Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • World War II Tech: the Tiger I - Panzer VI Heavy Tank

    第二次世界大戦の先端兵器

  • The legendary German Tiger I has a reputation as a machine feared by the Allies,

    重戦車ティーガーⅠ Ⅵ号戦車

  • combining lethal firepower and excellent armour.

    伝説的存在であるティーガーⅠ戦車は、強力な火力と頑丈な装甲の両方を備え、連合軍から恐れられた戦車である。

  • The need to replace the Panzer IV goes back to 1938,

    1938年に、Ⅳ号戦車を置き換える目的で幾つかの試作戦車が造られた。

  • when several prototypes were built.

    1941年には、ヘンシェル社によってVK36.O1が開発。

  • In 1941 an order was placed with Henschel for the VK 36.01

    高い防御力と火力、そして最大速度時速40kmという移動速度を備えていた。

  • with a specification of good armour protection, a powerful gun

    車体は更に巨大化し、1941年5月に開発されたVK4501は45トンだった。

  • and a maximum speed at 40 km/h or 25 mph

    88mm砲を装備した本車両だが、8月20日のヒトラーの誕生日までに試作品を完成させる必要があった。

  • The tank had to be larger and an order was placed in May 1941

    故に、設計の一部は省略された。

  • for a 45-ton tank called the VK 4501

    完成品はVK4501(H)と呼ばれた。Hはヘンシェル社を表している。

  • It was armed with an 8.8 cm gun

    競合相手のポルシェ社は独自の設計でVK4501を開発。求められていた性能は同じだ。

  • The deadline for the prototype would be on Hitler's next birthday (April 20th 1942),

    両社ともヒトラーの誕生日には間に合い、結果的にヘンシェル社の型が正式に採用された。

  • forcing several elements of the design to be rushed

    お披露目に際して、Pzkw VI Ausf. E と命名された。

  • Once completed it would be named the VK 4501 (H)

    最終的には、クルップ社製の砲塔に加えて、ヘンシェル社及びポルシェ社の試作車両の部品を合わせて完成した。

  • The H standing for Henschel

    乗員は、砲塔部に戦車長、砲手、装填手の3名、車体部分に操縦手、無線手の2名の計5名で構成。

  • In competition, Porsche had created its own design:

    装甲は25~120mmという分厚さで、防御力は申し分無かった。

  • the VK 4501 (P), to the same requirements

    幅の広い履帯のお陰で、長距離移動や戦闘配備の効率は向上。

  • With both designs meeting the deadline of Hitler's birthday

    1943年には、ガソリンエンジンであるV12型液冷エンジンのマイバッハHL210P45が搭載された。

  • the Henschel design was selected for production

    これにより、馬力は690馬力(515kw)へ向上した。

  • Designated as the Panzerkampfwagen Tiger Ausf. E

    しかしながら、55トンの車体には不十分で、時速は38km(24マイル)にしか満たなかった。

  • but eventually the final design will use a mixture of the partsfrom previous prototypes by Henschel and Porsche

    転輪が複数重なる構造のサスペンションに泥が絡まりやすい、という整備面での問題もあった。

  • The Krupp turret and gun would stay the same

    東部戦線では、転輪に挟まった泥が凍結し、戦車が動かなくなるという致命的なトラブルが発生した。

  • The crew of the Tiger tank numbered five,

    武装は88mm砲Kwk36砲で、アメリカ軍のシャーマン戦車の装甲を易々と貫けた。

  • including the commander, gunner, loader (who sat in the turret)

    加えて、砲塔の同軸機関銃、及び車体機銃として、2挺のMG34機関銃を装備。

  • and the driver and radio operator in the hull

    砲塔の両側面には発煙弾発射機が装着されていた。

  • The armor was very thick, from 25 to 120 mm

    ティーガーⅠ戦車は1942年後期に、北アフリカのチュニジアで初陣を飾った。

  • offering excellent protection

    遭遇した英軍に衝撃を与えることに。

  • For traveling on cross-country or preparing for combat, wider tracks were fitted improving traction

    ティーガーはイタリア、ノルマンディー、東部戦線といった各戦線に投入された。

  • On 1943 the 55-ton tank was powered by a V12 Maybach HL230 P45 gasoline engine

    1944年に英軍のファイアフライやソ連軍のT-34/85が登場するまで、太刀打ち出来る連合軍の戦車は存在しなかった。

  • providing 690 horsepower or 515 kilowatts

    1942年の8月から2年間生産が続けられたが、完成したのは1350両に過ぎない。

  • This was quite underpowered and the tank had a top speed of 38 km/h or 24 mph

    わずかな派生型として、指揮戦車型のティーガー戦車も存在した。

  • One over engineering problem with the tank was the overlapping wheel suspension

    また、38cmロケット臼砲を装備したシュトルムティーガーがある。

  • which became clogged with mud

  • and on the Eastern Front this was especially dangerous,

  • as the mud froze completely immobilizing the tank

  • The armament of the Tiger I was its deadly 88 mm KwK 36 gun

  • capable of penetrating american M4 Sherman armor

  • and two MG34 or MG42 machine guns:

  • one coaxial in the mantlet and the other in a ball turret within the hull

  • Smoke discharge canisters were also positioned on both sides of the turret

  • The Tiger I first appeared in Tunisia (North Africa) in late 1942

  • their appearance shocking the British forces

  • They were used on all fronts, including Italy, Normandy and the Eastern Front

  • It was only until mid-1944 that the Allies could produce tanks

  • that could have effectively engaged the Tiger tank

  • such as the British Sherman Firefly and the Russian T-34/85

  • Only 1.350 Tiger I were built with production between August 1942 and August 1944

  • Other rare variants include the Befehlspanzer Tiger, which was a command tank

  • and the Sturm Tiger, which featured a large self-propelled mortar

  • Thank you guys for all your support on the Simple History YouTube channel

  • If you enjoyed please consider visiting our Patreon page

  • There you can show us your support for the channel by donating

  • and make a huge difference in what we're able to create for you

  • Plus you can get early access on upcoming videos

  • So let's keep it growing, and thank you for being part of this amazing community

  • Subscribe for more World War II videos

  • Get your copy of simple history World War 2 today!

World War II Tech: the Tiger I - Panzer VI Heavy Tank

第二次世界大戦の先端兵器

字幕と単語

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B2 中上級 日本語 戦車 砲塔 試作 装甲 装備 完成

第二次世界大戦の戦車:タイガーI型重戦車 (WWII Tanks: Tiger I - Heavy Tank)

  • 51 4
    raychen0918 に公開 2021 年 01 月 14 日
動画の中の単語