Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • They called him

    彼らは彼を呼んだ

  • Deathsinger.

    その名はDeathsinger(デスシンガー)。

  • Our world, Ardonia, is a vast land

    私たちの世界、アルドニアは非常に広い土地です。

  • home to many diverse people

    多様な人々の家がたくさんあり、

  • strange creatures

    奇妙な生き物もいたり、

  • and dangerous monsters.

    そして危険なモンスター。

  • Hidden among the shadows of dense forests

    密林の陰に隠れている

  • beneath the sands of treacherous deserts

    危険な砂漠の砂の下

  • and frozen within the ancient mountains of the north

    北の古代の山々で凍りついた

  • are secrets and mysteries

    秘密と謎です。

  • which have eluded our comprehension throughout the ages.

    古くから私たちには理解できなかった。

  • Few of these mysteries, however

    しかし、これらのミステリーに謎はほとんどありません。

  • have attracted such fascination as the Ardoni species

    アルド二の種などの魅力を集めています。

  • for which the land shares its name.

    土地は名前を共有しています。

  • The Ardoni possess the unique ability

    アルドニには珍しい能力を持っています。

  • to wield great powers

    偉大な力を振るう

  • known as Songs.

    歌として知られています。

  • The strongest of these powers were referred to as

    これらの最強の力の中で最も強いものは

  • Prime Songs

    プライムソングと呼ばれました。

  • and were deemed too powerful for the Ardoni to wield freely.

    そして、アルドニが自由に使いこなすには強すぎると思われました。

  • Thus

    かくして

  • they were given to the masters of the four Ardoni clans

    それらは4つのアルドニ氏族のマスターに与えられました

  • as a sign of peace and unity.

    平和と団結の印として。

  • Because of this

    このため、

  • the clans were blinded to a great danger.

    氏族は大きな危険に気づきませんでした。

  • From within the fires of the Nether realm

    ネザーの火の中から

  • an army set out to conquer the Overworld.

    オーバーワールドを征服しようとする軍隊(Mob)たち。

  • They vanquished the kingdoms and people of Ardonia

    彼らはアルドニアの王国と人々を敗北に導いた

  • as they spread across the land.

    彼らが土地全体に広がるように。

  • But they were not to remain unchallenged.

    しかし、彼らは挑戦されたままではありませんでした。

  • The Enderknights returned during these dark times

    エンダーナイト軍はこれらの暗い時代に戻って来た

  • long having been guardians of the Overworld.

    長い間、オーバーワールドの保護をしていた軍隊です。

  • The two opposing realms clashed with a fury of inconceivable power.

    対立する2つの領域は、想像を絶する力と激怒が衝突しました。

  • Yet the Nether had prepared well for this invasion

    しかし、ネザー軍はこの事態に備えていた。

  • and even the legendary Enderknights could not stop them.

    そのため、伝説のエンダーナイト軍でさえも止めることができませんでした。

  • With no hope of victory

    他に勝利という希望はない

  • the kingdoms called upon the Ardoni to wield

    王国はアルドニに振る舞うように求めた。

  • the Prime Songs.

    プライムソングを。

  • Reluctantly, the clans agreed and held a tournament

    仕方なく、氏族は指示に従いトーナメントを開催しました。

  • to determine which Ardoni would become their champion

    どのアルドニがチャンピオンになるかを決定する

  • and wield all four Prime Songs.

    4つのプライムソングをすべて使用します。

  • One rose above the rest

    1つは残りの上に上がった

  • persistent

    しつこい。

  • cunning

    ずるい。

  • and powerful.

    そして強力。

  • The champion had been found.

    チャンピオンが見つかりました。

  • When presented with the Prime Songs however

    ただし、プライムソングを提示した場合。

  • he revealed himself as

    彼の名は

  • Ingressus

    イングレス。

  • leader of the long-forgotten and dreaded Voltaris clan.

    忘れられていた恐ろしいVoltaris(ボラリズ)一族のリーダー。

  • Outraged

    激怒

  • the masters refused to give Ingressus the Prime Songs

    マスターはイングレスにプライムソングを与えることを拒否しました

  • for it was due to their misuse of such power

    それはそのような力の誤用によるものでした

  • that they had been banished long ago.

    彼らがずっと前に追放されていたこと。

  • That night

    その夜

  • while the clans debated their next course of action

    氏族は次の方針を議論しました

  • Ingressus set out alone

    イングレスは一人で出発しました

  • to reclaim the Prime Songs.

    プライムソングを取り戻すために。

  • One by one he slayed the masters of the Kaltaris

    カルタリスの巨匠を次々と殺した

  • Sendaris

    センダリス

  • and Mendoris clan.

    そしてメンドリス一族。

  • Through these dark deeds

    これらの行動を通して

  • he became known

    彼は全ての人に知られるようになりました

  • as the Deathsinger.

    デスシンガーとして。

  • The fourth and final master

    4番目の最後マスター

  • Aegus Nestoris survived the massacre

    Aegus Nestoris(エイガス・ナスタリス)はこの虐殺から生き延びました

  • thus protecting the last and most powerful Prime Song.

    したがって、最後の最も強力なプライムソングを保護することになりました。

  • The Ardoni

    アルドーニは、

  • mourned the tragedy.

    この悲劇を悲しんだ。

  • They vowed to hunt down the Deathsinger

    彼らはデスシンガーを追い詰めると誓った

  • and to prevent him from obtaining the final Prime Song.

    そして彼が最後のプライムソングを手に入れるのを防ぐために。

  • It was at this time that the Voltaris clan returned from exile.

    ヴォルタリス一族が亡命から戻ったのはこの時でした。

  • However

    しかしながら

  • even with their support

    彼らのサポートがあっても

  • he knew that he was outmatched.

    彼は他の人よりも優れていることを知っていました。

  • With all of Ardonia now his enemy

    すべてのアルドニアが敵になりました…

  • there was only one place to turn.

    曲がる場所は1つだけでした。

  • The Deathsinger met with King Chronos of the Nether

    デスシンガーはネザーのクロノス王と会った

  • and formed the most powerful alliance ever known.

    そして、これまでで最も強力な同盟を形成しました。

  • And thus

    これにより

  • began the Great War.

    第一次世界大戦が始まりました。

  • The Enderknights rallied under King Rendor

    エンダーナイトはレンドール王の下で結集しました

  • and fought the Nether head on.

    そしてネザーと正面から戦った。

  • The humans reassembled their armies

    人間は軍隊を再編成しました

  • The Ardoni clans wielded their Songs of old.

    アルドニ氏族は昔の歌を振り回しました。

  • The Magnorites came from the south-

    マグノライトは南から来ました。

  • the Felinas from the west.

    西からはフェリナス。

  • Some even say

    一部の人も言う...

  • ...He was there.

    ...彼はそこにいた。

  • But despite everything

    しかし、すべてにもかかわらず...

  • the Deathsinger

    デスシンガー、

  • and the Nether armies

    そしてネザー軍。

  • could not be stopped.

    それらは止められませんでした。

  • The tides of this conflict turned

    この戦争の流れは変わりました

  • after a young Ardoni joined the fight.

    若いアルドニが戦いに加わった後。

  • Skilled with the Songs

    歌の熟練者。

  • Achillean Nestoris was able to unite

    アキリアン・ネストリスは団結できた

  • and lead the armies to victory

    軍隊を勝利に導きます

  • which earned him the name

    彼に名前を与えた

  • Tidesinger.

    タイゼシンガー。

  • With his leadership and the Enderknight forces

    彼のリーダーシップとエンダーナイトの力で

  • the nether army was forced to retreat back into the Nether.

    ネザー軍はネザーに引き返すことを余儀なくされた。

  • With no allies

    同盟国はなし。

  • the remaining Voltaris fell back to Mount Velgrin.

    残りのヴォルタリスはヴェルグリン山に落ちた。

  • Here the Tidesinger fought the Deathsinger alone

    ここで、Tidesinger(タイぜシンガー)は一人でDeathsinger(デスシンガー)と戦った

  • and both... were defeated.

    そして両方が...敗北しました。

  • The Prime Songs were recovered

    プライムソングが回復しました

  • and distributed amongst the clans once more

    氏族にもう一度分配されました

  • signaling an end

    終わりを知らせる

  • to the Great War.

    第一次世界大戦へ。

  • Peace was restored to Ardonia

    アルドニアに再び平和が訪れた。

  • and a time for rebuilding and healing began.

    そして、再建と癒しの時間が始まりました。

  • The wounds caused by the Deathsinger, however

    ただし、デスシンガーによる負傷。

  • will be felt forever.

    永遠に感じられます。

  • The Great War, 11th Wall of Time

    第一次世界大戦

  • Hmm... well, Hawken I fail to see-

    うーん...まあ、ホーケン私は見損ねます-

  • Hawken…?!

    ホーケン…?!

  • U-uh ah y-yes exactly!

    ホーケン:ああああ、え、えええええええええ!?

  • So you see what this means Thalleous?

    あなたはこれがタルスの意味を理解していますか?

  • Hawken

    ホーケン…

  • were you sleeping through-

    寝ていた?

  • Look here!

    ここを見て!

  • Where do the Walls of Time say the final duel took place?

    壁にどこで最終決闘が行われたと言っていますか?

  • Mount Velgrin...

    ベルグリン山...

  • Indubitably!

    間違いなく!

  • Most legends, including these bungled Walls of Time, fail to state

    これらの壁を含むほとんどの伝説は述べていない

  • that the final duel took place on the mountain's peak.

    最後の決闘は山の頂上で行われた。

  • Alright... so...

    わかった...んで...

  • what does this mean?

    これは何を意味するのでしょうか?

  • I've heard rumors of a presence on the peak of Mount Velgrin.

    ヴェルグリン山の頂上に存在するという噂を聞いたことがあります。

  • Being the naturally curious scholar that I am

    私が自然に好奇心が強い学者であること

  • I sent a few scouts to transform those rumors into facts.

    私はそれらのうわさを事実に変えるために数人のスカウトを送りました。

  • That was two weeks ago.

    それは2週間前でした。

  • And

    そして…

  • what was their report?

    彼らの報告は何でしたか?

  • There was no report!

    報告はありませんでした!

  • None ever returned!

    誰も戻ってこない!

  • Why do you think that is?

    なぜだと思いますか?

  • I'm not- I'm not entirely sure-

    わからない-私にはわからない

  • The Voltaris, Thalleous, the Voltaris!

    ヴォルタリス、タレウス、ヴォルタリス!

  • You think the Voltaris are at Mount Velgrin?

    ヴォルタリスはベルグリン山にいると思いますか?

  • Indubitably!

    間違いなく!

  • I'm aware you've been hunting Voltaris ever since the Great War ended

    第一次世界大戦が終わってから、あなたはヴォルタリスを狩り続けてきました

  • so I brought you here to inform you of this lead.

    この鉛を伝えるためにここに連れてきました。

  • It has been years since I lost the trail of the Voltaris.

    ヴォルタリスの跡を失ってから何年も経った。

  • I should ride to Mount Velgrin

    ベルグリン山に乗るべきです

  • and see for myself.

    自分で見てください。

  • A-a-a-a.

    あ、ああ、

  • Hold up there Thalleous.

    そこに忍び寄る。

  • Although I'm no Chronicler

    私はクロニクラーではありませんが

  • I feel it my duty to accompany you

    私はあなたに同行することが義務だと思います。

  • and record what information we find.

    見つかった情報を記録します。

  • I would

    私は...多分するだろう…

  • also like to discover the fate of those I sent to investigate.

    調査のために私が送った人々の運命を発見することも好きです。

  • There's a chance we'll encounter the Voltaris

    ヴォルタリスに遭遇する可能性があるぞ。

  • and who knows what other perils.

    そして誰が他の危険を知っている。

  • Fear not Thalleous

    恐れることはない

  • for I am prepared to fight!

    戦う準備ができているからです!

  • Wait

    おい、

  • w-wait

    ちょっと待て!

  • somewhere around here I have a weapon

    このあたりのどこかに武器があります

  • unless I lost it

    なくさない限り

  • Ah! Here it is!

    あ!ここにありました!

  • Very well.

    結構。

  • Come on then.

    じゃあ来て。

  • Most likely this was all just a misunderstanding.

    ほとんどの場合、これはすべてただの誤解でした。

  • This is where I sent the scouts

    ここが私がスカウトを送った場所です

  • right here Thalleous.

    ここタレウス。

  • Someone was here

    誰かがここにいた…

  • recently.

    さっき、

  • I found their supplies.

    私は彼らの物資を見つけました。

  • How peculiar.

    なんて奇妙だ。

  • Why would they leave their belongings where others might find them?

    なぜ彼らは他の人が見つけるかもしれない所に持ち物を残すのでしょうか?

  • Because they are still here

    彼らはまだここにいるから…

  • You must be Thalleous Sendaris.

    おまえはタリアス・センダリスでなければならない。

  • I've heard many things about you.

    おまえについて聞いたことが多くある。

  • And I have heard nothing about you.

    そして、私はあなたについて何も聞いていません。

  • Oh I know, I've made quite sure of that.

    ああ、それはもう十分に確認した。

  • So allow me to introduce myself.

    自己紹介をさせてくれ。

  • My name

    私の名は

  • is Tygren Voltaris.

    タイグレン・ボルタリス。

  • As for you Thalleous Sendaris, I know who you are

    おまえのタレウス・センダリスについては、おまえが誰であるかを知っています

  • Champion

    チャンピオン

  • and I know what you've done to my clan.

    そして、おまえは私の一族に何をしたかを知っているはずだ。

  • Your sword has slain many of my brothers

    おまえの剣は私の兄弟の多くを殺した。

  • and once I kill you

    そして、おまえを殺したら、

  • I will take it and slay twice as many of yours!

    私はそれを取り、おまえのものの2倍を殺します!

  • So many years have we prepared for this

    私たちは何年もこのために準備をしてきた。

  • and you

    おまえも…

  • are not about to interfere.

    干渉することはもうない。

They called him

彼らは彼を呼んだ

字幕と単語

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B2 中上級 日本語 プライム ソング 一族 軍隊 大戦 殺し

ソングス・オブ・ウォー:エピソード1(マインクラフトアニメシリーズ (Songs of War: Episode 1 (Minecraft Animation Series))

  • 187 3
    楊彥彬 に公開 2021 年 01 月 14 日
動画の中の単語