Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Space travel is the most exciting and challenging adventure humanity has ever undertaken.

    宇宙旅行は、人類がこれまでに経験したことのない、最もエキサイティングで挑戦的な冒険です。

  • But in an irony of history, we may stop ourselves from going into space the more we do it.

    しかし、歴史の皮肉で言えば、やればやるほど宇宙に行くのを止めてしまうかもしれません。

  • With every rocket launched and with every satellite deployed, we're creating a trap for ourselves that gets deadlier and more dangerous every year.

    ロケットが打ち上げられ 衛星が配備されるたびに 私たちは自分たちのための罠を作っています 毎年、より致命的で危険になります。

  • If it's ever activated, it could end the Space Age and trap us on our planet for decades, or even centuries.

    もし起動すれば、宇宙時代を終わらせ、何十年も何百年も地球に閉じ込められる。

  • Getting something into space is incredibly hard.

    何かを宇宙に持ち込むのは、信じられないほど難しい。

  • To do so, you need to move very, very fast.

    そのためには、非常に、非常に速く動く必要があります。

  • At first, straight up, to leave the atmosphere.

    最初はストレートで雰囲気から離れるように。

  • Then, sideways, to begin a sort of circling around the earth.

    そして、横向きに、地球の周りを一周するようなことを始めます。

  • Still, very, very fast.

    それでも、非常に、非常に速い。

  • If you do that successfully, you can enter a low Earth orbit.

    それを成功させれば、地球の低軌道に入ることができます。

  • And once in orbit, it's very hard to get out of orbit.

    そして、一度軌道に乗ってしまうと、軌道から出るのは非常に難しいのです。

  • Unless you have energy to spare, you're sort of locked in here, falling around the earth forever.

    エネルギーに余裕がなければ 地球の周りで永遠に落下して ここに閉じこもっているようなものだ

  • That's great for things we want to stay up, like space stations and satellites.

    宇宙ステーションや人工衛星のように、起きていたいものにはいいですね。

  • And so we moved the majority of humanity's space infrastructure to this place.

    それで、人類の宇宙インフラの大部分をここに移したのです。

  • Just a few hundred kilometers above the surface.

    わずか数百キロの上空で

  • Just high enough so that the atmosphere is so thin, that orbiting things can stay up for centuries before air resistance can slow them enough to bring them back to Earth.

    高さは大気が薄いので 軌道上のものは何世紀も滞在できる 空気抵抗が地球に戻るのを遅らせる前にね

  • But this is also the source of our deadly trap.

    しかし、これは我々の致命的な罠の元凶でもあります。

  • Rockets are really metal cylinders that keep big parts of fuel in place.

    ロケッツは、燃料の大きな部分を維持するための本当に金属製のシリンダーです。

  • Whenever a portion of the fuel has been spent, the empty tanks are dropped to make the rocket lighter.

    燃料の一部を使い切ったところで、空のタンクを落としてロケットを軽くする。

  • Some parts crash down to earth or burn up in the atmosphere.

    地球に墜落したり、大気中で燃え尽きたりする部分もあります。

  • But most of the useless rocket parts stay up and begin to orbit the planet.

    しかし、役に立たないロケットの部品のほとんどは残ったまま、惑星を周回し始めます。

  • After decades of space travel, low Earth orbit is a junkyard of spent boosters, broken satellites and millions of pieces of shrapnel from missile tests and explosions.

    何十年もの宇宙旅行の後、地球の低軌道は、使用済みのブースター、壊れた衛星、ミサイルテストや爆発による何百万もの破片のジャンクヤードになっています。

  • Right now, we know of around 2,600 defunct satellites, 10,000 objects bigger than a monitor, 20,000 is large as an apple, 500,000 pieces the size of a marble and at least 100 million parts so small they can't be tracked.

    今、私たちが知っているのは、約2600個の衛星、モニターよりも大きな物体1万個、リンゴほどの大きさの物体2万個、大理石ほどの大きさの破片50万個、そして少なくとも1億個の部品は、追跡できないほど小さなものです。

  • This debris is moving at speeds of up to 30,000 km/h circling earth on criss-crossing orbits multiple times a day.

    このデブリは1日に何度も、時速30,000km/hで地球を周回する十字軌道上を移動しています。

  • Orbital speeds are so fast that being hit by debris the size of a pea is like being shot by a plasma gun; on impact, the debris vaporizes releasing enough energy to punch holes straight through solid metal.

    軌道速度は非常に速いので、エンドウ豆ほどの大きさの破片に当たると、プラズマ銃で撃たれたようなものです。

  • So, we've covered the space around our planet with millions of deadly pieces of destruction, and we also put a trillion dollar global infrastructure network right in the danger zone.

    だから、私たちは、何百万もの破壊の破片で地球の周りの空間をカバーしてきました。そして、私たちは、1兆ドルのグローバルなインフラネットワークを危険地帯に置いてきました。

  • It performs critical duties essential to the modern world: global communication, GPS and navigation, collecting weather data, looking out for asteroids and all manner of scientific discoveries things we would miss very much if they suddenly went away.

    グローバルな通信、GPSやナビゲーション、気象データの収集、小惑星の探査、科学的な発見など、現代社会に欠かせない重要な任務を遂行します。

  • If just one piece sized bullet hits one of our 1,100 working satellites, it will be destroyed instantly.

    1つのピースサイズの弾丸が 1,100個の衛星に当たれば 即座に破壊されます

  • Three or four satellites are already being destroyed this way every year.

    すでに毎年3、4機の人工衛星がこの方法で破壊されています。

  • As the number of satellites and the amount of junk in orbit is expected to grow tenfold in the next decade, we're approaching a tipping point.

    今後10年で人工衛星の数や軌道上のジャンクの量が10倍に増えると予想されており、転換期に差し掛かっています。

  • But the worst thing in space is not tiny pieces of junk.

    しかし、宇宙で一番悪いのは、ちっぽけなガラクタではない。

  • The worst thing would be an unstoppable chain reaction that turns a lot of non junk things into junk; for example: if two satellites hit each other in just the right way.

    最悪なのは、ジャンクでないものをジャンクに変えてしまうような、止められない連鎖反応です。

  • If satellites collide, they don't stop and fall out of the sky. It's more of a splash than a crash.

    人工衛星が衝突しても、止まって空から落ちてくるわけではありません。墜落というよりも飛沫だ。

  • Orbital speeds are so fast solid pieces spray right through each other, transforming the two satellites into clouds of thousands of little things still fast enough to destroy more satellites

    軌道速度は非常に速く、固体の部分がお互いを通って右スプレー、2つの衛星をより多くの衛星を破壊するのに十分な速さでまだ何千もの小さなものの雲に変換します。

  • This could trigger the slowest and most destructive sort of domino effect, a collision cascade.

    これは、最も遅く、最も破壊的な種類のドミノ効果、衝突カスケードを引き起こす可能性があります。

  • Like a shotgun spray, each collision creates more bullets.

    ショットガンのスプレーのように、衝突するたびに、より多くの弾丸を生み出します。

  • What was once a single tiny target very unlikely to hit anything.

    かつては小さな標的だったものが、何かに当たる可能性は非常に低い。

  • Becomes a wall of destruction, hungry to make more.

    破壊の壁となり、より多くのものを作ることに飢えている。

  • As more and more satellites are destroyed, the destruction accelerates exponentially.

    衛星がどんどん破壊されていくと、破壊は指数関数的に加速していきます。

  • Eventually destroying everything parked in orbit.

    最終的には軌道上に駐車されているすべてのものを破壊する。

  • But space is very empty. So the first few collisions may take a long time.

    しかし、空間は非常に空っぽです。だから最初の数回の衝突には時間がかかるかもしれません。

  • By the time we realize what's happening, it's too late.

    気がついた時にはもう手遅れです。

  • One year one satellite is destroyed and that's no big deal.

    1年に1つの衛星が破壊されても大したことはない。

  • The next year, five.

    次の年には5

  • The year after 50.

    50歳を過ぎてからの1年間。

  • Until there's nothing left.

    何も残らなくなるまで

  • The situation in orbit is rapidly worsening and we may already be past the point of no return.

    軌道上の状況は急速に悪化しており、すでにノーリターンの時期を過ぎているかもしれません。

  • Within 10 years, space around Earth may no longer be viable for long term satellites or rockets.

    10年以内に、地球の周りの宇宙は、長期的な人工衛星やロケットではもう無理かもしれません。

  • The worst case scenario is horrifying.

    最悪のシナリオは恐ろしい。

  • A debris field made of hundreds of millions of pieces, many too small to track moving at 30,000 km/h.

    時速30,000kmで移動するトラックには小さすぎて、何億個もの破片で作られた瓦礫場。

  • It would effectively create a deadly barrier around earth.

    それは効果的に地球の周りに致命的な障壁を作るだろう。

  • Possibly too dangerous to cross.

    渡るには危険すぎる

  • Dreams of moon bases, Mars colonies or space travel at all may be set back centuries.

    月面基地、火星コロニー、宇宙旅行の夢は、何世紀も前に設定されているかもしれません。

  • And the loss of our space infrastructure would send some of the technology we rely on daily back to the 1970s.

    そして、宇宙インフラの喪失は、我々が日常的に頼りにしている技術の一部を1970年代に送り込むことになります。

  • But it might not be too late to clean up our mess.

    でも、私たちの混乱を片付けるには遅くないかもしれません。

  • While the space industry has become better at avoiding space junk, its still growing fast and occasional weapon tests don't help.

    宇宙産業はスペースジャンクを避けることができるようになってきましたが、まだ急速に成長しており、時折行われる兵器テストも役に立っていません。

  • So there have been a couple of wild but also serious suggestions about how to quickly remove as much deadly space junk as possible without creating more in the process.

    そのため、これまでにもいくつかの野生的な提案がありましたが、プロセスの中でより多くのものを作らずに、できるだけ多くの致命的なスペースのジャンクを迅速に取り除く方法についても真剣に考えています。

  • Lots of ideas are being thrown around.

    たくさんのアイデアが投げかけられています。

  • And some of the most seriously considered involve capture and return missions, which are being tested now.

    そして、最も真剣に考えられているのは、現在試されている捕獲と帰還の任務を伴うものです。

  • One method involves meeting a piece of junk in orbit with a small satellite and loaded with a net.

    一つの方法は、軌道上のガラクタの一部を小型衛星で満たし、ネットを搭載しています。

  • Once caught, a small rocket could be used to bring it down towards Earth.

    一度捕まれば、小型ロケットで地球に向かって降りてくることができます。

  • Targets too large for a net might be instead caught with a harpoon on a tether.

    網のために大きすぎるターゲットは、代わりにテザーのモリで釣られるかもしれません。

  • Instead of firing a rocket, the cleaner would deploy a large sail to produce atmospheric drag and accelerate orbital decay.

    ロケットを発射する代わりに、クリーナーは大きなセイルを展開して大気抵抗を発生させ、軌道崩壊を加速させます。

  • And there are lots of other wild sci-fi sounding proposals too.

    そして、他のワイルドなSF的な提案もたくさんあります。

  • Some might use giant electromagnets.

    巨大な電磁石を使う人もいるかもしれません。

  • These magnetic tugs work by pushing on the magnetic components inside satellites that they use to stabilize, and orientate themselves in Earth's magnetic field.

    これらの磁気綱引きは、地球の磁場の中で自分自身を安定させ、方向づけるために使用する衛星内部の磁気部品を押すことによって動作します。

  • These may be safer and more reliable than nets and harpoons, because they never have to make contact with the junk they're handling.

    これらは扱っているジャンクと接触することがないので、ネットやハープンよりも安全で信頼性が高いかもしれません。

  • So there's no risk of accidentally breaking up their target into more junk.

    だから、彼らのターゲットを誤ってより多くのジャンクに分割する危険性はありません。

  • As for the tiniest bits of junk, lasers might be the key to vaporizing them entirely.

    ガラクタの小さな断片に関してはレーザーが完全に気化させる鍵になるかもしれません。

  • Satellites with lasers wouldn't need to visit their targets. They can shoot them from far away.

    レーザーを搭載した衛星は、ターゲットを訪問する必要はありません。彼らは遠くからそれらを撃つことができます。

  • Large objects can't exactly be shot down.

    大きいものは正確には撃墜できない。

  • But lasers can be used to ablate them, or burn tiny amounts of material off the site to push the junk to a safer orbit.

    しかし、レーザーは、それらを切除するために使用することができますか、またはジャンクをより安全な軌道に押し出すためにサイトから少量の材料を焼く。

  • Whatever technology we used at the end, we better start doing something soon before 100 million bullets become a trillion and the trap is set.

    最後にどんな技術を使ったとしても、1億発が1兆発になって罠に嵌まる前に、早く何かを始めた方がいい。

  • If we don't act, our adventure in space might end before it's even begun.

    我々が行動しなければ、宇宙での冒険は始まる前に終わってしまうかもしれない。

  • If our days of dreaming about space exploration might be numbered anyway, we better put them to good use.

    宇宙探査を夢見ていた日々が、いずれにしても数えるほどになるかもしれないのであれば、それを有効に活用した方がいいだろう。

  • One of the things we most like to spend our time on is learning more about our universe.

    私たちが最も好きなことの一つは、私たちの宇宙について学ぶことです。

  • And to do that you can just keep watching.

    そのためには、ただ見続けていればいいのです。

  • Kurzgesagt and Brilliant are collaborating on a six-part video series about our favorite science and space topics.

    KurzgesagtとBrilliantは、私たちの大好きな科学と宇宙のトピックについての6部構成のビデオシリーズを共同で制作しています。

  • Kurzgesagt has worked with Brilliant for a bit.

    クルツゲサグトはブリリアントと少し仕事をしたことがあります。

  • And we love how they teach you science and maths in a practical way.

    そして、科学と数学を実践的に教えてくれるのが大好きです。

  • By guiding you through problems step by step, so you can actually understand the concepts behind them.

    一歩一歩問題を導いていくことで、実際に問題の背景にある概念を理解することができます。

  • And maybe one day use your knowledge on problems like space junk, or at least your science projects to start with.

    そして、たぶんいつか、スペースジャンクのような問題であなたの知識を使用して、または少なくともあなたの科学プロジェクトを開始するために。

  • If you'd like even more edutainment, go to Brilliant.org/nutshell and sign up for free.

    より多くの情報を得たい場合は、Brilliant.org/nutshellにアクセスし、無料でサインアップしてください。

  • The first 688 people to use the link get their annual premium membership at a 20% discount!

    リンク先着688名様に年間プレミアム会員権を20%割引でプレゼント!

  • And also support our collaboration with Brilliant!

    また、ブリリアントとのコラボも応援しています

Space travel is the most exciting and challenging adventure humanity has ever undertaken.

宇宙旅行は、人類がこれまでに経験したことのない、最もエキサイティングで挑戦的な冒険です。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 衛星 軌道 宇宙 ジャンク 地球 破壊

宇宙の終わり 人類のための牢獄を作る

  • 7989 379
    fancy1011 に公開 2018 年 12 月 18 日
動画の中の単語