Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • [You know, boyfriends and girlfriends are gonna come and go, but this is for life!]

    (静流の声) 彼氏と彼女は出入りするものだけど これは一生ものだよ。

  • Friends opens with Monica coming to the rescue of runaway bride Rachel.

    友人は、モニカが家出花嫁レイチェルの救助に来ると開きます。

  • [Oh God Monica, hi!]

    [ああ、モニカさん、こんにちは!]

  • The image of Rachel in her wedding dress, choosing this new group of friends over her

    ウェディングドレスを着たレイチェルが、彼女の上にこの新しい友人たちを選んだイメージ

  • fiancee, sets up the show’s central theme of the romance of friendship.

    フィアンセは、友情のロマンスという番組の中心テーマを設定しています。

  • [Are you asking me to have a friend-naissance?]

    (誠人の声) 友情を誘っているのか?

  • [Sure?]

    [確かに?]

  • [Alright - although I don't think we really need one, baby, I've never stopped loving

    けど、本当に必要だとは思わないよ、ベイビー。

  • you.]

    あなたのことだから。]

  • Ross is also newly single in the pilot, and finds comfort in his group of friends in place

    ロスはまた、パイロットの中で新たに独身であり、場所の友人の彼のグループで快適さを見つける

  • of his ex-wife.

    前妻の

  • In fact, it’s key that none of the six characters is in a serious relationship when the series

    実際には、6人の登場人物のどれもが真剣交際中であることが鍵となります。

  • begins.

    を開始します。

  • The show portrayed lovers as friends, and friends as the loves of each other’s lives.

    番組では、恋人同士が友達として、友人同士がお互いの人生を愛する姿を描いていました。

  • Friends illustrates that friendship and romance are two interconnected sides of the same love

    友情は、友情と恋愛が同じ愛の相互接続された2つの側面であることを示しています。

  • coin.

    コイン。

  • Throughout the show, we see familiar romantic behavior transplanted onto platonic situations,

    ショーを通して、我々はプラトニックな状況に移植されたおなじみのロマンチックな行動を参照してください。

  • and this makes us laugh.

    と、これは笑わせてくれます。

  • [Oh I love you!]

    (静流の声) ああ 愛してる

  • [I love you too!]

    (静流の声) 私も愛してる

  • The friends pay each other’s bills, [I'll just cover you for a while.]

    友だちはお互いにお金を出し合っている。

  • [No, no.]

    (静流の声) いやいや

  • own pets together, and share their possessions.

    自分のペットを一緒に飼っていて、持ち物を共有しています。

  • [I was thinking maybe we should start dividing up our stuff.]

    (静流の声) そろそろ荷物を分けようかなと思って

  • There’s the exchange of jewelry as a token of affection, the expectation of being the

    愛情の証としての宝石の交換があります。

  • first to hear big news, [Ever since high school Rachel was the one person I told everything

    最初に大きなニュースを聞いたのは、[高校時代からレイチェルは私がすべてを話した一人の人だった

  • to.]

    に。]

  • knowing the details of each other’s sex lives, [You know, I once dated this guy who

    お互いの性生活の詳細を知っていて、【あのね、前に付き合っていた人が

  • wanted to pretend that he was an archeologist, and that I was this naughty cavewoman whom

    彼は考古学者のふりをしていて 私はいたずらな洞窟の女のふりをしていました

  • he unfroze from a block of ice.]

    彼は氷の塊から凍りを解いた。]

  • [Are you talking about my brother?]

    (静流の声) 兄貴のことか

  • [Yeah I didn't disguise that very well, did I?] and being mistaken for a couple.

    (※)カップルに間違われたこともありました。

  • [You know - my brother and his boyfriend have been trying to adopt for three years.

    弟と彼氏が3年前から養子縁組をしようとしているんだけど...」【知ってますか?

  • What agency did you two go through?]

    お二人はどこの代理店を通されたのでしょうか?]

  • At many points, characters use the language of romance or sex in innocent situations to

    多くの点で、キャラクターは無邪気な状況でロマンスやセックスの言葉を使って

  • create gags.

    ギャグを作ります。

  • This comedy technique relies on the fact that innuendo and double meanings are funnier than

    このお笑いのテクニックは、「二重の意味」と「陰謀」の方が面白いという事実に頼っています。

  • saying something outright.

    堂々と言って

  • [How do you expect me to grow if you won't let me blow?]

    (誠人の声) あなたが吹かせてくれないなら どうやって私を成長させればいいの?

  • [You know I don't have a problem with that.]

    (誠人の声) 私は何の問題もないことを知っています。

  • So using the language of couples to talk about friends is the basis of countless jokes throughout

    だから、友人について話すためにカップルの言葉を使用することは、全体的に数え切れないほどのジョークの基礎となっています。

  • the series.

    シリーズです。

  • Moving away from a roommate represents a breakup.

    同居人と別居することは、別れを意味します。

  • When Joey considers getting his own apartment in season 2, Chandler responds as if his boyfriend

    シーズン2でジョーイが自分のアパートを手に入れることを考えると、チャンドラーは彼のボーイフレンドのように答える。

  • has admitted to desiring someone else.

    他の人を欲しがっていることを認めている。

  • [Can we drop this?

    [これ落としてもいいかな?

  • I am not interested in the guy's apartment.]

    男のマンションには興味がない】。]

  • [Oh please - I saw the way you were checking out his moldings.]

    (誠人の声) ちょっと待って あなたが彼の成形品をチェックしていたのを見たの

  • And Chandler’s new roommate Eddie is viewed as a challenge to Joey, as if he's a post-breakup

    とチャンドラーの新しいルームメイトのエディは、彼は破局後のように、ジョーイへの挑戦として見られている

  • relationship.

    の関係にあることがわかります。

  • [Itll never last, he’s just a rebound roommate] Monica lies so Rachel won’t find

    モニカはレイチェルが見つけられないように嘘をつく。

  • out about her going shopping with Rossgirlfriend.

    ロスのガールフレンドと買い物に行ったことを公表した。

  • In this scene, the receipt that Rachel finds in Monica’s pocket is the telltale lipstick

    このシーンでは、レイチェルがモニカのポケットに入れているレシートが口紅の正体を物語っています。

  • on the collar, [One thing led to another, and before I knew it, we were shopping.

    襟の上で、【一つのことがきっかけで、いつの間にか買い物をしていました。

  • We only did it once.

    一度しかやっていません。

  • It didn’t mean anything to me.

    私には何の意味もありませんでした。

  • Rachel, I was thinking of you the whole time!] and charactersjealousy suggests an expectation

    レイチェル、ずっとあなたのことを考えていたのよ!」と登場人物の嫉妬心が期待を暗示する

  • of monogamous best-friendship.

    一夫一婦制の親友の

  • [Whose eggs do you like better, his or mine?

    【彼の卵と私の卵、どっちの卵が好きですか?

  • Huh?]

    (静流の声) あれ?]

  • [Well I like both eggs equally!]

    (静流の声) まあ どっちの卵も平等に好きなんだけどね

  • [Oh, come on!

    [おやおや!

  • Nobody likes two different kinds of eggs equally - you like one better than the other, and

    二種類の卵を同じように好きな人はいません。

  • I want to know which.]

    どっちなのか知りたい。]

  • [Well what’s the difference?

    [さて、何が違うの?

  • Your eggs aren’t here anymore, are they?

    あなたの卵はもうここにはないのね?

  • You took your eggs and you left!

    卵を奪って出て行ったのか!

  • Did you really expect me to never find new eggs?]

    新しい卵を見つけられないと思っていたのか?]

  • Later in the series, Monica wants Rachel to mourn the end of their time living together.

    シリーズの後半では、モニカはレイチェルが一緒に暮らしていた時間の終わりを嘆くことを望んでいます。

  • [What is the matter with you?

    どうしたの?

  • Why aren’t you more upset?

    なんでもっと動揺しないの?

  • Aren’t you going to be sad that were not living together anymore?

    もう一緒に住めなくなって悲しくないの?

  • Aren’t you going to miss me at all?]

    (誠人の声) 寂しくないの?]

  • Her insistence on the magnitude of this event tells us that it truly is a kind of break-up.

    彼女のこの出来事の大きさへのこだわりは、本当に一種の破局であることを物語っています。

  • [I mean, it’s the end of an era!]

    (誠人の声) 「時代の終わりってことだよ!」

  • [I know!]

    [知ってるよ]

  • It’s the end to the era which friendship came before romance.

    恋愛よりも友情が先に来た時代の終焉ですね。

  • Monica’s relationship with Chandler is replacing the intimacy that she and Rachel shared as

    モニカとチャンドラーの関係は、彼女とレイチェルが共有していた親密さに取って代わっています。

  • roommates, [When I take a shower, she leaves me little notes on the mirror.] and this taps

    同居人、「シャワーを浴びると鏡に小さなメモを残してくれる」、これを叩く。

  • into a true insight that when our friends enter serious relationships we do lose them

    友だちが真剣な関係になると、私たちは彼らを失うことになるという真の洞察力に

  • a little to their romantic partners.

    恋愛相手に少し

  • The two major successful love relationships in the show start as friendships, and this illuminates

    番組内の二大恋愛成功例は、友情が照らすように始まる

  • a key thesis of Friends -- that all the best love stories are really friendships.

    友人の重要な論文 - すべての最高の愛の物語は本当に友情であることを。

  • Good romances are based on humor and a strong emotional bond, not sex alone.

    良いロマンスは、セックスだけではなく、ユーモアと強い感情的な絆に基づいています。

  • [I mean you care about me, youre loving, you make me laugh.]

    (静流の声) 私のことを気にかけてくれて 愛おしくて 笑わせてくれるってこと

  • In season eight, Ross and Rachel become a strong parenting team still as friends, symbolizing

    シーズン8では、ロスとレイチェルは象徴的に、友人としてまだ強い子育てチームになる

  • that this sacred bond is actually born of friendship, not romantic attraction.

    この神聖な絆は、実は友情から生まれたものであり、ロマンチックな魅力ではないということです。

  • Monica and Chandler’s proves even more explicitly that friendship is the foundation of romantic

    モニカとチャンドラーのは、友情がロマンチックな基礎であることをより明確に証明しています。

  • love.

    愛だよ

  • His friendship with Monica is what allows Chandler to finally put aside his sarcasm

    モニカとの友情は、チャンドラーが最終的に彼の皮肉を脇に置くことができるものです。

  • and open up to real love.

    と本当の愛に心を開いてください。

  • [What if we live together and you'll understand what I'm saying.]

    (誠人の声) 一緒に住んでいたら、私の言っていることが理解できるかもしれません。

  • These romances also take place almost entirely in the presence of the other friends.

    また、これらの恋愛は、ほぼすべて他の友人の前で行われます。

  • Ross and Rachel’s romance isn’t theirs alone - it belongs to all six of the friends,

    ロスとレイチェルのロマンスは彼らだけのものではありません - それは6人の友人のすべてに属しています。

  • and we see the group’s investment in both the high points - [Ross kissed me.]

    と、グループの投資の高みを見ることができます。

  • [No!]

    [No!]

  • [Oh my God!] and the low points.

    凄い!」と低めの点数をつけた。

  • The friends wait outside the door as Chandler proposes to Monica, and they celebrate the

    チャンドラーがモニカにプロポーズすると、友人たちはドアの外で待っています。

  • engagement as a group.

    集団としてのエンゲージメント。

  • Active group participation in romances underlines how at this stage in their lives romance never

    グループでの恋愛に積極的に参加することで、この段階ではロマンスが生まれないことを強調しています。

  • completely supersedes friendship.

    完全に友情に勝る

  • The friends often attend big events as a group, so that even dates are situated in a larger

    友達はグループで大きなイベントに参加することが多いので、デートでも大きな場所に位置しています。

  • friendship context, and coupling off doesn’t stop the characters from hanging out with

    友情の文脈で、カップリングオフでは、キャラクターがぶらぶらするのを止められない

  • each other all the time.

    いつもお互いに

  • Couplings that pose a threat to the group’s unity are abandoned, and Ross and Rachel make

    グループの結束に脅威を与えるカップリングは放棄され、ロスとレイチェルは

  • friendship work after their breakup despite their shared animosity.

    共通の敵意にもかかわらず、別れた後の友情の仕事。

  • The collective friendship between the six characters comes first.

    6人のキャラクターの集合的な友情が先に来る。

  • The friends often celebrate major life milestones with each other rather than significant others,

    大切な人というよりも、友人同士で人生の大きな節目を祝うことが多いです。

  • underlining that they are each other’s primary partners.

    互いの主要なパートナーであることを強調しています。

  • When Rachel shares the news of her pregnancy with Phoebe and Monica before telling the

    を伝える前に、レイチェルがフィービーとモニカと妊娠のニュースを共有すると

  • baby’s father, it’s as if the three of them are having a baby together.

    赤ちゃんのお父さん、まるで3人で赤ちゃんを産んでいるかのようです。

  • Ross and Rachel have conceived the baby as friends, and this emphasizes that it’s with

    ロスとレイチェルは友人として赤ちゃんを妊娠させており、これはそれが一緒であることを強調しています。

  • our friends that we take big steps at this age.

    この年になって大きな一歩を踏み出した友人たち。

  • After the baby’s birth, MonicagivesRachel the name she’d planned to use for

    赤ちゃんの誕生後、モニカはレイチェルに使う予定だった名前を「与える」。

  • her own daughter, demonstrating that her love for Rachel still comes before her future family

    自分の娘であり、レイチェルへの愛が将来の家族よりも先にあることを示している。

  • at this point.

    この時点では

  • [Oh but you love that name!]

    (静流の声) あ、でもその名前が好きなんだね

  • [Yeah - but I love you more.]

    (静流の声) そうだね~でももっと好きだよ

  • Fantasizing about future life events, including romantic ones, is also something done with

    恋愛も含めて将来のライフイベントを空想するのは

  • friends.

    の仲間たち。

  • Like romantic couples, the characters get closer and achieve stronger bonds by remaining

    恋愛カップルのように、登場人物たちは距離を縮めていくことで、より強い絆を手に入れることができます。

  • together through fights, career changes, breakups, and other ups and downs.

    戦い、転職、別れ、その他の浮き沈みを通して一緒に。

  • [There are three things that you should know about me.

    私のことを知っておいてほしいことが3つあります。

  • One - my friends are the most important thing in my life.]

    その1~友達は私の人生で一番大切なもの】。]

  • Taking part in each other’s weddings [So there's no one to walk me down the aisle and

    お互いの結婚式に参加しています。

  • I would just really love it if you would do it.]

    やってくれたら本当に嬉しいんだけどね。]

  • the births of each other’s children signals that the friends will remain in each other’s

    互いの子供の誕生は、友人がお互いの中に残っていることを示しています。

  • lives forever.

    永遠に生きています。

  • When we meet the characters in their mid-twenties, their friends are family.

    20代半ばの登場人物たちと出会うと、その友人たちは家族のような存在。

  • They spend major holidays like Thanksgiving together, cook for each other, celebrate their

    感謝祭のような大きな祝日を一緒に過ごしたり、お互いのために料理をしたり、お祝いをしたりしています。

  • birthdays together, and accompany each other to the doctor.

    誕生日を一緒にして、お医者さんに付き添う。

  • On the other hand, the friends don’t relate well to their actual family members, whom

    一方、その友人は、実際の家族である家族とはあまり関係がありません。

  • they either have little in common with or harbor resentment towards.

    彼らには共通点がないか、恨みを持っているかのどちらかです。

  • [You're kicking me out?]

    私を追い出すのか?

  • [You put holes in my baby's ears!]

    [私の赤ちゃんの耳に穴を開けたわね]

  • [Well at least now people would know she's a girl!]

    (誠人の声) 少なくともこれで女の子だということがバレる!

  • Most can identify with this -- as much as we may love and want to like our families

    ほとんどの人はこれに共感できる - 私たちは家族を愛し、家族のようにしたいと思うかもしれないのと同じくらい。

  • -- often it’s with our friends that we feel more open, free, and accepted.

    -- 多くの場合、それは私たちがよりオープンで自由に感じ、受け入れられていることを私たちの友人と一緒にいる。

  • The central ethos of Friends is that friendships are just as formative and emotionally important

    友情の中心的な理念は、友情が同じように形成的で感情的に重要であるということです。

  • to our lives as our romances and family.

    私たちの恋愛や家族のような生活に

  • The show is an argument for the irreplaceable value of friendship in shaping our adult selves.

    このショーは、大人の自分を形成する上で友情のかけがえのない価値を主張しています。

  • [You can't move.

    動けないんだよ。

  • You just can't.]

    あなたにはできるのよ

  • [Rachel's right.

    [Rachel'の言う通りです。

  • This is where you guys belong.]

    ここがお前らの居場所だ。]

  • As their twenties progress, the show’s characters are occasionally forced to defend their friendships

    20代が進むにつれ、番組の登場人物たちは友情を守ることを余儀なくされることもある。

  • and question whether they should be more independent from each other.

    と、もっとお互いに独立していてもいいのではないかと疑問を呈しています。

  • [I’m 28 years old, I’ve never lived alone, and I’m finally at a place where I’ve

    ひとり暮らしをしたことがない28歳の私が、ようやくたどり着いた場所が

  • got enough money that I don’t need a roommate anymore.]

    (誠人の声) もう同居人はいらないくらいのお金を手に入れた。]

  • Friendship holds supreme importance for these characters at the beginning of the show, but

    冒頭のキャラクターたちにとって、友情は最高に重要な意味を持っていますが

  • by its end, as they reach their mid-thirties, friendship is beginning to take second place

    30代半ばにして友情が二の次になってくる

  • to family.

    家族に

  • Monica’s and Chandler’s move to the suburbs signals this shift -- the friends will no

    郊外の信号にモニカのとチャンドラーの移動は、このシフト - 友人はないでしょう

  • longer be able to see each other every day.

    もはや毎日顔を合わせることはできません。

  • As the series comes to a close we feel regret or sadness that this friends-first state of

    シリーズが終わってしまうと、この友達初の状態になってしまったことが悔やまれたり、悲しくなったりします。

  • being can’t last, but we also recognize the enormous love that the characters have

    登場人物たちの愛の深さにも気づかされる

  • for each other has defined a decade of their lives.

    互いへの思いは、彼らの人生の10年を定義しています。

  • While our society often emphasizes family, romance and individualism, nothing can erase

    私たちの社会は、しばしば家族、ロマンス、個人主義を重視していますが、何も消すことはできません。

  • the impact of friendships.

    友情の影響

  • The theme “I’ll be there for youis a promise that our true friends, and hopefully

    テーマの「I'll be there for you」は、真の友人との約束であり、願わくば

  • a whole bunch of reruns on Netflix, will never really leave us.

    Netflixの再放送の束は、本当に私たちの元から離れないでしょう。

[You know, boyfriends and girlfriends are gonna come and go, but this is for life!]

(静流の声) 彼氏と彼女は出入りするものだけど これは一生ものだよ。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 友情 モニカ レイチェル 誠人 チャンドラー 恋愛

フレンズ友情のロマンス

  • 951 73
    Cindy Wu に公開 2017 年 11 月 04 日
動画の中の単語