Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • Translator: Robert Tucker Reviewer: Ariana Bleau Lugo

    翻訳: Claire Ghyselen 校正: Masako Kigami

  • I'm going to speak to you today

    今日お話しするのは

  • about the importance of the dress

    ドレスの重要性と

  • and the complexity that a lot of women

    キャリアウーマンの歴史の中で

  • in the history of women in professions

    多くの女性がドレスに対して感じてきた―

  • have had with it.

    複雑さのことです

  • And I've been thinking about this because of my research on Louise Bethune,

    このことを考えてきたのは

  • my work with Architect Barbie,

    ルイーズ・ベスーンの研究や 建築家のバービー人形を制作したことや

  • and also as a practicing architect.

    さらに現役の建築家であることも理由です

  • I have come to see the dress as a symbol of power,

    そして私は服装を権力の象徴と 見なすようになりました

  • and this power was invented here.

    この権力はここで形作られました

  • So, December 18th marks the 100th anniversary

    この12月18日はルイーズ・ベスーンの

  • of the passing of Louise Bethune,

    100回忌です

  • America's first professional woman architect,

    アメリカ初の女性建築家で

  • and a fellow Buffalo gal.

    バッファロー出身でした

  • Bethune was like many professional women at the time,

    ベスーンは当時の専門職の 女性と同じように

  • in that she faced the prejudice that men around her felt

    周りの男性から偏見の目で 見られていました

  • that she lacked the talent, the intellect,

    彼女には才能や知性もなく

  • and the business acumen for professional life.

    建築家としてのビジネス感覚もないと 思われていました

  • But Bethune also faced an additional prejudice,

    その上 ベスーンがドレスを着ることへの

  • and that was in her dress.

    偏見もありました

  • You see architects in the late 1800's

    1800年代後半の建築家にとって

  • were expected to supervise construction,

    現場監督も仕事のうちでした

  • and because women were confined to wearing dresses at that time,

    当時の女性の装いはドレスに 限定されていたので

  • it was believed by many that they lacked the ability to supervise construction.

    多くの人が女性に現場監督は 無理だと信じていました

  • But supervise construction Louise Bethune most certainly did,

    でもルイーズ・ベスーンは 現場監督を確実にこなしました

  • probably by wearing men's trousers underneath her dress.

    ドレスの下に男性用のズボンでも 履いていたのでしょう

  • Bethune supervised at least a third of her firm's projects over her career,

    ベスーンは事務所が手がけた仕事の 1/3を監督していました

  • and in particular the Hotel Lafayette across the street.

    向かいにあるホテルラファイエットも その一つです

  • Bethune was also a founding member

    ベスーンは全米で最も古い 女性サイクリングクラブの

  • of the Buffalo Women's Wheel and Athletic Club,

    バッファロー 女性自転車アスレチック・クラブの

  • one of the first women's bicycling groups in the United States.

    創設メンバーでもあります

  • Indeed, Bethune was the first woman in Buffalo to own her own bicycle.

    ベユーンはバッファローで 初めて自転車を持った女性でした

  • The Wheelers did a tremendous amount to support the suffrage movement.

    自転車愛好家たちは女性参政権の運動に 大いに尽力しました

  • In fact, Susan B Anthony said that Wheelers had done more

    事実 スーザン・B・アンソニーは

  • for the suffrage movement than anything else.

    自転車愛好家達が一番熱心に取り組んだのは

  • So, women continued to enter the architectural profession,

    女性参政権だと言っていました

  • and they continued to dress fashionably,

    そのため 建築業界で働く女性は増えましたし

  • and by the Civil Rights era, and after, when they had reached critical mass,

    女性のお洒落も続きました

  • they were dressing mostly to suit themselves.

    公民権の時代とそれ以降 働く女性がぐっと増えると

  • And, in general, they were wearing pantsuits --

    自分に似合う服を着るようになりました

  • preferably in black.

    一般的にはパンツスーツ―

  • Now, in 2011, I had the great opportunity to work with my friend and colleague,

    好んで黒を着ていました

  • Despina Stratigakos,

    さて 2011年友人であり同僚の デスピナ・ストラティガコスと仕事をする

  • professor at the UB School of Architecture and Planning,

    素晴らしい機会に恵まれました

  • on the design and launch of Architect Barbie

    彼はニューヨーク州立大学バッファロー校 建築設計学部の教授です

  • in collaboration with Mattel.

    マテルとコラボして 建築家バービー人形の

  • It was the I-can-be career doll of that year.

    企画・発売に携わったのです

  • This doll was immensely popular among its target demographic:

    その年の「私もなれる」職業の人形にも 選ばれました

  • little girls.

    この人形はターゲット層の間で 大きなヒットとなりました

  • But there were some people in the profession who were critical.

    少女達の間でです

  • In general, I dismissed many of these comments, because comments like:

    しかし建築家の中には 批判的な人達もいました

  • "She doesn't wear enough black," and "She's got on too much pink."

    一般的に私はコメントの多くには 取り合いませんでした

  • "She isn't cool enough to be an architect."

    「色合いの黒さが足りない」とか 「ピンクの物を着すぎている」とか

  • All of those in my mind seemed superficial,

    「建築家としてのクールさに欠ける」

  • and they missed the point behind the project,

    私にしてみれば すべて表面的なことでした

  • which was to spread awareness of architecture to little girls.

    それらは 少女に 建築を知ってもらおうという―

  • But there was one group, who criticized the project, that did give me pause,

    プロジェクトの目的に関係ないものでした

  • and this was women of a certain age,

    しかし あるグループからの批判は 私を戸惑わせました

  • those baby boomers and the generation before,

    特定の年齢層の女性―

  • who had worked in the trenches and paved the way for Gen-Xers like me,

    団塊の世代やそれ以前の世代の女性は

  • and the generations that followed.

    第一線で働き 私のような ジェネレーションXやそれ以降の世代のために

  • When women from that generation critiqued the project,

    道を開きました

  • well, that did sadden me.

    その世代の女性達から プロジェクトを批判されると

  • Many of these women felt that the whole idea of Barbie

    私はとても悲しい気持ちになりました

  • stood for every stereotype against which they had fought for so many years,

    バービー人形の発想自体が その世代の女性の多くが

  • and the fact that the doll was wearing a dress,

    長年闘ってきた固定観念を 擁護するものだと受けとめているのです

  • well, no woman would wear a dress to work,

    そしてバービー人形がドレスを着ていたので

  • especially on a construction site, and be taken seriously.

    職場に 特に工事現場に ドレスを着て行ったら

  • So, I closed out 2011 with these two histories on my mind.

    真面目に相手はされないだろう というのです

  • First, the prejudice that Louise Bethune and her contemporaries experienced by men

    私は2つの歴史的出来事を心に刻んで 2011年を締めくくりました

  • who said that because she was confined to a dress, she could not be an architect,

    1つ目は ドレスしか着れないので 女性は建築家になれないという

  • and then contemporary women critiquing a doll in a dress,

    ルイーズ・ベスーンや同時代の女性が 男性から受けた偏見と

  • and saying that that doll represented architects.

    2つ目は ドレスを着た人形で建築家を 表していることに対して

  • And then tragedy struck.

    現代の女性達から非難されたことです

  • On December 30, 2011, I woke up and I could not stand.

    そして悲劇に見舞われました

  • By the end of the day, I was in a hospital ICU on a ventilator

    2011年12月30日 目が覚めても 立ち上がる事ができませんでした

  • and paralyzed from the neck down.

    その日の終わりには 私はICUで 人工呼吸器をつけ

  • I was diagnosed with GuillainBarré syndrome,

    首から下が麻痺していました

  • a neurological, autoimmune syndrome

    ギラン・バレー症候群だと 診断されました

  • that breaks the connection between the brain, the spine and the muscles.

    神経学的な自己免疫疾患で

  • Most people survive GuillainBarré,

    脳と脊髄 筋肉のつながりが壊れる疾患です

  • however, of the few who do succumb,

    ギラン・バレー症候群を発症しても 大半の人は命に別状はありませんが

  • they do so because of complications with the ventilator -- which I was on.

    死に至る人もいます

  • My case was particularly severe.

    人工呼吸器による合併症で 私は大変な思いをしました

  • It is a strange thing

    私の場合は特に重症でした

  • to go from being a vibrant, energetic person

    これは奇妙な体験でした

  • in the prime of her life one day,

    元気でエネルギッシュで

  • to becoming an invalid on life support the next.

    まさに働き盛りだったのに

  • I can tell you that I was filled with deep despair.

    ある日を境に 生命維持装置に頼る病人になるのです

  • However, this story has a happy ending as I stand here before you,

    絶望のどん底でした

  • (Laughter) (Applause)

    しかし 今日ここでお話しできているので 結末はハッピーエンドです

  • but there were moments, I'll be honest,

    (笑)(拍手)

  • when the complications with the ventilator took place,

    ありがとうございます

  • and I thought that those moments, I was going to die.

    (拍手)

  • However, miraculously, glacially, incrementally, I began to recover,

    しかし 正直なところ

  • and when I finally got off the ventilator,

    人工呼吸器の合併症が起きた時には

  • I was able to push my body to make those neurological connections,

    私は死を覚悟しました

  • so I could learn how to walk and talk and feed myself.

    しかし 奇跡的にも ゆっくりと 少しずつ回復し始めました

  • My recovery was isolating and, at times, painful,

    最終的に人工呼吸器を外し

  • but, in general, I was so glad to be alive,

    神経回路をつなぎ直すことができました

  • and I was desperate to get back to being the old Kelly.

    そして私は歩いたり 話したり 食べたりする リハビリをしました

  • You see, 2011 had been the most fulfilling of my career,

    リハビリは孤独で 時に痛みが 伴うものでしたが

  • an I so much wanted to be that person again.

    総じて 私は生きていることを 嬉しく思いました

  • On March 16th, 2012, I was released from hospital,

    以前のケリーに戻ろうと必死でした

  • and when I began to make occasional public appearances,

    2011年は私のキャリアで 最も充実した一年でした

  • especially the rare professional appearance,

    そんな自分に戻りたかったのです

  • I desperately wanted to seem strong and in control,

    2012年3月16日に退院しました

  • even though, as you can see, I was often in a wheelchair,

    そして時折人前に顔を出す時

  • I was frightfully thin,

    特に仕事として人前にでる少ない機会には

  • and I needed my husband's assistance for the basic of skills.

    何としても 回復して万全だと 見られたいと思ってたのですが

  • So, I remember saying to my speech therapist,

    ご覧のとおり 車椅子もよく使っていました

  • I'm an architect, I work in a male-dominated profession,

    私は恐ろしいほど痩せて

  • I am often the only woman in a meeting,

    簡単なことにも夫の介護を必要としていました

  • I cannot sound like a Looney Tunes character.

    言語療法士にこう言った事を覚えています

  • And so also one of the most salient concerns I had was what to wear.

    私は建築家で 男性社会の業界で働いています

  • Because I needed something that looked professional,

    会議では女性は私だけ ということもよくあります

  • yet at the same time I could manage on my own.

    バッグス・バニーみたいには話せません

  • Now, I have always loved the dress.

    (笑)

  • My husband will tell you,

    一番やっかいだったのは何を着るか ということでした

  • for every occasion I have a little black dress,

    仕事場の服装らしくて

  • accompanied by a little red dress, a blue dress, a red dress --

    しかも自分だけで扱える服が必要でした

  • I have all the dresses.

    さて 私はドレスは大好きでした

  • However, I also had an arsenal of suits, power suits,

    夫に聞いたら分かりますが

  • that I would wear to meetings when I wanted to own the room.

    どんなTPOにも合わせられる ちょっとした黒のドレスや赤のドレス

  • The problem, as you may have noticed, is that my hands haven't recovered.

    青のドレスを持っています

  • They may never recover.

    あらゆる種類ですね

  • Zippers are difficult: buttons are impossible.

    また一方で クロゼットには 勝負スーツもたくさん持っていました

  • I needed something that I could wear to work,

    会議を仕切りたい時に 身に着けるようなスーツです

  • that I could manage on my own, if I was going to be in control.

    お気づきかもしれませんが 手の回復が十分ではないのが問題です

  • So, I wore dresses.

    二度と治らないかもしれません

  • I wore dresses for fun, I wore dresses for play and parties,

    ジッパーは難しく ボタンをとめるのは不可能です

  • I wore dresses to work,

    私は仕事に着て行けるものが必要で

  • I even wore dresses on the construction site.

    自分だけで着られる服が必要でした

  • And I have since redesigned Architect Barbie --

    それで 私はドレスを着ました

  • (Applause)

    楽しむ機会にはドレスを着ました 遊びやパーティーの時にドレスを着ました

  • -- to look like a certain architect and, I know, complete in power dress.

    仕事に行くときもドレスを着ました

  • And I think she looks great.

    工事現場にもドレスで行きました

  • But what is a power dress?

    そして建築家バービー人形を デザインし直しました

  • Well, in 1977, John T Malloy

    (拍手)

  • published the groundbreaking book "Dress for Success."

    ちゃんとした建築家が 上から下まで勝負服で決めたような感じです

  • And it was from that book that came the idea of the the power suit.

    素敵だと思います

  • And that power suit was meant

    ではパワー・ドレスとは何でしょうか?

  • for the wearer to convey strength, leadership and skill.

    1977年に ジョン・T・モロイが

  • The power dress does the exact same thing: Allows the wearer to present strength.

    『成功のための服装』という 大ヒット本を出版しました

  • For Louise Bethune the society of Gilded Age America

    パワー・スーツのアイデアは その本からもらいました

  • dictated that she be confined to a dress.

    パワー・スーツとは 着る人の

  • And then those around her,

    力強さやリーダーシップやスキルなどを 伝える服です

  • who either lacked imagination or were threatened by a strong woman,

    パワー・ドレスも同じように 着る人の力強さを引き出すのです

  • used that dictate to limit her abilities

    ルイーズ・ベスーンに対しては アメリカの「金ぴか時代」の社会が

  • in terms of her career ideas and other freedoms.

    彼女にドレスを着るよう命じました

  • But the power behind Louise Bethune was in demanding equality despite the dress.

    すると彼女の周りにいた人達は

  • And the fact that she wore a dress on a construction site, and on a bicycle,

    想像力が足りなかったのか 強い女性が怖いと感じたのか

  • challenged the people around her to rethink what a woman in a dress can do.

    そういう社会の命令をたてに 仕事上のアイデアや

  • Architect Barbie's costume by any adult standard is not a power dress.

    その他の自由について 彼女に制限を加えたのです

  • But that dress is not intended for an adult audience;

    しかしルイーズ・べスーンを後押しした力は ドレスなどに屈することなく平等を求めました

  • it is intended for a 7-year-old girl.

    彼女が工事現場でも 自転車に乗るときも ドレスを着ていたので

  • And the power behind Architect Barbie is in the message:

    改めて周りの人々に ドレスを着た女性は 何ができるかを考えさせました

  • I can be.

    建築家のバービー人形は大人の観点からすれば パワー・ドレスではありません

  • That is: I can be anything I want to be and wear the dress,

    しかしこの服は大人に見せるのではなく

  • or my value is in how I see myself, not how others see me.

    7歳の女の子を対象にしています

  • Indeed, the message behind Louise Bethune, and Architect Barbie,

    建築家のバービーに隠されたパワーは そのメッセージです

  • is that I'm good enough to be what I choose.

    私もなれるということです

  • And as for me, well, I identify with both Louise Bethune and Barbie.

    私はなりたいものになれるし ドレスも着られるということです

  • At this point in my life and my career,

    私が自分を見る時の価値観が大事で 他の人がどう見るかではないのです

  • I'm limited in certain choices because of my disability.

    ルイーズと建築家のバービーの 背後にあるメッセージは

  • But, as I emerge from my cocoon,

    私はなりたいものを選択できる 能力があるということです

  • I'm able to pursue my professionalism with grace and dignity,

    私にとってはルイーズ・ベスーンも バービーも同じなのです

  • because of the dress,

    私の人生とキャリアの現時点で

  • and the lessons I have learned from Louise Bethune and Architect Barbie.

    私には障がいによってできないこともあります

  • We three, all blondes, I might add,

    しかし 私は自分の繭(まゆ)から出て

  • and the power dress were invented here in Buffalo, New York.

    感謝と尊厳を持って専門的技術を 追求したいと思います

  • Thank you very much.

    ドレスから

  • (Applause)

    ルイーズ・ベスーンと建築家バービー人形から 私が学んだことです

Translator: Robert Tucker Reviewer: Ariana Bleau Lugo

翻訳: Claire Ghyselen 校正: Masako Kigami

字幕と単語

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 ドレス 建築 バービー 女性 ルイーズ バッファロー

【TEDx】The power dress: Kelly Hayes-Mcalonie at TEDxBuffaloWomen

  • 144 20
    zouyuebing に公開 2018 年 01 月 14 日
動画の中の単語