Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • A Disney World vacation is no cheap matter.

    ディズニーワールドで過ごす休暇は、決して格安でといわけにはいきません。

  • We're reminded of that every year when ticket prices are regularly bumped up.

    頭によぎるのは、毎年チケット料金が上がり続けていること。

  • It's usually paired with a bunch of news articles about Disney becoming an increasingly expensive experience.

    いつもセットでニュースが流されるんです。ディズニーでますますかけがえのない体験ができるようになるのだというね。

  • However it wasn't always that way.

    でも、いつもそうだったわけではありません。

  • Back when Disney World opened in 1971, an adult eleven ride ticket book cost $5.75 and a room at The Contemporary cost up to $44 a night.

    ディズニーワールドがオープンした 1971 年、11 種類のアトラクションを利用できる回数券の大人料金は 5.75 ドル(当時 2,070 円)、コンテンポラリーホテルは、1 泊あたり、高くても 44 ドル(当時 15,840 円)でした。

  • Even adjusted for inflation, that would come out to around $34.50 for the tickets and $264 for the hotel.

    今の物価に換算しても、チケットは 34.50 ドル(約 3,700 円)、ホテルは 264 ドル(約 28,000 円)くらいなものでしょう。

  • In reality, a one-day Magic Kingdom ticket costs $132 with tax, and a night at The Contemporary, facing the theme park, can run around $675 a night.

    でも実際は、マジックキングダムの 1 日券は 132 ドル ( 約 1 万 4 千円 )+税、そしてマジックキングダムに面するコンテンポラリーホテルは、1 泊で約 675 ドル ( 約 7 万 3 千円 ) ほどにもなります。

  • So what happened?

    いったい何が起こったのでしょう?

  • When did Disney World get so expensive?

    いつからディズニーワールドはそんなに高級になってしまったのでしょうか?

  • Well the quick and short answer is that CEO Michael Eisner and CFO Gary Wilson happened.

    ま、簡単に言うと、CEO のマイケル・アイズナーと CFO のゲイリー・ウィルソンがいたからです。

  • The long answer is that, circumstances at the time really made the decision simple and it's kind of hard to vilify them for what was otherwise a sound business move.

    もっと詳しく言うと、当時の状況がそうさせたのです。そして、ある意味では妥当な経営判断をした彼らを非難するのは難しいことなのです。

  • You see, Disney as a company was in a bit of a rough spot when Eisner took over as CEO.

    ご存知のように、アイズナー氏が CEO としてディズニー社を引き継いだ際、会社はやや厳しい状況にありました。

  • With the death of Walt Disney in the later half of the 1960s, the 1970s were somewhat of a lost era for the company.

    ウォルト・ディズニーの死後、1960 年代後半から 1970 年は、会社にとって失われた時代とも言えました。

  • Sure today we can look back at projects like Robin Hood and The Rescuers and see them as classics, but the truth is the company wasn't growing financially during this time.

    もちろん、今思えば『ロビンフッド』や『ビアンカの大冒険』のような企画もあったし、古典的名作として考えることができますが、実際ディズニーはこの時期、財政的には成長していなかったのです。

  • A company once known for constant innovation at the hand of Walt Disney quickly became one that relied on its old tricks due to a "What would Walt do?" mentality.

    ディズニー社は、ウォルト・ディズニーの手によって常に変革が行われていたことで有名です。そのため「ウォルトなら何をする?」と考えるばかりに、それまでのワンパターンな手法に頼るようになっていました。

  • This lack of evolution and change was partially beneficial for fans, as it was an era in which admission prices at the parks didn't really rise too steeply.

    その成長や変化の乏しさは、ある意味ファンにとっては好都合でした。ディズニーワールドの料金が急激に上がることはありませんでしたからね。

  • Annual increases ranged from fifty cents to a dollar or so.

    1 年でせいぜい 50 セントから 1 ドル高くなるくらいでした。

  • As CEO at the time Card Walker put it, "We have to keep our prices low, so that guests feel they've gotten good value."

    当時の CEO だったカード・ウォーカーが言っていたのです。「料金設定は低くしておかなければならない。お客様が来た価値があった思えるようにね」と。

  • It was a continuation of Walt's own approach to the parks.

    それは、ウォルトのディズニーワールドへの向き合い方を踏襲したものでした。

  • Profit was secondary to making something people loved.

    利益を二の次にして、人々に愛されるものを作っていたのです。

  • Unfortunately corporate raiders on Wall Street didn't care about what Walt thought twenty years prior,

    残念ながら、ウォールストリートの企業レイダーたちは、ウォルトがその 20 年以上も前に考えていたことなど気にも留めませんでした。

  • and so the stagnation of the company into the early 1980s made Disney a prime target for a hostile takeover.

    そして会社の停滞により、1980年代に入るとディズニー社は敵対的買収の大きなターゲットとなったのです。

  • Thanks to the efforts of Walt's nephew, Roy E Disney, the raiders were ultimately warded off.

    ただ、ウォルトの甥、ロイ・E・ディズニーの尽力のおかげで、最終的に企業レイダーたちは追い払われます。

  • If you want to know more about how, I have a great book suggestion at the end of this video.

    その詳細をもっと知りたい方は、この動画の最後で素晴らしい本をおすすめしますね。

  • Long story short, however, it meant a change in leadership at Disney, and that meant bringing in Michael Eisner and Frank Wells.

    とにかく簡単に言うと、その出来事がディズニーの首脳陣の交代につながります。そこで、マイケル・アイズナー氏とフランク・ウェルズ氏を迎え入れることとなったのです。

  • Even before officially signing on as CEO, Eisner saw the value that was being underutilized at the Disney parks.

    CEOとして正式に署名する前から、アイズナー氏はディズニーの価値がテーマパークで十分に見出されていないと考えていました。

  • In order to keep away any future wall street raiders , Disney needed to start improving their bottom-line, and fast.

    その先も企業レイダーたちを寄せ付けることがないようにするためにディズニーが求められたのは、迅速な収益の改善です。

  • Eisner brought in a new Chief Financial Officer from Marriott named Gary Wilson, and without any hesitation, ticket prices started to go up.

    アイズナー氏は最高財務責任者として、マリオット社からゲーリー・ウィルソン氏を招き入れます。そして迷うことなく、チケット料金の値上げを始めました。

  • Just to give you an idea of the rate and amount of the increases, consider this.

    ご参考までに、値上げの割合と金額をお教えするので、よくお聞きくださいね。

  • Just two years prior to Michael Eisner joining the company, Disney World ticket prices rose twice for a total of three dollars, from $15 for a one-day ticket to $18.

    マイケル・アイズナー氏がやって来るほんの 2 年前、ディズニーワールドのチケット料金は 2 回、合計で 3 ドル値上げされていました。1 日券が 15 ドルから 18 ドルになりました。

  • In the two years following his arrival, tickets rose in price five times, jumping eight dollars to $26.

    そして、アイズナー氏がやって来てから 2 年の間に、チケット料金は 5 回も値上げされます。8 ドル上乗せされ 26 ドル(当時約 4 ~ 5 千円)になったんです。

  • The surprising part for Disney was that even with the frequent price hikes, attendance wasn't dropping, proving Eisner right.

    ディズニー社にとって驚きだったのは、何度も値上げを行ったにもかかわらず、入場者数が減らなかったことです。これによって、アイズナー氏が正しかったことが証明されました。

  • There was more value in the admission to the Disney parks than Disney was realizing.

    ディズニーのテーマパークに行くことには、ディズニーが思っていたよりも価値が認められていたのです。

  • The new Disney leadership also saw value that was going unrecognized elsewhere, specifically in hotels on property and in VHS releases of Disney's classic films.

    また、新生ディズニーの首脳陣は、まだ目が向けられていなかったところにも価値を見出します。特に、敷地内のホテルや、ディズニーの古典アニメ映画のビデオ販売などです。

  • The company similarly cashed in on those opportunities, and by 1987 the company's operating income jumped from just under three-hundred million dollars to nearly eight-hundred million dollars.

    ディズニー社は、そこでも利益を上げていきました。そして 1987 年までには営業利益が 3 億ドル ( 当時約 750 億円 ) 弱から 8 億ドル ( 当時約 980 億円 ) 近くにまで上昇したのです。

  • The turnaround kept raiders at bay.

    その転換によって、企業レイダーたちを遠ざけることができました。

  • Prices continued to rise in the 1990s and early 2000s.

    料金の値上げは、1990年代、2000年代初頭も続きます。

  • Even into Bob Iger's tenor as CEO over the last ten years, tickets would see annual hikes that leave us at the prices we have today.

    ボブ・アイガー氏が CEO になってからのこの 10 年ほどの間もチケット料金は毎年上がり続け、現在の価格に至っています。

  • Now some might argue that Disney is very different from the state it was in thirty years ago, and so they should stop raising prices.

    ディズニーは 30 年前とは大きく変わってしまった、値上げはもうやめるべきだと言う人もいるかもしれません。

  • However even though Disney improved drastically, they weren't always totally in the clear.

    ですが、ディズニーは大きな発展を遂げたものの、常に平穏だったわけではありません。

  • For instance, as late as 2004, Disney was the target of another takeover bid, this time by Comcast.

    例えば 2004 年、ディズニーは株式公開買い付けのターゲットとなっています。この時はコムキャストが相手でした。

  • For better or for worse, the growth-focused mindset of Wall Street and the constant looming threat of being purchased, willingly or otherwise, by a bigger fish means companies like Disney are forced to try and grow every single year.

    良くも悪くも、ウォールストリートの成長重視思考や、望むと望まざるにかかわらず、大きな企業に買収されるのではという漠然とした脅威の存在は、ディズニーのような企業が毎年成長していくように努めるしかないことを意味します。

  • This means more revenue, and this means higher prices to get there.

    つまり、より多くの収益が必要であるということ。そのために値上げが必要なのです。

  • So ultimately Disney World is so expensive because historically the price hikes were crucial to elevating the company as a whole and closing a near 15 year gap of stagnation.

    結局、ディズニーワールドの料金が高額になったのは、値上げが必要不可欠だったから。企業として成長するために、そして 15 年近くに及ぶ停滞で生じた穴を埋めるためにです。

  • It protected the company from outside buyers by making the company more valuable.

    値上げは、企業としての価値を高め、外部の買収屋から身を守ってくれたのです。

  • But beyond that the answer is because, when all is said and done after each price hike, people are still willing to pay for it.

    ですが、そんな理由がなくても、何度値上げがされても、結局みんな喜んでお金を払っているんです。

  • If you're interested in learning more about the attempted hostile takeover of Disney in the early 1980s that resulted in Eisner stepping in as CEO,

    アイズナー氏が CEO に就任することとなった、1980 年代初めのディズニー社の敵対的買収未遂についてもっと知りたい方は、

  • I suggest checking out Storming the Magic Kingdom by John Taylor.

    ジョン・タイラー氏作の『ストーミング・ザ・マジック・キングダム ( ディズニー王国を乗っ取れ )』がおすすめです。

  • You can find a link to the book in my description below.

    下の概要説明欄のリンクからお探しいただけます。

  • I want to thank you for watching, and I'll see you next time.

    ご覧くださりありがとうございました。またお会いしましょう。

A Disney World vacation is no cheap matter.

ディズニーワールドで過ごす休暇は、決して格安でといわけにはいきません。

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 ディズニー ドル チケット ceo ワールド 上昇

知ってた?ディズニーランドのチケットが高い本当の理由!

  • 15749 644
    Evangeline に公開 2021 年 05 月 17 日
動画の中の単語