Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • On Christmas Eve 1971, lightning struck a commercial jet flying over Peru.

    1971年のクリスマスイブ、ペルー上空を飛行中の民間ジェット機に雷が落ちた。

  • It exploded.

    爆発しました。

  • The only survivor out of 92 people on board?

    92人の中で唯一の生存者?

  • 17-year-old Juliane Koepcke.

    17歳のジュリアン・コエプケ。

  • Still strapped in her seat, she fell two miles into the Peruvian rainforest.

    座席に縛り付けられたまま、ペルーの熱帯雨林の中に2マイル落ちました。

  • Thanks to the survival skills her father taught her, she emerged 10 days later with a broken collarbone, ruptured knee ligaments, and covered in deep gashes, but still very much alive.

    父親が教えてくれたサバイバル技術のおかげで、10日後には鎖骨が折れ、膝の靭帯が破裂し、深い裂け目に覆われていましたが、まだ生きていました。

  • Now, not all of us are trained survivalists, but there are certain things we can do to increase our chances of surviving a plane crash.

    全員が訓練を受けた生存者ではありませんが、飛行機事故を生き延びる可能性を高めるためにできることがあります。

  • After all, plane accidents in general have a 95 percent survival rate.

    結局のところ、飛行機事故全般の生存率は95%です。

  • How to survive a plane crash.

    飛行機の墜落事故を乗り切る方法

  • You can start before you even get to the airport.

    空港に着く前から始められます。

  • Experts recommend wearing tight-fitting clothing when you fly.

    専門家は、飛行機に乗るときはピタッとした服を着ることをお勧めします。

  • If there is an accident, loose or baggy things are more likely to snag on jagged edges and slow you down.

    事故があると、緩んだものや袋状のものがギザギザに引っかかって速度が落ちやすくなります。

  • Plus, long, snug jeans and shirtsleeves can protect your limbs from sharp objects and fire.

    さらに、長くてぴったりしたジーンズとシャツスリーブは、鋭利なものや火気から手足を守ることができます。

  • Double down on fire safety by wearing clothing made from cotton or other natural materials.

    綿などの天然素材の服を着ることで、火災の安全性を倍増させましょう。

  • They don't burn or melt as easily as synthetic ones.

    合成のものほど簡単に燃えたり溶けたりすることはありません。

  • And your shoes should be just as practical as the rest of your outfit.

    そして、あなたの靴は、あなたの服の残りの部分と同じように実用的でなければなりません。

  • Boots, sneakers, and other shoes that won't fall off your feet are the smart choice when it comes to a safe escape.

    ブーツやスニーカーなど、足元から落ちない靴は、安全に脱出するためには賢い選択です。

  • Officially, the Federal Aviation Administration says that no seat on an airplane is safer than any other, but the statistics disagree.

    公式には、連邦航空局は、飛行機の座席は他のどの座席よりも安全ではないと言っていますが、統計はそうではありません。

  • In 2015, Time studied airplane accidents from the previous 35 years.

    2015年、タイム誌は過去35年間の飛行機事故を調査した。

  • It found that the seats in the back third of the plane had a 32 percent fatality rate, compared to 39 percent in the middle and 38 percent in the front.

    それは、飛行機の後部3分の1の座席は、中央の39%と前部の38%と比較して、32%の致死率を持っていたことがわかりました。

  • And if you narrow it down even further, middle seats in the back had the best odds of survival, and the aisle seats in the middle of the craft had the worst.

    そして、さらに絞ると、後方の真ん中の席は生存率が最も高く、クラフトの真ん中の通路側の席は最悪の状態でした。

  • An analysis by University of Greenwich Prof. Ed Galea found that sitting within five rows of an emergency exit will drastically improve your chance of survival.

    グリニッジ大学のエド・ガレア教授の分析によると、非常口の5列以内に座ることで生存率が劇的に向上することがわかりました。

  • Galea analyzed the seating charts from more than 100 plane crashes, interviewing 1,900 passengers and 155 crew members.

    ガレアは、1900人の乗客と155人の乗組員にインタビューを行い、100機以上の飛行機事故から座席表を分析した。

  • He found that most survivors only had to move five rows or less before escaping the plane.

    彼は、ほとんどの生存者が飛行機から脱出する前に5列以下にしか動けないことを発見した。

  • Any more than that, your odds of survival drop.

    それ以上になると生存確率が下がる。

  • Giving up a little leg room is a small price to pay for some extra protection.

    少しの足元をあきらめるのは、ちょっとした保護のための小さな代償です。

  • Broken feet and legs are very common in plane crashes.

    飛行機の墜落事故では、足の骨折が非常に多いです。

  • Protecting them is pivotal to a quick evacuation.

    彼らを守ることは、迅速な避難のために非常に重要です。

  • Putting your carry-on under the seat in front of you closes that gap, so your legs can't slide under and get caught.

    手荷物を前の座席の下に置くと、その隙間を塞いでしまうので、足が下に滑って引っかかってしまうことがあります。

  • It can also pad your shins if they fly forward during an impact.

    また、衝撃の際にすねが前に飛んでしまった場合には、すねをパッドにすることもできます。

  • If you fly often, you might not always pay attention to the preflight safety briefing.

    頻繁に飛行機に乗る方は、フライト前の安全説明会にいつも注意を払っていないかもしれません。

  • The US National Transportation Safety Board surveyed almost 500 passengers that were involved in a plane evacuation between 1997 and 1999.

    米国の運輸安全委員会は、1997年から1999年の間に飛行機の避難に関わった500人近くの乗客を調査した。

  • A little more than half of them said they paid attention to only 50 percent of the presentation or less.

    半数強の人が、プレゼンテーションの5割以下しか注意を払っていないと答えています。

  • 13 percent said they didn't watch at all.

    13%が「全く見ていない」と答えています。

  • Of the passengers on the infamous 2009 US Airways flight that landed in the Hudson, only about 30% of them watched the briefing.

    ハドソンに着陸した悪名高い2009年のUSエアウェイズ便の乗客のうち、約30%しかブリーフィングを見ていませんでした。

  • After the impact, only 10 out of the 150 people on board grabbed their life vests and evacuated with them.

    衝撃の後、乗員150人のうち10人だけが救命胴衣をつかみ、一緒に避難しました。

  • The most cited reason for ignoring the briefing?

    説明会を無視した一番の理由は?

  • Frequent fliers thought they were already familiar with the equipment on board.

    頻繁に使用するフライヤーは、すでにボード上の機器に精通していると考えていました。

  • The FAA has been testing brace positions on crash-test dummies since 1967.

    FAAは1967年以来、クラッシュテスト用のダミーのブレースの位置をテストしてきました。

  • The postures have changed and updated throughout the years, but the general idea has stayed the same.

    姿勢は長年にわたって変化し、更新されていますが、一般的な考え方は変わっていません。

  • Lean forward and keep your head close to the seat in front of you.

    前傾して、頭を前の座席に近づけてください。

  • This serves two purposes.

    これは2つの目的を果たす。

  • One is to keep flailing to a minimum, and the other is to reduce the chance of a secondary impact.

    1つはフライングを最小限に抑えること、もう1つは副次的な影響を受ける可能性を減らすことです。

  • Secondary impact is a head injury on top of a head injury, like what might happen if your head hits the seat on front of you multiple times during a crash.

    二次衝突とは、衝突時に前の座席に何度も頭をぶつけてしまうとどうなるかというように、頭の上に頭の怪我が乗っている状態のことです。

  • The FAA recommends holding your head against the object it may hit and flexing or bending your limbs inward to keep them in place.

    FAAでは、ぶつかる可能性のある物体に頭を当てて、手足を内側に曲げたり曲げたりして、頭を固定することを推奨しています。

  • In the rare event that an accident occurs while the plane is cruising, you could be faced with a free fall.

    稀に飛行機が巡航中に事故が発生した場合、自由落下に直面する可能性があります。

  • Surviving a six-mile plummet is highly unlikely, but not impossible.

    6マイルの急落で生き残ることは、非常に可能性が低いが、不可能ではない。

  • And if you stay attached to something, your chances are a little bit better.

    そして、何かに執着したままでいると、その可能性は少しだけ高まります。

  • "Wreckage rider" is a term coined by amateur historian Jim Hamilton.

    "残骸ライダー "とは、アマチュア歴史家のジム・ハミルトン氏の造語。

  • Hamilton developed the Free Fall Research Page, an online database of nearly every instance of humans falling from great heights.

    ハミルトンは、高所から落下した人間のほぼすべての事例を掲載したオンラインデータベース「フリーフォール研究ページ」を開発しました。

  • The record for the longest survived fall without a parachute is held by a wreckage rider.

    パラシュートなしでの最長生存落下記録は、残骸ライダーが保持しています。

  • In 1972, a Serbian flight attendant named Vesna Vulovic fell 33,000 feet after the plane she was on blew up over Czechoslovakia.

    1972年、ヴェスナ・ヴロヴィッチという名前のセルビア人客室乗務員が、彼女が乗っていた飛行機がチェコスロバキア上空で爆発した後、33,000フィートの高さから落下しました。

  • Wedged between a catering cart, her seat, a piece of the plane, and the body of a fellow crew member, she crashed into a snowy incline severely injured but still alive.

    ケータリングカート、座席、飛行機の一部、そして仲間の乗務員の死体に挟まれ、彼女は雪の斜面に墜落しました。

  • People often have fatalistic attitudes when it comes to plane crashes, which can lead to apathy when it comes to safety briefings.

    人々はしばしば、それが安全説明会に来るときに無関心につながる可能性があり、それは飛行機の墜落に来るときに運命論的な態度を持っています。

  • But the NTSB says plane accidents, which are when a plane suffers substantial damage or someone suffers serious injury or death, have a 95 percent survival rate.

    しかし、NTSBによると、飛行機事故は、飛行機がかなりの損害を被ったり、誰かが重傷を負ったり、死亡したりした場合に、95%の生存率があるという。

  • So the next time you hit turbulence and start thinking about all the ways you could die, think about all the ways you could live instead.

    だから、次は乱気流にぶつかって、あなたが死ぬかもしれないすべての方法について考え始めたら、代わりに生きることができるすべての方法を考えてみてください。

On Christmas Eve 1971, lightning struck a commercial jet flying over Peru.

1971年のクリスマスイブ、ペルー上空を飛行中の民間ジェット機に雷が落ちた。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 飛行 生存 座席 事故 墜落 落下

飛行機の墜落で生き残る方法

  • 6039 264
    Mackenzie に公開 2020 年 01 月 31 日
動画の中の単語