中級 18023 タグ追加 保存
動画の字幕をクリックしてすぐ単語の意味を調べられます!
単語帳読み込み中…
字幕の修正報告
A fundamental belief of the modern world, which explains a lot of our anxiety around failure,
is that we are what we earn. When we say this, we mean something very particular:
not just that it’s nice to have a lot of money but that our income is the source of information,
crucial, decisive information, about our character, our intelligence, our moral fiber.
In short, money is the key indicator of our worth in human and not just financial terms.
The more money we make, the more we deserve to exist. By extension, it feels impossible
to imagine ourselves as good, decent – and still poor. But can all this really be true? Must
we hate and deem ourselves despicable beings because our salary is not elevated? For an
answer, we must look to economics and in particular, to the technical way that salary is determined. Here
we find something striking: wages are not decided by the extent of someone’s human
worth or social contribution per se. Wages are simply the result of the intensity with
which certain people want a job done relative to the number of people who happen to be able to do it.
If many people can complete a task, however humanly important it might be,
holding a hand on a cancer ward for example, little money will be offered for it. And if there are very few
people able to do it, however trivial it might be (kicking a ball 60 metres into a goal),
if there’s intense demand, salaries will be elevated. Money is in fact no accurate
measure of the human worth of the work in question; the determinant of wages is just
the strength of demand in relation to supply. We may not be able easily to change how much
people earn, but we can change how we judge earnings. This isn’t an issue of politics;
it’s an issue of appreciation. We can change how we assess what a modest wage means. We
can use our imaginations to remember and hold in mind all that is not quantified in a salary
– in our lives and in those of others; all the degrees of intelligence, care, dedication,
empathy and creativity that may be present, undetected by the blunt aggregated marker
of a wage. However tempting it might be to settle the question of the value of human beings
in stark financial terms, the truth remains beautifully and redemptively more complicated
as we must realise as soon as we’ve spent some time around a person at work and
got to know what sides of their character their labours will call on through an average day.
We’ll then have no option but to reach a dauntingly complex conclusion: we are not what we earn.
We publish new, thought provoking, films every week.
Be sure to subscribe to our channel and take a look at more of what we have to offer
at the link on your screen now.
コツ:単語をクリックしてすぐ意味を調べられます!

読み込み中…

読み込み中…

人間性と収入の関係(You Are Not What You Earn

18023 タグ追加 保存
韓澐 2018 年 10 月 8 日 に公開    VoiceTube Japan 翻訳    Hoshie Go チェック

概要

続きを読む
経済成長、平均所得の増加につれて、人としての価値は個人所得で決められるようになっています。お金持ち、家持ち、車持ちでさえ成功者になるための必要な条件になりました。しかし、あらゆることから獲得したものがお金で決められるわけではありません。心の豊かさを持って、社会に良い貢献をした人たちも、成功者として認められるべきです。一緒に動画の解釈を見てみましょう!

1decisive0:21
この形容詞の意味は「疑う余地のない、明白な、決着させる」です。対義語は indecisiveで、類語は conclusive、definitiveです。conclusiveはある議論の中に決定的な理由や証拠を出した時使える単語です。そして、一般的に、definitiveが示した結論は、今後変更されることのない決断を意味します。
Weather was a decisive factor in deciding where the music concert should be held.
天候はコンサートを行う場所を決定する決め手でした。



2trivial1:36
trivial は「ささいな、取るに足りない」の意味です。Trivial Pursuit(追求またはささいなことの探求と訳すことができます。)というボードゲームがあります。「雑学的知識」の英語はtriviaで、古代ローマでは「三叉路」の意味です。そして、どこでも三叉路が見えるので、「いつもの場所」の意味を派生して、最後は「価値のないこと」の意味になりました。
Although memorizing vocabulary may sometimes feel trivial, but it's an essential part of language learning.
単語を覚えるのはつまらないことだが、言語を習うためにそれは必要な部分です。



3assess2:09
この単語は他動詞です。その意味は「(…の価値や重要性などを)見積もる、(罰金を人に)科する、(税金、料金などを人に)課する」です。もともとassessの意味は「座る」です。中世のラテン語では、それは「裁判官の隣に座って協力すること」の意味で、「座る」が「判決」につながっています。よく間違った単語はaccess、その意味は「近づく方法、接続する」です。
Money is not the only means of assessing a person's value.
お金は人の価値を測る唯一の方法ではありません。



4blunt2:30
bluntは形容詞として「鈍い、きっぱりとした、率直な」の意味です。他動詞として使える時は「(物の切れ味・人の感覚などを)鈍らせる」の意味です。人が「鈍い」と言いたい時「 slow on the uptake」と言ってもいいです。insensitiveは「(人が)無関心な、反応がない」の意味です。
それ以外、よく間違った単語は blush「 赤面する」、blurt (out) 「うっかり口走る」です。
The carpenter sawed the wood with a blunt knife.
あの大工は鈍いナイフで木を切ります。



5stark2:38
この単語には色々な意味があります。形容詞として使う時は「簡単な、明らかな、みすぼらしい、深刻な、全くの」などの意味があります。副詞として使う時には、「完全に、明らかに」の意味があります。アメリカ詩人エミリー・ディキンソンの詩「Much Madness is divinest Sense (見識ある人には重度の狂気も)」の中にこんな言葉が書かれました:「Much Sense - the starkest Madness 」
この言葉は「良識の多くは、完全なる狂気から生み出される」と訳されました。
The stark reality is that the city is running out of water.
厳しい現実ですが、この市の水資源はだんだん少なくなっています。

The painter tends to use combinations of colours such us black and white to create stark contrasts.
あの画家は黒と白の組み合わせで、完全なるコントラストを描く。



あらゆることが外部からの収入といったお金で測られることは、確かに我々の社会地位に大きな影響を与えています。しかし、我々が持っているそれぞれの性格、相手の感情を理解する能力、あるいは愛するものに対する情熱こそ、幸せを手にする真の価値です。給料が低くても大丈夫です。それがあなたにとって価値のあることならば、それはやりがいのあることです!

文 / Emily Chen
訳 / jessica

お気に入り

loading
お勧め動画

コメント

読み込み中…
  1. 1. クリック一つで単語を検索

    右側のスプリクトの単語をクリックするだけで即座に意味が検索できます。

  2. 2. リピート機能

    クリックするだけで同じフレーズを何回もリピート可能!

  3. 3. ショートカット

    キーボードショートカットを使うことによって勉強の効率を上げることが出来ます。

  4. 4. 字幕の表示/非表示

    日・英のボタンをクリックすることで自由に字幕のオンオフを切り替えられます。

  5. 5. 動画をブログ等でシェア

    コードを貼り付けてVoiceTubeの動画再生プレーヤーをブログ等でシェアすることが出来ます!

  6. 6. 全画面再生

    左側の矢印をクリックすることで全画面で再生できるようになります。

  1. クイズ付き動画

    リスニングクイズに挑戦!

  1. クリックしてメモを表示

  1. UrbanDictionary 俚語字典整合查詢。一般字典查詢不到你滿意的解譯,不妨使用「俚語字典」,或許會讓你有滿意的答案喔