Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • Ever been stuck in an airport, parched and hungry?

    空港で足止めを食ったことは?喉はカラカラでお腹もペコペコ。

  • You've already spent a fortune on tickets and baggage fees, and somehow you end up buying a giant Toblerone and a $5 water.

    すでに航空券や手荷物運賃で散財したのに、なぜかジャイアントサイズのトブラローネと5ドルもする水を買うはめに。

  • You're not alone.

    あなただけではありません。

  • Spending in airports hit $40 billion in 2017.

    2017 年、空港で消費された金額は 400 億円にものぼります。

  • On average, travelers will spend anywhere from $11 and $140 per airport visit.

    平均すると、旅行者が 1 つの空港を訪れるごとに、11 ドルから 140 ドルほど消費することとになります。

  • But all that spending is not entirely your fault.

    でもそれは、完全にあなたのせいだとは言いきれません。

  • Airports are purposely laid out to lead passengers through moneymaking areas.

    空港のレイアウトは、お金儲けエリアを搭乗者が通るように考えられています。

  • First, there's the parking lot.

    まずは駐車場。

  • In 2018, the average cost of a week of airport parking was $96.

    2018 年の 1 週間の平均駐車料金は 96 ドルでした。

  • London Heathrow and the Abu Dhabi airport in the United Arab Emirates had the most expensive lots, charging $249 and $235, respectively, for seven days.

    ロンドンのヒースロー空港や、アラブ首長国連邦のアブダビ空港の駐車場は最も高く、7 日間でそれぞれ 249 ドル、235 ドルとなっています。

  • Parking is pretty lucrative.

    駐車場の利益率はなかなかのものです。

  • Short-term and long-term parking cost: absolute fortunes.

    短期だろうが長期だろうが、駐車料金はとても高額です。

  • That's obviously just pure profit to the airport.

    明らかに空港の純利益になりますよね。

  • It's empty space, basically.

    根本的に何もない空間ですから。

  • Now you're ready for check-in and security.

    では、搭乗手続きと保安検査です。

  • Even though traveling is becoming easier worldwide, passengers still arrive early for flights.

    世界中で旅行はしやすくなってきていますが、まだ搭乗者は飛行機の出発時間よりも早めに空港に行くのが通例。

  • 2 hours and 17 minutes before takeoff, on average.

    離陸の 2 時間 17 分前には空港に到着しています。平均でね。

  • By speeding up check-in and security with digital kiosks, TSA Precheck, Global Entry, and 3D CT baggage scanners, airports can get travelers to spend more time in the profitable zones airside.

    搭乗手続きや保安検査は、あっという間です。これは自動チェックイン機やTSAプレチェック(事前審査プログラム)、グローバルエントリー、3D CT スキャナーでの手荷物検査のおかげ。空港は(搭乗ゲート向こうの)お金儲けゾーンのエアサイドに、旅行者を長時間とどめておくことができるようになりました。

  • Now you'll find yourself in what's called the recomposure zone.

    次はリコンポージャーゾーンと呼ばれるエリアです。

  • One of the more interesting tricks I've seen is the idea of having a composure kind of place at the end of the security line.

    これは極めて興味深いトリックの一つ。保安検査が終わった後、心の落ち着きを取り戻すための場所を配置するという発想です。

  • So you go through security, you have some time to get yourself together, put your wallet back in your pocket, your cellphone, put your shoes back on, make sure you're all settled, and then you go shopping.

    保安検査が終わったら、いくらか旅の仲間と一緒に過ごせる時間があります。ポケットに財布や携帯を戻して、靴も履き直して、全部整ったら、さあショッピングタイム。

  • It's just a way to make people a little keener on spending money.

    ここは、純粋に搭乗者の購買欲をそそるように作られています。

  • Often, the first thing you see after security is duty-free.

    たいてい保安検査のあと最初に見えてくるのは、免税店でしょう。

  • You have to walk through it to get to your gate.

    自分の搭乗口に行くにはそこを通り抜けなければなりません。

  • You even notice that, in some airports, London Heathrow, for example, walking paths in duty-free veer to the left.

    お気づきかもしれませんが、ロンドンのヒースロー空港のように、通路が免税店を左側にして通っているところもあります。

  • This leaves more space for retail on the right of the path.

    そうなると、通路の右側は小売店のためのスペースとなります。

  • According to the consulting firm Intervistas, that leads to profits because the majority of people are right-handed and will spend more time looking to the right.

    コンサルティング企業の Intervistas(インターヴィスタス)によれば、大多数の人が右利きで、右側を見ることが多いため、収益につながるとのこと。

  • And while duty-free means foreign taxes on goods are removed, this doesn't necessarily mean they're cheaper.

    また、免税店では関税・酒税・たばこ税などが免除されますが、だからといって必ずしも安いというわけではありません。

  • Duty-free can be a great savings if you buy something like alcohol or cigarettes, which are usually highly taxed.

    お酒やたばこ等を購入するなら免税店はかなりお得でしょう。お酒やたばこには高い税金がかけられていますから。

  • In terms of other things, toys or electronics, or even some foods, those aren't really taxed as highly, so even though there's no taxes, there's a higher overall retail price.

    ですが、おもちゃや電子機器、課税率がさほど高くない食品などに関しては、免税店でも結局は小売価格より高くつきます。

  • And you're not the only one getting suckered into buying a marked-up giant Toblerone.

    割高なジャイアントトブラローネを買わされてしまうのはあなただけではないのです。

  • Globally, duty-free is a huge industry valued at over $67 billion in 2018, according to a report from Coherent Market Insights.

    免税店は世界的にも巨大な産業です。2018 年には 670 億ドルを超える産業価値がつきました。これは Coherent Market Insights(コヒーレント・マーケット・インサイト)の報告によるものです。

  • After you're through duty-free, you find yourself in the main shopping area, surrounded by even more dining and spending options.

    免税店を通り抜けたら、メインショッピングエリアに入ります。食事をしたり、他にもいろいろなことをして過ごせる場所です。

  • If you're in a European airport, this is where you'll likely be forced to hang out.

    ヨーロッパの空港なら、散策せざるを得ないでしょう。

  • Airports like London Heathrow and Gatwick don't announce gates until 25 to 90 minutes before the flight, compelling passengers to stay in the central shopping part of the terminal.

    ロンドンのヒースローやガトウィックのような空港では、離陸時間の 25~90 分前になるまでは搭乗案内のアナウンスはありません。空港ターミナルの中心地であるショッピングエリアに搭乗者を引きつけておくのです。

  • And there are strategically placed signs that indicate walking times to gates and gate locations in order to keep you stress-free and satisfied.

    あちこちに巧みに案内を設置し、搭乗口までの歩行時間や位置を示しておきます。ストレスなく、楽しく過ごしてもらえるようにです。

  • Not to mention massage chairs, spas, ponds, and atriums.

    マッサージチェアや、スパ、池や庭園などは言うまでもありません。

  • Anything designed to keep you relaxed.

    すべてがリラックスできるように作られているのです。

  • Because studies show if passengers are 1% more satisfied, airport sales go up by 1.5%.

    その理由は、搭乗者の満足度が 1 %上がると、空港の収益が 1.5 % 上がるという調査結果があるからです。

  • With two hours left to kill before your flight, there's a chance you'll get hungry.

    搭乗時間まであと 2 時間。そろそろお腹が減ってくるということもあるでしょう。

  • Even the restaurants are designed with big windows, relaxing music, and outlets to keep you satisfied and in the spending mood.

    レストランでも、大きな窓が備え付けられ、ゆったりとした音楽が流れています。直販店などもあり、楽しい気分にさせ、お金を落としても良いかなという心理状態にしておくのです。

  • But, of course, these restaurants don't come cheap.

    ですが、当然こういったレストランは安くありません。

  • At Los Angeles International, there's an 18% markup on food.

    ロサンゼルス国際空港では、食事料金は 18% も高く設定されています。

  • And while there are some airports, like Seattle-Tacoma, that require food prices to reflect costs you'd find outside the airport, they fully expect you to end up spending more because you think you're paying less.

    シアトル・タコマ空港のように、空港の外で目にする価格を反映させているところもありますが、それも、食事が安く済んだから何かもっと使えるなと思わせることを意図しています。

  • The steep prices are partly because restaurants pay high rents to airports, generally a monthly-based rent and up to a 15% cut of gross revenues.

    価格が法外な理由の一つに、レストランが空港へ支払うテナント料が高いということがあります。一般的に、ひと月あたり、賃貸料金を収めることで、売上高の 15% ほどの損失となります。

  • For Checkers restaurants, rent in American airports is 50% more expensive than in their traditional brick-and-mortar locations.

    チェッカーズでは、アメリカの空港での賃貸料が、空郊外の店舗の 50% 以上も高い状態にあります。

  • To offset high rents, airport restaurants have gotten more elaborate.

    高い賃貸料を相殺するため、空港レストランはより凝ったものを提供するようになっています。

  • So, it's not just like a chain restaurant, like an Applebee's or Buffalo Wild Wings.

    ただのチェーンレストランと違うのはそのためです。アップルビーズやバッファロー・ワイルド・ウィングとは違うのです。

  • There's alternatives like steakhouses and more closer to fine-dining-type places, oyster bars, cocktail bars.

    その代わりにあるのが、ステーキハウスや、やや高級志向の店や、オイスターバー、カクテルバーなど。

  • In Portland International in Oregon, there's a distillery making whiskey on-site and offering tastings.

    オレゴン州のポートランド国際空港では、クラフト蒸留所で作られたウィスキーの試飲すらできます。

  • In Tokyo's Narita airport, Sushi Kyotatsu restaurant changes the menu daily based on fresh fish coming in from Tsukiji Market.

    東京の成田空港の寿司店、すし京辰では、築地市場から新鮮な魚を仕入れ、毎日メニューを変えたりもしています。

  • Places like these can easily charge a few extra bucks for the experience.

    こういったお店では、貴重な体験ができることから、いくらか価格に上乗せすることも可能なのです。

  • Finally, your gate's announced.

    最後に、搭乗のアナウンスです。

  • On the long walk through the terminal, you pass stores set up with diagonal displays, so you can see all the goods from the concourse.

    ターミナルの中をずっと歩いていくと、きれいに商品が陳列された店の前を通り過ぎます。通路からは、あらゆる商品が目に入ります。

  • The aisles are wide enough to maneuver bags through, and, similar to why you'll often spend more in airport restaurants, retail prices are inflated to offset the cut airports take.

    通路は荷物を運ぶのに十分な広さがあります。空港レストランでお金を使ってしまうのと同じように、売店の商品価格も空港に支払うテナント料のために高く設定されています。

  • That means you could pay a 200% markup for a bottle of water in some airports.

    空港によっては、ペットボトルの水に 2 倍の代金を支払うということもあるのです。

  • You've got your overpriced snack and magazine, but if you're traveling to another country, you'll need to exchange money.

    さて、いつもより高額なスナックと雑誌を手に入れました。ここで、国外への旅行なら、両替をしなくてはなりません。

  • There's always a currency-exchange booth at the airport, but, generally, it's best to wait until you're outside, because those airport booths charge between 10% and 26% higher exchange rates, and that's not including service fees.

    空港には必ず両替所がありますが、多くの場合、外に出るまで待つのがベストでしょう。空港の両替所では、両替レートが 10~26% ほど高く、手数料もほかに必要となります。

  • You're just never gonna find a worse exchange rate, except for maybe one of those places in Times Square.

    空港ほど両替レートが高いところはないでしょう。タイムズスクエアのような有名観光地は例外かもしれませんが。

  • And even once you've made it to your gate, there are still plenty of shops to grab last-minute necessities.

    搭乗口にたどり着いても、まだまだお店はあります。最後の瞬間まで何かしら買うことができるのです。

  • It's the idea of having retail mixed with the gates themselves.

    これは、搭乗口そのものに売店を設置しておくという発想です。

  • If you want to wait by your gate early, you're still right next to the store.

    搭乗口に早めに行って待っていても、すぐそばにお店があります。

  • You don't risk missing any announcements.

    どんなアナウンスも聞き逃す恐れはありません。

  • Finally, you board your plane, maybe a little frustrated at the airport for your lavish spending.

    ついに搭乗です。空港で贅沢にお金を使って、ちょっと失敗したかもと思っていることでしょう。

  • But consider this: Airports are not laughing their way to the bank on all these markups.

    ですが、こう考えてみてください:法外な料金で儲けを取って、空港は笑いが止まらないだろうというのは間違いだと。

  • Airports are expensive to run.

    空港運営にはお金がかかるのです。

  • Of Europe's airports, 47% lost money in 2018.

    2018 年、ヨーロッパの空港のうち 47% が赤字を出しています。

  • But let's face it.

    ですが、しっかりと向き合いましょう。

  • Some airports make you spend more because they can.

    お金を使わせようとする空港はあります。それは、それが妥当だからです。

  • It's annoying, but, I mean, it's the reality of it.

    イヤなものですが、それが現実なのです。

  • It's the captive-audience theory, where people don't really have a choice.

    「囚われの聴衆」セオリーなのです。聴衆(搭乗者)に選択の余地はさほどありません。

  • You have plenty of time to kill. You're bored, you know, what's a great thing to do?

    だって、時間がたっぷりあって、退屈しているなら、何をして楽しみますか?

  • Shop.

    買い物ですよね。

Ever been stuck in an airport, parched and hungry?

空港で足止めを食ったことは?喉はカラカラでお腹もペコペコ。

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 搭乗 両替 検査 駐車 料金 レストラン

お土産、ご飯、免税店!空港でついつい買ってしまう理由 (Sneaky Ways Airports Get You To Spend Money)

  • 12573 447
    Nina に公開 2019 年 11 月 14 日
動画の中の単語