.

    そういったシミは販売には不適切でした。

  • To get around this, importers devised an idea to not only mask the blemishes, but also to help draw the eye to the pistachios, namely, dying them red.

    その対策として、輸入業者たちは傷を隠すだけでなく、目を引く方法を思いついたのです。それが、ピスタチオを赤く染めることでした。

  • This all began to change in the 1970s when pistachios started to be grown in the U.S. commercially.

    ですが、変化の時が訪れます。 それは、1970 代、ピスタチオがアメリカで商業的に生産されるようになってからのこと。

  • Today, the vast majority - upwards of 98 percent - of pistachios sold in the United States are grown and processed in California with much better harvesting and processing facilities than decades before in the Middle East.

    現在、アメリカで販売されているピスタチオの大部分( 98 %以上)は、カリフォルニアで栽培・加工されています。数十年以上前に中東で使われていた収穫・加工設備よりも格段に良いものを使っています。

  • These improved facilities result in fewer blemishes and stains appearing on the pistachios, so there is less need to dye them, which is one of the reasons the practice is dying out.

    設備が発達したおかげで、ピスタチオの傷やシミもほとんどなくなり、色をつける必要が減ったのです。これが、ピスタチオを赤くしなくなった理由の一つ。

  • And now for a bonus fact.

    おまけトリビア

  • Like the cashew, pistachios are a member of the Anacardiaceae family, meaning they, too, naturally contain the chemical urushiol that makes poison ivy and others in the family so irritating.

    カシューナッツと同様、ピスタチオはウルシ科の植物。ツタウルシやその他のウルシ科の植物と同じように、触れると炎症を起こす、ウルシオールという物質を含んでいます。

  • In the pistachio's case, the primary concentration of urushiol is in the pistachio itself.

    ピスタチオの場合、ピスタチオの果実そのものにウルシオールが多く含まれています。

  • So, really, if you found that video interesting, if you did, please do click that thumbs up button below and don't forget to subscribe if you haven't already for brand new videos just like this every day of the week.

  • Also, over there one thee right, a couple other videos you might enjoy if you enjoyed this one, and thank you for watching.

Hello, I'm Simon Whistler, and you're watching the Today I Found Out YouTube channel, and in the video today, we're looking at why pistachios used to be dyed red.

なぜ、ピスタチオは昔、赤色に染色されていたのでしょう?

字幕と単語

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 中東 加工 設備 輸入 収穫 アメリカ

ピスタチオはなぜ赤く染まっていたのか? (Why did Pistachios Used to Be Dyed Red?)

  • 195 14
    luna.chou に公開 2021 年 01 月 14 日
動画の中の単語