Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • Smart Learning for All

    すべてのためのスマートな学習

  • Topic: Wavelength.

    トピック:波長。

  • Why red is used as a danger signal?

    赤が危険信号として使われるのはなぜですか?

  • Well.

    まあ。

  • Because my teacher said so.

    私の先生はそう言いました。

  • As usual, you are wrong.

    いつものように、あなたは間違っています。

  • The major reason for red to be used as a danger signal is its wavelength.

    赤が危険信号として使用される主な理由は、その波長です。

  • I know.

    知っている。

  • Wavelength is the distance between two sea waves.

    波長は2つの波の間の距離です。

  • No.

    いいえ。

  • In the wave theory of light.

    光の波の理論で。

  • The distance between successive crests or troughs is called wavelength.

    連続する山または谷間の距離は波長と呼ばれます。

  • Longer the wavelength, lesser will be the scattering of light.

    波長が長いほど、光の散乱が少なくなります。

  • Now, among the colors of visible light, red has the longest wavelength.

    今、可視光の色のうち、赤は最も長い波長を有する。

  • Hence, it is least scattered by the atmospheric particles.

    したがって、それは大気粒子によって最小限に分散される。

  • As a result, whether it is fog or smoke, red light passes comparatively easily through them.

    その結果、霧であろうと煙であろうと、赤い光は比較的簡単に通過します。

  • Thus, it can be seen from maximum distance, making red color the right choice to convey any danger.

    したがって、最大距離から見ると、赤色を危険を伝える正しい選択としています。

  • For more educational videos please visit http://www.SmartLearningforAll.com

    より多くの教育ビデオについては、http://www.SmartLearningforAll.comをご覧ください。

  • Also, don't forget to subscribe to our YouTube channel.

    また、YouTubeチャンネルを購読することを忘れないでください。

Smart Learning for All

すべてのためのスマートな学習

字幕と単語

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B2 中上級 日本語 波長 距離 危険 したがっ 谷間 長い

波長 - 赤が危険信号として使われる理由とは?| ω・`)|#aumsum (Wavelength - Why red is used as a danger signal? | #aumsum)

  • 8 2
    AumSum に公開 2021 年 01 月 14 日
動画の中の単語