Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • Why are cities full of uncomfortable benches?

    どうして都市には居心地の悪いベンチがたくさんあるのだろう?

  • This one has armrests to prevent you from dozing off.

    これには、居眠りするのに邪魔になるアームレストがある。

  • Here's anotheragain with the arms, the stiff metal.

    これはまた別のものーまたもや、金属性の固いアームがある。

  • And this oneit's brand new.

    それからこれ、かなり新しい

  • The MTA in New York began installing them as part of a subway enhancement plan.

    ニューヨークのメトロポリタン・トランスポーテーション・オーソリティは地下鉄の増進プランの一部として、この椅子を設置し始めた。

  • And they don't call it a bench.

    彼らはそれをベンチと呼びたがらない。

  • They prefer the term "leaning bars".

    むしろ「寄りかかりバー」と定義したいそうだ。

  • So what if i told you it was designed with discomfort in mind?

    居心地が悪いことを考えながらデザインしたと言ったとしたらどうだろう?

  • New York City is filled with some of the most innovative architecture and urban planning in the world.

    ニューヨークシティは、世界でも最先端の建築物や都市化計画で溢れている。

  • Today, nearly every kind of public space here has been developed with close attention to detail.

    今日では、公共スペースのほとんどが、詳細に気を配り開発されています。

  • So these benches are no mistake.

    だからこれらのベンチは間違いではありません。

  • They are designed to allow you to sit but not get too cozy.

    座ることはできますが、快適になりすぎないようにデザインされています。

  • And that's intentional.

    そしてそれは意図的です。

  • The concept stems from a school of thought that goes by many names, but today we'll use "defensive design".

    そのコンセプトは多くの名を持つ思想から生まれましたが、今日は「ディフェンシブデザイン」と呼ぶことにしましょう。

  • Defensive design is about moderating behavior.

    ディフェンシブデザインは節度のある行動についてです。

  • The goal is to limit the ways an object can be misused.

    目標は、対象が間違って使われるのを規制することです。

  • These benches have armrests because that will prevent anyone from laying down.

    これらのベンチにアームレストがあるのは、寝ころばないようにするためです。

  • Their short back is another nod to say, "This bench isn't yours forever."

    短い背もたれは、「このベンチは一生あなたのものではありませんよ」と言っています。

  • This trend is worldwide.

    この傾向は世界で起こっています。

  • And it's not just in the benches.

    そしてそれはベンチだけではありません。

  • When you start looking for defensive designs in New York City, you'll find examples everywhere.

    ディフェンシブデザインをニューヨークシティで探し始めてみると、至る所にその例を見つけることができます。

  • It's the presence of security cameras in subway turnstiles or Times Square.

    地下鉄の回転式改札口やタイムズスクエアなどにあるセキュリティカメラの出現です。

  • It's these spikes on this column, meant to deter birds.

    柱にあるスパイクは鳥よけになります。

  • It's the knobs on these ledges, meant to discourage skateboarders.

    棚部の丸みは、スケートボードをしないようにしています。

  • And there were once sprinklers underneath the awning of this bookstore, to prevent people from sleeping there.

    この本屋の日よけには、かつてスプリンクラーがありました。そこで人が寝ないようにするためです。

  • It's sidewalk barriers.

    歩道バリア

  • It's even these regular streetlights.

    通常の街灯でさえも

  • Yeah, streetlights are probably some of the most recognizable defensive designs.

    街灯はおそらく、ディフェンシブデザインとして最も認識されやすいものだろう。

  • When they surfaced in the 19th-century Western cities, the dynamic of urban life changed.

    19 世紀に街灯が出現したとき、都市生活の動態が変わりました。 

  • Because of them, more people spent time outside at night, which drove economic development and a reduction in crime.

    より多くの人が夜に外で過ごすことで、経済発展が促され、犯罪が減りました。

  • Most hostile architecture tries to influence behavior in a similar way.

    排除アートの多くは同じように行動に影響を与えようとしています。

  • The designs attempt to make public space a bit more hospitable, more ideal.

    デザインは公共スペースをもっと歓迎ムードにして、理想的なものにしようとしています。

  • Defensive designs can deter crime.

    ディフェンシブデザインは犯罪を防止することができます。

  • It can prevent the destruction of public property.

    公共物を破壊するのを防ぐことができます。

  • And it can prevent loitering.

    徘徊を防ぎます。

  • But there is a reason why defensive design is characterized as "hostile".

    しかし、ディフェンシブデザインが「排除」とみなされるには理由があります。

  • Take the example of the leaning bar.

    寄りかかりバーの例を見てみましょう。

  • Disability advocates have a problem with that appearing in the MTA.

    障がい者の代弁者は、メトロポリタン・トランスポーテーション・オーソリティにそれが出現することに問題がありました。

  • One advocate pointed out that "People who travel who have disabilities or just get tired sometimes need a bench to sit on, and not a wall to lean against."

    代弁者の一人は、こう言います。「障害があったり、疲れた人は座るためにベンチが必要です。寄りかかるための壁ではありません。」

  • And while no one likes an uncomfortable bench, these additions mean something more for people who are experiencing homelessness.

    居心地の悪いベンチは誰もが好きでない一方で、これらの設置は特にホームレスを経験している人にとって、何らかの意味を持つ。

  • The United States is currently experiencing a decline in the overall homeless population.

    アメリカ合衆国は現在、ホームレスの総人口が減少しています。

  • But in New York city, the number of homeless people is growing.

    しかし、ニューヨークでは、ホームレス人口の数が増えています。

  • About 1800 people were found to have been sleeping in the subway.

    およそ 1800 人もの人が地下鉄で寝ていることがわかっています。

  • That's because emergency shelter isn't always a viable option.

    それは緊急避難場所がいつも利用できるとは限らないからです。

  • There are several examples of hostile architecture that target people who are homeless.

    これらは、ホームレスの人々を対象とした排除アートの例です。

  • These designs imply that public space is not where homeless people should be.

    これらのデザインは、公共スペースはホームレスの人々がいるべき場所ではないと示しています。

  • As it goes, city planners have a dilemmahow do they design inclusive cities?

    そのことで、都市計画者はジレンマがあります。-包括的な都市をどのようにデザインするか?

  • As for the enhanced subway initiative, the MTA's mock designs highlight new USB ports and electronic signage in stations.

    地下鉄改革イニシアチブに関しては、MTA の擬似デザインが新しい USB ポートと駅の電子サイネージを見所としています。

  • But you won't find any press materials highlighting this uncomfortable bench.

    しかしこの居心地の悪いベンチに焦点を当てているメディアはありません。

  • Excuse me, the "leaning bar".

    すみません、「寄りかかりバー」ですよ。

  • That's because it makes for an uncomfortable discussion about who we design public space for and who gets left out.

    それは、公共スペースが誰のものであるか、誰が排除されるのか、不快な議論を生み出すからです。

Why are cities full of uncomfortable benches?

どうして都市には居心地の悪いベンチがたくさんあるのだろう?

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 Vox ベンチ デザイン 公共 ホームレス 地下鉄

なぜ街は心地の悪いベンチで溢れているのか (Why cities are full of uncomfortable benches)

  • 32383 1106
    Evangeline に公開 2018 年 07 月 16 日
動画の中の単語