Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • Hey everyone, it's your girl Jenn

    みなさんこんにちは、Jennです。

  • and here I am with a new episode of favorites.

    お気に入りのものについての新しいエピソードです。

  • As you guys know, September is over and I'm so gutted

    みなさん知っているように、9月が終わってしまったのが・・とても悲しくて・・

  • because my birthday month is officially gone,

    というのも誕生月が本当に終わってしまって、

  • now I gotta wait another year,

    これからまた1年待たないと・・・

  • but regardless I'm gonna just run down

    でも、とりあえず

  • the best of the best of September

    9月のよかったものについて話そうと思います。

  • and if you're new here,

    そして、もしもまだ、(私の動画を)見始めたばっかりであれば

  • make sure you're subscribed to my channel.

    チャンネル登録してくださいね。

  • The button is down below

    ボタンは下にあります。

  • and now that we're done with the intro,

    イントロはさておき

  • let's get right into it.

    さっそくやっていきましょう。

  • I'm gonna kick things off with a fashion favorite first.

    ファッションのお気に入りから始めたいと思います。

  • If you have seen my 24 hours in New York vlog,

    もし、私の"24hours in New York" の vlogを観ていたら

  • then you know that I did this really rushed shopping trip

    Reformation で、すごく急いで買い物をしていたのを知っていると思うんですが

  • at Reformation.

    00:00:38,940 --> 00:00:40,340 すごくお気に入りのお店なので

  • It is one of my favorite stores

    そこで、全身新しい服を買ってきました。

  • and I got this entirely new outfit.

    そのひとつが、このレザーのベレー帽ですが、

  • One of the pieces included this leather beret

    今とにかくこれにはまっています。

  • and I have just been obsessed.

    この帽子はちょうどいい感じでどんな服装にもエッジを足してくれて

  • It really adds that perfect amount of edge to any look,

    正直に言うと

  • and I honestly think that this

    秋冬の新しい ”it" なヘッドアクセサリーだと思います。

  • is the new it head accessory for fall and winter.

    ってちょっと言ってみただけなんですけど

  • I'm just saying.

    そうなると思います。

  • I'm calling it out.

    たくさんのデザイナー達のそれぞれ独特な味を出した帽子をみてきて、

  • I'm seeing a lot of designers put their own spin to it,

    例えば私が知っている中ではDiorの美しいレザーのベレー帽とかあるけれど、

  • like I know Dior has a beautiful leather beret,

    私は本当にこのReformationの帽子がお気に入りです。

  • but I'm just really happy with my Reformation one.

    今月のコスメは、ディオールのこの色のリップスティックがお気に入りです

  • For my beauty favorite, I have this lip color by Dior.

    Rolling というカラーで

  • It is called Rolling.

    このカラーににぴったりの名前だと思います

  • And honestly, this name is so fitting for this product

    名前のとおり、リップによく馴染むカラーで

  • because it literally just rolls onto the lips.

    とてもなめらかで、しっとりしてます

  • It's such a smooth, moisturizing formula

    ヌーディなサーモンカラーが素敵です

  • and it's in this gorgeous nude, salmon shade.

    Sultry Fall Makeupの動画でも使っているので

  • I used this in my sultry fall makeup look

    また見てない人は、ぜひチェックしてみてくださいね

  • so if you haven't seen that video, check out the cards.

    あと、このリップスティックはもちがいいので

  • I also love that this formula is super low maintenance.

    何度も何度も塗りなおさなくても

  • You don't have to worry about reapplying

    大丈夫だし

  • it over and over again.

    一日中つけていても、唇に

  • And as the day goes on, it doesn't leave that like,

    こう、変なラインがつかないのがいいですよね

  • line on your lips.

    確か“お尻の穴っぽい唇”とか呼ばれてたと思うんだけど、

  • I believe it's called butthole lips,

    たぶん唇を尖らせたときに

  • because like when you pucker up,

    お尻の穴みたいなラインが

  • it'll just have like that weird, you know,

    ついちゃうことがあるから

  • butthole effect.

    このリップスティックは そんな風になる心配がないので

  • This product doesn't do that

    お気に入りです

  • which is nice.

    今まで“お尻の穴みたいな唇”になっちゃったことが何度もあるから

  • I have been a victim of butthole lips just too many times

    そうならないコスメを使うようにしています

  • so I'm tryna stick with products that don't do that.

    では次は、今月お気に入りの本の紹介にいきましょう

  • Alright, so let's jump into some book favorites.

    まずは“デスノート”です

  • Here I have Death Note.

    これは、兄のジェームスからのプレゼントで

  • This is a gift that my big brother James got me,

    実は、デスノートは

  • and I am so happy he did this,

    私が初めて読んだマンガがなので

  • because this is like the first manga

    プレゼントしてくれてとても嬉しかったです

  • I've ever read in my life.

    私が小さかった時、ジェームスはたくさんマンガを持っていたので

  • Growing up, James had this huge collection of just mangas

    マンガについてとても詳しかったんです

  • and it was just kind of his thing.

    韓国語バージョンのものもたくさんあったし、読んでみようとはしたんだけど

  • I tried to read them, but a lot of them were in Korean too.

    とくにジェームスはドラゴンボールZが好きで

  • He had like this crazy Dragon Ball Z collection,

    韓国語は読めるんだけど、その中に

  • and I could read Korean, but there are a lot of words

    音的には正しくは読めるけど

  • that I can sound out phonetically,

    どういう意味か分からない擬音語もあったんです

  • but I don't know what they mean.

    っていうのは置いといて、これは英語バージョンで

  • So, anyway, this is obviously in English

    兄が選んでくれたこの本は

  • and I'm so happy that he's kind of like introducing me

    またマンガの世界に足を踏み入れるのに

  • into the manga world because this was like

    ぴったりな一冊で、とても嬉しかったです

  • the perfect book to start out with.

    このマンガは、ライトという高校生が主人公で

  • So this book is about a high schooler named Light

    ライトは、謎の

  • and he stumbles across this like really mysterious

    不思議なノートに出会い、そしてこのノートは

  • and magical notebook where you can kill people

    誰かの名前を書いて、その人の顔を思い浮かべると

  • by writing their first, last name

    その人を殺してしまうことができるんです

  • and visualizing their face.

    ライトは、リュークという死神について回られるんだけど

  • And he is shadowed by a death god named Ryuk

    リュークが可愛くって

  • and Ryuk is just so cute.

    初めのほうは

  • At first I was kinda like,

    凄く変やつだなと思っていたんだけど

  • oh, he's kinda creepy,

    独特の癖とか

  • but just like, seeing his mannerisms

    人間に惹かれる様子が

  • and his fascination with humans,

    とても可愛いなと思うようになりました

  • it just makes him really endearing.

    ライトの使命は、犯罪者だらけのこの世界を

  • So Light's mission is just to purify the world

    浄化することで、このデスノートを使って

  • of criminals, so he starts just like killing off criminals

    犯罪者たちを殺していくんです

  • in the death note.

    けど、警察は事件として調査し始めて

  • But unfortunately, the cops see this as like,

    というのも、悪者を殺そうが善人を殺そうが

  • an issue because murder is murder whether

    殺人は殺人だし

  • you're murdering a bad guy, you're murdering a good guy.

    誰かを殺しているわけだから

  • You're still killing someone,

    警察がこの事件の犯人捜しを始めるんだけど

  • so they're tryna find this mysterious killer,

    それが面白いんですよね

  • and it's just really interesting.

    こういうストーリーを今までに読んだことがなかったんです

  • I've never read a plot line like this.

    いま読んでいるボリューム1の2冊目を早く読み切りたいし

  • Can't wait to finish the second book in volume one,

    たぶん、そのあとに

  • and then after I guess I'm just gonna have

    全シリーズを少しずつ買っていくと思います

  • to start buying the rest of the collection.

    マンガを読んだことのない人には、すごくおすすめで

  • I highly recommend it if you have never read a manga,

    はまっちゃうくらい面白いお話です

  • definitely a really cool storyline to get sucked into.

    次のお気に入りは、シェリル・ストレイドの”わたしに会うまでの1600キロ"です

  • My next book favorite is called Wild by Cheryl Strayed.

    この本は、お母さんがおすすめしてくれたんですが

  • This was recommended to me by my mom,

    今までお母さんに本をおすすめされたことがなかったので

  • and she never recommends me to read anything

    もちろん、お母さんがこの本をおすすめしてくれた時は

  • so of course, when she told me to read it,

    すぐに、「読んでみるね!」って感じで、キンドルにダウンロードしたんですが

  • I was like okay, so I downloaded it on my Kindle,

    読んでよかったなと思います

  • and I am so happy that I read it.

    いい影響を与えてくれるお話ですね

  • It is such an inspiring story.

    シェリルの回顧録なんですが

  • It is a memoir of Cheryl,

    たくさんの不運な出来事が彼女の身に起こるのですが

  • and just a lot of unfortunate things happen to her,

    それがきっかけで自暴自棄な生活を送ってしまうんです

  • which caused her to lead kind of a reckless life.

    でも、26歳になったときに

  • But when she turns 26,

    自分の人生を取り戻そうと

  • she decides to just get a hold of her life

    パシフィック・クレスト・トレイルを踏破することを

  • and she decides to go on this crazy hike,

    決断するんです

  • the Pacific Crest Trail.

    もちろん、これは

  • And, this is not like, you know,

    5キロのハイキングとかいう簡単なものではないんです

  • just a three mile hiking trail.

    すごく厳しい道のりを

  • This is a really intense hike,

    1600km以上歩き通すのですが

  • 1,000+ miles on crazy terrain,

    シェリルがたった一人で成し遂げたということが凄いですよね

  • and the crazy thing of all is she does it by herself.

    シェリルはこの旅を通して自分自身のことがわかって

  • She learns a lot about herself

    この自叙伝を読むと、私も

  • and it kind of inspired me to want

    バックパッカーになってみたいなという気持ちになります

  • to go backpacking as well.

    やってみたことはないけど

  • I've never done anything like that before

    自然は大好きだし

  • and I love nature

    シェリルの旅の様子や、心の傷が癒えていく様子は

  • and it was really inspiring for me to read her story

    とても素晴らしかったです

  • and see how this whole journey just kind of healed her.

    シェリルが次に何をするのか知りたくなるし、

  • You want to know what she's doing next

    こうやって女性が、自分一人で何かを成し遂げる姿は

  • and it's just really cool to see like a woman,

    とてもかっこいいと思います

  • a strong woman do this on her own, and yeah.

    本当におすすめの一冊です

  • I highly recommend it.

    次は、今月お気に入りの映画です

  • Next up, I have my film favorite.

    ベンとジェームスと映画館に行って

  • So, Ben, James, and I went to the theaters

    観たのがこの”It"

  • and we saw the movie It.

    普段はホラー映画は観ません

  • Normally, I don't watch horror films.

    ホラー映画をあまり観ないようにしているのは

  • I steer clear from them because

    想像力が豊かなので

  • I just have like a very active imagination,

    一度でも怖いシーンを見てしまうと、それが生涯つきまとうんです

  • so like once I see a scary image, it's with me for life.

    ふとした時にそのシーンが頭に浮かんで、

  • And I end up like, they end up popping in my head

    それも最悪なタイミングで

  • at like the worst times,

    例えば目を閉じて顔を洗っているときとか

  • like when I'm washing my face and closing my eyes.

    もう、最悪です

  • It's just bad.

    今でも覚えているのが、子どもの頃

  • I remember when I was a kid,

    ”It” が初めて公開されたとき

  • when it first came out,

    文字どおり、この映画が

  • like I literally thought that It

    この世で一番怖いと思いました

  • was the most terrifying thing in the world.

    でも今回リメイクされたので、もう一回観たいなと思って…

  • But something about the remake made me wanna re-watch it.

    たぶん懐かしかったんだと思います

  • I think maybe it's like the nostalgia factor,

    それに、リメイク版はそんなに怖くないとも聞いていたし

  • also I heard I heard it wasn't that scary.

    それで、

  • And so,

    映画館に行ったのですが、3人ともこの映画が好きになりました

  • I went into the theater and we all ended up loving it.

    たぶん、本来は面白いものを

  • I think it's because they put in pieces

    少しずつピースに分けて

  • of like really hilarious moments

    ホラーの要素に取り入れていたからだと思います

  • just to break apart the horror.

    だって、最初から最後までただ怖いだけの映画は

  • 'Cause if it's just like a scary movie all around,

    私は耐えられない

  • like it's just too much for me.

    ちょっとした幸せとかを感じられる要素が

  • Like you gotta give me like some sort of nugget of happiness

    ホラー映画にないと

  • in a film.

    もし奇怪現象とかが大丈夫なら

  • And if you can handle like, Stranger Things,

    絶対、この映画は観れますよ

  • you can definitely, definitely watch It.

    ピエロが苦手じゃない限り、大丈夫です

  • Unless you have like a giant fear of clowns.

    この映画は、ある町に住む

  • So the film is about a story of seven children living

    7人の子ども達のお話で、27年ごとに

  • in this town and every 27 years,

    現れるペニーワイズというピエロが

  • this clown named Pennywise comes out

    この町に住む子ども達を次々に殺していくんです

  • and tries to kill as many kids as he can.

    そして凄いのが、このピエロはそのままでも怖いのに

  • And the crazy thing is, even though he's like really scary,

    相手が一番恐れているものに変化するという

  • he also has the ability to transform

    力を持っているんです

  • into your deepest, darkest fear.

    そう、それでこの映画はまだ劇場公開中なので

  • So yeah, it's still out in theaters right now.

    もし大ヒット作が観たいという人には

  • I highly recommend you go watch it

    とてもおすすめの映画です

  • if you just want like a really fun Blockbuster hit.

    今月最後のお気に入りは、ポッドキャストです

  • My last favorite is a podcast.

    ”オプティマム リビング デイリー”と言って

  • It is called Optimal Living Daily.

    友達のエイミーから教えてもらいました

  • And this was recommended by my friend Amy,

    エイミーは"バガボンド ユース”という名前でも知られていますね

  • a.k.a Vagabond Youth.

    エイミーはいつも色々おすすめしてくれて

  • I honestly get so many recommendations from her,

    ちょっとした歩く辞書みたいな感じです

  • because she is like a little pod of knowledge.

    先月のお気に入り紹介のビデオでも

  • I believe in like, my last favorites video I talked about

    エイミーが紹介してくれた本について話したはず

  • a book that she recommended.

    そう、エイミーのチャンネル登録もぜひしてくださいね