Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • The U.S. has an epidemic on its hands.

    アメリカでは疫病が蔓延している。

  • Peanut allergies.

    ピーナッツアレルギー。

  • Between 1997 and 2008, the number of American children with a peanut allergy has tripled.

    1997年から2008年の間に、ピーナッツアレルギーを持つアメリカの子供の数は3倍になっています。

  • And today, an estimated 1.8 million kids in the U.S. have one.

    現在、アメリカでは推定180万人の子供が持っています。

  • That's larger than the entire population of Philadelphia.

    フィラデルフィアの全人口よりも大きいですね。

  • And the U.S. is not alone.

    そして、アメリカは一人ではありません。

  • The UK, Canada, and Australia have seen a similar rise in child peanut allergies.

    英国、カナダ、オーストラリアでは、子供のピーナッツアレルギーが同様に増加しています。

  • But, that's not the case for other countries like China, Thailand, Korea, the Philippines, and Israel.

    しかし、中国、タイ、韓国、フィリピン、イスラエルなど他の国はそうではありません。

  • So, what do these countries have that the U.S. doesn't?

    では、これらの国はアメリカにはないものを持っているのでしょうか?

  • In Israel, there is a joke that the first three words out of every toddler's mouth are: abba, which means dad, ima, which means mom, and Bamba.

    イスラエルでは、すべての幼児の口から出てくる最初の3つの言葉は、お父さんを意味するabba、お母さんを意味するima、そしてBambaであるというジョークがあります。

  • Bamba is a popular peanuty snack.

    バンバは人気のピーナッツスナックです。

  • An estimated 90% of Israeli families buy it on a regular basis.

    イスラエルの家庭の推定9割が定期的に購入しています。

  • And guess what?

    で、何だと思う?

  • The peanut allergy rate in Israel is 1/10 the rate that it is in the UK.

    イスラエルのピーナッツアレルギー率はイギリスの1/10。

  • And in China and Thailand, many children eat peanut rice porridge for breakfast.

    そして、中国やタイでは朝食にピーナッツ粥を食べる子供が多い。

  • And wouldn't you know it?

    それを知らないのか?

  • Peanut allergies are relatively low there too.

    そこでもピーナッツアレルギーは比較的少ないです。

  • But this could be a coincidence, right?

    でも、これは偶然の可能性もありますよね?

  • Thank goodness we have the researchers at King's College London.

    キングス・カレッジ・ロンドンの研究者に感謝します。

  • They recruited 640 infants 4 to 10 months old who were at risk of developing a peanut allergy.

    彼らは、ピーナッツアレルギーを発症するリスクのある生後4ヶ月から10ヶ月の乳児640人を募集した。

  • Half of the kids in the study ate peanut snacks regularly.

    調査対象の子供の半分はピーナッツのお菓子を定期的に食べていました。

  • Whereas the other half were told to avoid peanuts entirely.

    残りの半分はピーナッツを完全に避けるように言われた。

  • Then when the kids were 5 years old, they were brought in for one final experiment.

    そして、子供たちが5歳になったとき、最後の実験のために連れてこられた。

  • All of them were instructed to eat some type of peanut protein.

    いずれも、何かしらのピーナッツプロテインを食べるように指示されていました。

  • Of the kids who ate peanut snacks regularly since infancy, 3.2% had developed a peanut allergy.

    幼児期から定期的にピーナッツスナックを食べていた子供のうち、3.2%がピーナッツアレルギーを発症していました。

  • But the kids who avoided peanuts altogether, were much worse off.

    しかし、ピーナッツを完全に避けていた子供たちのほうが、ずっと悪い状態だった。

  • More than 17% of them had developed an allergy to a nut that they had never consumed.

    そのうち17%以上が、食べたことのないナッツにアレルギーを発症していた。

  • That means they were six times more likely to develop a peanut allergy than kids who regularly ate peanuts.

    つまり、定期的にピーナッツを食べている子供よりも、ピーナッツアレルギーを発症する可能性が6倍も高かったということです。

  • Of course, this is just one study.

    もちろん、これは一つの勉強に過ぎません。

  • But if you know how allergies work, it begins to make sense.

    しかし、アレルギーがどのように働くかを知っていれば、それは意味を持ち始めます。

  • When someone with a peanut allergy encounters a peanut for the first time, their immune system kicks into overdrive.

    ピーナッツアレルギーの人が初めてピーナッツに遭遇すると、免疫システムがオーバードライブにキックします。

  • In this case, it sees the peanut as a threat.

    この場合、ピーナッツを脅威と見なしています。

  • And it produces antibodies in anticipation for a future encounter.

    そして、将来の出会いを期待して抗体を作ります。

  • So the next time this person eats a peanut, antibodies activate an immune response which the person experiences as an allergic reaction.

    つまり、この人が次にピーナッツを食べると、抗体が免疫反応を活性化して、その人がアレルギー反応として経験することになるのです。

  • Scientists aren't sure why some people experience reactions and others don't.

    科学者は、なぜある人が反応を経験するのか、またある人は反応しないのか、よくわかっていません。

  • But they think that early exposure can certainly help at risk infants.

    しかし、早期の曝露はリスクのある乳児を確実に助けることができると考えられています。

  • And luckily, allergies aren't always set in stone.

    幸いなことに、アレルギーはいつも決まっているわけではありません。

  • In a clinical trial earlier this year, doctors recruited children with peanut allergies.

    今年初めの臨床試験では、医師はピーナッツアレルギーの子供たちを募集しました。

  • They gave them a small dose of peanut powder and slowly increased the dose over time.

    ピーナッツパウダーを少量ずつ与え、時間をかけてゆっくりと量を増やしていきました。

  • Sure enough, the children's immune systems became accustomed to the powder and nearly all of them were able to build up a tolerance to it.

    案の定、子供たちの免疫力は粉に慣れてしまい、ほぼ全員が耐性をつけることができました。

  • This process, called desensitization, is a way of tricking your immune system.

    このプロセスは、脱感作と呼ばれ、免疫システムを騙す方法です。

  • And it could, if used correctly and safely, become a way to treat children who have a mild reaction to peanuts.

    そして、正しく安全に使えば、ピーナッツに軽度の反応を示す子供たちの治療法になるかもしれません。

  • And although results have been promising so far, these treatments are not a cure.

    そして、今のところ結果は出ていますが、これらの治療法は治るものではありません。

  • What's more, scientists suspect that genetics may also play a role in allergy development.

    さらに、科学者たちは、遺伝学がアレルギーの発生にも役割を果たしているのではないかと疑っています。

  • So, before you take matters into your own hands and start feeding your babies peanuts, talk to a doctor and make sure that you're in the clear.

    だから、あなた自身の手に問題を取るし、あなたの赤ちゃんにピーナッツを供給し始める前に、医師に相談し、あなたが明確にしていることを確認してください。

  • After all, like everything in life, peanuts should be enjoyed in moderation.

    結局のところ、人生のすべてのものがそうであるように、ピーナッツもほどほどに楽しむべきです。

The U.S. has an epidemic on its hands.

アメリカでは疫病が蔓延している。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B2 中上級 日本語 ピーナッツ アレルギー 子供 イスラエル 発症 免疫

なぜイスラエルではほとんど誰もがピーナッツにアレルギーがあるのか

  • 10148 324
    jasmine に公開 2019 年 03 月 11 日
動画の中の単語