Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • There's a two-letter word that we hear everywhere.

    いたるところで耳にする二文字の言葉があります。

  • OK.

    いいわよ

  • Okay.

    いいわよ

  • OK, are you OK, Annie?

    大丈夫か アニー?

  • OK OK OK, OK ladies

    OK OK OK お嬢様方...

  • OK might be the most recognizable word on the planet.

    OKは地球上で最も認知されている言葉かもしれません。

  • OK!

    よし!

  • OK.

    いいわよ

  • It's essential to how we communicate with each other, and even with our technology.

    どうやってコミュニケーションをとるかはもちろん、技術的にも必要不可欠です。

  • Alexa, turn off the living room light.

    アレクサ リビングの明かりを消して

  • OK.

    いいわよ

  • You probably use it every dayeven if you don't notice it.

    おそらく毎日使っているのではないでしょうか--気がつかなくても。

  • But, what does OK actually mean?

    しかし、実際にOKとはどういうことなのでしょうか?

  • And where did it come from?

    そして、それはどこから来たのか?

  • Hm.

    ふむ。

  • OK.

    いいわよ

  • Okay then.

    分かったわ

  • OK, thank you.

    ありがとうございます。

  • OK actually traces back to an 1830s fad of intentionally misspelling abbreviations.

    OKは、1830年代に流行した略語のスペルを意図的に間違えたことにさかのぼります。

  • Young "intellectual" types in Boston delighted those "in the know" with butchered coded

    ボストンの若い "インテリ "たちは "知っている "人たちを喜ばせた。

  • messages such as KC, or "knuff ced", KY, "know yuse," and OW, "oll wright."

    KCや "knuff ced "KY "now yuse "OW "all wright "などのメッセージ。

  • Haha.

    あはは。

  • But thanks to a couple of lucky breaks, one abbreviation rose above the rest: OK, or "oll korrect."

    しかし、いくつかの幸運のおかげで、1つの略語が他のものを凌駕するようになった。"OK" または "オールコレクト"

  • In the early 1800s, "all correct" was a common phrase used to confirm that everything was in order.

    1800年代初頭、「すべてが正しい」というのは、すべてが正しいことを確認するために使われた常套句でした。

  • Its abbreviated cousin started going mainstream on March 23, 1839, when OK was first published

    その略称の従兄弟が主流になり始めたのは、1839年3月23日、OKが最初に発行された時です。

  • in the Boston Morning Post.

    ボストン・モーニング・ポストに

  • Soon other papers picked up on the joke and spread it around the country, until OK was

    すぐに他の新聞がこのジョークを取り上げて全国に広め、OKが出てくるまでには

  • something everyone knew about, not just a few Boston insiders.

    誰もが知っていることだ ボストンの関係者だけでなく

  • And OK's newfound popularity even prompted a flailing US president from Kinderhook, New York,

    そして、OKの人気の回復は、ニューヨークのキンダーフックからの大統領の失速を促すことにもなった。

  • to adopt it as a nickname during his 1840 reelection campaign.

    を使用して、1840年の再選キャンペーン中に愛称として採用しました。

  • Van Buren's supporters formed OK Clubs all over the country, and their message was pretty

    ヴァン・ビューレンの支持者たちは、全国各地にOKクラブを結成し、彼らのメッセージはかなりのものだった。

  • clear: Old Kinderhook was "oll korrect."

    オールド・キンダーフックは "正解 "だった

  • The campaign was highly publicized and turned pretty nasty in the press.

    選挙戦の宣伝効果が高く、マスコミではかなり意地悪になっていました。

  • His opponents ended up turning the abbreviation around on him, saying it stood for "Orful

    彼の反対派は、彼の略語を「Orful」の略だと言って、結局、彼に逆転させてしまった。

  • Konspiracy" or "Orful Katastrophe"

    陰謀」か「オーフルカタストロフィー」か

  • Hah.

    ハァー。

  • In the end, even a clever nickname didn't save Van Buren's presidency.

    結局、巧妙なニックネームでもヴァン・ビューレンの大統領職は救われなかった。

  • But it was a win for OK.

    でもOKの勝利でした。

  • That 1840 presidential campaign firmly established OK in the American vernacular.

    1840年の大統領選挙では、アメリカの地方語のOKが定着しました。

  • And while similar abbreviations fell out of fashion, OK made the crossover from slang

    そして、似たような略語は流行り廃りましたが、OKはスラングからのクロスオーバーを実現しました。

  • into legitimate, functional use thanks to one invention: the telegraph.

    電報という一つの発明のおかげで、合法的で機能的な使用が可能になりました。

  • If we lower the bridge, the current flows to the sounder.

    橋を下げるとサウンダーに電流が流れます。

  • At the other end, the current energizes an electromagnet and this attracts the armature.

    もう一方の端では、電流が電磁石に通電し、これが電機子を引き寄せます。

  • The armature clicks down against a screw and taps out a message.

    アーマチュアがネジに対してカチッと音を立ててメッセージを出します。

  • The telegraph debuted in 1844, just five years after OK.

    電信がデビューしたのは1844年、OKからわずか5年後のこと。

  • It transmitted short messages in the form of electric pulses, with combinations of dots

    それは、ドットの組み合わせで、電気パルスの形で短いメッセージを送信しました。

  • and dashes representing letters of the alphabet.

    とダッシュはアルファベットの文字を表します。

  • This was OK's moment to shine.

    これがOKの瞬間でした。

  • The two letters were easy to tap out and very unlikely to be confused with anything else.

    この2文字は叩き出しやすく、他のものと混同される可能性は非常に低い。

  • It was quickly adopted as a standard acknowledgement of a transmission received, especially by

    これは、受信した送信の標準的な確認応答としてすぐに採用されました。

  • operators on the expanding US railroad.

    拡大する米国鉄道のオペレーター。

  • This telegraphic manual from 1865 even goes as far as to say that "no message is ever

    1865年のこの電信マニュアルには、「いかなるメッセージもない」とまで書かれています。

  • regarded as transmitted until the office receiving it gives OK."

    "受信した事務所がOKを出すまで送信されたものとみなす"

  • OK had become serious business.

    OKは真剣勝負になっていました。

  • But there's another big reason the two letters stuck around, and it's not just because

    しかし、この2つの文字が定着しているのにはもう一つ大きな理由があります。

  • they're easy to communicate.

    コミュニケーションが取りやすい

  • It has to do with how OK looks.

    見た目のOKの出し方にも関係してきます。

  • Or more specifically, how the letter K looks and sounds.

    もっと言えば、Kという文字がどのように見えて、どのように聞こえるのか。

  • It's really uncommon to start a word with the letter K in Englishit's ranked

    英語で「K」の文字で始まる単語は本当に珍しいです。

  • around 22nd in the alphabet.

    アルファベットで22位前後。

  • That rarity spurred a "Kraze for K" at the turn of the century in advertising and

    その珍しさが、世紀の変わり目に広告の「Kraze for K」に拍車をかけ、そして

  • print, where companies replaced hard Cs with Ks in order to Katch your eye.

    印刷では、企業はあなたの目をキャッチするために、硬いCをKに置き換えました。

  • The idea was that modifying a wordlike Klearflax Linen Rugs or this Kook-Rite Stove,

    アイデアは、単語を変更することでした - Klearflaxリネンラグやこのクックライトストーブのように。

  • for examplewould draw more attention to it.

    例えば、それはより多くの注意を引くでしょう。

  • And that's still a visual strategy: We see K represented in modern corporate logos, like

    そして、それはやはり視覚的な戦略です。現代の企業ロゴには、以下のような「K」の文字が使われています。

  • Krispy-Kreme and Kool-Aid.

    クリスピークリームとクールエイド。

  • It's the K that makes it so memorable.

    印象に残るのはKのおかげです。

  • By the 1890s, OK's Bostonian origins were already mostly forgotten, and newspapers began

    1890年代になると、OKのボストン人の起源はすでにほとんど忘れ去られ、新聞は

  • to debate its historyoften perpetuating myths in the process that some people still believe.

    その歴史を議論するために、一部の人々がまだ信じている神話を永続させることがよくあります。

  • Like the claim that it comes from the Choctaw word 'okeh,' which means 'so it is.'

    チョクトー語の "オケ "から来ていると主張しているように "そうだ "という意味の "オケ "だ。

  • Choctaw gave us the word OK

    チョクトーがOKをくれた...

  • OK's beginnings had become obscure but it didn't really matter anymorethe word

    OKの始まりは曖昧になっていたが、それはもうどうでもよくなっていた。

  • was embedded in our language.

    が私たちの言語に埋め込まれていました。

  • Today, we use it as the ultimate "neutral affirmative."

    今日では究極の "中立的肯定 "として使っています。

  • OK then.

    分かったわ

  • Okay then.

    分かったわ

  • Learn to truly love yourself.

    自分を本当に愛することを学びましょう。

  • OK.

    いいわよ

  • OK.

    いいわよ

  • Get yourself up here!

    立て!

  • OK!

    よし!

  • I don't know what to say.

    何を言っていいかわからない。

  • Say OK.

    OKと言ってください。

  • OK.

    いいわよ

  • It's settled then!

    決まりだ!

  • Allan Metcalf wrote the definitive history of OK, and he explains that the word "affirms

    アラン・メトカーフはOKの決定版の歴史を書いていますが、この言葉は「肯定する」と説明しています。

  • without evaluating," meaning it doesn't convey any feelingsit just acknowledges

    評価せずに」というのは、何の感情も伝えず、ただ認めているという意味です。

  • and accepts information.

    と情報を受け付けます。

  • If you "got home OK," it just means you were unharmed.

    無事に帰宅した」ということは、無傷だったということでしかありません。

  • If your "food was OK," then it was acceptable.

    あなたの「料理がOKだった」のであれば、それは許容範囲内です。

  • And "OK" confirms a change of plans.

    そして「OK」は予定変更を確認。

  • It's is sort of a reflex at this pointwe don't even keep track of how much we use it.

    この時点では反射的にそうなっていて、どれだけ使っているかも把握していません。

  • Which might be why OK was arguably the first word spoken when humans landed on the moon.

    だからこそ、人類が月面に降り立った時に「OK」が最初に話された言葉なのかもしれません。

  • Not bad for a corny joke from the 1830s.

    1830年代のジョークとしては悪くないな

  • Alright guys, cut it out.

    よし、みんな、やめてくれ。

There's a two-letter word that we hear everywhere.

いたるところで耳にする二文字の言葉があります。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 Vox 略語 ボストン 文字 メッセージ 送信

なぜ「OK」と言うのか

  • 12159 638
    Samuel に公開 2018 年 09 月 20 日
動画の中の単語