Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • We're not talking about the extreme, most paralysing, regions of despairwhere external medical help is vital.

    極端なことを言っているのではない、最も麻痺している、絶望の領域 - 外部からの医療支援が不可欠な場所。

  • Our target is rather the times when we feel

    私たちのターゲットは、むしろ私たちが感じる時

  • as indicated by Thoreau's phrase

    - ソローの言葉にあるように

  • mired in moods of 'quiet desperation':

    静かな絶望」の気分に浸りながら

  • a large, grey hinterland in which beneath an outward surface of endurance,

    耐久性の外向きの表面の下にある大きな、灰色の後背地。

  • we feel exhausted, close to tears, beyond the sympathetic understanding of others,

    私たちは、他人の共感を超えて、涙に近い疲労感を感じています。

  • easily irritated and daunted by the simplest tasks.

    簡単な作業でイライラしたり、お手上げ状態になったりしやすい。

  • There will probably have been certain triggers for our melancholy:

    私たちの憂鬱の引き金となるものがあったでしょう。

  • an intimate rejection;

    親密な拒絶反応。

  • a humiliation around work;

    仕事周りの屈辱。

  • the growing realisation that the ambitious plans of earlier years have come to very little...

    驕り高ぶる

  • Unfortunately, sadness feels very taboo.

    残念ながら、悲しみはとてもタブーに感じます。

  • Societies tend slyly to insist on cheerfulness.

    社会は陽気さをずる賢く主張する傾向がある。

  • We end up not only struggling, but humiliated that we are in such difficulties.

    結局、苦労しているだけではなく、自分がこんなに苦労していることに屈辱を感じてしまいます。

  • Yet, in truth, there is nothing more natural or routine than grief.

    しかし、実際には、悲しみほど自然で日常的なものはありません。

  • We have so much to feel morose about:

    不機嫌になりそうなことがたくさんあります。

  • simply by virtue of being alive, we will inevitably so often feel badly misunderstood,

    生きているだけでは、どうしても誤解されてしまうことが多くなります。

  • unfairly criticised, overlooked and rejected.

    不当に批判され、見過ごされ、却下される。

  • We will be struck by our own stupidity and appalled by our inner ugliness and cowardice.

    自分たちの愚かさに打ちのめされ、自分たちの内面の醜さと臆病さに愕然とすることでしょう。

  • We will make some shockingly poor decisions,

    衝撃的なほどのお粗末な判断をします。

  • we will let others down

    人を落とす

  • - and will witness those we love suffer and die before ourselves having to give up the keys to life.

    - そして、私たちが愛する人たちが苦しみ、命の鍵を手放さなければならない自分の前に死ぬのを目の当たりにすることになるのです。

  • The reasons for feeling low and demoralised touch more or less every one.

    卑屈になったり、意気消沈したりする理由は、多かれ少なかれ一つ一つに触れています。

  • It is the universalitythe normalityof suffering that makes the sight of small happy children so poignant;

    小さな幸せそうな子供たちの姿がとても印象的なのは、苦しみの普遍性、つまり規範性があるからです。

  • we know, as they cannot yet, how much they are going to suffer

    彼らがどれだけ苦しむかは、まだわからないが

  • we don't know the precise details

    - 詳細は不明

  • but we know that in some way or another a distinctive range of horrors will, in time, befall them.

    しかし、何らかの方法で、あるいは別の方法で、やがて様々な恐怖が彼らに降りかかることがわかっています。

  • Every day, almost without noticing it, we have to fight off a range of incoming powerful reasons not to despair.

    毎日、ほとんど気づかないうちに、絶望しない範囲の強力な理由で入ってくるものを撃退しなければなりません。

  • We rely on an internal engine or muscle of hope to pump out consoling thoughts.

    私たちは、内部エンジンや希望の筋肉に頼って、慰めの思いを汲み取っています。

  • Then one day the task seems too much; the muscle can't take it any more.

    そしてある日、タスクが多すぎるように思えて、筋肉がそれ以上耐えられなくなります。

  • At such times, we need to keep a few ideas in mind:

    そんな時には、いくつかの考え方を頭に入れておく必要があります。

  • For a start, that sorrow is not an individual failing;

    とりあえず、その悲しみは個人の失敗ではありません。

  • it is a basic reality for our entire species.

    それは私たちの種全体の基本的な現実です。

  • We are so extremely sensitive, such fragile constructions, constantly exposed to danger;

    私たちは非常に敏感で、壊れやすい構造物で、常に危険にさらされています。

  • for the most part blind, hopeful without regard to reality and with unquenchable needs for love and sympathy.

    大部分は盲目で、現実を無視して希望に満ちていて、愛と同情の欲求が抑えられない。

  • Our tribulations are a symptom of being human, never just a curse attached to our sliver of existence.

    私たちの苦難は人間であることの徴候であり、決して私たちの存在の片鱗に付けられた呪いだけではありません。

  • Others, who might seem successful, buoyant and composed will travel, at moments they shield us from,

    成功したように見えるかもしれない他の人は、浮かれていると構成された瞬間に、彼らはから私たちをシールドして、旅行になります。

  • to the same places of despair we have been exiled to.

    私たちが追放されたのと同じ絶望の場所に。

  • We live so close to ourselves, we know so much about our private failings, we miss that our flaws are general:

    私たちは自分たちの近くに住んでいるので、私たちのプライベートな欠点を知り尽くしているので、自分たちの欠点が一般的なものであることを見逃してしまいます。

  • present even in the outwardly placid, the beautiful, the rich, and the people next door.

    外見的には平穏な人、美しい人、金持ち、隣の人にも存在しています。

  • If only we could see into their minds, we would feel so much less alone.

    彼らの心の中を見ることができれば、私たちは孤独を感じなくなるでしょう。

  • We are, it's true, sometimes hard to be around.

    私たちは確かに、時には、周りにいるのが難しいこともあります。

  • We're easy to caricature as grumpy and a pain.

    私たちは不機嫌で面倒くさいと戯画化しやすい。

  • But in truth, we're sad rather than mean, anxious rather than bad.

    でも本当は、意地悪というよりは悲しく、悪いというよりは不安なんですよね。

  • It's hard to make our despair sound charming,

    私たちの絶望を魅力的に聞こえるようにするのは難しいですね。

  • to present ourselves in the way that would win us the compassion we so require.

    私たちが必要とする思いやりを獲得する方法で自分自身を提示するために。

  • Yet we're being harder on ourselves than we would be on a friend.

    友人よりも自分自身に厳しくなっている

  • We shouldat the leastaccord ourselves the same degree of forgiveness we wouldn't hesitate to direct to an acquaintance.

    私たちは - 少なくとも - 私たち自身が知人に直接指示することを躊躇しないだろう許しの同じ程度のアコーディオンにする必要があります。

  • In the end, however tempting it is, we can't just abandon our lives.

    結局、どんなに誘惑があっても、人生を捨てるわけにはいかない。

  • There are too many people who rely on us (even if their presence doesn't feel real right now).

    頼りにしている人が多すぎて(今はその存在感がリアルに感じられなくても)。

  • Above all, we don't know the future.

    何より、未来がわからない。

  • It's the other side of our dependence on chance.

    チャンスに依存していることの裏返しです。

  • Things can get slightly better for reasons it's hard to foresee.

    物事は予見するのが難しい理由で少し良くなることがあります。

  • Just as pleasures fade and can seem meaningless in retrospect,

    快楽が薄れていくのと同じように、振り返ってみると無意味に思えることもあります。

  • so pains (at least sometimes) can pass or soften.

    痛みが通るように

  • Things we thought we'd never be able to get over gradually become bearable;

    乗り越えられないと思っていたことが、だんだんと耐えられるようになってきます。

  • we adjust our mental posture, we stoop to accommodate a new reality.

    私たちは精神的な姿勢を調整し、新しい現実に対応するために身をかがめる。

  • Being miserable does not exclude us from the human community.

    惨めであることは、人間社会から排除されることではありません。

  • It's a sure sign that we are very normal

    私たちがごく普通の人間であることは間違いありません

  • - and that life is progressing, in its own dark way, more or less exactly to plan.

    - 人生は暗闇の中で、多かれ少なかれ計画通りに進んでいます。

We're not talking about the extreme, most paralysing, regions of despairwhere external medical help is vital.

極端なことを言っているのではない、最も麻痺している、絶望の領域 - 外部からの医療支援が不可欠な場所。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 悲し 憂鬱 現実 欠点 機嫌 耐え

落ち込むことについて

  • 1337 154
    Ken Song に公開 2018 年 01 月 17 日
動画の中の単語