Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • Vsauce!

    Vsauce の時間がやってきました!

  • Kevin here.

    ケビンです。

  • Plymouth Colonists and Wampanoag Native Americans shared an autumn feast in 1621 marking what many refer to as the first Thanksgiving.

    プリマス植民者とワンパノアグ族は 1621 年に秋のお祭りを共催しましたが、これが感謝祭の起源だと言われています。

  • Four men were sent on a "fowling mission" to prepare for the three day event.

    3 日間に渡るこのイベントのために、4 人の男が「鳥狩り」に出たわけですが、

  • It's believed they brought back wild turkey, which were in abundance at the time, thus starting the tradition of eating turkey on Thanksgiving in the United States.

    彼らは当時あちこちにいた野生の七面鳥を捕まえて帰ってきたそうで、以降、アメリカでは感謝祭の日には七面鳥を食べる習慣が浸透したのです。

  • A holiday often referred to as "Turkey Day."

    この祝日は「七面鳥の日」とも呼ばれます。

  • Only 1% of the population of Japan is estimated to be Christian, so Christmas is obviously not a national holiday.

    日本人のクリスチャン人口は全体のわずか 1% ですから、クリスマスは当然ながら国民の祝日ではないのです。

  • But in 1974, KFC's marketing campaign "Kentucky For Christmas" was a huge hit and remains popular to this day.

    しかし、KFC が 1974 年に「クリスマスには KFC を」と銘打ったキャンペーンを実施たところ、これが大ヒットとなり現在までその人気は継続しています。

  • The lines of people waiting for a bucket of chicken can be over two hours long, and some order their holiday chicken buckets months in advance.

    箱入りフライドチキンを求める人の列は 2 時間待ち以上で、中には何カ月も前から予約をする人もいるくらいです。

  • Italian tradition states that Le Befana flies around Italy leaving fruits, nuts, and candy for good children and coal candy for bad ones.

    イタリアには、ベファーナという魔女が国中を飛び回って、良い子には果物やキャンディを落としていって、悪い子には石炭のキャンディしかくれないという言い伝えがあります。

  • It's said she sheltered the three wise men for a night and when asked to join them on their journey to find the infant baby Jesus, she declined because she had too much housework.

    3 人の賢者が生まれたばかりの乳飲み子イエスを探す旅の途中、彼女の家で一晩泊まったのですが、ベファーナも一緒に行かないかと誘われた際に家事がたくさんあるからいけないと断ったそうです。

  • The next day she regretted her decision and tried to find them unsuccessfully.

    翌日、そのことを後悔した彼女は彼らを追いかけて探そうとしましたが、ダメでした。

  • So to this day, Le Befana flies around on her broomstick looking for the baby Jesus and giving candy, good or bad, to children.

    というわけで、今でもベファーナはホウキにまたがって幼子イエスを探して飛び回りながら、良い子悪い子に関わらずキャンディを配っている、というわけです。

  • King's cake is known in many different countries but has become especially popular in the Southern United States during Mardi Gras celebrations, originally brought by colonists from France and Spain.

    キングケーキは多くの国でよく知られていますが、フランスやスペインの植民者によって持ち込まれたマルディグラのお祝いの際にアメリカ南部で特に浸透しました。

  • The cake is often made from twisted cinnamon bread topped with icing, featuring a hidden plastic baby figurine or other trinket inside.

    このケーキはツイスト状のシナモンパンにアイシングシュガーをまぶし、パンの中には小さなプラスチックの赤ちゃん人形やその他の小物が隠されています。

  • The person that eats the slice with the trinket will be blessed with good luck but is then obligated to make the next king's cake.

    自分の食べたパンにこのような隠れアイテムが入っていた場合は、幸運のしるしであるとともに次のキングケーキを作る役目になるというしきたりです。

  • In the 12 seconds before midnight on New Years Eve in Spain it's tradition to eat 12 grapes, one with each chime of the bell to predict your luck for the upcoming year.

    スペインでは、元旦の午前 0 時の 12 秒前から毎秒 1 個のブドウを鐘の音と共に食べる風習があり、各ブドウに翌年の幸運を祈願します。

  • Each grape represents a different month of the year, and if you can eat all of the grapes, it's said to bring prosperity.

    各ブドウはひと月を表しており、12 か月分全部食べると実り多い年が待っている、といった具合です。

  • It's believed this custom started in 1909 when popular wine growers had an abundance of grapes.

    この風習は 1909 年に始まったと言われていますが、当時はワイン畑にブドウがあふれんばかりに生っていたからだということです。

  • Eating red bean paste porridge with small rice balls is a popular Korean tradition for the Winter Solstice.

    韓国では、冬至に小豆と小さなお餅の入ったお粥を食べるのが習わしです。

  • Red beans symbolize the chasing away of evil spirits, and the rice balls symbolize new life.

    小豆は悪魔の魂を追い払い、お餅は新しい命のシンボルとして捉えられています。

  • Bowls of this porridge are placed around the house to ward off evil, and if you eat the same number of rice balls as your age, it symbolizes the successful passing of the upcoming year.

    お粥の入ったお椀が家のあちこちに置かれて悪魔の魂を締め出し、自分の歳と同じ数だけのお餅を食べると、やってくる年に実りある 1 年を過ごすことができるというわけです。

  • Pan de Muerto or bread of the dead is made in the weeks prior to Dia de los Muertos - celebrated on November 1st and 2nd in Mexico.

    パン・デ・ムエルト、別名「死者のパン」は、メキシコで 11 月 1 日・2 日に祝われる死者の日に備えて数週間前から準備されます。

  • The bread is enjoyed by the family of the deceased and set upon the altar of loved ones that have passed, and it's often decorated with bones and a tear.

    このパンは骸骨と涙の模様で飾られて、故人の家族が祭壇の上に捧げて故人をしのび、その後皆で食べるというのが風習です。

  • Other dishes are also placed on the altar to help feed the traveling souls of the dead.

    この他にも、祭壇にはこの世に下りてくる死者の魂のために捧げる食べ物がいくつか置かれます。

  • Finally, France is Europe's number one producer, exporter, and consumer of oysters, and 50 percent of their annual oyster consumption occurs between Christmas and New Years.

    最後に、ヨーロッパで牡蠣の生産・輸出・消費ナンバーワンであるフランスでは、国内消費量の50%がクリスマスから新年にかけての期間に集中します。

  • So, if you're in France during that time, you'll probably be eating oysters.

    ですから、この時期にフランスを訪れると、まず間違いなく牡蠣を食べることになるのではないでしょうか。

  • If you like eating oysters.

    牡蠣が嫌いじゃなければ、の話ですが。

  • Whether you're eating grapes, oysters, turkey, or around a tiny plastic baby, have a happy holiday and as always, thanks for watching.

    ブドウだろうが、牡蠣や七面鳥、プラスチックの人形を食べるにしても、皆さん良い年末年始をお過ごしください。ご覧いただきありがとうございました。

Vsauce!

Vsauce の時間がやってきました!

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B2 中上級 日本語 ブドウ 食べる 牡蠣 風習 パン 七面鳥

クリスマスは KFC !世界各国の祝日に食べる伝統料理を知ろう

  • 2839 67
    Courtney Shih に公開 2020 年 12 月 08 日
動画の中の単語