Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • I was like eight years old, and then a lady was just like, "You can leave; we don't have your size."

    私はその時8才とかで、その女の人が「他のところ行ってね、あなたのサイズはここにはないから」って言うんですよ。

  • And she was like, "Your nose is too flat."

    それから、「あんたの鼻ってペッタンコすぎるのよねー」とか言うんですよ。

  • And so she was like, "You know if you want to have surgery, you can do a nose job."

    そしたら、「やりたかったら、鼻の整形手術、受けてもいいわよ」とか言って。

  • There would be times when I'm opening gifts on holidays, and I'd be really excited to maybe receive snacks or toys or just gadgets as a little kid, but instead receiving skin-whitening products or double-eyelid tape or little gadgets that you can use to make your double chin go away.

    ホリデーにプレゼントをもらったりして、嬉しいじゃないですか、子どもとしてはお菓子とかオモチャか何かガジェットかなとか期待して。でも美白製品とか二重まぶた用テープとか二重あごが無くなる道具とかなんですよ。

  • This is maybe not a good action on camera.

    この動きはカメラの前ではヤバいかな。

  • As an eight-year-old girl, that's not something you want to be receiving, or let alone, play with.

    8 才の女の子としては、そんな物をもらっても嬉しくないし、ましてやそれで遊べって言われても、ですよね。

  • I remember my grandma would come around everyday and she would pinch my nose, literally pinch my nose.

    私が覚えてるのは、毎日おばあちゃんが家にきて私の鼻をつまむっていうか、本当に文字通りつまむんですよ。

  • And I would be like, "What?"

    そうすると私は「何?」ってなるじゃないですか。

  • "What are you doing? Why are you doing this?"

    「何やってんの?何でこんな事するの?」って。

  • And she was like, "Your nose is too flat. I'm trying to help you get a nose bridge."

    そしたら、「あんたの鼻ってペッタンコすぎるのよねー。だから鼻筋が立つようにしてあげてんのよ」とか言うんですよ。

  • I would say for me the main focus has been from my family and friends growing up, it was all around the shape of my eyes and the lack of prominent, thick, double eyelid.

    私の場合は主に家族と友達からいつも言われてきたのは、私の目の大きさのことと、クッキリぱっちりした二重じゃないことですね。

  • But I remember before going out strategically doing my eye makeup and placing my eyelashes because I kind of wanted to fit in with how everyone else looked.

    でも外に出掛ける前には私も何とか他の皆と同じような見た目になりたくて、メイクアップ時には目を意識的に集中したり付けまつげなんかもやったりしましたね。

  • Skin was also a big thing, like,

    肌の状態っていうのも重要で。

  • my family is always trying to wear hats.

    私の家族はいつも帽子をかぶるんですよ。

  • They bring a lot of umbrellas when we go to the beach.

    ビーチに行くときなんか日傘を大量に持って行くし。

  • There's no such thing as, like, being tan in my family.

    うちの家族にとって日焼けなんてあり得ないんです。

  • The visors, right?

    サンバイザー、でしょ?

  • Yeah, the visors, the Asian visor.

    そう、サンバイザー。アジア人特有のサンバイザーね。

  • We call it the Japanese geisha look almost.

    ほとんど日本人の芸者さんみたいな感じで、

  • It's like pale white.

    真っ白なんですよ。

  • But the whiter and the paler you are as an Asian-American, it's almost a plus-plus.

    肌が薄くて白ければ白い程、アジア系アメリカ人にとってはプラスなんです。

  • As a south Indian, so I'm Tamilian, and it's even bigger of a thing.

    私は南部インドの出身のタミール族なんだけど、肌の色ってもっと重要視されていて。

  • I noticed it when I lived in India for the last three years.

    ここ3年インドに住んで初めて気付いたんだけど。

  • There's a phrase that they would use in summer.

    夏によく言われるフレーズがあって、

  • They would say, "Karuthu poirke," which means, it literally translates to "Look how black you've become."

    「Karuthu poirke」って言うんだけど、それって文字通り「結構色黒くなったね」っていう意味なんだけど

  • I was like, "Really?"

    私は何か「ホント?」みたいな。

  • I don't know any different, right, right.

    自分では全然実感ないんだけど、まあそっかな、って感じで。

  • - We have a similar one. - Oh, yeah?

    ー私たちも似たのがある。 -えっ、ホント?

  • "Umitim ka," which means, "You got darker."

    「Umitim ka」ってやつで、「色黒くなったね」って意味。

  • Yeah, no, anybody who'd visit me, especially from here, if they weren't seeing me for a long time, my grandmother would say, she'd be like, "Karuthu poirke. You've become so black."

    そうそう、特にこの地元の人でしばらく私に会ってない人とかね。おばあちゃんも「Karuthu poirke」「結構色黒くなったね」って言うの。

  • I was like, "(mumbles)."

    で、私は「あー」とかモゴモゴ言って返すんだけど。

  • So, my mom never really laid it on me, but a big one in India is Fair and Lovely.

    それから、お母さんは特にこだわってなかったんだけど、Fair and Lovely ってのがインドでは流行ってて。

  • It is laser light.

    レーザ光線の輝きです。

  • (It) gives glowing fairness.

    清らかに輝く肌を。

  • So from now, only fairness like laser light treatment.

    これからは、レーザー光線の輝きのような澄んだ肌に。

  • The beauty centers for Filipinos are usually mestizo, which is a Filipino that's mixed with European features or specifically Spain because, you know, colonization.

    綺麗なフィリピン人の代表格はメスティーソで、彼らってヨーロッパ系、特にスペイン系の顔立ちをしてるのね、だってホラ、植民地の歴史があるから。

  • Then the next one is "Chinita" or "Chinito" which is basically Filipinos that have more East Asian features so petite, lighter skin, smaller face.

    それに続くのは「チニータ」とか「チニート」って呼ばれる東アジア系の要素を持ったフィリピン人で、小柄、色白肌、小顔って感じ。

  • My mom once asked me if I wanted a nose job.

    1 度、お母さんが私が鼻の整形手術したいかどうか聞いてきたことがあって。

  • No! Really?

    ウソ!ホントに?

  • -Oh, my God. -And then, uh...

    ヤダー。

  • Yeah, it was just I didn't feel attractive growing up.

    うーん、だから成長していく中で自分が魅力的だなんて感じたことなくて。

  • What was your response to that?

    そう言われてどう返したの?

  • I would love to know.

    すごく知りたいんだけど。

  • When she asked you, were you horrified?

    そういう風に聞かれた時に、愕然とした?

  • Well, to be fair to my mom, there's nothing wrong with plastic surgery.

    まあ、お母さんの肩を持つわけじゃないけど、整形手術自体は何も悪い事じゃないのね。

  • That was around the time that she was going to have a boob job.

    その時も、ちょうどお母さんが豊胸手術を受けようとしてたところだったから。

  • So, she was like, "You know, if you want to have surgery, you can do a nose job. That can be my gift or whatever."

    そしたら、「やりたかったら、鼻の整形手術、受けてもいいわよ。プレゼントしてあげるから」みたいなこと言って。

  • I was like, "No, it's okay, Mom."

    私は、「いや、大丈夫だからお母さん」みたいな。

  • Oh, my god.

    すごーい。

  • In India, there's a big, at least from what I've felt over the last couple of years living there, skinny shaming is a big thing.

    インドでは、まあ少なくとも私がここ数年住んでみて感じるのは、痩せていることは恥だとする考えは根強いのね。

  • The whole idea is if you're too skinny, you won't be looked at as fertile is one thing.

    どういう事かっていうと、とっても痩せてたら子供を産む能力がまず疑問視されて、

  • That's a big thing.

    その考え方が大きくて。

  • And then also it's economic status, so, because I think because poverty is so in your face in a lot of areas, it's almost like, "Oh, well, if you're super skinny, you obviously can't afford to live a decent life."

    それに経済状態も見られると思うんだけど、貧困ってあちこちで目にするから。例えば「あー、それだけ痩せてるって事は食べ物を十分に食べれない経済状況にいるのね」って感じにみられるわけ。

  • You know what I mean?

    そんな感じ、分かる?

  • One time when I was really, really young, I went to Taiwan and I walked into a clothing store.

    私がとっても小さかった頃、台湾に行って洋服のお店に入っていたんだけど、

  • I'm going to cry.

    あー、泣きそう。

  • I was eight years old, and then a lady was just like, "You can leave; we don't have your size."

    私はその時8才とかで、その女の人が「他のところ行ってね、あなたのサイズはここにはないから」って言うんですよ。

  • I'm like, an eight-year-old girl.

    8才の女の子に向かって。

  • It's weird because at that time as a little girl, you're just happy and carefree.

    それっておかしいでしょ、だってそれくらいの歳の女の子って、単に毎日ハッピーで何にも気にすることなんてないのに

  • And for someone to say something so hurtful like that, it sucks.

    誰かにそんな傷つくこと言われるなんて、ひどいですよ。

  • I'm still considered large for an Asian person, but in Asian America, I'm totally acceptable in an Asian American community.

    確かに私はアジア人としては大柄かも知れないけど、アジア系アメリカ人の中では全然普通に受け入れられていますから。

  • And I still feel confident in myself.

    それに自分に自信もあるし。

  • I can laugh about it now, but it was really hard because I can't change my appearance.

    今なら笑って話せるけど、当時はツラいですよ。だって自分の容姿って変えられないから。

  • I know that a lot of people go through what I'm going through.

    私の他にもこういう事を経験している人はたくさんいると思います。

  • A lot of these things sort of stay with you as you grow up, and I think now as adults, we sort of own it and we embrace it and we're more confident.

    こういうのって、成長していく過程で何となく付きまとっていくものだけど、今大人になって考えてみると、それをそのまま自分として受け入れることで自信につながるんですよね。

  • I think it's unrealistic for me to try to be somebody that I'm not.

    だって、自分以外の誰かになろうと頑張るのって現実的じゃないでしょ。

  • I'm brown and I'm happy about my heritage.

    私の肌は浅黒いし、その遺伝子を持って生きている事に何の引け目も感じません。

  • I'm happy about the way I look.

    自分の見た目にも満足ですし。

I was like eight years old, and then a lady was just like, "You can leave; we don't have your size."

私はその時8才とかで、その女の人が「他のところ行ってね、あなたのサイズはここにはないから」って言うんですよ。

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

A2 初級 日本語 手術 整形 アジア 母さん サン 黒く

美の基準が違う⁉︎アジア系アメリカ人女性達が語る容姿に対する葛藤(Asian American Women Share Struggles With Beauty Standards)

  • 31540 911
    April Lu に公開 2019 年 07 月 05 日
動画の中の単語