Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • The Internet in the year 2009.

    2009年のインターネット。

  • We send e-mails, make calls over the internet

    メールを送ったり、インターネットで電話をかけたり

  • and discuss topics we take an interest in.

    と、自分たちが興味を持っている話題について話し合うことができます。

  • Even our banking is going virtual.

    私たちの銀行でさえもバーチャル化が進んでいます。

  • But what we take for granted today

    しかし、今では当たり前になっていることが

  • was only a vague idea fifty years ago.

    は50年前の漠然とした考えに過ぎませんでした。

  • In order to understand how we got this far

    どうやってここまで来たのかを理解するために

  • let's go back to 1957, when everything began.

    すべてが始まった1957年に戻りましょう。

  • Before 1957 computers only worked on one task at a time.

    1957年以前はコンピュータは一度に一つの作業しかできませんでした。

  • This is called batch processing.

    これをバッチ処理といいます。

  • Of course, this was quite ineffective.

    もちろん、これはかなり効果がありませんでした。

  • With computers getting bigger and bigger

    パソコンがどんどん大きくなっていく中で

  • they had to be stored in special cooled rooms.

    彼らは特別に冷却された部屋に保管されなければなりませんでした。

  • But then the developers couldn't work directly on the computers anymore

    しかし、開発者はコンピュータで直接作業することができなくなってしまいました。

  • specialists had to be called in to connect them.

    専門家を呼んで繋げなければならなかった。

  • Programming at that time meant a lot of manual work

    当時のプログラミングは手作業が多かったため

  • and the indirect connection to the computers led to

    とパソコンに間接的に接続したことで

  • a lot of bugs, wasting time and fraying the developers´ nerves.

    多くのバグがあり、時間を無駄にし、開発者の神経をすり減らしています。

  • The year 1957 marked a big change.

    1957年は大きな変化の年でした。

  • A remote connection had to be installed

    リモート接続をインストールする必要がありました

  • so the developers could work directly on the computers.

    開発者が直接コンピュータ上で作業することができるようにしました。

  • At the same time the idea of time-sharing came up.

    同時にタイムシェアリングのアイデアも出てきました。

  • This is the first concept in computer technology

    これは、コンピュータ技術の最初の概念である

  • to share the processing power of one computer with multiple users.

    1台のコンピュータの処理能力を複数のユーザーで共有するために

  • On October 4th 1957, during the Cold War

    冷戦下の1957年10月4日に

  • the first unmanned satellite, Sputnik 1, was sent into orbit by the Soviet Union.

    ソ連が軌道に乗せた初の無人衛星スプートニク1号。

  • The fear of a "Missile Gap" emerged.

    恐怖の"Missile Gap"が浮上した。

  • In order to secure America's lead in technology,

    アメリカの技術面でのリードを確保するために。

  • the US founded the "Defense Advanced Research Project Agency" in February 1958.

    米国は1958年2月に国防高等研究プロジェクト庁を設立した。

  • At that time, knowledge was only transferred by people.

    その時、知識は人からしか伝わらなかった。

  • The DARPA planned a large-scale computer network

    DARPAが計画した大規模なコンピュータネットワーク

  • in order to accelerate knowledge transfer and avoid the doubling up

    知識移転を加速させ、二重化を回避するために

  • of already existing research.

    既往の研究の

  • This network would become the Arpanet.

    このネットワークがアルパネットになる。

  • Furthermore three other concepts were to be developed,

    さらに、他にも3つのコンセプトを開発することになった。

  • which are fundamental for the history of the Internet:

    インターネットの歴史を語る上で基本となる

  • The concept of a military network by the RAND Corporation in America.

    アメリカのランド社による軍事ネットワークの概念。

  • The commercial network of the National Physical Laboratory in England.

    イギリスの国立物理研究所の商業ネットワーク。

  • And the scientific network, Cyclades, in France.

    そしてフランスの科学ネットワーク、キクラデス。

  • The scientific, military and commercial approaches of these concepts

    これらの概念の科学的、軍事的、商業的アプローチ

  • are the foundations for our modern Internet.

    が現代のインターネットの基盤となっています。

  • Let's begin with the Arpanet, the most familiar of these networks.

    まずは、これらのネットワークの中でも最も身近なアルパネットから始めてみましょう。

  • Its development began in 1966.

    その開発は1966年に始まりました。

  • Universities were generally quite cautious about sharing their computers.

    大学では一般的にコンピュータの共有にはかなり慎重でした。

  • Therefore small computers were put on front of the mainframe.

    そのため、小型のコンピュータがメインフレームの前に置かれていました。

  • This computer, the Interface Message Processor, took over control of the network actvitities,

    このコンピュータ、インターフェイス・メッセージ・プロセッサは、ネットワーク機能の制御を引き継いだ。

  • while the mainframe was only in charge of the initialization of programs and data files.

    メインフレームがプログラムやデータファイルの初期化だけを担当していたのに対して

  • At the same time, the IMP also served as interface for the mainframe.

    同時に、IMPはメインフレームのインターフェースとしても機能した。

  • Since only the IMPs were interconnected in a network

    IMPだけがネットワークで相互接続されていたので

  • this was also called IMP-subnet.

    これは IMP-subnet とも呼ばれていました。

  • For the first connections between the computers

    コンピュータ間の最初の接続について

  • the Network Working Group developed the Network Control Protocol [Network Control Program].

    ネットワークワーキンググループでは、ネットワーク制御プロトコル[ネットワーク制御プログラム]を開発しました。

  • Later on, the NCP was replaced by the more efficient Transmission Control Protocol.

    その後、NCPは、より効率的な伝送制御プロトコルに置き換えられました。

  • The specific feature of the TCP is the verification of the file transfer.

    TCPの具体的な特徴は、ファイル転送の検証です。

  • Let's take a short detour to England.

    イギリスに寄り道してみましょう。

  • Since the NPL network was designed on a commercial basis

    NPLネットワークは商業ベースで設計されているため

  • a lot of users and file transfer were expected.

    多くのユーザーとファイル転送が期待されていました。

  • In order to avoid congestion of the lines, the sent files were divided into smaller packets

    回線の混雑を避けるために、送信されたファイルはより小さなパケットに分割されました。

  • which were put together again at the receiver.

    受信機で再度まとめていたものを

  • "Packet Switching" was born!

    パケットスイッチング"が誕生しました。

  • In 1962 American ferret aircrafts discovered middle and long range range missiles in Cuba,

    1962年、アメリカのフェレット機がキューバで中長距離ミサイルを発見した。

  • which were able to reach the United States.

    アメリカに届くことができました。

  • This stoked fear of an atomic conflict.

    これが原子紛争の恐怖を煽った。

  • At that time information systems had a centralized network architecture.

    当時の情報システムは中央集権的なネットワークアーキテクチャを持っていました。

  • To avoid the breakdown during an attack,

    攻撃時の故障を回避するために

  • a decentralized network architecture had to be developed,

    分散型ネットワークアーキテクチャを開発しなければなりませんでした。

  • which in case of loss of a node would still be operative.

    これは、ノードを失った場合でも有効である。

  • Communication still used to work through radio waves,

    通信は今でも電波を使って行われていました。

  • that would have caused problems in case of an atomic attack:

    原爆攻撃を受けた場合に問題になるような

  • the ionosphere would be affected and the long-wave radio waves wouldn't work anymore.

    電離層に影響が出て、長波電波が使えなくなってしまうのです。

  • Therefore they had to use direct waves, which, however, don't have a long range.

    したがって、彼らは直接波を使用しなければなりませんでしたが、しかし、長い範囲を持っていません。

  • A better solution was the model of a distributed network.

    より良い解決策は、分散型ネットワークのモデルでした。

  • Thus long distances could be covered with a minimum of interference.

    このように、長い距離は最小限の干渉でカバーすることができました。

  • Another milestone followed with the development of the French network "Cyclades".

    もう一つのマイルストーンは、フランスのネットワーク"Cyclades"の開発に続いた。

  • Since Cyclades had a far smaller budget than Arpanet and thus also fewer nodes

    キクラデスはアルパネットに比べて予算がはるかに少なく、ノード数も少なかったため、以下のようになりました。

  • the focus was layed on the communication with other networks.

    他のネットワークとのコミュニケーションに重点が置かれていました。

  • In this way the term "inter-net" was born.

    このようにして、"inter-net"という用語が生まれました。

  • Moreover, Cyclades´ concept went further than ARPA's and the NPL's.

    さらに、キクラデスのコンセプトは、ARPAやNPLよりもさらに踏み込んだものである。

  • During communication between sender and receiver the computers were not to intervene anymore,

    送信者と受信者の間の通信の間に、コンピュータはもう介入しないようになっていた。

  • but simply serve as a transfer node.

    を使用していますが、単に転送ノードとして機能します。

  • Cyclades´ protocol went through all machines using a physical layer

    Cycladesのプロトコルは物理層を使用してすべてのマシンを通過しました。

  • that was implemented into the hardware,

    ハードウェアに実装されていた

  • providing a direct connection with the receiveran end-to-end structure.

    受信機との直接接続を提供する - エンドツーエンド構造。

  • Inspired by the Cyclades network and driven by the incompatibility between the networks,

    キクラデスのネットワークに触発され、ネットワーク間の非互換性に駆り立てられる。

  • their connection gained in importance everywhere.

    いたるところで彼らのつながりが重要視されるようになりました。

  • The phone companies developed the X.25 protocol which enabled communication

    電話会社は、通信を可能にするX.25プロトコルを開発しました。

  • through their serversin exchange for monthly basic charge of course.

    もちろん毎月の基本料金と引き換えに、彼らのサーバーを介して - 。

  • DARPA's Transmission Control Protocol was to connect the computers through gateways...

    DARPAの伝送制御プロトコルは、ゲートウェイを介してコンピュータを接続することでした...

  • and the International Organization for Standardization designed the OSI Reference Model.

    と国際標準化機構がOSIリファレンスモデルを設計しました。

  • The innovation of OSI was the attempt to standardize the network from its ends

    OSIの革新は、ネットワークを端から標準化しようとする試みであった

  • and the channel's division into separate layers.

    とチャネルの分割を別々の層に分けています。

  • Finally, the TCP assimilated the preferences of the OSI Reference Model

    最後に、TCP は OSI リファレンスモデルのプリファレンスを同化しました。

  • and gave way to the TCP/IP protocol

    とTCP/IPプロトコルに道を譲った。

  • a standard which guaranteed compatibility between networks

    ネットワーク間の互換性を保証する規格

  • and finally merged them, creating the Internet.

    と、最終的にはそれらを統合して、インターネットを作りました。

  • By February 28, 1990 the ARPANET hardware was removed, but the Internet...

    1990年2月28日までにARPANETのハードウェアは撤去されたが、インターネットは

  • ... was up and running.

    ....が稼働していました。

  • Subtitles by HackJack (aka StevXtreme)

    Subtitles by HackJack (aka StevXtreme)

The Internet in the year 2009.

2009年のインターネット。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 ネットワーク コンピュータ プロトコル 開発 接続 インターネット

インターネットの歴史

  • 1413 89
    Zenn に公開 2020 年 08 月 06 日
動画の中の単語