Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • So, in terms of free soloing, undoubtedly the greatest free soloist that ever lived is this kid, Alex Honnold.

    さて、フリー・ソロクライミングに関しては、間違いなく史上最も偉大なクライマーはこのアレックス・オノルドでしょう。

  • Pretty quiet.

    口数は結構少ない男で。

  • Grew up in the suburbs of Sacramento.

    サクラメント郊外で育って。

  • He pretty much...

    何ていうかその…

  • You know, you think next generation and next generation, what are people going to do?

    ほら、普通は次の時代にどんな事を人々がするんだろう、って考えるじゃないですか?

  • Well, he's kind of skipped a generation and started soloing things that were unthinkable.

    でもこの男はその世代を丸々飛び越えて、考えられないような場所でソロクライミングを実現させたんです。

  • I'm going to play a quick little video from...about Alex.

    ここでちょっとしたビデオをお見せしますね…アレックスに関する。

  • Free soloing has to be the ultimate in free climbing.

    フリー・ソロクライミングは究極のフリークライミングです。

  • So, it's a beautiful day to go out soloing.

    ソロクライミングには最高の日ですね。

  • To free solo is to go without a rope and to go without gear.

    フリーソロっていうのはロープや装備なしで登っていくものです。

  • To only have your rock shoes and your chalk bag and the power of the mind.

    必要なのはロッククライミング用のシューズとチョークバッグ、そして強い精神力です。

  • It's also very profound.

    これは奥深いスポーツでもありますけど

  • Reason it's probably the ultimate, is one wrong move, you fall, you die.

    究極の、という理由としては、おそらく動きを1つ間違えると落ちて死んでしまうからじゃないですかね。

  • Okay, let me try that again.

    ちょっと待った、もう1回やってみよっか。

  • And the person at the top of this game, and it's hard to even call this a game, is Alex Honnold.

    このゲームのトップに君臨しているのはアレックス・オノルドですけど、そもそもこれをゲームと呼ぶのもおこがましい感じです。

  • Alex Honnold is probably a perfect example is someone who's not only trained very hard, but is unbelievably gifted.

    アレックス・オノルドは、単に厳しいトレーニングを積んでいるだけでなく、信じられないほどの才能を持った良い例でしょう。

  • He is like Michael Jordan.

    マイケル・・ジョーダンみたいな存在です。

  • I spend my whole year living in the van, traveling from one destination to another.

    丸々1年を車でロケーションからロケーションへと移動しながら暮らしてるけど

  • Yeah, I would say that Yosemite probably is the center of my climbing.

    まあ確かに、ヨセミテはボクのクライミング人生の中心的存在と言えるでしょうね。

  • That all my climbing goals, all like training, all kind of revolves around things that I want to do in Yosemite.

    クライミングにおけるゴールやトレーニングとか、全てはヨセミテで成し遂げたい事を中心に回っている感じで。

  • This is by far my favorite place for soloing.

    ここが今まででソロクライミングをするには一番好きな場所ですね。

  • Because the walls are so inspiring, like, everything here's so big.

    岸壁は本当に刺激的だし、それにここでは何もかもがスケールがデカいから。

  • That's what gets me excited about soloing stuff.

    それが何よりもソロクライミングをする上での原動力になるんです。

  • One of the most memorable moments was pitch 22, of The Nose.

    一番記憶に残っている瞬間の1つといったら、The Noseのピッチ22で、

  • I put my rope away and I switched to soloing.

    ロープをしまってソロクライミングに移行したんだけど、

  • I just had a moment of..., like this is surreally cool.

    その瞬間に何というか…これって無茶苦茶スゲーって感じで。

  • I was like, I can't believe I'm up here with no rope just climbing.

    この壁をオレがロープなしで登っているなんて信じられない、みたいな。

  • Like, this is rad!

    これってヤバいでしょ!って感じ。

  • You know, Alex has now done the regular route on Half Dome free solo.

    アレックスはハーフドームの通常ルートをフリーソロで登ったんですけど、

  • So for most people on this planet who are serious climbers, doing Half Dome in a day or two is considered fantastic.

    この地球上にいる真剣なクライマーのほとんどは、ハーフドームを1日か2日で登り切れたらなかなかすごい事だと考えているんですけど、

  • Alex did it in three hours without a rope.

    アレックスはそれを3時間でロープなしでやってしまったんです。

  • You know, you commit.

    まあ、自分の全てを捧げるんですよ。

  • You're like, I'm doing this, here I go.

    基本的には、これは絶対に成し遂げるんだ、さあ行くぜって感じで。

  • But then after a couple hours of being all committed, you're like, man I'm tired.

    それでも集中して数時間たったら、いやー、マジかよ疲れたなって考え始めて

  • Your mind starts to get a little bit tired.

    気持ちの面で疲労が出てくるんですね。

  • So I kind of stalled out and then I started to doubt if I was doing it right or if I had the right holds.

    そうするとペースが落ちて、自分が正しい登り方をしているんだろうか、つかむ場所は間違っていなかっただろうかと疑い始めるんですね。

  • Why am I even here?

    そもそも自分は何でここにいるのかとか。

  • You know, do I want to do this?

    本当にこれをやりたいのか?って。

  • Um...

    うーんと…

  • Just come back if you're not feeling it.

    気が乗らなかったら戻ってきていいからね。

  • Well, that's the thing. I am like...

    いや、それなんだけど、何かこう…

  • That stalled him out, that paralyzed him.

    それでペースダウンして力が抜けてしまったんだけど。

  • Then he overcame it.

    彼は乗り越えたんです。

  • He didn't work that route a hundred times.

    そのルートを 100 回もトライしたわけじゃなくて

  • He just got up, below it, looked up at it, and believed, absolutely believed it was well within his ability.

    ただ登っていって、下を見て、上を見て、これは自分の能力で対処できると本当に、完全に信じ込んだんです。

  • You know, it seems like in this last season I've sort of embraced the whole experience, you know, embraced the unpleasant parts too.

    まあ、何ていうか前シーズンは経験する事全てを受け止めたって感じで、ツラいところも含めて。

  • It's kind of cool to just look around, you know, enjoy the exposure.

    周囲を見回して、自然の中に自分がいるっていうのを感じるのは、なかなかいいもので。

  • Be like, this is why I'm here, this is awesome.

    このために今自分はここにいるんだ、最高だってなるんですよ。

So, in terms of free soloing, undoubtedly the greatest free soloist that ever lived is this kid, Alex Honnold.

さて、フリー・ソロクライミングに関しては、間違いなく史上最も偉大なクライマーはこのアレックス・オノルドでしょう。

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 アレックス クライミング ロープ 登っ フリーソロ ヨセミテ

ロープ無し?!究極のクライミング (Bonus: Free Soloing with Alex Honnold | Nat Geo Live)

  • 16382 499
    Leonard に公開 2019 年 07 月 23 日
動画の中の単語