Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • Every minute, one garbage truck full of plastic is dumped into our seas.

    毎分の間、プラスチックでいっぱいのごみ収集車一台分が私たちの海に捨てられます。

  • It is estimated that by 2050, there will be more plastic than fish in the ocean by biomass, and that is not a cute look.

    2050 年までに、バイオマスによって海洋では魚よりもプラスチックが多くなると推定されており、それは素敵な見た目とは言えません。

  • And that's just the plastic.

    そして、それはただのプラスチックです。

  • There is 1.3 billion tons of food wasted each year: that is two trillion six hundred billion pounds of wasted food, and to be honest, I didn't even know that was really a number.

    毎年 13 億トンの無駄な食べ物があります。それは 2 兆 600 億ポンドの無駄な食べ物であり、正直なところ、私はそれらが本当に多いかさしりませんでした。

  • Another way of looking at this is one third of the food produced here on earth is never even eaten.

    もう一つの見方としては、地球上で生産された食物の 1/3 が食べられさえしていないということです。

  • If aliens came down, they'd be like, "Wasteful-human-scum-produce-so-much-trash-heathen."

    もし宇宙人が降りてきた場合、「無駄な人間のくずが作り出したたくさんのゴミの異教徒」のようです。

  • So what if to impress these aliens, we could just make our trash disappear like that.

    それで、もしこれらのエイリアンを感動させるために、私たちはただこやって(指パッチン)ゴミを消すことができます。

  • What if we just burned it?

    燃やしただけだと、どうなりますか?

  • If everyone started piling garbage in their backyard, burning it openly, and singing songs around it, it could be fun... for a minute.

    誰もが裏庭にゴミを積み上げそれを公然と燃やし、その周りで歌を歌い始めたら、それは一分間の間は楽しいかもしれません。

  • But then, it would lead to an increase in toxic pollutants, which leads to an increase in cancer rates.

    しかしその後、有毒な汚染物質が増加してしまい、癌の発生率が増加します。

  • This sounds hypothetically scary, but what is in reality scary is that 41 percent of global waste is currently burned openly.

    これは仮説の話としての恐ろしさですが、現実の恐ろしい点は今でも世界の廃棄物の 41% が、公然と燃やされていることです。

  • The World Health Organization estimates 90 percent of the world's children breathe toxic air every day, and 4.2 million premature deaths were attributed to outdoor air pollution in 2016.

    世界保健機関は、世界の子どもたちの 90% が毎日有毒な空気を吸い込んでおり、2016 年には 420 万人の人達が屋外の大気汚染が原因で、早死すると推定しています。

  • So, if everyone independently burned their garbage outside, more people would die.

    なので、もし誰でもがゴミを外で燃やしてしまうと、もっと多くの人が死ぬことになってしまいます。

  • But what if we burned our garbage but in industrial level incinerators like they do in Europe and Asia?

    しかし、ヨーロッパやアジアのように産業レベルの焼却炉でゴミを燃やしてしまうと、とどうなるでしょうか?

  • Some of them even have a frickin' ski hill on top of them, like, look at this one in Copenhagen.

    コペンハーゲンのスキー場のように、いくつかの場所では焼却炉の上にクソみたいなスキー場さえ持っています。

  • I mean, how quirky is that?!

    かなり変わってるでしょ?!

  • These big machines burn garbage, reducing the mass of the trash by 80 to 85 percent.

    これらの大きな設備はゴミを燃やし、ゴミの質量を 80 〜 85% 削減します。

  • What you are left with is ash and flue gas.

    残っているのは灰と燃焼排ガスです。

  • And the ash is actually pretty toxic.

    そして、灰は実際にはかなり有毒なものです。

  • Ash!

    灰!

  • In Singapore, they ship the ash to a human-made island that I wouldn't plan any holidays to, unless you're, like, super into toxic ash.

    シンガポールでは、それらの灰を人工島に送り出しています。僕はそこには旅行したくありませんが。あなたが有毒な灰が好きならどうぞ。

  • In Belgium, these thrifty cats, they treat the ash and use it as binder in cement, so the ash then becomes part of buildings.

    ベルギーでは、これらのやりくり上手な彼らは、灰を処理してセメントの結合材として使用します、つまり灰が建物の一部になります。

  • It's like- "Okay, Belgium, we get it. You're smart."

    「わかりましたベルギー、あなたはとても賢いです。」って感じです。

  • The other leftover product from burning garbage in an incinerator is flue gas.

    焼却炉でごみを燃やして作り出されるものの他に燃焼排ガスがあります。

  • This has the potential to release a bunch of dioxins into the atmosphere.

    これは、大気中に大量のダイオキシンを放出する可能性があります。

  • So modern incinerators use a series of devices like extreme heating, mechanical filters, and precipitators to capture toxic compounds so they aren't released.

    そのため最新の焼却炉では、高熱焼却や機械的フィルター、集塵機などの一連の設備を使用することで有毒化合物を放出しないようにしています。

  • Countries with less environmental laws may skip these steps, making each plant vary from being supes clean to supes dirty, depending on where they are located.

    環境に関する法律の少ない国々では、各工場の場所によってこれらの手順を省略させることがあるため、工場は綺麗なものから汚れたものまでと差が見られます。

  • Now, let's all look longingly at what Sweden does with their trash.

    それでは、みんなが憧れの眼差しで見ている、スウェーデンのゴミ処理を見てみましょう。

  • Only one percent of waste in Sweden makes its way to a landfill.

    スウェーデンでは、ごみの量全体の 1% のみが埋め立て地に行きます。

  • Half is rigorously recycled and the other half is burned in a waste-to-energy plant.

    半分は厳密にリサイクルされ、残りの半分は廃棄物からエネルギーへ変換される施設で燃やされます。

  • This means in Sweden, they literally burn their waste and turn the energy into electricity, with 8.5 percent of their energy coming from the burning of their trash.

    これは、スウェーデンでは、文字通り廃棄物を燃やすことで、そのエネルギーを電気に変えることを意味します。エネルギーの 8.5% は、ゴミの燃焼によるものです。

  • Sweden is hash tag GoalsAF.

    スウェーデンは #GoalsAF(#まさに目標) です。

  • But doing this does release the bane of our human existence, which is CO₂.

    しかしこれを行うことで、人間が存在する上での悩みの種である二酸化炭素が放出されます。

  • A lot of what is burnt is organic.

    燃やす物の多くは、有機物です。

  • And not like- "Excuse me. Are these quail eggs organic?" but "matter composed of carbon-based compounds" organic.

    そして、 「すみません。これらのウズラの卵はオーガニックですか?」でも、「炭素ベースの化合物で構成される物質」で、有機物のようなものではありません。

  • Meaning most of what they burn is food, paper, wood, etc.

    彼らが燃やすもののほとんどは、食べ物や紙または木材などです。

  • Over time, as part of the carbon cycle, these materials would have eventually released their COinto the atmosphere anyway.

    時間が経つにつれて、炭素循環の一部としてこれらの材料は、いずれにしても二酸化炭素を大気中に放出していたはずです。

  • Therefore waste incineration produces 986 pounds of carbon dioxide per megawatt hour, which is roughly equivalent to natural gas.

    したがって、廃棄物の焼却ではメガワット時あたり 986 ポンドの二酸化炭素が生み出されており、これは天然ガスとほぼ同じ量になります。

  • And we don't mean natural gas as in your farts.

    そして、私たちが言っているのはあなたのおならのような、天然ガスを意味している訳ではありません。

  • We mean natural gas as in the common, naturally occurring hydrocarbon gas mixture.

    一般的な天然の、炭化水素ガス混合物のような天然ガスを意味します。

  • If we look at the US waste incinerators, in 2016, they released 12 million tons of carbon dioxide.

    アメリカの廃棄物焼却炉を見てみると、2016 年に 1,200 万トンの二酸化炭素が放出されていました。

  • So it's obvi not all good.

    だから、すべてが良いというわけではありません。

  • That is an amount we need to be aware of in our current climate crisis.

    これは、現在の気候危機において注意する必要があると言われている量です。

  • Burning trash uses a lot of energy.

    ごみを燃やすには、多くのエネルギーを使用しています。

  • But wait, remember all of that talk of plastic waste ending up in our oceans?

    だけどちょっと待ってください、プラスチック廃棄物が海に行き着くという話をすべて覚えていますか?

  • Sweden doesn't burn it, they recycle it, which is what we all want to be doing.

    スウェーデンは、それを燃やさずリサイクルしていますが、それが私たちみんながやりたいことです。

  • In general, I repeat, we don't want to burn plastic, we want to recycle it.

    一般的に、繰り返しますが、私たちはプラスチックを燃やしたいのではなく、リサイクルしたいと思っています。

  • Here's why: Not only does burning plastic use more energy than recycling it, plastic is actually made from petrochemicals derived from oil and gas, which means if we burn it, we must continue to extract more oil to make new plastics.

    これがその理由です:プラスチックを燃やすということは、リサイクルよりも多くのエネルギーを消費するだけでなく、実際にプラスチックは石油とガスに由来する石油化学物質から作られていルため、新しいプラスチックを作るためには、より多くの油を抽出し続ける必要があります。

  • This is bad for the environment.

    これは、環境によくありません。

  • Oil execs don't want you to think like this.

    石油会社はこのようなことを、あなたに考えてほしくはありません。

  • A circular economy that works to constantly reuse and recycle resources is unappealing to oil execs.

    資源を絶えず再利用およびリサイクルするために機能している循環経済は、石油会社にとっては魅力的なものではありません。

  • This is why big fossil fuel companies are investing 1.5 billion dollars into something called the Alliance to End Plastic Waste, promoting the conversion of plastics to fuel for energy.

    大きな化石燃料会社が、プラスチック廃棄物を終わらせる同盟と呼ばれるものに 15 億ドルを投資しているのはこのためで、プラスチックからエネルギーへの燃料への変換を促進しています。

  • But another way of looking at this is these companies could be attempting to promote the burning of plastic, so we need more oil to make more plastic.

    しかし別の見方としては、これらの企業がプラスチックの燃焼を促進しようとしている可能性があり、そのためにより多くのプラスチックを製造するには、より多くのオイルが必要になります。

  • Oh my Lorde-with-an-e, nothing in this world is simple.

    ああ、神様、この世界に単純なものなど何もありません。

  • Also like many things in our capitalist society, it all comes down to money.

    また、私たちの資本主義社会の多くのものと同様に、それはすべてお金に関係してきます。

  • The World Bank estimates that incineration costs nearly double that of landfill disposal.

    世界銀行は、焼却のための費用は埋立処分をするのに比べて、費用がほぼ 2 倍であると推定しています。

  • So, if you are a country with a lot of land, you are going to obvs opt to put waste in a cheap ol' landfill rather than pay to burn it in a fancy incinerator.

    多くの土地を持つ国なら、廃棄物を焼却炉で燃やすために法外な費用を支払うのではなく、費用の安い埋め立て地に埋めることを選ぶでしょう。

  • And if you don't have a lot of money, you defs aren't going to build a ski hill on top of it.

    そして、あなたがたくさんのお金を持っていないなら、その素敵なものの上にスキー場を作ることはありません。

  • So to summarize, if we burned all our garbage in our backyards openly, we would increase air pollution and kill a bunch of people.

    要約すると、裏庭ですべてのゴミをおおっぴらに燃やせば、大気汚染が増大し多くの人々を殺すことになってしまいます。

  • If we burned it all in the high-grade waste energy incinerators, we could generate a bunch of energy, but we'll be increasing our carbon footprint and furthering our reliance on fossil fuel.

    すべてを高性能の廃棄物エネルギー焼却炉で燃してしまえば、大量のエネルギーを作り出すことができますが、二酸化炭素の排出量を増やしてしまい、化石燃料への依存度を高めることになってしまいます。

  • So the hope for our current waste crisis relies in future technology and innovation.

    なので、現在における廃棄物危機への希望は、将来の技術と革新にかかっていると言えます。

  • Pyrolysis takes plastic and shreds, melts, and then gasifies it in the presence of less oxygen, resulting in the breakdown of polymers, which can then be refined to a diesel fuel.

    熱分解によってプラスチックを取りだし、細断をして溶かして酸素の少ない状態でガス化し、さらにポリマーを分解します。こうすることで、ディーゼル燃料に精製することができます。

  • Um, that's kind of RAD.

    うん、それはとっても素晴らしいことにようですね。

  • One thing YOU specifically can do is learn as much as you can about our current waste issues.

    今、具体的にあなたができることの 1 つとしては、今おかれてるゴミの問題についてできる限り学ぶことです。

  • It is fascinating, and we're all involved in it, I mean like in many ways we're all trash.

    それはとても魅力的で、私たち全員がそれに関わっています。つまり、多くの点で私たち全員がクズだということです。

  • Some simple steps you can start thinking about today is reuse things in thrifty ways.

    今日からでも考え始めることができる、くつかの簡単なステップは:物事を節約して、再利用することです。

  • My mom used to pack all my lunch sandwiches in reused milk bags, and yes, we are Canadians, so we drink our milk out of bags.

    私の母はすべて昼食用のサンドイッチを、再利用した牛乳の袋に詰めていましたが、そうです、私たちはカナダ人は牛乳を飲むとき袋から牛乳を飲んでいるからです。

  • You can shop less often and focus on reducing plastic use.

    買い物の頻度を減らすことで、プラスチックの使用を減らすことに集中できます。

  • Also, click the links below to read more scientific articles on this subject as, who knows?

    また、以下のリンクをクリックすることで、このテーマに関するより科学的であまり知られていない記事を読むことができます。

  • Maybe your innovative idea is what our future needs.

    おそらくあなたの持つ革新的なアイデアは、私たちの将来が必要とするものです。

  • Hello, person watching this!

    こんにちは、これを見ている皆さん!

  • We are serious.

    本気ですよ。

  • Click the links below, learn about our waste issue because you might have a solution.

    下記のリンクをクリックして、ゴミ問題に関することをもっと知ってください。だってあなたが解決策を持っているかもしれないので。

  • Also click the video over there.

    また、そこのビデオをクリックしてください。

  • It's about Big Oil and how they lied to me, to you, and to your mom/mum.

    これは大手石油会社や、彼らがあなたやあなたのお母さんに対して、どのように嘘をついてきたかについてです。

  • It's a very important video in our current climate crisis.

    現在の気候危機における、非常に重要なビデオです。

  • So, also subscribe to this channel, and we'll see you next week.

    それから、このチャンネルも登録してください。それでは、来週また会いましょう。

  • Peace.

    ピース。

Every minute, one garbage truck full of plastic is dumped into our seas.

毎分の間、プラスチックでいっぱいのごみ収集車一台分が私たちの海に捨てられます。

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 プラスチック ゴミ 廃棄 燃やし ガス 炭素

もし全てのゴミを燃やしたら? (What If We Just Burned All Our Trash?)

  • 959 38
    Taka に公開 2019 年 12 月 19 日
動画の中の単語