Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • Translator: Tomás Guarna Reviewer: Sebastian Betti

    翻訳: Moe Shoji 校正: Yuko Yoshida

  • We lost a lot of time at school learning spelling.

    学校で綴り方を習うのに 私たちは 膨大な時間を費やしてきました

  • Kids are still losing a lot of time at school with spelling.

    今も 子供たちは綴り方の練習に 多くの時間をかけています

  • That's why I want to share a question with you:

    そこで ある問いを 投げかけたいと思います

  • Do we need new spelling rules?

    綴り方を新しくしてはどうでしょうか?

  • I believe that yes, we do.

    私はそれが必要だと思います

  • Or even better, I think we need to simplify the ones we already have.

    もっと言えば 現在の綴り方を 単純化する必要があると思います

  • Neither the question nor the answer are new in the Spanish language.

    この問いとそれに対する答えは スペイン語にとって目新しくはありません

  • They have been bouncing around from century to century

    何世紀にもわたって 議論され続けてきたことです

  • since 1492, when in the first grammar guide of the Spanish language,

    それは1492年にまで遡り 当時 初のスペイン語の文法書において

  • Antonio de Nebrija, set a clear and simple principle for our spelling:

    アントニオ・デ・ネブリハは 綴り方の原則を端的に示しています

  • "... thus, we have to write words as we pronounce them,

    「...それゆえ我々は発音通りに 言葉を書き記し

  • and pronounce words as we write them."

    書き記す通りに 発音せねばならない」

  • Each sound was to correspond to one letter,

    それぞれの音は ひとつの文字に対応し

  • each letter was to represent a single sound,

    それぞれの文字は ひとつの音を表します

  • and those which did not represent any sound should be removed.

    何の音も表さない文字は 取り除くべきなのだと

  • This approach, the phonetic approach,

    このアプローチは 「音声学的アプローチ」で

  • which says we have to write words as we pronounce them,

    発音する通りに書き記す というものです

  • both is and isn't at the root of spelling as we practice it today.

    現在の綴り方は これを元にしつつも そうでない面もあります

  • It is, because the Spanish language, in contrast to English, French or others,

    それというのも スペイン語は 英語やフランス語などとは異なり

  • always strongly resisted writing words too differently

    発音と大幅に異なる表記を

  • to how we pronounce them.

    常に拒んできたためです

  • But the phonetic approach is also absent today,

    しかし音声学的アプローチは 現在は見られません

  • because when, in the 18th century, we decided how we would standardize

    なぜなら 18世紀に 表記の仕方を

  • our writing,

    統一するにあたり

  • there was another approach which guided a good part of the decisions.

    多くの判断の根拠として 他のアプローチが使われたからです

  • It was the etymological approach,

    「語源学的アプローチ」です

  • the one that says we have to write words

    これによると ラテン語やギリシャ語など

  • according to how they were written in their original language,

    語源である言語で 書かれている通りに

  • in Latin, in Greek.

    書かねばなりません

  • That's how we ended up with silent H's, which we write but don't pronounce.

    そのために発音されない 無音の「H」も書き記すのです

  • That's how we have B's and V's that, contrary to what many people believe,

    「B」と「V」があるのもそのためです 意外に思われる方も多いでしょうが

  • were never differentiated in Spanish pronunciation.

    スペイン語の発音で この2文字が 区別されていたことはありません

  • That's how we wound up with G's,

    「G」が厄介なのもこのためです

  • that are sometimes aspirated, as in "gente,"

    「gente(ヘンテ:人々)」では h音を伴うのに

  • and other times unaspirated, as in "gato."

    「gato(ガト:猫)」のように h音を伴わない場合もあります

  • That's how we ended up with C's, S's and Z's,

    「C」「S」「Z」の複雑さも このためです

  • three letters that in some places correspond to one sound,

    これら3文字は 同じ1つの音を表したり

  • and in others, to two, but nowhere to three.

    2つの音であったりしますが 文字は3つも必要ありません

  • I'm not here to tell you anything you don't know from your own experience.

    ここでお話しすることは 皆さん誰しも経験がおありでしょう

  • We all went to school,

    私たちは皆 学校へ通い

  • we all invested big amounts of learning time,

    長い時間を学びに費やしました

  • big amounts of pliant, childlike brain time

    脳がまだ柔軟で幼い頃に 多くの時間を

  • in dictation,

    口述の書き取りや

  • in the memorization of spelling rules filled, nevertheless, with exceptions.

    例外に満ちた文法の規則の 暗記に費やしたのです

  • We were told in many ways, implicitly and explicitly,

    私たちは はっきりと そして暗に こう聞かされてきました

  • that in spelling, something fundamental to our upbringing was at stake.

    綴り方にこそ 成長に不可欠な 何かがかかっているのだと

  • Yet, I have the feeling

    しかし 私はこう思わずには いられません

  • that teachers didn't ask themselves why it was so important.

    先生たちはなぜそこまで重要か 自問しなかったのではないか

  • In fact, they didn't ask themselves a previous question:

    そう 先ほど挙げた問いを 自問しなかったのです

  • What is the purpose of spelling?

    「綴り方の目的は何であるか?」

  • What do we need spelling for?

    「どうして綴り方が必要なのか?」

  • And the truth is, when someone asks themselves this question,

    実のところを言えば 誰かがこれを自問して

  • the answer is much simpler and less momentous

    出てくる答えは私たちが 考えるよりもずっと単純で

  • than we'd usually believe.

    取るに足らないことです

  • We use spelling to unify the way we write, so we can all write the same way,

    綴り方を決めるのは 表記を統一し 誰もが同じように書けるようにするためです

  • making it easier for us to understand when we read to each other.

    それによって互いの文章を読んで 理解をしやすくするのです

  • But unlike in other aspects of language such as punctuation,

    句読点の使い方のような 他の文法事項とは異なり

  • in spelling, there's no individual expression involved.

    綴り方では 個性は表現されないものなのです

  • In punctuation, there is.

    句読法には関係があります

  • With punctuation, I can choose to change the meaning of a phrase.

    句読点の使い方で 語句の意味を変えることができます

  • With punctuation, I can impose a particular rhythm to what I am writing,

    句読点の使い方で 文章に特定のリズムをつけられますが

  • but not with spelling.

    綴り方はそうではありません

  • When it comes to spelling, it's either wrong or right,

    綴り方は 現行の規則に 沿っているか否かで

  • according to whether it conforms or not to the current rules.

    正しいか誤りかが決まるのみです

  • But then, wouldn't it be more sensible to simplify the current rules

    それならば 現行の規則を もっと単純化して

  • so it would be easier to teach, learn and use spelling correctly?

    正しい綴り方を教え 学び 使いやすくすべきではありませんか?

  • Wouldn't it be more sensible to simplify the current rules

    現行の規則を単純化して

  • so that all the time we devote today to teaching spelling,

    綴り方を教えるのに 費やしている時間で

  • we could devote to other language issues

    言語の他の諸問題を教える方が 理にかなっていませんか?

  • whose complexities do, in fact, deserve the time and effort?

    そのような複雑な問題こそ 時間と努力を費やすべきなのでは?

  • What I propose is not to abolish spelling,

    私が提案したいのは 綴り方をなくしてしまうとか

  • and have everyone write however they want.

    皆が好きなように書けば良いと いうのではありません

  • Language is a tool of common usage,

    言語は人々が 共通して使うツールですから

  • and so I believe it's fundamental that we use it following common criteria.

    共通のルールにのっとって用いるのが 基本であると思います

  • But I also find it fundamental

    ですが 同じく基本として

  • that those common criteria be as simple as possible,

    共通のルールはできる限り シンプルであるべきです

  • especially because if we simplify our spelling,

    それというのも こと綴り方を単純化したとしても

  • we're not leveling it down;

    それは水準を下げることには ならないからです

  • when spelling is simplified,

    綴り方が単純化されても

  • the quality of the language doesn't suffer at all.

    言語の質にはまったく影響しません

  • I work every day with Spanish Golden Age literature,

    私はスペインの黄金期の文学を 日々研究しており

  • I read Garcilaso, Cervantes, Góngora, Quevedo,

    ガルシラソやセルバンテス ゴンゴラやケベードの作品を読みます

  • who sometimes write "hombre" without H,

    彼らは「hombre(男)」を 「H」を使わずに書いたり

  • sometimes write "escribir" with V,

    「escribir(書く)」を 「V」を使って書いたりします

  • and it's absolutely clear to me

    はっきりとしているのは

  • that the difference between those texts and ours is one of convention,

    これらと現代の文章との違いは 慣習の違いのひとつだということ―

  • or rather, a lack of convention during their time.

    あるいは 当時慣習がなかった ということです

  • But it's not a difference of quality.

    質の問題ではありません

  • But let me go back to the masters,

    巨匠たちに話を戻しましょう

  • because they're key characters in this story.

    彼らは このお話にとって 重要な登場人物です

  • Earlier, I mentioned this slightly thoughtless insistence

    先ほど 先生たちが 綴り方に関して

  • with which teachers pester and pester us

    ほぼ考えなしに しつこく追及するきらいがあると

  • over spelling.

    私は述べましたね

  • But the truth is, things being as they are,

    しかし 実は 現状を鑑みると

  • this makes perfect sense.

    これは全く理にかなっているのです

  • In our society, spelling serves as an index of privilege,

    私たちの社会では 綴り方が階級の指標となっており

  • separating the cultured from the brute, the educated from the ignorant,

    教養がある者とない者 教育を受けた者とそうでない者を

  • independent of the content that's being written.

    実際に書かれている内容とは 無関係に分けています

  • One can get or not get a job

    「H」を正しく使って綴ったかどうかで

  • because of an H that one put or did not.

    就職できるかが決まることもあるでしょう

  • One can become an object of public ridicule

    誤って「B」を使ってしまったことで

  • because of a misplaced B.

    人々の笑いものに されることもあるでしょう

  • Therefore, in this context,

    ですから このような状況では

  • of course, it makes sense to dedicate all this time to spelling.

    もちろん 綴り方に 時間を割くのもわかります

  • But we shouldn't forget

    ですが 忘れてはならないのは

  • that throughout the history of our language,

    私たちの言語の歴史において

  • it has always been teachers

    綴り方の刷新を進め

  • or people involved in the early learning of language

    知識を伝える上での障壁が 綴り方にあると実感してきたのは

  • who promoted spelling reforms,

    いつも先生たちや

  • who realized that in our spelling there was often an obstacle

    幼少期の言語教育に 携わる人々であったはずです

  • to the transmission of knowledge.

    幼少期の言語教育に 携わる人々であったはずです

  • In our case, for example,

    スペイン語の場合は 例えば

  • Sarmiento, together with Andrés Bello, spearheaded the biggest spelling reform

    サルミエントがアンドレ・ベヨと共に

  • to take place in the Spanish language:

    スペイン語史上 最大の 綴り方の刷新を進めました

  • the mid-19th century Chilean reform.

    19世紀半ばの チリにおける革新です

  • Then, why not take over the task of those teachers

    ならば こうした先人たちの思いを 受け継いで

  • and start making progress in our spelling?

    私たちの綴り方に 進歩をもたらしませんか?

  • Here, in this intimate group of 10,000,

    1万人の仲間が 集まっている この場で

  • I'd like to bring to the table

    議論し始めるに値すると

  • some changes that I find reasonable to start discussing.

    私が考える変更のいくつかを 提案したいと思います

  • Let's remove the silent H.

    無音の「H」をなくしましょう

  • In places where we write an H but pronounce nothing,

    発音をしない「H」を書くのは

  • let's not write anything.

    もう やめましょう

  • (Applause)

    (拍手)

  • It's hard for me to imagine what sentimental attachment

    どんなに思い入れがあっても

  • can justify to someone all the hassle caused by the silent H.

    無音の「H」がもたらす面倒は 正当化されないでしょう

  • B and V, as we said before,

    すでに言及した「B」と「V」ですが

  • were never differentiated in the Spanish language --

    スペイン語では元々 区別されません

  • (Applause)

    (拍手)

  • Let's choose one; it could be either. We can discuss it, talk it over.

    どちらかにすべきです 議論を重ね 話し合えばいいでしょう

  • Everyone will have their preferences and can make their arguments.

    誰もに好みがあるでしょうし 意見があるはずです

  • Let's keep one, remove the other.

    どちらかを残して もう一方を取り除くのです

  • G and J, let's separate their roles.

    「G」と「J」については 役割を分けましょう

  • G should keep the unaspirated sound, like in "gato," "mago," andguila,"

    「G」はh音を伴わない「gato(ガト)」 「mago(マジシャン)」「águila(鷲)」に

  • and J should keep the aspirated sound,

    「J」は 次のような h音を伴う音に使うのです

  • as in "jarabe," "jirafa," "gente," "argentino."

    「jarabe(シロップ)」「jirafa(キリン)」 「gente(人々)」「argentino(アルゼンチン人)」

  • The case of C, S and Z is interesting,

    「C」と「S」と「Z」は 興味深い問題です

  • because it shows that the phonetic approach must be a guide,

    音声学的アプローチが 頼りになるにせよ

  • but it can't be an absolute principle.

    それだけが基準とは ならないためです

  • In some cases, the differences in pronunciation must be addressed.

    発音の違いが問題となる場合もあります

  • As I said before, C, S and Z,

    すでに申し上げた通り 「C」と「S」と「Z」は

  • in some places, correspond to one sound, in others to two.

    1つの音であることもあれば 2つの音であることもあります

  • If we go from three letters to two, we're all better off.

    3つではなく2つの文字に減らせば 状況は良くなると思いませんか

  • To some, these changes may seem a bit drastic.

    こうした変革は行きすぎだと 思う人もいるでしょうが

  • They're really not.

    そうではありません

  • The Royal Spanish Academy, all of language academies,

    スペイン王立アカデミーや 他の言語アカデミーも

  • also believes that spelling should be progressively modified;

    綴り方は徐々に 改変していくべきだと考えています

  • that language is linked to history, tradition and custom,

    言語は歴史 伝統 慣習などに 結びついていますが

  • but that at the same time, it is a practical everyday tool

    同時に日常で使われる 実用的なツールでもあります

  • and that sometimes this attachment to history, tradition and custom

    時には この歴史 伝統 慣習などへの愛着が

  • becomes an obstacle for its current usage.

    今 言語を使う上で 障害になることもあるのです

  • Indeed, this explains the fact

    実際 このことから 歴史的にも

  • that our language, much more than the others we are geographically close to,

    私たちの言語が変化を遂げているのは 私たち自身に基づいてであって

  • has been historically modifying itself based on us,

    まわりの人々の影響を 受けてではないことがわかります

  • for example, we went from "ortographia" to "ortografía,"

    例えば 「ortographia」は 「ortografía」に

  • from "theatro" to "teatro," from "quantidad" to "cantidad,"

    「theatro」は「teatro」に 「quantidad」は「cantidad」に

  • from "symbolo" to "símbolo."

    「symbolo」は 「símbolo」になりました

  • And some silent H's are slowly being stealthily removed:

    無音の「H」には徐々に こっそりと姿を消したものもあります

  • in the Dictionary of the Royal Academy,

    スペイン王立アカデミーの 辞書によると

  • "arpa" and "armonía" can be written with or without an H.

    「arpa」と「armonía」は 無音の「H」があってもなくてもいいのです

  • And everybody is OK.

    誰も問題に思いません

  • I also believe

    また私はこう思います

  • that this is a particularly appropriate moment to have this discussion.

    今こそがこの議論をするのに 非常に適している時期であると

  • It's always said that language changes spontaneously,

    言語は常に気まぐれに 変化するものだと言われています

  • from the bottom up,

    それもボトムアップで

  • that its users are the ones who incorporate new words

    使用者こそが 新たな語彙を取り入れたり

  • and who introduce grammatical changes,

    文法規則の変更を起こしたり するのです

  • and that the authority -- in some places an academy,

    そして権威ある人々は― アカデミーであったり

  • in others a dictionary, in others a ministry --

    辞書であったり 省庁であったり―

  • accepts and incorporates them long after the fact.

    ずっと後になって そうした変化を受容するだけなのです

  • This is true only for some levels of language.

    これは言語の 一定のレベルまでは真実です

  • It is true on the lexical level, the level of words.

    語彙的なレベル 単語レベルではこれは本当です

  • It is less true on the grammatical level,

    文法的なレベルでは あまり当てはまりません

  • and I would almost say it is not true for the spelling level,

    そして綴り方のレベルにおいても 当てはまりません

  • that has historically changed from the top down.

    これは歴史的に トップダウンで決められてきました

  • Institutions have always been the ones to establish the rules

    規則を決めて 変更を提案するのは

  • and propose changes.

    常に機関のほうなのです

  • Why do I say this is a particularly appropriate moment?

    では 今がとりわけ 適した時期であるのはなぜでしょうか?

  • Until today,

    現在まで

  • writing always had a much more restricted and private use than speech.

    書くことは 話すことに比べて より限定的で私的なものでした

  • But in our time, the age of social networks,

    しかし現代の ソーシャルネットワークの時代では

  • this is going through a revolutionary change.

    このあり方は 大きく変わろうとしています

  • Never before have people written so much;

    これほどまでに人々が ものを書き記した時代はありません

  • never before have people written for so many others to see.

    自分が書いたものがこれほどまでに 多くの人の目に触れることもありませんでした

  • And in these social networks, for the first time,

    ソーシャルネットワークの 時代になって初めて

  • we're seeing innovative uses of spelling on a large scale,

    画期的な綴り方を あちこちで目にするようになっています

  • where even more-than-educated people with impeccable spelling,

    完璧な綴り方を身につけた 教養の有り余る人々でさえ

  • when using social networks,

    ソーシャルネットワークを 使うときには

  • behave a lot like the majority of users of social networks behave.

    ソーシャルネットワークの大多数の ユーザーのように振る舞います

  • That is to say, they slack on spell-checking

    つまり スペルチェックはそこそこに

  • and prioritize speed and efficacy in communication.

    コミュニケーションの速さと 効率の良さを優先するのです

  • For now, on social networks, we see chaotic, individual usages.

    今のところ ソーシャルネットワークでは 無秩序な単独の用法が見られるだけです

  • But I think we have to pay attention to them,

    しかし これらに注意を 向ける必要があると思うのです

  • because they're probably telling us

    なぜなら こうした用法は もしかしたら

  • that an era that designates a new place for writing

    書くための新たな場が生まれた時代には

  • seeks new criteria for that writing.

    書くための新たな規則が必要だと いうことなのかもしれないからです

  • I think we'd be wrong to reject them, to discard them,

    そういった用法を 現代の文化的退廃の兆候だとして

  • because we identify them as symptoms of the cultural decay of our times.

    拒絶したり 捨て去ったりしてはいけません

  • No, I believe we have to observe them, organize them and channel them

    観察し 体系的にまとめ 分類して

  • within guidelines that better correspond to the needs of our times.

    時代の需要に対応できる よりよい規則を作るべきなのです

  • I can anticipate some objections.

    もちろん 反論もあるでしょう

  • There will be those who'll say

    綴り方を単純化したら

  • that if we simplify spelling we'll lose etymology.

    語源が失われると 言う人もいることでしょう

  • Strictly speaking, if we wanted to preserve etymology,

    厳密に言えば 語源は 残したくても

  • it would go beyond just spelling.

    綴り方だけではできません

  • We'd also have to learn Latin, Greek, Arabic.

    ラテン語 ギリシャ語 アラビア語を学ぶ必要があります

  • With simplified spelling,

    綴り方を単純化しても

  • we would normalize etymology in the same place we do now:

    語源の普段の居場所は 現在と変わらないでしょう

  • in etymological dictionaries.

    そう 語源辞典の中です

  • A second objection will come from those who say:

    また別の反論には このようなものがあるでしょう

  • "If we simplify spelling, we'll stop distinguishing

    「綴り方を単純化したら 1文字しか綴りの違わないような

  • between words that differ in just one letter."

    単語を区別できなくなるのでは?」

  • That is true, but it's not a problem.

    その通りですが 問題ではありません

  • Our language has homonyms, words with more than one meaning,

    スペイン語には同音異義語や 複数の意味を持つ言葉がありますが

  • yet we don't confuse the "banco" where we sit

    腰掛けるための「banco(ベンチ)」を

  • with the "banco" where we deposit money,

    預金する「banco(銀行)」や

  • or the "traje" that we wear with the things we "trajimos."

    着る「traje(スーツ)」と 「trajimos(持つ)」を混同しません

  • In the vast majority of situations, context dispels any confusion.

    非常に多くの状況で 文脈が誤解を防いでくれます

  • But there's a third objection.

    反論はもう1つあると思います

  • To me,

    私にとっては

  • it's the most understandable, even the most moving.

    一番理解できるもので 感動的ですらあります

  • It's the people who'll say: "I don't want to change.

    このような反論です 「変えてほしくない

  • I was brought up like this, I got used to doing it this way,

    自分はこれで育ち 慣れ親しんだやり方なので

  • when I read a written word in simplified spelling, my eyes hurt."

    単純化された書き言葉なんて 目も当てられない」と

  • (Laughter)

    (笑)

  • This objection is, in part, in all of us.

    この反論はある意味では 誰もが持っているものです

  • What do I think we should do?

    どうしたら良いと思いますか?

  • The same thing that's always done in these cases:

    こうした場合には いつも同じことが繰り返されます

  • changes are made looking forward; children are taught the new rules,

    変化は未来のためになされます 子供たちは新しい規則を学び

  • those of us who don't want to adapt can write the way we're used to writing,

    適応したくない人は 自分のやり方を続ければ良いでしょう

  • and hopefully, time will cement the new rules in place.

    願わくば やがて新しい規則が 主流になるときが来ます

  • The success of every spelling reform that affects deeply rooted habits

    長く根付いた習慣を変える 綴り方の刷新の成功の鍵は

  • lies in caution, agreement, gradualism and tolerance.

    注意深さ 同意 漸進主義 そして寛容さにあります

  • At the same time, can't allow the attachment to old customs

    同時に 古い習慣に固執するせいで

  • impede us from moving forward.

    前進することが 妨げられてはなりません

  • The best tribute we can pay to the past

    過去に払うことのできる 最高の敬意は

  • is to improve upon what it's given us.

    過去が与えてくれたものを 自らの手で改善することです

  • So I believe that we must reach an agreement,

    ですから 私たちは 同意しなければなりません

  • that academies must reach an agreement,

    アカデミーも 同意しなければなりません

  • and purge from our spelling rules

    もはや役に立っていないにもかかわらず

  • all the habits we </