Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Hi! I'm Mike, this is Crash Course Mythology and today,

    こんにちは!マイクです、クラッシュコース神話と今日は。

  • we're going to talk about something that's almost impossible to avoid when discussing creation myths: Sex.

    私たちは、創造神話を議論するときに 避けることがほとんど不可能なことについて 話をするつもりです。セックス

  • Or, more specifically, sexual reproduction. It's going to be a little awkward.

    というか、もっと言えば、性の生殖。ちょっと気まずいことになりそうです。

  • Stop covering your ears Thot, you're gonna be fine! You can handle it. We can all handle it.

    耳を塞ぐのはやめろ、ソット、大丈夫だ! 大丈夫だ私たちは皆、それを処理することができます。

  • We're all adults and after all, sexual reproduction is how all of us got to be here!

    私たちはみんな大人だし、結局のところ、性の生殖は私たち全員がどうやってここまで来たのか!?

  • Well, maybe not Thot who was born of Seth's skull? Ew.

    まあ、セスの頭蓋骨から生まれたトットじゃないかも?うわー

  • But for the rest of us, it probably makes sense that a lot of cosmic creation myths often invoke sexual reproduction.

    しかし、それ以外の人にとっては、宇宙の創造神話の多くが性的な生殖を呼び起こすことが多いのは、おそらく理にかなっているのでしょう。

  • Still, cosmic sexual reproduction is a little different, and sometimes a lot weirder than human sexual reproduction.

    それでも、宇宙の性生殖は、人間の性生殖とは少し違っていて、時には人間の性生殖よりも奇妙なこともあります。

  • Well, I meandepending on what you're into of course.

    つまり...あなたの趣味にもよるけど

  • [Theme Music]

    [テーマ曲]

  • So let's ease into this with a little latin. Sexy, sexy latin.

    では、少しラテン語を使って気楽にやってみましょう。 セクシーでセクシーなラテン語

  • So, you know how when you grow plants, they come from seeds? Well in latin, the word for "seed" is "semen."

    植物を育てる時には種から生まれるって知ってる?ラテン語で "種 "は "精液 "だ

  • Which is why a man's seminal fluid is also sometimes called his seed.

    それが男の精液が種と呼ばれる理由です。

  • The idea of something growing from a seed is a logical analogy to creation but,

    種から何かが成長するという考えは、創造への論理的な類推ではあるが

  • multiple godly fluids seem to be fertile, as we'll see in an Egyptian creation myth.

    エジプトの創造神話で見られるように、複数の神々の液体は肥沃であるように見えます。

  • In one of the many versions of the Egyptian creation story, the creator god says:

    エジプトの創造物語の多くのバージョンの一つで、創造主の神は言う。

  • "I fulfilled all my desires when I was alone, before had appeared a second to be with me in this place;

    "私は一人でいたとき、私はすべての私の欲望を満たした、前に、この場所で私と一緒にいるために第二に登場していた。

  • I assumed form as that great soul wherein I started being creative while still in the primeval waters in a state of inertness...

    原始の水の中で不活性状態のまま創造を始めた、あの大いなる魂を形にしたのだ...。

  • so it was I who spat forth Shu and expectorated Tefnut..."

    "私がシュウを吐いてテフナッツを吐いたのは..."

  • So, honestly, that sounds a lot more like saliva. At least in translation. But the image becomes clearer in a later part of the myth, when the god relates:

    正直言って、唾液のように聞こえます。少なくとも翻訳ではしかし、そのイメージは神話の後の部分で、神が語るときに、より明確になる。

  • "When I rubbed with my fist my heart came into my mouth in that I spat forth Shu and expectorated Tefnut."

    "こぶしでこすると心が口に入ってきて" "シュウを吐いてテフナッツを吐いた"

  • Thankfully this myth isn't actually... explicit, in what the gods are doing, and the... anatomy is obviously a little strange,

    ありがたいことに、この神話は実際には... 神々が何をしているのか明確ではないし、 それに...解剖学的には明らかに少し奇妙だ。

  • but here's a god, alone, fulfilling his desires, and rubbing with his fist.

    しかし、ここには神がいて、一人で欲望を満たし、拳でこすっている。

  • With the result that two new figuresalso godsare created.

    その結果、新たに2人の神々が誕生しました。

  • It's not Shakespeare-level body, but neither is it Disney Channel material, right?

    シェイクスピアレベルの体ではないけど、ディズニーチャンネルのネタでもないよね?

  • Notice that the creator god here is alone, and also presumably male.

    ここでの創造主の神は一人であり、また、おそらく男性であることに注意してください。

  • This may suggest a patrilineal culture since creation occurs without a female presence.

    創造は女性の存在なしに行われるので、これは父系文化を示唆しているのかもしれません。

  • The story of Mbombo's creation, from the Boshongo Bantu people in Africa, is remarkably similar.

    アフリカのボソンゴ・バンツー族から見たムボンボの創造の物語は、驚くほど似ている。

  • Including water, a solitary creator, and best of all, vomiting. It's a banner day for bodily fluids here at Crash Course.

    水、孤高のクリエーター、そして何よりも嘔吐を含む。 今日は体液の日ですここクラッシュ・コースでは。

  • In the beginning, in the dark, there was nothing but water, and Mbombo was alone.

    最初の頃は、暗闇の中には水しかなく、ムボンボは一人だった。

  • One day Mbombo was in terrible pain. He retched and strained and vomited up the sun.

    ある日、ムボンボはひどい痛みに襲われた。 喉が渇いて苦しくなり、太陽を吐いてしまいました。

  • After that, light spread over everything. The heat of the sun dried up the water until the black edges of the world began to show.

    その後、すべてのものに光が広がった。太陽の熱で水が乾き、世界の黒い縁が見え始めました。

  • Black sandbanks and reefs could be seen. But there were no living things.

    黒い砂州や岩礁が見えた。しかし、生き物はいませんでした。

  • Mbombo vomited up the moon, and then the stars, and after that the night had its light also.

    ムボンボは月を吐いて、次に星を吐いて、その後、夜にもその光がありました。

  • Still, Mbombo was in pain. He strained again and nine living creatures came forth. Last of all, came man.

    それでもムボンボは苦しんでいた。彼が再び力を入れると、9つの生き物が出てきた。最後に人間が出てきた。

  • Again, we have a solitary man creating the world using his body and bringing it forth after being in terrible pain.

    またしても、孤独な男が自分の体を使って世界を創造し、ひどい痛みの後にそれをもたらしているのです。

  • Which is possibly an analog to female childbirth.

    女性の出産に近いものかもしれません。

  • And speaking of pain, few myths involve more of it than the Greek creation story involving Aphrodite. I mean this myth just has it all.

    そして、痛みといえば、アフロディーテを含むギリシャの創造の物語よりも多くの痛みを伴う神話はほとんどありません。この神話には全てが詰まっている

  • Water, genitals, violence, creation, armored giantsreally just the whole completely horrifying megillah.

    水、性器、暴力、創造、装甲された巨人......本当に完全に恐ろしい巨人。

  • Here's the version found in Hesoid's Theogyny.

    ヘソイドの神学で見つけたバージョンはこちらです。

  • "Great Heaven came, bring on the night and desirous of love, he spread himself over the Earth, stretched out in every direction.

    "大天が来て、夜をもたらし、愛を求めて、彼は自分自身を地球上に広げ、あらゆる方向に伸ばした。

  • His son Chronos reached out from the ambush with his left hand, with his right he took a huge sickle with its long row of sharp teeth, and quickly,

    彼の息子クロノスは左手で待ち伏せから手を伸ばし、右手で鋭い歯の長い列を持つ巨大な鎌を手にして、素早く手を伸ばした。

  • cut off his father's genitals, and flung them behind him to fly where they might.

    父親の性器を切り落として後ろに放り投げて飛んでいきました

  • They were not released from his hand to no effect: for all the drops of blood that flew off were received by the Earth, and as the years went round, she bore the powerful Erinyes,

    飛び散った血の滴はすべて地球に受け取られ、年を重ねるごとに、彼女は強力なエリニェスを産んだ。

  • and the great Giants in gleaming armor with long spears in their hands, and the nymphs whom they called Meliai on the boundless earth.

    煌びやかな鎧に身を包んだ偉大な巨人たちが長い槍を手にし、無限の大地でメレアイと呼ばれたニンフたちがいた。

  • As for the genitals, just as he first cut them off with his instrument of adamant, and threw them from the land into the surging sea,

    性器については、彼が最初に、彼のアダマンの道具でそれらを切り落としたように、そしてそれらを陸から波立つ海の中に投げ捨てた。

  • even so they were carried on the wave for a long time. About them a white foam grew from the immortal flesh and in it, a girl formed.

    それでも彼らは長い間、波に乗せられていた。彼らの周りには、不死身の肉から白い泡が生え、その中に少女ができた。

  • First she approached holy Cythera, and then from there she came to sea-girt Cyprus.

    最初に彼女は神聖なCytheraに近づき、そこから彼女は海のスカートキプロスに来ました。

  • And out stepped a modest and beautiful goddess, and the grass began to grow all round beneath her slender feet.

    そして、控えめで美しい女神が出てきて、彼女の細い足の下には草が一面に生え始めました。

  • Gods and men call her Aphrodite, because she was formed in foam, and Cytherea, because she approached Cythera,

    神々と人は彼女を泡の中で形成されたことからアフロディーテと呼び、シテレアはシテレアに近づいたことからシテレアと呼んでいます。

  • and Cyprus-born because she was born in wave-washed Cyrpus, and 'genial', because she appeared out of genitals."

    とキプロス生まれの彼女は波動のあるキュルプスで生まれ、性器から出てきたので「ジェニアル」。"

  • Side-note: I need to stop using the word genial as an adjective.

    余談:「genial」という言葉を形容詞として使うのはやめた方がいいですね。

  • And there you have it ladies and gentlemen, violent castration begets a word meaning "friendly" or "cheerful", and the goddess of love.

    暴力的な去勢は「友好的」「陽気」という意味の言葉を生み、愛の女神が誕生しました。

  • Well, one goddess of love. There are lots of others, and we'll see more of them in later episodes on pantheons.

    まあ、愛の女神が一人。他にもたくさんいるし、パンテオンについては後のエピソードで見ていきましょう。

  • But enough about saliva and vomit and bleeding testicles and other horrifying things that can potentially be read as semen,

    唾液や嘔吐物、睾丸の出血、そして精液と読める可能性のある他の恐ろしいものについては十分だ。

  • let's turn to that other important part of sexual reproduction: the egg.

    性的生殖の重要な部分である卵子の話をしましょう。

  • A number of cultures have creation myths that feature something called a cosmic egg.

    多くの文化には、宇宙の卵と呼ばれるものを特徴とする創造神話があります。

  • In one Indian creation myth, found in the Satapatha Brahmana, the creator god, in this story called Prajapati, forms a cosmic egg after creating water.

    サタパタ・ブラフマーナにあるインドの創造神話では、創造主である神は、プラジャパティと呼ばれるこの物語の中で、水を創造した後、宇宙の卵を形成しています。

  • Out of which this egg come various creatures, but most importantly, the Earth and the rest of the universe, which, confusingly, is also water.

    この卵から様々な生き物が出てきますが、最も重要なのは、地球と宇宙の残りの部分で、紛らわしいことに、また水です。

  • One translation from the 19th century puts it this way:

    19世紀のある翻訳では、このように表現しています。

  • "He desired, 'May I be reproduced from these waters!' He entered the waters with that triple science. Thence an egg arose. He touched it.

    "この水から再生されますように "と願っていた。"彼は三重の科学で水の中に入ったそこから卵が生まれた彼はそれに触れた。

  • 'Let it exist! let it exist and multiply!' so he said. From it the Brahman was first created."

    それを存在させてください!それを存在させて増殖させてください!」と彼は言いました。そこからブラフマンが最初に創造された。

  • "And that which was the shell became the earth. [...] The juice which flowed from it became a tortoise [...]

    "甲羅だったものが地となった。[....] そこから流れ出る汁は亀となった [....]

  • This whole (earth) dissolved itself all over the water: all this (universe) appeared as one form only, namely, water."

    この全体(地球)が水の上に溶けて、この(宇宙)のすべてが一つの形、すなわち水として現れた。"

  • So that is... confusing. And also... wet. Also, what is this triple science that he enters the waters with?

    それは...紛らわしいそれに...濡れている また、彼が水の中に入っていくこのトリプルサイエンスは何ですか?

  • What we do understand is that, water brings forth an egg. And from that egg comes the Earth, sky, a tortoise, and more water.

    私たちが理解しているのは、水が卵を産み出すということです。その卵から地球、空、亀が生まれ、さらに水が生まれます。

  • There's an early Persian creation story that's similar to the one from India, in that it also has an egg. And hey, our old friend water is here too!

    初期のペルシャの創世記には、インドの創世記と似たような話がありますが、それには卵があります。そして、私たちの古い友人である水もここにあります!

  • According to this story, the god of good, Ahura Mazda, and let's remember, this is a god, not a making model of car, [sarcastic laugh]

    この話によると、善の神、阿修羅マツダ、覚えておきましょう、これは神であって、車のメイキングモデルではありません。

  • Ahura Mazda created a perfect spiritual world, before creating the tangible one.

    阿修羅マツダは、有形のものを創造する前に、完璧な精神世界を創造した。

  • And this perfect world made the god of evil, Angra Mainyu a.k.a. Ahriman, so angry, that he burst through the cosmic egg,

    そして、この完璧な世界は、悪の神アングラ・マイニュ、別名アーリマンを激怒させ、宇宙の卵を破裂させた。

  • causing such a disturbance that the sun began to rotate through the sky instead of standing still. And this in turn led to day, night, mountains, valleys,

    そのような乱れを引き起こしたために 太陽は静止しているのではなく 空を回転し始めましたそしてこれが昼、夜、山、谷へとつながっていきました

  • and most importantly, the destruction of the perfect world. Which led to work, pain, and death for humanity. So, nice going evil.

    そして最も重要なのは、完璧な世界の破壊です。それは、人類のための仕事、痛み、そして死をもたらしました。だから、素敵な悪の道を歩む。

  • You know what they say: you can't create the universe without breaking a few cosmic eggs.

    宇宙の卵を壊さずして宇宙を創ることはできないと言われています。

  • What, too soon? And why are there no creation myths about cosmic bacon? I could really go for a cosmic breakfast.

    え、早すぎる?そして、なぜ宇宙のベーコンには創作神話がないのか? 私は本当に宇宙の朝食を食べに行くことができます。

  • There's one more cosmic egg creation myth that I want to talk about, and it follows really nicely from the Zoroastrian one

    もう一つ、宇宙の卵を作る神話があります。ゾロアスター教の卵の神話に続くものです。

  • about Ahura Mazda and Angra Mainyu because, like that one, it features a duality as a fundamental principle of creation.

    阿修羅マツダとアングラメインユについては、あれと同じように二元性を創造の基本原理としているからだ。

  • One of the many Chinese creation myths combines a cosmic egg trope with a world-parent myth. Let's go to the Thought Bubble.

    数ある中国の創作神話の中でも、宇宙の卵の話と世界の親神話を組み合わせたものがあります。思考バブルへ行こう。

  • In the beginning was a huge egg containing Chaos, a mixture of yin-yangfemale-male, passive-active, cold-heat, dark-light, and wet-dry.

    冒頭には、陰陽・雌雄・受動・冷熱・暗光・湿乾が混ざったカオスが入った巨大な卵がありました。

  • Within this yin-yang was Phan Ku, that which was not yet anything

    この陰陽の中には、まだ何もないファン・クーがいました。

  • but which broke forth from the egg as the giant who separated chaos into the many opposites, including earth and sky.

    それは、カオスを地と空を含む多くの対極に分離する巨人として、卵から生まれたのです。

  • Phan Ku was covered with hair; horns sprang from his head and tusks from his mouth.

    ファン・クーは髪の毛で覆われ、頭からは角が生え、口からは牙が生えていました。

  • With a great chisel and a huge mallet, he carved out the mountains, valleys, rivers, and oceans.

    大きな鑿と巨大な鉄槌で、山、谷、川、海を切り開いた。

  • He also made the sun, moon, and stars. He taught the people what they know.

    また、太陽と月と星を作った。彼は人々が知っていることを教えた。

  • When Phan Ku finally died, his skull became the top of the sky, his breath the wind, his voice the thunder,

    ファン・クーが最後に死んだとき、彼の頭蓋骨は空の上になり、彼の息は風となり、彼の声は雷となった。

  • his legs and arms the four directions, his flesh the soil, his blood the rivers, and so forth.

    足と腕は四方を、肉は土を、血は川を......。

  • The people say that the fleas in his hair became human beings. Everything that is, is Phan Ku. And everything that Phan Ku is is yin-yang.

    髪の毛のノミが人間になったと言われています。存在するすべてのものは、ファン・クーである。そして、ファン・クーがあるものはすべて陰陽である。

  • With Phan Ku's death a vacuum was created, and within this vacuum pain and sin were able to flourish.

    ファン・クーの死によって真空が作られ、この真空の中で痛みと罪が繁栄することができました。

  • In the beginning was Chaos, from which light became the sky and darkness formed the Earth.

    初めはカオスであり、そこから光は空となり、闇は地球を形成した。

  • Yang and yin are contained in light and darkness, and everything is made of these principles.

    陽と陰は光と闇に含まれており、すべてのものはこの原理でできています。

  • Thanks Thought Bubble!

    思考バブルに感謝

  • Here we see that many of the themes in creation myths overlap.

    ここでは、創造神話のテーマの多くが重なっていることがわかります。

  • For example, last week we talked about Chaos, as being a state of undifferentiation,

    例えば、先週、カオスは未分化の状態であるという話をしました。

  • and here it appears again, although, this time, it's a series of dualities. Mixture of yin-yang.

    そしてここで再び現れます 今回は二面性の連続ですが陰陽の混合。

  • Unlike in the Bible, where God has to come in and created the dualities as a way of imposing order.

    聖書と違って、神が入ってこなければならないところに、秩序を押し付ける方法としての二元性が生まれたのです。

  • Although this myth features a cosmic egg, it's also an example of what are sometimes called world-parent myths.

    この神話には宇宙の卵が登場しますが、世界の親神話と呼ばれることもあります。

  • "where a creator god brings the universe into being, through actual or metaphorical sexual reproduction,

    "創造主である神が、実際の、あるいは比喩的な性生殖によって宇宙を創造するところ。

  • or as in this case, by being differentiated into aspects of the known world."

    あるいは、この場合のように、既知の世界の側面に分化されることによって、"

  • Those of you who remember Crash Course World History Episode #6 on Vedic religions, Buddhism and Ashoka,

    クラッシュコース世界史第6話「ヴェーダ宗教、仏教、アショカ」を覚えている方。

  • might recall the story of Purusha, who was also divided up into aspects of human reality.

    と言えば、プルーシャの話を思い出すかもしれませんが、これも人間の現実の側面に分かれていました。

  • Although Phan Ku and Purusha are usually thought of as male, if they are thought of as having a gender at all, often the world-parent is portrayed as maternal.

    ファン・クーとプルシャは通常男性として考えられていますが、彼らが全くの性別を持っていると考えられている場合、多くの場合、世界の親は母性として描かれています。

  • An Earth-mother, as opposed to a sky-father. But that is a story for another day.

    空の父とは対照的に、地球の母。 しかし、それは別の日の話だ。

  • So that is out first take on creation stories that involve either explicitly or more symbolically, sexual reproduction.

    だから、それは、明示的に、またはより象徴的に性的な生殖を含む創造の物語の最初のテイクです。

  • As you can tell, these myths are not always straightforward, or biologically possible, strictly speaking.

    お分かりのように、これらの神話は必ずしも一筋縄ではいかないし、厳密には生物学的に可能なものではない。

  • I also hope you haven't come away thinking we're reading too much into these myths. And that we have dirty minds.

    神話を鵜呑みにしすぎだと思わないでほしいそして、私たちには汚れた心がある

  • Which is what Thot over here thinks. I'm not the dirty bird, you're the dirty bird.

    ここにいるソットもそう思っている 俺は汚い鳥じゃない、お前が汚い鳥だ

  • But that the exciting thing about myths, they're open to various interpretations.

    しかし、神話についてのエキサイティングなことは、彼らは様々な解釈の余地があるということです。

  • Try your own reading while still noticing the broad commonalities in these stories, taken from many different parts of the world.

    世界の様々な地域から取り上げられたこれらの物語の幅広い共通点に気付きながら、あなた自身の読書を試してみてください。

  • And thanks for watching. We'll see you next week.

    そして、見てくださってありがとうございます。 また来週お会いしましょう

  • Crash Course Mythology is filmed in the Chad and Stacey Emigholz Studio in Indianapolis, Indiana,

    クラッシュコース神話』は、インディアナ州インディアナポリスのチャドとステイシー・エミゴルツのスタジオで撮影されました。

  • and is produced with the help of all of these very nice people. Our animation team is Thought Café.

    と、とても素敵な人たちの力を借りて制作されています。 私たちのアニメーションチームはThought Caféです

  • Crash Course exists thanks to the generous support of our patrons at Patreon.

    クラッシュ・コースはPatreonのパトロンの皆様の寛大なご支援のおかげで成り立っています。

  • Patreon is a voluntary subscription service where you can support the content you love, though a monthly donation,

    Patreonは、毎月の寄付ではありますが、好きなコンテンツを応援できる任意のサブスクリプションサービスです。

  • and help keep Crash Course free for everyone, forever.

    クラッシュ・コースを永久に無料にしてください。

  • Thanks for watching, and next time you sneeze, check the tissue, there might be an universe in there.

    ご覧いただきありがとうございます。次にくしゃみをした時は、組織を確認してください。宇宙があるかもしれません。

Hi! I'm Mike, this is Crash Course Mythology and today,

こんにちは!マイクです、クラッシュコース神話と今日は。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 CrashCourse 神話 創造 宇宙 生殖 吐い

コズミック・セクシータイム、卵と種と水。クラッシュコース 世界の神話 #3

  • 505 25
    Winnie に公開 2017 年 11 月 24 日
動画の中の単語