Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • With nearly 30,000 cafes across the globe, Starbucks has become more than just a household name.

    世界中に3万軒近くのカフェを展開するスターバックスは、単なる知名度を超えた存在となっています。

  • From its iconic cups, often adorned with misspelled names, to the espresso inside them, Starbucks has catapulted from one coffee bean shop in Seattle to a sprawling $80 billion business over the last 47 years.

    スターバックスはシアトルのコーヒー豆店から、47年間で800億ドルの大企業へと成長を遂げました。

  • Starbucks sales account for 57% of the total cafe market.

    スターバックスの売上高はカフェ市場全体の57%を占めています。

  • Yes, 57 percent.

    はい、57%です。

  • Nearly two-thirds of all coffee sold at cafes in the U.S. comes from a Starbucks.

    アメリカのカフェで売られているコーヒーの3分の2近くはスターバックスのものです。

  • But this impressive expansion hasn't come without growing pains.

    しかし、この印象的な拡大は、成長の痛みを伴わないものではありません。

  • With more than 14,000 locations in the U.S. alone, Starbucks has spread itself too thin.

    米国内だけでも14,000以上の店舗があるスターバックスは、あまりにも薄っぺらい展開をしています。

  • Having too many stores has led to fewer transactions at individual stores.

    店舗数が多すぎると、個人の店舗での取引が少なくなってしまいます。

  • To compensate, the company has raised prices.

    それを補うために値上げをした。

  • But doing this too quickly, or too often, can drive customers away.

    しかし、あまりにも早く、または頻繁にこれを行うと、顧客を追い払うことができます。

  • So how did this happen?

    で、どうしてこうなったの?

  • And what's a coffee giant to do about it?

    で、コーヒーの巨人はどうするの?

  • The year is 1970.

    年は1970年です。

  • Three college friends, Zev Siegl, Jerry Baldwin and Gordon Bowker decide to get into the coffee business.

    3人の大学の友人、ゼブ・シーグル、ジェリー・ボールドウィン、ゴードン・ボウカーはコーヒービジネスに参入することにします。

  • They found a mentor in Alfred Peet, founder of Peet's Coffee and the man responsible for bringing custom coffee roasting to the U.S..

    彼らは、ピーツコーヒーの創業者であり、カスタムコーヒーの焙煎を米国にもたらした責任者であるアルフレッド・ピーツに師匠を見出しました。

  • He knew the coffee industry inside and out, especially the gourmet end.

    彼はコーヒー業界を熟知していて、特にグルメ業界を熟知していました。

  • He was the most educated coffee guy in the country at that time.

    当時、この国で一番高学歴なコーヒー屋さんだったそうです。

  • So with Peet's help, the three friends open Starbucks, a coffee bean shop and roastery at Seattle's famous Pike Place Market in 1971.

    そこでピートの助けを借りて、3人の友人は1971年にシアトルの有名なパイクプレイスマーケットでコーヒー豆のお店とロースターのスターバックスをオープンさせました。

  • Peet provided the young entrepreneurs with roasted coffee beans and connected them with coffee brokers until they could set up their own roastery and source their own beans.

    ピートは若い起業家に焙煎したコーヒー豆を提供し、彼らが自分たちのロースターを立ち上げ、自分たちの豆を調達できるようになるまで、コーヒーブローカーと結びつけました。

  • For the first decade, the founders opened five more locations in Seattle.

    創業者たちは最初の10年間、シアトルにさらに5つの店舗をオープンしました。

  • At this point, contemporary coffee consumers might have noticed a glaring absence: actual coffee drinks.

    この時点では、現代のコーヒーの消費者は、顕著な不在に気づいた可能性があります: 実際のコーヒーを飲む。

  • But that's the thing about the 70s coffee culture: it didn't really exist outside the home.

    しかし、それは70年代のコーヒー文化についてのことです:それは実際には家庭の外には存在しませんでした。

  • There were no coffee bars.

    コーヒーバーはありませんでした。

  • Nor was there much of a demand for espresso-based drinks.

    また、エスプレッソ系のドリンクの需要もあまりありませんでした。

  • You purchased coffee beans and you either took them home as beans or we ground them for you in the store.

    コーヒー豆を購入されて、豆としてお持ち帰りいただくか、お店で挽いていただきました。

  • Nobody expected to get a beverage at a Starbucks coffee store until after 1980.

    スターバックスのコーヒーショップで飲み物をもらえるとは、1980年以降まで誰も予想していませんでした。

  • Starbucks' initial focus was bringing high quality beans to consumers who were more accustomed to instant or canned coffee.

    スターバックスの最初の焦点は、インスタントや缶コーヒーに慣れている消費者に高品質の豆を提供することでした。

  • But that changed with the addition of one man.

    しかし、それは一人の男が加わったことで変わった。

  • The company hired its first really professional Director of Marketing and Sales, and that man was Howard Schultz.

    この会社は、本当にプロフェッショナルな最初のマーケティング&セールスディレクターを雇ったのですが、その人がハワード・シュルツさんでした。

  • And he couldn't figure out why we weren't selling beverages.

    飲み物を売っていない理由もわからなかったそうです。

  • In 1983, Schultz travels to Italy and returns with an idea: turn the coffee bean stores into cafes.

    1983年、シュルツはイタリアを旅し、コーヒー豆の店をカフェにするというアイデアを持って帰ってきます。

  • Starbucks served its first latte the next year.

    スターバックスは翌年に初めてラテを提供した。

  • The experiment was a success, and four years later, Schultz partnered with investors and bought Starbucks for $3.8 million.

    この実験は成功し、4年後、シュルツは投資家と提携し、380万ドルでスターバックスを買収した。

  • He was only 34 at the time.

    当時まだ34歳だった。

  • Schultz pursued a strategy of aggressive expansion.

    シュルツは、積極的な拡大戦略を追求した。

  • By the time the company went public in 1992, it had 165 stores.

    1992年の上場時には165店舗を展開していた。

  • By 1996, it had opened more than a thousand locations, including its first international cafes in Japan and Singapore.

    1996年には、日本やシンガポールでの初のインターナショナルカフェを含め、1000店舗以上を展開しています。

  • Growth was so rapid that, just three years later, Starbucks opened its 2,000th location.

    成長は急成長を遂げ、わずか3年後、スターバックスは2,000店舗目をオープンしました。

  • Schultz switched from CEO to Executive Chairman in 2000, at which time Starbucks operated 3,500 stores in more than a dozen countries.

    シュルツは2000年にCEOからエグゼクティブ・チェアマンに就任し、スターバックスは世界10カ国以上で3500店舗を展開していました。

  • Between 2000 and 2007, the number of Starbucks cafes more than quadrupled, from 3,500 to over 15,000.

    2000年から2007年の間に、スターバックスのカフェの数は3,500店から15,000店以上と4倍以上に増えています。

  • During this period, the company opened an average of 1,500 stores every year, including 2,500 in 2007 alone.

    この間、2007年だけで2,500店を含む年間平均1,500店を出店している。

  • Sales shot up from $2 billion to $9.4 billion.

    売上高は20億ドルから94億ドルに急増。

  • Consumers were increasingly ditching their kitchen mugs for these iconic paper to-go cups.

    消費者は、これらの象徴的な紙製の持ち帰り用カップのために、ますます彼らの台所のマグカップを捨てていました。

  • But then, Starbucks hit a wall: the 2007 financial crash.

    しかし、その後、スターバックスは2007年の金融危機という壁にぶち当たりました。

  • That year, its rapid growth screeched to a halt and its stock price plummeted by 50 percent as cash-strapped consumers backed away from pricey coffee habits.

    その年、その急速な成長を停止するために悲鳴を上げ、その株価急落 50% 現金に恵まれた消費者として高価なコーヒーの習慣から離れてバックアップしました。

  • The Great Recession was devastating for the restaurant industry.

    大不況は外食産業にとって壊滅的だった。

  • What we typically saw was more trading out, so consumers taking a pause on that everyday luxury that Starbucks offered.

    私たちが一般的に見たのは、スターバックスが提供している日常的な高級品を消費者が一時停止しているように、より多くの取引が行われていました。

  • So Starbucks brought back Howard Schultz.

    スターバックスは ハワード・シュルツを復活させたのね

  • This news alone caused Starbucks stock to shoot up by 9 percent.

    このニュースだけでスターバックスの株が9%も高騰した。

  • Schultz halted growth and focused on customer experience.

    シュルツは成長を止め、顧客体験を重視した。

  • He shuttered cafesmore than 600 in 2008 and another 300 in 2009–and laid off around 6,700 baristas.

    2008年には600店以上、2009年には300店以上のカフェを閉鎖し、約6,700人のバリスタを解雇した。

  • A month after his return, Schultz ordered Starbucks to close all of its U.S. locations for one afternoon so he could retrain more than 135,000 baristas about how to make its signature espresso.

    復帰してから1ヶ月後、シュルツ氏はスターバックスに米国内の全ての店舗を午後1日だけ閉鎖するように命じました。

  • Schultz's goal was to remind customers what they loved about the brand by making the stores an experience, not just a place to get a quick coffee.

    シュルツの目標は、店舗を単なるコーヒーを手に入れるための場所ではなく、体験の場にすることで、顧客にブランドの何が好きなのかを思い出させることでした。

  • They stopped selling breakfast sandwiches and brought back in-house grinding, infusing the cafes once again with that fresh coffee aroma.

    朝食用のサンドイッチの販売を中止し、自社で挽いたコーヒーを復活させたことで、カフェに再び新鮮なコーヒーの香りを吹き込みました。

  • Schultz even mandated the removal of automatic espresso machines.

    シュルツも自動エスプレッソマシンの撤去を義務付けた。

  • These made service faster, but removed much of the romance and theater of watching baristas craft each cup of coffee.

    これらは、サービスを高速化したが、コーヒーの各カップをクラフトバリスタを見てのロマンスと劇場の多くを削除しました。

  • Schultz's makeover worked.

    シュルツの変身は成功した

  • The company's stock soared more than 143% in 2009 and same-store sales rebounded.

    2009年には同社の株価が143%以上に急騰し、既存店売上高が反発した。

  • Starbucks has posted positive same-store sales ever since.

    スターバックスはそれ以来、同店の売上高がプラスになっています。

  • During Schultz's makeover of the cafes, Starbucks barely opened any new stores.

    シュルツがカフェを改装している間、スターバックスは辛うじて新店舗をオープンさせていました。

  • But the pace picked up again in 2012.

    しかし、2012年には再びペースを取り戻しました。

  • By 2017, Starbucks opened nearly 3,000 more locations, ending the year with 28,000 cafes around the world.

    2017年には、スターバックスはさらに3,000店舗近くをオープンし、世界中に28,000店舗のカフェを展開して1年を締めくくりました。

  • However this brings us back to the first problem: profit cannibalization.

    しかし、これは最初の問題である利益の共食いに戻ります。

  • Over-saturation, particularly in urban locations, has spread sales thin.

    都市部を中心とした過飽和状態のため、売上が薄くなっています。

  • Because Starbucks has so many locations, customers don't have to be loyal to just one.

    スターバックスは非常に多くの店舗を展開しているため、顧客は1つの店舗だけに忠誠を誓う必要はありません。

  • So even if Starbucks' overall sales are growing, its individual same-store sales won't reflect it.

    そのため、スターバックス全体の売り上げが伸びていても、個別の同店の売り上げには反映されません。

  • Compounding this problem are changing consumer preferences.

    この問題を複雑にしているのが、消費者の嗜好の変化です。

  • People are shying away from sugar-laden calorie bombs, which happens to be one of Starbucks' staples.

    人々は砂糖たっぷりのカロリー爆弾を恥ずかしがっていますが、それはたまたまスターバックスの定番の一つになっています。

  • These signature Frappuccinos contain an average of 57 grams of sugar.

    このシグネチャーフラペチーノには平均57グラムの砂糖が含まれています。

  • That's more than double the recommended daily limit of sugar.

    1日の推奨糖質制限量の2倍以上ですね。

  • So to combat these problems, Starbucks is changing once again.

    そこで、これらの問題に対抗するために、スターバックスは再び変化を遂げようとしています。

  • The company announced the closure of 150 stores in 2019.

    2019年に150店舗の閉店を発表した。

  • That may seem like a drop in the bucket for a sprawling company like Starbucks, but it's three times the number of stores it usually closes each year.

    それはスタバのような広大な企業のためのバケツの中のドロップに見えるかもしれませんが、通常は毎年閉店している店舗数の3倍です。

  • The company will still open stores, but future growth will be more focused.

    まだまだ出店していくが、今後の成長がより注目される。

  • Additionally, decadent drinks topped with whipped cream are taking a backseat.

    また、ホイップクリームをトッピングしたデカダンなドリンクは後回しにされています。

  • Instead, the company is pushing lighter drinks like cold brew and its fruity Refreshers.

    その代わりに、同社はコールドブリューやフルーティーなリフレッシャーズのような軽めの飲み物をプッシュしている。

  • The company also plans to roll out delivery to a quarter of its company-owned stores by the middle of 2019.

    また、2019年中を目処に、同社直営店の4分の1にデリバリーを展開する予定だ。

  • Perhaps the company's biggest undertaking is its new line of upscale stores: Starbucks Reserve Roasteries.

    おそらく同社の最大の事業は、高級店の新しいラインである。Starbucks Reserve Roasteriesである。

  • These massive, 20,000-square foot stores are designed to be a tourist destination.

    これらの2万平方フィートの巨大な店舗は、観光地を目指して設計されています。

  • Here, Starbucks baristas and bartenders experiment with different brewing methods and craft new, innovative beverages.

    ここでは、スターバックスのバリスタやバーテンダーが、さまざまな醸造方法やクラフトの新しい革新的な飲料を試しています。

  • These have proven popular.

    これらは人気があることが証明されています。

  • In the first weeks, the Shanghai Roastery made an average of $64,000 every day, which is double what a regular cafe makes in a week.

    最初の数週間で、上海ロースターは毎日平均64,000ドルを稼ぎ、レギュラーカフェが1週間で作る金額の2倍になった。

  • The company has opened four Roasteries so far with plans for two more.

    これまでに4つのロースターをオープンしており、あと2つの予定があるとのこと。

  • It doesn't look and feel like anything else that Starbucks has.

    スタバにあるような見た目ではありません。

  • Those are the kinds of experiential stores, the high-end experience stores, that consumers are really looking for.

    これらは、消費者が本当に求めている体験型店舗、ハイエンドの体験型店舗です。

  • But I think what's going to be more interesting, coming out of this, is the halo effect that puts the brand in a higher light among consumers.

    しかし、この中からもっと面白いことが出てくると思うのは、消費者の間でブランドをより高い光の中に置くハロー効果です。

  • Yeah, that's pretty meaningful.

    ああ、それはかなり意味のあることだ。

With nearly 30,000 cafes across the globe, Starbucks has become more than just a household name.

世界中に3万軒近くのカフェを展開するスターバックスは、単なる知名度を超えた存在となっています。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 スターバックス 店舗 シュルツ コーヒー カフェ 展開

スターバックスが80Bドルのビジネスになった経緯

  • 16025 748
    April Lu に公開 2019 年 01 月 16 日
動画の中の単語