Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • Anti-aging products come in the form of creams and serums.

    アンチエイジング商品は、クリームやセラムといった形態です。

  • They claim to make you look younger by reducing, hiding, or preventing the signs of aging.

    こういった商品は、エイジングのサインを減らしたり、隠したり、防いだりすることで、より若く見えるようになる、と宣伝されています。

  • High-end anti-aging products are some of the most expensive single-use items in the world.

    高級アンチエイジング商品は、世界でも最も高価な使い捨て型商品として数えられます。

  • Just 1 fluid ounce of this rejuvenating serum will cost you $1,800. Making it one of the most expensive liquids on the planet.

    この若返りセラムは、たった1オンスで 1800 ドルもする、世界で最も高価な液体の一種です。

  • But do anti-aging products actually work?

    でも、アンチエイジング商品って、本当に効くのでしょうか?

  • And does this explain why they are so expensive?

    だから、そんなにも値段が高いのでしょうか?

  • In all honesty, a number of these creams are used as placebo effects.

    正直に言って、こういったクリームの多くは、プラシーボ効果で使われています。

  • More expensive doesn't necessarily mean better or more effective.

    値段がより高いからと言って、より良いとか、より効果的だとかいう訳ではないのです。

  • Most anti-aging cosmetics, even budget items, tend to include a standard set of ingredients: water, glycerin, acids, oils, and vitamins.

    大半のアンチエイジング化粧品は、安価な商品であっても、水、グリセリン、酸、オイル、ビタミンという、スタンダードな原材料を含んでいます。

  • However, the costliest creams contain an array of extravagant additions.

    しかし、高価格なクリームには、贅沢な原材料がいくつか追加されています。

  • For example, Crème de la Mer includes a trademarked "Miracle Broth" comprised of hand-harvested giant sea kelp, which it claims has "self-regenerating" powers.

    例えば、クレーム・ドゥ・ラ・メールには、手で収穫された巨大な海藻を含む、商標登録された「ミラクル・ブロス」が含まれます。これには、「自己再生」するパワーがあるとされています。

  • These forests are a source of concentrated energy we unleash for skin's benefit.

    この海藻の森は、エネルギーの凝縮された源。肌のために、これを解き放ちます。

  • We call it Miracle Broth.

    これが、ミラクル・ブロスです。

  • But according to skin experts, these expensive ingredients aren't guaranteed or necessarily proven to be more effective.

    でも、皮膚の専門家によると、高価な原材料であっても、より効果が高いとは保証されておらず、必ずしも証明されてはいないのです。

  • Often what companies will say is, "My product contains this really interesting botanical and natural ingredient.

    企業側は大体の場合、こういうメッセージを伝えているのです―「弊社の商品には、こういった非常に興味深い、植物性の、自然な原材料が含まれています。

  • It's therefore 10 times better at moisturizing the skin than something else.

    そのため、他商品に比べ、肌の保湿能力が 10 倍高いのです。」と。

  • However, they're under no obligation to prove that it's that ingredient itself that is causing the moisturizing properties, or something very basic as glycerin, which is found in most moisturizers.

    しかし、そういった保湿効果をもたらしているのが、その原材料なのか、はたまたグリセリンのような基本的で、大半の保湿クリームに含まれる原材料なのか、企業側には証明する義務はありません。

  • Product claims don't necessarily have to stack up in such a necessarily rigorous way.

    商品の宣伝は、必ずしも、そこまで綿密につじつまを合わせなくても良いのです。

  • In the US, for example, anti-aging medications must have approval from the Food and Drug Administration for both safety and effectiveness, whereas anti-aging cosmetics, such as creams and serums, do not require FDA approval before they go on the market.

    例えばアメリカでは、アンチエイジング医薬品は、安全面と効果面の両方において、食品医薬品局(FDA)の承認を得なければなりません。しかし、クリームやセラムなどのアンチエイジング化粧品は、市場販売以前に、FDA に認可される必要はありません。

  • When it comes to anti-aging promises, it's a very gray area.

    アンチエイジングの保証というのは、かなり曖昧なのですね。

  • A number of these companies promise people that they will actually reverse aging, they will actually make people look youthful again simply by just allowing a clinical population to test your product.

    アンチエイジング商品を販売する企業の多くは、臨床試験の参加者に商品を使用してもらうだけで、その商品が自分の老化を逆行させ、再び若く見せてくれると、人々に期待させるのです。

  • There's a great deal of smoke and mirrors at that stage, because, in reality, we can actually say with confidence that most of these clinical studies are not to be trusted.

    この段階で、これは非常に巧妙なトリックです。なぜなら、こういった臨床試験の大半は、信用できるものではないと断言できるからです。

  • And the price consumers pay for the most expensive products is significantly higher than the cost of production.

    最も高価な商品に対して消費者が支払う金額は、製造コストよりも大幅に高くなっています。

  • A 2010 investigation by the Daily Mail, found that recreating a 3.4-ounce pot of Crème de la Mer from readily available ingredients is estimated to cost roughly $35.

    デイリーメールが 2010 年に行った調査によると、すぐに入手できる原材料で、クレーム・ドゥ・ラ・メール 3.4 オンスを再現するのにかかる予想コストは、約 $35 と判明しました。

  • Whereas Le Mer markets their products at $510.

    一方、ラ・メールは、クリームを 510 ドルで販売しています。

  • We contacted La Mer about this investigation, and they responded, saying:

    この調査について、我々はラ・メールに問い合わせてみました。その回答は以下のとおりでした。

  • "The value of Crème de la Mer reflects the highest quality ingredients, the time intensive and complex processes needed to create it, and the powerful skincare benefits experienced by its thousands of loyal devotees around the world."

    「クレーム・ドゥ・ラ・メールの価値は、最高品質の原材料、製造にかかる、時間を要する複雑なプロセス、そして、世界中に何千人と存在する、商品の愛用者によって経験されている、パワフルなスキンケアの利益を反映したものとなっています。」

  • When it comes to purchasing a very expensive product, most likely about 60% to 70% of the price that we might be paying is related to the cost of the manufacturer to produce and package the cream, rather than the actual product.

    非常に高価な商品を購入する時、支払う価格の約 60~70% は、商品そのものというよりも、業者がクリームを製造し、包装するコストに相当する可能性があります。

  • But the desire to retain youthful looks is nothing new.

    しかし、若い外見を保持したいという望みは、何も新しいものではありません。

  • Cleopatra is thought to have taken daily baths in donkey milk for its acidic properties, while women of the French court would pour aged wine on their faces, a process which is now recognized as having exfoliating benefits.

    クレオパトラは毎日、酸性のロバミルクに入浴していたと考えられています。また、フランスの宮廷に暮らした女性たちは、熟成ワインを顔に注ぎかけていました。現在、これには角質除去効果があるとされています。

  • But a blitz of beauty adverts in mid-20th-century magazines that demonized women for having so-called "middle-aged skin" was the catalyst for a now booming anti-aging industry.

    しかし 20 世紀半ばには、美に関する広告として、いわゆる「中年肌」を持つ女性を悪者扱いしたものが集中的に出回りました。それが、現在ブームとなっているアンチエイジング業界の火付け役となったのです。

  • The anti-aging market is expected to exceed $216 billion by the end of 2021, but a large part of that includes cosmetic procedures such as Botox and face-lifts, arguably an extreme answer to our natural aging process.

    アンチエイジング市場は、2021 年末までに 2 兆 160 億ドルを超える規模になると見込まれていますが、この大部分は、ボトックスやフェイスリフトといった美容処置です。これらは、自然なエイジングプロセスに対する究極の対処法だと言えるでしょう。

  • I feel like I'm seeing a lot of young women in their mid-20s that are worried about skin aging.

    20 代半ばの若い女性が、肌の老化を懸念しているのをよく見かける気がします。

  • We are currently living in a society that is so focused on outwards aesthetics.

    私たちが今暮らす社会は、外見的な美に大きく焦点を当てています。

  • So I think there is also a driving need for people more interested in things like laser surgery or injectables like Botox or filler from a much, much younger age than we've seen before.

    レーザー手術、それからボトックスやフィラーといった注入剤に、これまでよりもずっと若い層が、より興味を抱くようになっています。そこから、大きな需要が生まれていると思いますね。

  • So despite the lure of magical remedies and luxurious concoctions, avoiding skin damage and combating the signs of aging don't need to be so expensive.

    魔法のような治療法や、贅沢な調合品はさておき、肌へのダメージを避けたり、老化のサインに立ち向かったりするのは、そこまで高価である必要はないのです。

  • Budget products can be equally as effective as their more expensive counterparts.

    安価な商品でも、より高価な商品と同等の効果を期待できる可能性があるのです。

  • The focus shouldn't be on the cost of the product.

    商品の値段に注目すべきではありません。

  • Wearing a good-quality sunscreen, SPF minimum 30, ideally 50, throughout the year.

    最低でも SPF30、できれば SPF50 の良品質の日焼け止めを、1 年中塗りましょう。

  • The reason for that is that 80% to 90% of the signs that we associate with skin aging occur directly because of sunlight.

    なぜなら、肌の老化と関連づけられるサインの 80~90% は、日光が直接的な原因となっているからです。

  • So we're talking fine lines, wrinkles, pigmentation.

    うっすらとした線やしわ、色素沈着などですね。

  • Number two is the use of a vitamin-A-based product or a retinoid.

    それから、ビタミン A をベースとした商品やレチノイドを使用すること。

  • One doesn't need to spend a fortune, and, probably, once you're spending beyond more than 25, 30 pounds on a product, it's probably unnecessary.

    莫大な金額を費やす必要はないのです。おそらく、25~30 ポンド以上になると、払いすぎと言えるでしょう。

Anti-aging products come in the form of creams and serums.

アンチエイジング商品は、クリームやセラムといった形態です。

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 TOEIC 商品 アンチ 材料 高価 クリーム

いくらまで出せばいいの?アンチエイジング化粧品を買うコツ (Why Anti-Aging Products Are So Expensive | So Expensive)

  • 10508 446
    Estelle に公開 2020 年 02 月 11 日
動画の中の単語