Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • Words matter.

    翻訳: Madoka Suzuki 校正: Masaki Yanagishita

  • They can heal

    言葉は重要です

  • and they can kill ...

    癒すことも

  • yet, they have a limit.

    殺すこともできます

  • When I was in eighth grade,

    しかし限界があります

  • my teacher gave me a vocabulary sheet

    私が中学2年生のとき

  • with the word "genocide."

    先生が単語シートを配りました

  • I hated it.

    そこには「大量虐殺」と書いてありました

  • The word genocide is clinical ...

    吐き気がしました

  • overgeneral ...

    「大量虐殺」とは 冷たく

  • bloodless ...

    殺される個人を無視した

  • dehumanizing.

    血も涙もない

  • No word

    非人道的な言葉です

  • can describe

    どんな言葉でも

  • what this does to a nation.

    それがどう国に影響するのか

  • You need to know,

    表現することはできません

  • in this kind of war,

    知っておいてほしいことは

  • husbands kills wives,

    このような戦争では

  • wives kill husbands,

    夫が妻を殺し

  • neighbors and friends kill each other.

    妻が夫を殺し

  • Someone

    近所の人や友人が互いを殺し合うのです

  • in power

    ある権力者は

  • says,

    ある権力者は

  • "Those over there ...

    こう言います

  • they don't belong.

    「そこにいるのは

  • They're not human."

    よそ者だ

  • And people believe it.

    人間ではない」と

  • I don't want words

    周りの人はそれを信じるのです

  • to describe this kind of behavior.

    このような行為を表す言葉は

  • I want words to stop it.

    いりません

  • But where are the words to stop this?

    それを止める言葉がほしいのです

  • And how do we find the words?

    しかしその言葉はどこにあるでしょうか

  • But I believe, truly, we have to keep trying.

    どうしたら見つけられるでしょうか

  • I was born in Kigali, Rwanda.

    私が信じているのは 探し続けなければならないということです

  • I felt loved by my entire family

    私はルワンダのキガリで生まれました

  • and my neighbors.

    家族や近所の人からの

  • I was constantly being teased by everybody,

    愛情を感じていました

  • especially my two older siblings.

    私はいつも誰かに 特に兄弟には

  • When I lost my front tooth,

    からかわれていました

  • my brother looked at me and said,

    前歯が抜けたとき

  • "Oh, it has happened to you, too?

    兄は私を見てこう言いました

  • It will never grow back."

    「お前のも抜けたのか

  • (Laughter)

    もう生えてこないぞ」と

  • I enjoyed playing everywhere,

    (笑)

  • especially my mother's garden and my neighbor's.

    私は遊ぶのが大好きで

  • I loved my kindergarten.

    特に母や近所の庭がお気に入りでした

  • We sang songs,

    幼稚園も大好きでした

  • we played everywhere

    歌を歌い

  • and ate lunch.

    たくさん遊び

  • I had a childhood

    ランチを食べました

  • that I would wish for anyone.

    私は誰もにそう過ごしてほしい

  • But when I was six,

    そういう幼少期を過ごしました

  • the adults in my family began to speak in whispers

    しかし私が6歳のとき

  • and shushed me any time that I asked a question.

    家族の大人たちが  ひそひそと話すようになりました

  • One night,

    何か尋ねても 答えてくれませんでした

  • my mom and dad came.

    ある夜

  • They had this strange look when they woke us.

    母と父がやって来ました

  • They sent my older sister Claire and I to our grandparent's,

    私たちを起こしたとき 二人の様子が変でした

  • hoping whatever was happening would blow away.

    姉のクレアと私は祖父母の元へ送られ

  • Soon we had to escape from there, too.

    両親は 今起きていることが なくなればと願っていました

  • We hid,

    すぐに 祖父母の元からも 逃れねばならなくなりました

  • we crawled,

    私たちは 隠れ

  • we sometimes ran.

    這って

  • Sometimes I heard laughter

    時には走りました

  • and then screaming and crying

    笑い声が聞こえたり

  • and then noise that I had never heard.

    叫び声や泣き声

  • You see,

    聞いたことのない音がすることもありました

  • I did not know

    お分かりのように

  • what those noises were.

    私はその音が何なのか

  • They were neither human --

    知りませんでした

  • and also at the same time, they were human.

    人間ではないような

  • I saw people who were not breathing.

    しかし人間のような気もするのです

  • I thought they were asleep.

    息をしていない人を見ました

  • I still didn't understand what death was,

    私は眠っているのかと思いました

  • or killing in itself.

    死が何なのか

  • When we would stop to rest for a little bit

    殺すとは何かを知りませんでした

  • or search for food,

    休憩や

  • I would close my eyes,

    食べ物を探すために 立ち止まると

  • hoping when I opened them,

    私は目を閉じ

  • I would be awake.

    目を開けるときには

  • I had no idea which direction was home.

    悪夢から覚めたいと思いました

  • Days were for hiding

    家がどの方向にあるのかも分からず

  • and night for walking.

    日中は隠れ

  • You go from a person who's away from home

    夜は歩く日々でした

  • to a person with no home.

    家から離れた人の所から

  • The place that is supposed to want you

    家のない人の元へ行くのです

  • has pushed you out,

    自分を受け入れてくれるはずの場所から

  • and no one takes you in.

    追い出され

  • You are unwanted

    誰も受け入れてくれないのです

  • by anyone.

    誰からも

  • You are a refugee.

    必要とされません

  • From age six to 12,

    それが難民です

  • I lived in seven different countries,

    6歳から12歳まで

  • moving from one refugee camp to another,

    7つの国の

  • hoping we would be wanted.

    難民キャンプを転々とし

  • My older sister Claire,

    誰かに必要とされることを 望んでいました

  • she became a young mother ...

    姉のクレアは

  • and a master at getting things done.

    若くして母親になり

  • When I was 12,

    家事上手になりました

  • I came to America with Claire and her family on refugee status.

    12歳のとき

  • And that's only the beginning,

    私はクレアとその家族と 難民としてアメリカにやって来ました

  • because even though I was 12 years old,

    これは始まりにすぎませんでした

  • sometimes I felt like three years old

    私は12歳にして

  • and sometimes 50 years old.

    3歳のように感じるときもあれば

  • My past receded,

    50歳のように感じるときもありました

  • grew jumbled,

    過去の記憶は薄くなり

  • distorted.

    確かでなくなり

  • Everything was too much

    歪んでいきました

  • and nothing.

    全てのものが手にあまり

  • Time seemed like pages torn out of a book

    そして 無意味でした

  • and scattered everywhere.

    時間は破りとられたページのように

  • This still happens to me standing right here.

    あちこちに散らばっていました

  • After I got to America,

    ここに立っている今も そのように感じることがあります

  • Claire and I did not talk about our past.

    私がアメリカに来たあと

  • In 2006,

    クレアと私は過去について 話さなくなりました

  • after 12 years

    2006年

  • being separated away from my family,

    家族と離れてから

  • and then seven years knowing that they were dead

    12年後

  • and them thinking that we were dead,

    家族が死んだと知ってから

  • we reunited ...

    そして家族に死んだと思われてから 7年後に

  • in the most dramatic, American way possible.

    再会しました

  • Live,

    それは とてもアメリカらしい ドラマチックな再会でした

  • on television --

    テレビの

  • (Laughter)

    生放送です

  • on "The Oprah Show."

    (笑)

  • (Laughter)

    オプラショーです

  • (Applause)

    (笑)

  • I told you, I told you.

    (拍手)

  • (Laughter)

    言ったでしょう

  • But after the show,

    (笑)

  • as I spent time with my mom and dad

    しかし 番組の後

  • and my little sister

    両親と妹と

  • and my two new siblings that I never met,

    会ったことのなかった兄弟と

  • I felt anger.

    時間を過ごしていましたが

  • I felt every deep pain in me.

    私は怒りを感じていました

  • And I know that there is absolutely nothing,

    深い苦悩がありました

  • nothing,

    私は知っていました

  • that could restore the time we lost with each other

    何を以てしても

  • and the relationship we could've had.

    離れていた時間と

  • Soon, my parents moved to the United States,

    家族の絆を埋めることはできないと

  • but like Claire,

    程なく 両親はアメリカに来ました

  • they don't talk about our past.

    しかし クレアと同じく

  • They live in never-ending present.

    両親も過去について話しません

  • Not asking too many questions,

    終わりのない現在の中を 生きていました

  • not allowing themselves to feel --

    多くを聞かず

  • moving in small steps.

    自身でも感じることを許さず

  • None of us, of course, can make sense of what happened to us.

    おずおずと進みます

  • Though my family is alive --

    私たちは誰も自分の身に何が起きたか 説明できませんでした

  • yes, we were broken,

    私の家族は生きていますが

  • and yes, we are numb

    心は壊れてしまいました

  • and we were silenced by our own experience.

    麻痺し

  • It's not just my family.

    自らの経験によって 沈黙させられました

  • Rwanda is not the only country

    これは私の家族だけの話ではありません

  • where people have turned on each other

    ルワンダだけが

  • and murdered each other.

    互いを裏切り

  • The entire human race,

    殺し合いをした国ではありません

  • in many ways,

    全人類は

  • is like my family.

    いろいろな意味で

  • Not dead;

    私の家族のようなものです

  • yes, broken, numb and silenced by the violence of the world

    死んではいませんが

  • that has taken over.

    支配する 世界の暴力により

  • You see,

    壊れ、麻痺し、黙らされてしまうのです

  • the chaos of the violence continues inside

    つまり

  • in the words we use

    暴力による混沌は

  • and the stories we create every single day.

    私たちが使う言葉や

  • But also on the labels that we impose on ourselves

    日々作り出される物語の中で 続いているのです

  • and each other.

    また自分たちや 他の人に貼っているレッテルにも

  • Once we call someone "other,"

    続いています

  • "less than,"

    誰かを「他人」

  • "one of them"

    「それ以下の」

  • or "better than,"

    「その内の一人」

  • believe me ...

    「より優れている」と言うとき

  • under the right condition,

    信じてください

  • it's a short path to more destruction.

    ある状況の中では

  • More chaos

    破壊への近道になります

  • and more noise

    私たちの知らない 混沌

  • that we will not understand.

    雑音が

  • Words will never be enough

    あるのです

  • to quantify and qualify the many magnitudes

    言葉では決して十分に

  • of human-caused destruction.

    人間が起こした破壊の質と大きさを

  • In order for us

    はかることはできません

  • to stop the violence that goes on in the world,

    そのため 私たちが

  • I hope --

    世界で続いている 暴力を止めるために

  • at least I beg you --

    私は望み

  • to pause.

    そして懇願します

  • Let's ask ourselves:

    立ち止まってみてください

  • Who are we without words?

    自分に聞いてみましょう

  • Who are we without labels?

    言葉がなかったら

  • Who are we in our breath?

    レッテルがなかったら

  • Who are we in our heartbeat?

    呼吸をする 私たちは何者なのか

  • (Applause)

    拍動する心臓を持つ 私たちは何者なのかを

Words matter.

翻訳: Madoka Suzuki 校正: Masaki Yanagishita

字幕と単語

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

A2 初級 日本語 TED クレア 家族 言葉 両親 難民

TED】クレマンタイン・ワマリヤ 戦争とその先にあるもの (戦争とその先にあるもの|クレマンタイン・ワマリヤ) (【TED】Clemantine Wamariya: War and what comes after (War and what comes after | Clemantine Wamariya))

  • 1258 147
    林宜悉 に公開 2021 年 01 月 14 日
動画の中の単語