Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • I'm Zak the Baker.

    こんにちは、 パン職人のザックです。

  • My interest in bread-baking came from a general fascination of life's most basic food processes.

    パンを焼くことに興味を持つようになったのは生活の中で最も基本的な食品の生産過程に心を奪われたからです。

  • Now, I'm searching to find the craftsman of the modern day, the ones who have dedicated their lives to caring on the timeless traditions that make the world rich.

    今、世界を豊かにし、時代を超越した伝統のために一生を捧げる現代の職人を探しています。

  • So part of the journey of trying to find out what an artisan is in the modern day is to understand how people are becoming artisans in the modern day.

    そのため、現代の職人とは何かという問題の答えを探求する中で、まず現代人はどうやって職人になるのかという点に注目しましょう。

  • We're here in Bologna at Gelato University.

    私たちはボローニャの Gelato University にいます。

  • Let's check it out.

    見てみましょう。

  • 50-60 years ago, the old gelateries, they were working by trying.

    5、60 年前、ジェラート職人たちは試行錯誤を繰り返しながらジェラートを生産していました。

  • Now, we are lucky because we know what's going on.

    今、私たちはラッキーです。生産過程を全て知っているからです。

  • When you know why, when you know how to move, you can do something amazing, while still remaining artisanal.

    理由を知ったら、どうすればいいか知ったら、職人としての精神を保ちながら、驚くべき何かをすることができます。

  • My name is Stefano Tarquinio, and I'm a gelaterie from Carpigiani Gelato University.

    ステーファノ・タルクィーニオと申します。Carpigiani Gelato University のジェラート職人です。

  • First of all, gelato and ice cream not the same thing.

    まず、ジェラートとアイスクリームとは全然違います。

  • Gelato has less fat, less air, and served at a higher temperature.

    アイスクリームより、ジェラートの方が含まれる脂肪も空気も少なく、より高い温度で提供されます。

  • All of which contribute to gelato's signature soft, silky, elastic texture.

    これらの条件によって、ジェラートの柔らかい食感、絹のような弾力性のある食感が生まれるのです。

  • Secondly, gelato is not some chic new trendy European version of ice cream, its roots are ancient, 3000 BC ancient!

    また、ジェラートはヨーロッパ版の上品な新しいトレンドのアイスクリームではありません。紀元前 3000 年の大昔から既に存在しています。

  • Minor advancements were made by Sicilian fishermen with salt and temperature control, but the process was largely unchanged until the 1800s.

    シチリアの漁民によって塩と温度の調節を少し改良しましたが、19 世紀まで、生産過程はほとんど変わっていません。

  • Making gelato before the 1800s was a physically exhausting process, taking up to four people to hand churn a single batch.

    19 世紀以前はジェラートを生産するのが非常に重労働で、1 つのバッチを手でかき回すには、 4 人も必要でした。

  • Now some purists might say that these were gelato's glory days, romanticizing the hand churning.

    今、その頃はジェラートの絶頂期だと言う純正主義者は少なくありません。手でかき回すことはロマンだったと。

  • But the consequence of all this intense labor made gelato an expensive delicacy for the rich, out of reach to most.

    でも、このような重労働の結果、ジェラートがお金持ちにしか食べられないほど高価な珍味になりました。

  • Once the first motorized batch freezer hit the market in the early 1900s, the production never looked back.

    20 世紀初め、自動化バッチ式フリーザーが市場に出ると、生産過程は過去のように人の手で作ることはなくなりました。

  • Fast forward to the 1940s when Bruto Carpigiani began to design the modern gelato machine.

    1940 年代に Bruto Carpigiani が現代のジェラート生産機械を設計し始めました。

  • So fast, so efficient, so seemingly easy, but it begs the question: is the gelato maker an artisan even with all these incredible technological advancements?

    とても早く、効率的で、簡単のようですが、1つの質問にたどり着きました。技術の進歩が著しい今、ジェラートを作る人はまだ「職人」と呼べるでしょうか?

  • The key, of course, if you want to make something good, is use fresh ingredients.

    ジェラートを美味しく作るために一番大事なのは、新鮮な材料を使うことです。

  • This is a class actually we have here in Italy because we are full of very good ingredients.

    これは実際の学校にあるクラスです。なぜなら、それはイタリアにはいい食材がたくさんあるからです。

  • As you can see here we have fresh fruit, very good quality milk, from specific types of cows we have in this area.

    ご覧の通り、ここでは新鮮な果物や特定の品種の乳牛から搾った高品質な牛乳があります。

  • So what we are going to have is something great because of the raw materials we are using here.

    私たちが使う原料によって素晴らしいものを得ることができます。

  • This is the role of the artisan, to select the good ingredients, to understand, to feel the good ingredients, in order to extract all the goodness, to give something amazing at the end.

    良いものを全て取り出して、最終的に素晴らしいものを作り出すために良い食材を選んで、理解して感じることは職人の役目なのです。

  • Carpigiani, the Gelato University, was certainly an interesting experience, I've never quite seen anything like it.

    Carpigiani Gelato University で勉強することは本当に面白い人生経験の 1 つであり、そのような経験は他ではできません。

  • And I think its really relevant today because here is how craftsmanship has evolved into the modern day, and technology has a lot to do with this one.

    そしてそれは今日にとても合っていると思います。なぜならこれが熟練の技がどのように今日に進化しているかですし、テクノロジーはこれに大きく関わっています。

  • Right now, actually we have the technology on our side, so you can still work in an artisanal way, but using the technology on your side.

    テクノロジーが発達している今は、テクノロジーはサポートとして使い、職人技を生かしジェラートを作ることができます。

  • It doesn't feel very artisanal to me right now.

    今の生産過程はあまり職人精神と関わっているように感じません。

  • It feels like we're just dumping ingredients into a machine.

    私たちはただ機器の中に材料を入れているだけにしか感じません。

  • I mean I'll give you an example to understand. Sure.

    例を挙げながら説明しますね。はい。

  • If I make custard on a pan, or if I'm using a machine to make the custard, it still remains my recipe, it still remains my ingredients, it still remains what I want actually.

    平鍋で、あるいは機械でカスタードを作っても、それはまだ私のレシピであり、私の食材で作ったもので、私が実際求めているものを作ることができます。

  • So I use the technology, but it still remains mine.

    なのでテクノロジーを使いますが、私の自作品なのです。

  • It's delicious. It's great.

    とても美味しいです。

  • Not bad at all.

    なかなかいいですね。

  • You can have the most wonderful machine, but if you're not there to make the adjustments that the quality of the product is really going to be noticed.

    素晴らしい機械があるのはいいことですが、その場で職人が調整をいれないと、完成品の質は保証できません。

  • So the question is, is technology getting so advanced that it pushes out the artisan, or is there a way to integrate good technology with the actual artisan and still get an artisanal product?

    注目すべき点は、テクノロジーが職人のレベルに達しているのか、それとも発達しているテクノロジーと職人の技を融合して、職人技の完成品を作れるかということです。

  • And I think we're trying to figure that out.

    そして私たちはまだその答えを探しています。

I'm Zak the Baker.

こんにちは、 パン職人のザックです。

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B2 中上級 日本語 ジェラート 職人 テクノロジー 過程 食材 現代

【本場イタリア】ジェラート職人の技(The Gelato Maker | The Artisans of Italy)

  • 16951 586
    Julia Kuo に公開 2019 年 06 月 05 日
動画の中の単語