Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Bathed by the reflections of the shimmering Adriatic,

    アドリア海のきらめきに包まれて。

  • and with an old town surrounded by walls that have withstood centuries of turmoil,

    何世紀にもわたる混乱に耐えてきた城壁に囲まれた古い町があります。

  • the Croatian city of Dubrovnik remains one of Europe’s most enduring treasures.

    クロアチアの都市ドブロヴニクは、ヨーロッパで最も永続的な宝物の一つであることに変わりはありません。

  • Just as an oyster shell protects life within,

    牡蠣の殻が内なる生命を守るように。

  • Dubrovnik’s walls nurtured a flourishing maritime republic that once rivaled Venice.

    ドブロヴニクの城壁は、かつてヴェネツィアに匹敵する繁栄した海洋共和国を育んできました。

  • For centuries this city of stone and light has dazzled visitors,

    何世紀にもわたって、この石と光の街は訪れる人々を魅了してきました。

  • none more so than the romantic poet Lord Byron,

    ロマンチックな詩人バイロン卿以上のものはありません。

  • who named the city, The Pearl of The Adriatic.

    アドリア海の真珠と名づけたのは彼です。

  • Cross the medieval bridge and enter the city through the grandest of its entrances,

    中世の橋を渡り、最も壮大な入り口から街に入る。

  • Pile Gate.

    パイルゲート。

  • Once inside, climb the ramparts for a history lesson like no other.

    内部に入ると、他にはない歴史の授業のために城壁を登ります。

  • Dubrovnik’s walls first rose in the 7th century,

    ドブロヴニクの城壁は7世紀に最初に上昇しました。

  • but most of what stands today was built in the 14th and 15th centuries

    然し、現在の建物の多くは14世紀から15世紀に建てられたものである。

  • to repel Ottoman attack.

    オスマン帝国の攻撃を撃退するために

  • These are walls, which have been shaken by armies and earthquakes.

    軍隊や地震で揺れた壁です。

  • These are walls whose every stone tells the story of resilience and liberty.

    これらの壁は、そのすべての石が回復力と自由を物語っています。

  • It takes an hour or two to walk the Old City’s ramparts,

    旧市街の城壁を歩くのに1~2時間かかります。

  • depending on how often you are stopped in your tracks by the views.

    景色を見て足を止められる頻度にもよりますが

  • Dubrovnik’s citizens have always valued harmony,

    ドゥブロヴニクの市民は、常に調和を大切にしてきました。

  • and that sense of order and unity continues today

    その秩序と一体感は今も続いています。

  • as visitors circle the Old Town in an anti-clockwise direction.

    旧市街を反時計回りに一周している間に

  • Stop for a while at Fort Bokar,

    フォートボカールにしばらく立ち寄る。

  • and take in the views to Fort Lawrence.

    フォートローレンスまでの景色を楽しみましょう。

  • In the 11th century,

    11世紀には

  • locals heard whispers of a cunning Venetian plan to build a base on these rocks

    噂では、この岩の上に基地を作ろうとしていたと言われています。

  • from which to attack the city.

    そこから街を攻撃するために

  • Dubrovnik’s citizens mobilized and within months

    ドブロヴニク市民が動員され、数ヶ月以内に

  • the first walls of Fort Lawrence were in place.

    フォートローレンスの最初の壁が設置されました。

  • When the Venetian warships finally arrived laden with men and materials,

    ヴェネツィアの軍艦がついに人と材料を積んで到着したとき。

  • they were forced to simply turn around and sail for home.

    彼らは単に引き返して家に帰るために航海することを余儀なくされた。

  • Follow the sea wall to St John’s Fort,

    海壁に沿ってセント・ジョンズ・フォートへ。

  • which protected the City Harbor from enemy ships and pirates.

    敵船や海賊からシティ・ハーバーを守るためのものです。

  • Once home to a glorious fleet of over 200 trading vessels,

    かつては200隻以上の貿易船団の栄光の本拠地でした。

  • for centuries Dubrovnik was one of the world’s great seafaring cities.

    何世紀にもわたって、ドブロヴニクは世界の偉大な海の都市の一つでした。

  • Come down from the walls for a while, and wander past the shipyard arches,

    壁からしばらく降りてきて、造船所のアーチを通ってぶらぶらしてみてください。

  • where the republic’s legendary galleys could be built away from the eyes of foreign spies.

    共和国の伝説的なガレー船が外国のスパイの目を避けて建設された場所です。

  • Climb the ramparts once again,

    もう一度城壁を登ります。

  • and continue on to Fort Revelin, which offers even more commanding views of the harbor.

    フォート・レベリン(Fort Revelin)へと進みます。

  • In 1667, a great earthquake devastated most of the city.

    1667年には大地震が発生し、街の大部分が壊滅的な被害を受けました。

  • Such is the strength of Revelin, that when the quake’s dust finally settled,

    そんなレヴェリンの強さは、地震の粉塵がようやく収まった時には

  • the fortress emerged unscathed.

    砦は無傷で浮上した

  • From Revelin, follow the northern wall to the highest point in the city’s defenses,

    レベリンから北側の城壁に沿って街の防御の一番高いところまで行きましょう。

  • Fort Minceta.

    ミンセタ砦。

  • During the fort’s construction, rock was in such short supply

    砦の建設中、岩が不足していたため

  • that every visitor to the city was required to bring a stone.

    街を訪れる者は必ず石を持ってくることが義務付けられていました。

  • This toll created one of the city’s most enduring symbols.

    この通行料は、この街で最も永続的なシンボルの一つを生み出しました。

  • From the fort’s tower, the entire city stretches away like a vision.

    砦の塔からは、街全体が幻のように広がっています。

  • Once youve arrived back at Pile Gate,

    パイルゲートに戻ってきたら

  • it’s time to descend into the streets of the Old Town.

    そろそろ旧市街の街並みに降りる時間です。

  • The town is divided in two by the Stradun,

    ストラドゥンで町が二つに分断されています。

  • a street paved with limestone and polished by centuries of footsteps.

    石灰岩が敷き詰められ、何世紀にもわたって磨かれてきた道。

  • Linking two of the city’s gateways,

    街の2つのゲートウェイをつなぐ。

  • the Stradun is marked at each end by a bell tower and a fountain.

    ストラドゥンの両端には鐘楼と噴水があります。

  • Refresh yourself at Onofrio’s Fountain,

    オノフリオの泉でリフレッシュ。

  • and enjoy spring water as pure as when it was first piped here by aqueduct 500 years ago.

    500年前に水道橋で汲み上げられた時のような純粋な湧水を楽しむことができます。

  • Facing the fountain is St. Saviour Church,

    噴水に面しているのは聖救世主教会。

  • one of the few Renaissance era buildings to survive the earthquake of 1667.

    1667年の地震を生き延びた数少ないルネサンス時代の建物の一つです。

  • Next door, step into the cool confines of the Franciscan Monastery.

    隣には、フランシスコ会修道院の涼しげな空間が広がっています。

  • Explore the historical exhibits,

    歴史的な展示物を探索してみましょう。

  • and order an elixir from one of the world’s oldest functioning pharmacies.

    世界で最も古くから機能している薬局の一つであるエリクサーを注文してみてはいかがでしょうか。

  • Not just a spiritual sanctuary,

    ただの精神的な聖域ではなく

  • the monastery was built next to Pile Gate

    杭門の隣に建つ

  • so that the resident monks could rush to its defense in times of attack.

    そのため、攻撃を受けた時に住職が駆けつけて防御することができるようにしました。

  • At the Stradun’s eastern end,

    ストラドゥンの東端にある

  • the city’s clock tower looks over the old market place,

    街の時計台が旧市場を見下ろす。

  • Luza Square.

    ルザ広場。

  • Here youll find some of Dubrovnik’s finest architectural treasures

    ここでは、ドブロヴニクで最も素晴らしい建築の宝庫を見つけることができます。

  • such Sponza Palace,

    そんなスポンザパレス。

  • and Saint Blaise Church,

    ...そして聖ブレイズ教会

  • which honors the city’s patron saint and protector.

    市の守護聖人・守護者を称える。

  • After refilling your water bottle under the clock tower,

    時計台の下の水筒に水を補充した後に

  • head northwards to explore even more of the city’s sacred places.

    北上して、さらに聖地を探索しましょう。

  • Behind the imposing walls of the Dominican Monastery,

    ドミニコ会修道院の堂々たる壁の向こう側。

  • relax in the quiet interiors of the chapel and admire the religious artworks.

    礼拝堂の静かなインテリアの中でリラックスし、宗教美術品を鑑賞してください。

  • Breathe in the lemon-scented air of the cloisters,

    レモンの香りのする回廊の空気を吸ってください。

  • whose medieval well supplied the besieged town as Yugoslavian shells

    攻城の井戸がユーゴスラビアの砲弾を供給していた町

  • rained down during the 1990s Croatian War of Independence.

    1990年代のクロアチア独立戦争の際に降ってきた雨。

  • Just to the south of Luza Square,

    ルザ広場のすぐ南側。

  • rise the massive Corinthian columns and Baroque dome of Dubrovnik Cathedral.

    ドブロヴニク大聖堂の巨大なコリント式の柱とバロック様式のドームがそびえ立っています。

  • While returning from the 3rd Crusade, the English King,

    第三次十字軍からの帰還中、イギリス王。

  • Richard the Lionheart,

    ライオンハートのリチャード

  • was shipwrecked on the nearby island of Lorkum.

    は近くのロークム島で難破した。

  • After being cared for by the people of Dubrovnik,

    ドブロヴニクの人々に世話になった後。

  • the grateful king gifted the city 100,000 ducats to build a church,

    恩ある王は教会を建てるために10万ドゥカッツを街に贈った。

  • and the greatest cathedral in the Adriatic was born.

    とアドリア海最大の大聖堂が誕生しました。

  • When youre finished exploring the Old City’s architectural highlights,

    旧市街の建築の見どころを探索し終わったら

  • youll discover endless moments of bliss down the cities alleyways and laneways too.

    街の路地や車道でも、無限の至福の瞬間を発見することができるでしょう。

  • But the city of Dubrovnik isn’t just contained to its Old Town,

    しかし、ドブロヴニクの街は旧市街だけではありません。

  • there’s plenty to explore just beyond its walls.

    その壁の向こうには探索するものがたくさんあります。

  • Give your feet a break from the cobblestones,

    石畳から足を休ませてあげてください。

  • and sink your toes into the pebbles and sand of Banje Beach.

    バンジェビーチの小石と砂につま先を沈めてみてはいかがでしょうか。

  • Cool off in the crystal clear waters

    透き通った海でクールオフ

  • or just enjoy the sound of lapping waves as they kiss the sundrenched Dalmatian coast.

    また、太陽が降り注ぐダルマチアの海岸では、波打ち際の音を楽しむこともできます。

  • To the west of the Old Town, follow the promenade past more beautiful beaches,

    旧市街の西には、より美しいビーチを通り過ぎて遊歩道に沿って進みます。

  • peaceful bays,…and old summer homes,

    ...穏やかな湾、...そして古い夏の家。

  • all the way around to Dubrovnik’s modern port in Gruz harbor.

    ...グルツ港にあるドゥブロヴニクの近代的な港まで。

  • While the gigantic cruise ships have replaced the little trading vessels of old,

    巨大なクルーズ船が昔の小さな交易船に取って代わる一方で

  • many of the things which make Dubrovnik so special haven’t changed at all.

    ドブロヴニクを特別なものにしている多くのものは、まったく変わっていません。

  • The spirit of independence,…the sparkling waters,

    独立の精神、...キラキラした水。

  • and of course those walls,

    ...もちろんあの壁も

  • all these things exist in a state of perfect timelessness.

    ...これらすべてのものは、完全な時を超越した状態で存在しています。

  • Throughout the ever-swirling,

    渦巻いている間は

  • ever-shifting tides of time,

    刻々と変化する時の流れ

  • The Pearl of The Adriatic has continued to shine.

    アドリア海の真珠は輝き続けています。

  • Today’s Dubrovnik welcomes and enchants all those lucky enough to pass through itsgates,

    今日のドブロヴニクは、その門を通過する幸運な人々を歓迎し、魅了します。

  • just as it has for centuries.

    何世紀にもわたってそうであったように

Bathed by the reflections of the shimmering Adriatic,

アドリア海のきらめきに包まれて。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B2 中上級 日本語 城壁 市街 世紀 アドリア 地震 探索

ドブロヴニクのバカンス旅行ガイド|エクスペディア

  • 454 21
    郭懿華 に公開 2017 年 11 月 01 日
動画の中の単語