Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • It's relatively common for actors to go to great lengths to inhabit the characters they portray.

    俳優がキャラクターを自分に投影させるため、どっぷりとのめりこむのはよくあること。

  • In pursuit of a dynamic performance, they'll conduct extensive research, learn new skills, and even alter their appearance.

    派手なパフォーマンスを目指して、彼らは広くリサーチを行ったり、新しいスキルを学んだり、自分の外見を変えてしまうことさえある。

  • For some performers, their experiences on set ended up dramatically altering the course of their own lives.

    撮影現場での経験が、その道筋を大きく変えてしまったという俳優たちもいる。彼らの人生という道筋を。

  • Here are some of the actors whose lives were permanently changed after they took on a particular role.

    ここでは、特殊なキャラクターを演じた後、その後の人生が変わってしまった俳優たちを紹介しよう。

  • Jim Carrey

    ジム・キャリー

  • To land the role of comedian Andy Kaufman in 1999's Man on the Moon, Jim Carrey reportedly cut his 20 million-dollar fee in half and wasn't too proud to audition for the part.

    1999年の『マン・オン・ザ・ムーン』でコメディアンのアンディ・カウフマン役を射止めたジム・キャリーは次のように語った。2000万ドルのギャラが半分になったけど、その役のオーディションを受けたことに後悔はなかったと。

  • After he signed on, he went fully method, living as Kaufman instead of Carrey.

    彼は契約後、全くライフスタイルを変え、カーリーとしてではなく、カウフマンとして生活した。

  • He told the LA Times,

    彼はLAタイムズに次のように語った。

  • "I broke a couple of times on weekends and stuff, but pretty much from when I woke up to when I went to bed, the choices were all Kaufman's."

    "週末とかはさすがに何度かくじけたけど、朝起きた時から寝るまでの間のほとんど全て、カウフマンが乗り移っていたよ"

  • Carrey's performance would forever change the way he looked at the world, and led to an existential crisis.

    カーリーの演技は、世界に対する観方をも永久に変えてしまうことになり、行きついた先は存在の危機。

  • "When the movie was over, I couldn't remember who I was anymore. So you step through the door not knowing what's on the other side. And what's on the other side is everything."

    "映画を撮り終わった時、自分が何者なのか分からなくなったんだ。つまりはさ、ドアの向こう側に何があるかわからないのに、足を踏み入れてしまうようなものさ。そして、向こう側にあるものが全てだったわけさ"

  • The actor has continued to question the nature of reality and the meaning of celebrity.

    俳優というのは、真の自分の本質と有名人としての自分についてずっと問い続けている。

  • Years later, he was interviewed at New York Fashion Week, and said,

    数年後、彼はニューヨーク・ファッション・ウィークのインタビューで次のように語った。

  • "There's no meaning to any of this, so I wanted to find the most meaningless thing that I could come to and join and here I am."

    "もう失うものは何もないし、ここに来ること自体、大したことじゃないってことを確かめるためにやって来たんで、そんでもってここにいるわけなのさ。"

  • Brie Larson

    ブリー・ラーソン

  • For the intense 2015 drama Room, Brie Larson underwent a punishing routine to portray a young woman who survives a kidnapping.

    2015年のショッキングなドラマ『ルーム』では、ブリー・ラーソンは、誘拐され、生き延びた若い女性という屈辱的な仕打ちを経験した役を演じた。

  • According to Bustle, on top of restricting her diet and vitamin intake to match the experience of her character,

    バスルによると、キャラクターの経験に合わせるために、極端に食事を制限し、ビタミンを摂取し、

  • Larson also spent six months of pre-production researching the effects of abuse and long periods of confinement.

    さらにクランクイン前の6ヶ月間、虐待や、長期にわたる監禁の影響についても突き詰めるという念の入れようだった。

  • After shooting the film, Larson emerged as a powerful voice for survivors of sexual assault.

    映画撮影後、ラーソンは性的暴行を受けた人たちのために、発信者として力を発揮することになった。

  • On the same night she took home the Oscar for Best Actress, she stood up to hug all 50 sexual assault survivors who had joined Lady Gaga on stage for an emotional performance.

    アカデミー賞主演女優賞を受賞したまさにその夜、彼女は立ち上がり、50人の性的暴行の被害者たちと抱き合い、そして舞台ではレディー・ガガとも抱き合ったのは感動的な場面だった。

  • In the years since, she's been vocal in opposing sexual abuse.

    それ以来、彼女は性的虐待反対運動の主導的役割を果たしている。

  • She refused to applaud for Casey Affleck's Best Actor win when presenting him with the Oscar in 2017, telling Vanity Fair that her reaction, quote, "speaks for itself,”

    また、ケイシー・アフレックが2017年に主演男優賞を受賞したとき、プレゼンターとして登場したが、拍手を送ることを拒否し、ヴァニティ・フェア誌は、’それ(拒否したこと)自体がすべてを語っている’ と評した。

  • a reference to Affleck's legal battles with two employees who sued him for sexual harassment.

    アフレックが、彼をセクハラで訴えた2人の従業員と法廷で争っていたからだ。

  • According to IndieWire, in 2017 Larson stepped down from an independent collective she co-founded after allegations of sexual misconduct on the part of some members were made public.

    IndieWireによると、ラーソンは2017年、彼女が共同設立者となっていた独立団体から身を引いたという。一部メンバーの性的不祥事疑惑が公表されたことを受けてのことだ。

  • Don Cheadle

    ドン・チードル

  • For the premiere of 2004's Hotel Rwanda, Don Cheadle traveled to Uganda and neighboring Rwanda, and the trip certainly made an impact.

    2004年の『ホテル・ルワンダ』のプレミア上映のために、ドン・チードルはウガンダと隣国のルワンダを訪れ、そしてこの旅が彼に衝撃を与えた。

  • According to People magazine, after meeting with genocide survivors,

    ピープル誌によると、集団殺戮の生存者と会った後、

  • he met with the Rwandan President and toured camps in Uganda set up for refugees fleeing violence at the hands of rebel groups.

    ルワンダ大統領と会い、さらにウガンダでは反乱軍の暴力から逃れてきた難民のキャンプを訪れた。

  • The experience lit a fire inside the actor, who in 2005 made another trip, this time to Sudan, where he visited refugee camps in Darfur.

    この経験は彼の心に火をつけ、2005年には再び、今度はスーダンへ足を延ばし、ダルフールの難民キャンプを訪れた。

  • Cheadle ended up co-authoring a book about his experiences, called Not On Our Watch: The Mission to End Genocide in Darfur and Beyond.

    チードルはこの自分の経験を綴った本を共著で出版することになった。『我々の目が届かないところ:ダルフールと周辺の集団殺戮を終わらせるためのミッション』。

  • The book urges U.S. citizens to demand that their government take action on behalf of imperiled nations.

    その本は、米国市民を動かし、政府に危機に瀕した国を救うために行動を起こすよう促した。

  • Cheadle is also on the board of a charity of the same name, an advocacy group cofounded by George Clooney.

    また、チードルは、ジョージ・クルーニーと共にその名を冠した慈善団体の役員も務めている。

  • Angelina Jolie

    アンジェリーナ・ジョリー

  • Though the first Tomb Raider film was popular among fans of the record-breaking gaming franchise, it would end up sending leading lady Angelina Jolie's life in an entirely different direction.

    初代トゥームレイダーの映画は、記録的なゲームフランチャイズのファンの間で人気がありましたが。主役のアンジェリーナ・ジョリーの人生を全く違う方向に送ることになってしまいます。

  • While working on the film and its sequel in Cambodia, Jolie became aware of the plight of the Cambodian people and began relief work there.

    ジョリーは、カンボジアで映画とその続編の制作をしている間に、彼らの窮状に気づくようになり、現地での救援活動を開始した。

  • She was named as a UNHCR Goodwill Ambassador in early 2001.

    2001年初頭にUNHCR親善大使に任命された。

  • Less than ten years later, she had visited more than 20 countries around the world, bringing awareness and aid to Sudan, Chad, Syria, and Iraq, among others.

    10年も経たないうちに、20か国以上を訪問し、スーダン、チャド、シリア、イラクなどの国へ、世界からの意識と援助をもたらした。

  • In 2005, she launched the National Centre for Refugee and Immigrant Children, which provides free legal aid to asylum-seeking children without representation.

    2005年、難民と移民の子供のための国立センターを立ち上げ、亡命者保護を求めるが代理人なしの子供に無料の法律援助を提供する。

  • According to ABC News, after being awarded Cambodian citizenship for her work, Jolie founded a daycare facility for children with HIV.

    ABCニュースによると、努力でカンボジアの市民権を授与された後、ジョリーはHIVの子供たちのためのデイケア施設は設立した。

  • Jennifer Garner

    ジェニファー・ガーナー

  • Ben Affleck and Jennifer Garner announced their plans to divorce in 2015, and when Garner was asked how she fared in the aftermath of the separation,

    ベン・アフレックとジェニファー・ガーナーは2015年に離婚計画を発表し、ガーナーが離婚後の時期でどのように暮らしているかを尋ねられたとき、

  • she joked to Vanity Fair that it had been, quote, "a year of wine."

    彼女はヴァニティ・フェア誌に、「1年のワイン」だったと冗談を言った。

  • It's not surprising, then, that Miracles from Heaven, the film that thrust her back into the Hollywood spotlight for the first time since the divorce announcement, was an emotional experience.

    だから離婚発表以来、初めてハリウッドのスポットライトに押し戻した映画「天国からの奇跡」が、彼女にとっては感動的な経験だったことは驚くことではない。

  • Garner revealed to People magazine that Miracles from Heaven helped her reconnect to her religion, saying,

    ガーナーはピープル誌に、「天国からの奇跡」で宗教への再接続を助けられたことを明らかにして、そしてこう言った:

  • "When I did move to L.A., it wasn't something that was just part of the culture in the same way,

    「ロサンゼルスに引っ越したとき、それは同じように単なる文化の一部であったものではなく、

  • at least in my life, so it was a great gift of this film that it took us back to finding our local Methodist church and going every Sunday."

    少なくとも私の人生では、地元のメソジスト教会を見つけることに戻ったり、毎週の日曜日に教会に行ったり、どれもこの映画からの素晴らしい贈り物でした。」

  • Mary J. Blige

    メアリーJ.ブライジ

  • Musician and actor Mary J. Blige suffered through a very public separation from her manager and husband of over a decade, Kendu Isaacs,

    ミュージシャン兼俳優のメアリーJ.ブライジは、10年以上にわたってマネージャー兼夫としてのケンドゥアイザックスからの非常に公的領域の分離に苦しんでいた。

  • and channeled her pain into her first starring film role in Mudbound.

    そして最初の主演映画「マッドバウンド 哀しき友情」における役割に自分の痛みを向けた。

  • The transformation also had a profound effect on Blige's self-image.

    変容はまた、ブライジの自己イメージに大きな影響を及ぼした。

  • She explained to Vulture, "I had to leave a lot of myself behind, a lot of Mary J. Blige behind.

    彼女はハゲタカ誌に「私は自分自身の多くを置き去りにしなければならず、メアリーJ.ブライジの多くを置き去りにしなければなりませんでした。

  • A lot of wigs, a lot of lashes, a lot of makeup, a lot of nails, you know, the whole thing."

    たくさんのかつら、たくさんのまつ毛、たくさんの化粧、たくさんのネイルアートなど、すべて。」と説明した。

  • Blige noted that stripping down to her natural hair texture was something that she'd always feared, adding,

    ブライジは、自然な髪の質感を剥ぎ取ることをいつも恐れていたのと述べ、次のように付け加えた。

  • "The role stripped me down all the way to what I truly am, and people were complimenting me. People were saying how beautiful I was. I didn't know I was that beautiful for real. I didn't know that."

    「本当の私はその役割に引き離され、人々は私をほめたたえました。みんなに美しいと言われましたが、自分が本当に美しいかどうかは知りませんでした。全然知りませんでした。」

  • Her performance earned her two Oscar nominations for best song and best supporting actress.

    パフォーマンスで、ベストソング賞とベスト助演女優賞という2つのアカデミー賞のノミネートを獲得した。

  • Of the new direction her character pushed her in, Blige noted, "This is the next chapter."

    役割で新しい方向に押し込まれたことについて、ブライジは「これは次の章です」と述べた。

  • "It shows that, you know, sometimes we have to suffer to gain, and I don't mind."

    「人は何かを得るためにまず苦しむ必要があると示しているが私は気にしない。」

It's relatively common for actors to go to great lengths to inhabit the characters they portray.

俳優がキャラクターを自分に投影させるため、どっぷりとのめりこむのはよくあること。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 俳優 映画 ルワンダ 性的 難民 経験

俳優の人生を変えるきっかけとなった役柄

  • 5880 264
    Evangeline に公開 2018 年 10 月 04 日
動画の中の単語