Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • The history of Fjällräven begins a lot like most other outdoor apparel company origin stories, with a young adventurer unsatisfied with their gear.

    フェールラーベンの歴史は、他の多くのアウトドア・アパレルブランドの起源とよく似ていて、若い冒険家が道具に満足していないことから始まります。

  • In this case, the adventurer is a twenty-something Swede named Åke Nordin, who was frustrated with the clunky wooden backpacking frames of an older generation.

    フェールラーベンの場合、その冒険家は20代のスウェーデン人、オーケ・ノルディン。彼は、古い世代の不格好な木製バックパック・フレームに不満を感じていました。

  • And so, in 1960, nestled in a town in Sweden's High Coast, Åke began to tinker with alternative designs, eventually creating what became his first aluminum framed backpack.

    そして 1960 年にスウェーデンのハイ・コーストのとある町に落ち着いたオーケは、他のデザインがないかと研究しはじめ、最終的に彼の最初のアルミフレームのバックパックを生み出しました。

  • Åke sold this first backpack and the Fjällräven brand was born.

    オーケがこの最初のバックパックを売ったのが、フェールラーベン・ブランドの始まりです。

  • Soon after, outdoor enthusiasts exploded onto the scene in the 1970s.

    それからすぐ後、1970 年代に爆発的な勢いで、アウトドア愛好家が登場しました。

  • And as a result, Fjällräven became a mainstay in the Swedish outdoor community.

    そして結果的に、フェールラーベンはスウェーデンのアウトドアコミュニティの主力となったのです。

  • Slowly, as their famous Greenland Jacket gave way to other popular gear like thenken backpack, the company transformed into a global outdoor brand.

    ゆっくりと、彼らの有名なグリーンランドジャケットがカンケンバックパックのような他の人気商品に人気を譲ったとき、会社はグローバルなアウトドアブランドへと変化しました。

  • And at the core of Fjällräven lies a deep commitment to the natural world.

    フェールラーベンの根本には、自然への深い関与があります。

  • Much like its counterpart Patagonia, Fjällräven sells high-quality adventure gear at sometimes jaw-dropping price points.

    競合ブランドのパタゴニアと同じように、フェールラーベンは、高品質のアウトドア用品を、驚くほどの低価格で販売しています。

  • But, for both, this price point is often justified by their ethics and attention to quality.

    しかし両者にとってこの価格は、彼らの倫理観と品質への配慮を考えると、理にかなっていることが多いです。

  • So, is Fjällräven actually an eco-conscious company like they claim?

    では、フェールラーベンは本当に彼らが主張するように環境に配慮した企業なのでしょうか?

  • And does that really justify their price?

    そしてそれは本当に、彼らの価格は理にかなっているのでしょうか?

  • Fjällräven's approach to sustainability really started 25 years ago, in 1994, with the arctic fox, which also just so happens to be the logo of their company and the English translation of Fjällräven.

    フェールラーベンの持続可能性への取り組みは、25年前の 1994 年、北極ギツネから始まりました。「北極キツネ(arctic fox)」はたまたま会社のロゴでもあり、「フェールラーベン」の英語訳です。

  • As climate change began to drastically alter their Scandinavian habitat, these cute little animals began to disappear from the landscape.

    気象変動がスカンジナビアの生息地を劇的に変え始め、このかわいい動物が風景から姿を消し始めました。

  • And by 1994, there were between 40-80 arctic foxes left in Scandinavia.

    そして 1994 年には、スカンジナビアには40〜80匹しか北極ギツネが残っていなかったのです。

  • So, Fjällräven did the only thing they thought they could.

    そして、フェールラーベンは、彼らができる唯一のことをしました。

  • They partnered up with the EU and sponsored research and conservation efforts for the arctic fox.

    彼らは EU と提携し、北極ギツネの研究と保護活動をスポンサーしたのです。

  • Since then, the fox's numbers have climbed to over 200!

    その後、北極ギツネの数は 200 以上に増えました!

  • Although this could be seen as a marketing ploy, these values are also central to the creation of their product line.

    これはマーケティング上の作戦と捉えることもできますが、こうした価値観は、製品開発の中心でもあります。

  • Especially now, as Fjällräven pours its attention into creating products like the Re-Kånken.

    特に今、フェールラーベンは Re-Kånken のような製品の開発に注力しています。

  • A completely environmentally-focused overhaul of the wildly popularnken backpack.

    大人気のカンケン・バックパックで、徹底的に環境に焦点を当てたシリーズ。

  • The Re-Kånken is woven from a single yarn made of 11 plastic bottles, which allows the backpack to eventually be recycled at the end of its use.

    Re-Kånken は、11本のペットボトルで作られた1本の糸で織られています。これにより、最終的にバックパックを処分するときにリサイクルできるのです。

  • Fjällräven was also the first to utilize the SpinDye process in their production line, which allows pigment to seep into threads by spinning and dyeing them simultaneously.

    フェールラーベンは、生産ラインで初めて SpinDye を利用した最初の企業でもありました。この技術で、糸紡ぎと染色が同時にできます。

  • Apparently, this process uses 75% less water, 67% fewer chemicals, and 39% less energy.

    どうやら、このプロセスでは75%の節水、67%の減ケミカル、39%の減エネルギーになっているようです。

  • And now, Fjällräven is transitioning that production technique to its other products.

    そして今、フェールラーベンはその製造技術を他の製品にも使っています。

  • On top of all that, it's removed PFCs, a chemical pollutant used to waterproof outdoor gear, from all of its apparel.

    さらに、ウォータープルーフのアウトドア用品に使用される化学汚染物質である PFC が、すべての商品から取り除かれました。

  • And drafted a Code of Conduct for its suppliers that prioritizes animal welfare, workers' rights, and sound environmental practices.

    そして、動物福祉、労働者の権利、健全な環境慣行を優先するサプライヤーに対し、行動規範の草案を作りました。

  • So, Fjällräven is undoubtedly doing a lot to minimize their environmental impact, but they are still a for-profit company.

    つまり、フェールラーベンは間違いなく、環境への影響を最小限に抑えるために多くの行動をしていますが、それでも営利企業なのです。

  • At the end of the day, they're still trying to make money.

    結局のところ、彼らもお金を稼ごうとしています。

  • So do their ethical actions justify their product's price?

    彼らの倫理的行動は、製品の価格を正当なものにしているのでしょうか?

  • When you walk into a typical Fjällräven store, you're confronted with two things: well-made products and a big price tag.

    よくあるフェールラーベンの店舗に足を踏み入れると、2つのことに直面します。良く作られた製品と高価な値段です。

  • Flip over the tag for a bag like the Re-Kånken and you'll find a large 90 next to the dollar sign.

    Re-Kånkenのようなバッグのタグを裏返してみると、ドル記号の横に90が記載されています。

  • Or if you're looking to buy one of their Greenland Down jackets, you'll be out 500 dollars.

    グリーンランド・ダウンジャケットを買おうとするなら、500ドルになります。

  • Unfortunately, Fjällräven doesn't publicly disclose how much they spend on materials and labor, so it's hard to say exactly how much of a profit they are making.

    残念ながら、フェールラーベンは、材料費と人件費の金額を公表していません。 ですから、どれだけの利益を上げているかを正確に言うのは難しいです。

  • Their price point seems to be guided by a combination of the cost of quality long-lasting materials, their commitment to the environment, and also the up-charge that a recognized brand can incur.

    その価格は、長持ちする品質である素材のコスト、環境への取り組み、そして有名ブランドが被る可能性のある追加料金の組み合わせによって決まるようです。

  • In my opinion, if you are looking for new gear and you have enough money to spare, Fjällräven is a good bet because it's firmly committed itself as an industry leader in eco-conscious production.

    個人的には、新しいアウトドア用品を探していて、お金に余裕があるなら、フェールラーベンは良い選択です。なぜなら、環境に配慮した製品の業界リーダーとして確固たる地位を築いているからです。

  • The unfortunate truth is that it takes more time, effort, and money to create socially responsible and environmentally ethical apparel.

    残念なことに、社会的に責任があり、環境に配慮した商品を開発するには、より多くの時間、労力、そしてお金がかかります。

  • And Fjällräven is doing what it can, given the restraints of an unsustainable industry.

    環境維持に向いていない業界という制限があるにも関わらず、フェールラーベンはできる限りのことをしています。

  • But really, as I talked about in my Patagonia video, at the end of the day, the most eco-friendly and cheapest thing you could do would be to buy used gear, or better yet, not buy at all.

    ですが、パタゴニアの動画でもお話したように、結局一番環境に配慮しつつ、価格を安く抑えられる方法は、中古の商品を買うか、何も買わないということです。

The history of Fjällräven begins a lot like most other outdoor apparel company origin stories, with a young adventurer unsatisfied with their gear.

フェールラーベンの歴史は、他の多くのアウトドア・アパレルブランドの起源とよく似ていて、若い冒険家が道具に満足していないことから始まります。

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 アウトドア 北極 環境 配慮 バックパック 価格

1度は見たことあるあのリュック!なぜ「フェールラーベン」って高いの?

  • 15596 550
    Vivian Chen に公開 2020 年 10 月 02 日
動画の中の単語