Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • Hello.

    こんにちは。

  • My name is Sammi, and I am from Paris, France originally.

    私はサミ、フランスのパリ出身です。

  • From Atlanta, Georgia.

    ジョージア州アトランタ。

  • From Sydney, Australia.

    オーストラリア、シドニー。

  • London, England.

    イングランド、ロンドン。

  • Moscow, Russia.

    ロシア、モスクワ。

  • There's been a lot more,

    もっとあるんですが

  • but those are the ones that come to mind.

    今ぱっと浮かんだのはこれですね。

  • My name is Sammi Grant, I'm a dialect coach and I'm legally blind.

    私はダイアレクト・コーチのサミ・グラント、私は法定視覚障害者です。

  • (people speaking at once)

    (人々が同時に話す音声)

  • A dialect coach is someone who teaches actors accents.

    ダイアレクト・コーチとは、役者にアクセントを教える人のことです。

  • I can do accents from around the world.

    私は世界中のアクセントを話すことができます。

  • I don't really even have a count anymore

    もう数えることもできないくらいです。

  • because I've taught so many.

    すごくたくさんのアクセントを教えてきましたから。

  • I mostly work for the stage.

    ほとんどの仕事は舞台です。

  • I've started dabbling in television.

    まずはテレビから始めました。

  • One of the reasons I think that I took to voice work

    声や方言の仕事をするようになった理由の一つは

  • and dialect work is because I'm more in tune with hearing.

    聞くことが、より私に合っているからです。

  • So people are always like, “Oh, you have heightened hearing.”

    いつも、「あなたって聴力が高いのね。」と言われますが

  • I don't like that phrase

    私はこの言い方が好きじゃないんです。

  • 'cause it sounds like we have like superhero hearing

    まるでスーパーヒーローのような聴覚を持っているみたいに聞こえるでしょう。

  • like we're Daredevil or something.

    デアデビルか何かみたいな。

  • Oh, you're just like Daredevil.

    デアデビルみたいね。

  • No.

    いいえ。

  • But I do have more a tuned hearing.

    でも実際、私にはより緻密な聴覚があります。

  • I use my hearing more than a sighted person

    私は、目の見える人たちよりも聴覚を多用します。

  • because I have to.

    そうしなければならないからです。

  • For a London accent, placement's really important

    ロンドンのアクセントは、どこに置くかが非常に重要です。

  • so the placements like really forwards in the mouth.

    口の、本当に前側の方に置くんです。

  • So there's the southern accent that lacks the R.

    南部のアクセントはRの音が抜けます。

  • The Australian accent quite different

    オーストラリアのアクセントは

  • than the British accent

    イギリスとは全く違って

  • so they don't really say like, buttah,

    「バター」とは言わず

  • it's a little more like butter.

    「バダ」という感じになります。

  • Transatlantic accent is very dramatic.

    間大西洋アクセントはすごくドラマチックです。

  • It's what you hear in those old time movies.

    昔の映画でよく聞きますね。

  • It's kind of like a, well, well I don't know,

    何て言うのかしら、えーと、分からないわ、

  • is he ever gonna love me?

    彼、一体私のことを愛してくれるのかしら?

  • Well I just want him to love me.

    私はただ、彼に愛されたいのよ。

  • But if I'm too expressive maybe he won't, I don't know.

    でもあまり出しゃばりすぎると、愛してくれないかしら。

  • For Russian accent you want to sort of feel like

    ロシアのアクセントのイメージは

  • you swallow some in back of the mouth.

    口の後ろに飲み込む感じです。

  • This is very stereotype, but like the Jewish New York mother.

    これは全くの固定観念ですがニューヨークにいるユダヤ人の母親みたいな。

  • This is what I do a lot with my friends.

    友達とはこういうことをよくするんです。

  • You know, kind of like the, why don't you call me?

    ねえ、どうして電話してくれないの?

  • You know I sit around and wait for your calls all day

    一日中座って、あなたからの電話を待っているのに。

  • and you never call me.

    電話してくれないじゃない。

  • I don't mind, it's okay, you know, just whatever.

    いいわ。いいのよ、どうでも。

  • I just pay for your college tuition, it's okay.

    どうせ、私はあなたの大学の学費を払ってるだけなんだから。

  • It's a pretty in depth process teaching someone an accent.

    人にアクセントを教えるというのは、非常に複雑なプロセスです。

  • I get sent this script and I try to gather everything I can.

    スクリプトが送られて、できる限りあらゆる情報を集めます。

  • So that goes much beyond just, where does this take place?

    単に、「どこを舞台とするのか?」だけではありません。

  • It also factors in time period

    時代や

  • and education level, class level,

    教育レベル、階級、

  • and I also think about the gender of my character.

    キャラクターの性別も考慮します。

  • And then I talk with the director to sort of you know

    そしてディレクターと話して

  • touch base on their concept for the voice of the show.

    その作品の声に関するコンセプトを把握します。

  • And then I kind of go on a hunt

    それから探すのは

  • for authentic speakers.

    現地の人が話す音声です。

  • Once I've gathered all that information

    そういった情報全てを集めて

  • I present it to the actor.

    役者に渡します。

  • We're now surrounded by so many voices

    今日、私たちはすごくたくさんの声に囲まれています。

  • that are emotionless.

    感情のない声に。

  • You know by these automated voices that sound very fake.

    すごく偽物に聞こえる自動音声。

  • Where it's like, I'd love to help you,

    「お手伝いさせてください。

  • I'm a computer that's here to help you

    私はコンピューターです。あなたのお手伝いを

  • with whatever you want all the time.

    何でもいつでもしますよ」なんていう。

  • I love meeting new people and hearing their voices.

    新しい人と会って、声を聞くのが私は大好きです。

  • I, you know, immediately go into dialect coach mode

    私は即座にダイアレクト・コーチモードに切り替わって

  • and I wanna sort of imitate them.

    話している人のまねをしたくなるんです。

  • I just wanna like experience their voice

    そういった人たちの声や

  • and experience what their vocalizing.

    話していることを体感したいんです。

  • (people speaking at once)

    (人々が同時に話す音声)

Hello.

こんにちは。

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

A2 初級 日本語 GreatBigStory アクセント 音声 聴覚 コーチ すごく

アクセントコーチに学ぶ世界中のアクセント (This Dialect Coach Can Transport You With Her Perfect Accents)

  • 27547 1822
    Samuel に公開 2019 年 01 月 15 日
動画の中の単語