Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Hey, everyone.

    皆さん、こんにちは。

  • I'm Alex.

    私はアレックスです。

  • Thanks for clicking, and welcome to this important lesson on: "The Secret to Mastering English!"

    クリックしていただきありがとうございます この重要なレッスンへようこそ"英語をマスターする秘訣!"

  • And the secret is...

    そして秘密は...

  • -"Where am I?

    -ここはどこだ?

  • And who are you?"

    お前は誰だ?"

  • -"You're in Hogwarts, Alex. And I'm Dumbledore."

    -"ここはホグワーツだ アレックス私はダンブルドアだ

  • -"No you're not.

    -彡(゚)(゚)(゚)「そんなことないよ

  • Dumbledore looks different."

    "ダンブルドアは違う"

  • -"I shaved.

    -"剃った

  • Listen, Alex. I have an important job for you. Can you do it?"

    聞いてくれ、アレックス。君に重要な仕事があるできるか?"

  • -"Anything for you, Dumbledore. What is it?"

    -"君のためなら何でもするよ ダンブルドア"それは何だ?"

  • -"Your engVid students want you to do a lesson on Harry Potter.

    -あなたの生徒はハリーポッターのレッスンをして欲しいと言っています。

  • Here, take this and teach them."

    これを持って彼らに教えなさい」

  • "Thank you."

    "ありがとう"

  • "You're a wizard, Alex. Now, go."

    "君は魔法使いだ アレックスさあ、行きなさい"

  • We're back.

    戻ってきました。

  • So, today we are going to talk about

    ということで、今日は

  • Harry Potter and the Philosopher's Stone,

    ハリー・ポッターと賢者の石。

  • chapter one.

    第一章

  • Now, I know for many of you, Harry Potter was the first book you read in English.

    さて、多くの方にとって、ハリーポッターは英語で初めて読んだ本だと思います。

  • And the reason it's a really, really good book for you guys to read is that it is the

    そして、この本が本当に本当に皆さんに読んでいただきたい本である理由は

  • most popular book series ever, which means that you can find it in many languages, there

    あなたが多くの言語でそれを見つけることができることを意味する、これまでで最も人気のある本シリーズは、そこに

  • have been movies made about it, and you can find a lot of discussion about the characters,

    それについて作られた映画があり、キャラクターについての議論がたくさん見られます。

  • the dialogue, the story.

    台詞、ストーリー。

  • So everyone knows pretty much what happens in a lot of these stories.

    だから、この手の話の多くは誰でも知っていることです。

  • Now, if you don't have a copy of the book, what you can do is get a print version or

    さて、本のコピーを持っていない場合、あなたができることは、印刷版を入手することです。

  • an e-book version on Amazon attached to this video.

    この動画に添付されているAmazonでの電子書籍版。

  • What I recommend, though, if you want a more interactive experience with Harry Potter is

    でも、ハリーポッターをもっとインタラクティブに体験したいなら、私がお勧めするのは

  • that you get the free audio book.

    無料のオーディオブックを手に入れることができます。

  • Now, you can get a free audio book of Harry Potter, not just this one, the entire series,

    今なら、ハリーポッターのオーディオブックを無料で手に入れることができます。

  • by signing up for the free trial at www.audible.com, which is attached to this video.

    この動画に添付されている www.audible.com で無料体験にサインアップしてください。

  • When you click on the link, you will have to go through a couple of different pages

    リンクをクリックすると、いくつかの異なるページを経由して

  • and signups, but at the end you do get the book for free.

    とサインアップしても、最後には無料で本を手に入れることができます。

  • So go through it, sign up, get the book for free, and it's an excellent audio book.

    だから、それをスルーして、サインアップして、無料で本を手に入れて、それは素晴らしいオーディオブックです。

  • Highly recommend it.

    強くお勧めします。

  • Now, why should we read Harry Potter?

    さて、なぜハリーポッターを読むべきなのか?

  • Well, it has interesting characters; Harry, Ron, Hermione, the Dursleys,

    ハリー、ロン、ハーマイオニー、ダーズリーなど面白いキャラクターが登場します。

  • Dumbledore who I met today.

    今日会ったダンブルドア。

  • How cool was that?

    なんてかっこいいんだろう?

  • It has great dialogue, great plot, and the language is pretty easy to follow, but of

    それは偉大な対話、偉大なプロットを持っており、言語は非常に従いやすいですが、の

  • course, it still has a ton of useful vocabulary.

    もちろん、まだまだ使える語彙がたくさんあります。

  • Not just for non-native English speakers, but even for, you know, kids who are already

    英語を母国語としない人だけではなく、すでに英語を母国語としない子供たちでも

  • native speakers of English.

    英語のネイティブスピーカー。

  • And finally, it's just magical.

    そして最後には魔法のように

  • It's a magical story, a magical book.

    不思議な物語、不思議な本ですね。

  • I love it.

    気に入っています。

  • It's one of my all-time favourites, so let's start looking at chapter one.

    私がずっと好きな作品の一つだから、第一章から見てみよう。

  • So what I'm going to do is look at the actual text from chapter one.

    そこで、第一章から実際のテキストを見てみましょう。

  • Not every line, of course, but I'm going to pick some very specific lines that tell us

    もちろん全てのセリフではありませんが、いくつかの非常に具体的なセリフをピックアップしてみましょう。

  • important details about the story or that tell us some important vocabulary that I think

    物語の重要な詳細や、私が思う重要な語彙を教えてくれます。

  • is going to be useful for English students.

    は、英語学習者にも役立ちそうです。

  • Now, you notice I gave a page number to start this.

    これを始めるためにページ番号を与えたことに気づいたでしょう。

  • I am going to be looking at this hard cover version of the book.

    このハードカバー版の本を見ようと思っています。

  • This was published by Raincoast Books in Vancouver, so this was published in Canada.

    これはバンクーバーのRaincoast Booksから出版されたものなので、カナダで出版されたものです。

  • Maybe your version is this one, maybe it's not.

    もしかしたら、あなたのバージョンはこれかもしれないし、違うかもしれない。

  • Maybe you're listening to the audio version, in which case page numbers are not important.

    もしかしたら音声版を聞いているのかもしれませんが、その場合はページ番号は重要ではありません。

  • But if you want to follow with a physical copy, this is the version that I am using.

    しかし、物理的なコピーでフォローしたい場合は、私が使用しているバージョンです。

  • Okay?

    いいですか?

  • Let me put this down.

    これを置いておきます。

  • Here we go.

    始めるぞ

  • Page seven.

    7ページ目

  • So we start Harry Potter by learning about the Dursleys, Mr. and Mrs. Dursley,

    ハリー・ポッターの始まりは、ダーズリー家のダーズリー夫妻について学ぶことから始まります。

  • and their son, Dudley.

    息子のダドリーも

  • First we have this line:

    まず、このセリフがあります。

  • "Mr. Dursley was the director of a firm named Grunnings, which made drills."

    "ダーズリー氏はドリルを作っていた グルニングスという会社の取締役だった"

  • So, a firm is a company, and Mr. Dursley was the director of this company,

    つまり、会社というのは会社であり、ダーズリー氏はその会社の取締役だったのです。

  • and they made drills.

    とドリルを作ってくれました。

  • Now, drills are a power tool.

    さて、ドリルは電動工具です。

  • Think of the tool that allows you to put screws into things, like: "[Drilling noise]".

    物にネジを入れる工具を考えてみてください。"[穴を開ける音]

  • That's a drill.

    それはドリルだ

  • Okay?

    いいですか?

  • So he was a director of a firm named Grunnings, which made drills.

    グルーニングスという会社の取締役で、ドリルを作っていたんですね。

  • Now, we have a description of him: "He was a big beefy man", "beefy", think of beef.

    さて、彼についての記述があります。"He was a big beefy man" "befy" "befy "というと牛肉を思い浮かべます。

  • So he was a little bit fat, and: "...with hardly any neck".

    だから少し太っていて"...首がほとんどない"

  • Now, "hardly any" means almost zero.

    さて、「ほとんどない」ということは、ほぼゼロに近いということです。

  • So, he was so big and round that you couldn't see his neck.

    だから、首が見えないくらい大きくて丸かった。

  • Okay? Hardly any neck.

    いいですか?首はほとんどない

  • "...although he did have a very large moustache".

    "彼は非常に大きな口ひげを生やしていたが"

  • So, moustache.

    だから、口ひげ。

  • Right? Everyone knows what that is there.

    だろ?そこにあるものは誰もが知っている。

  • And: "Mrs. Dursley"-Mr. Dursley's wife-

    そして..."ダーズリーさんの妻"

  • "spent so much of her time craning over the garden fences, spying on her neighbours."

    "庭のフェンスを覗きながら隣人を見張っていた"

  • So, here is a picture of a fence.

    ということで、フェンスの写真です。

  • In your backyard you have a fence that separates your house from your neighbour's house, and

    裏庭にはお隣の家と家を隔てるフェンスがあります。

  • here is a picture of Mrs. Dursley craning her neck.

    これはダーズリー夫人が首をかしげている写真です。

  • So, "to crane your neck" is to stretch it almost to the maximum point, and she's spying

    つまり、「首をかしげる」というのは、ほぼ最大点まで伸ばすことであり、彼女はスパイ行為をしているのです。

  • on her neighbours.

    彼女の隣人に

  • So Mrs. Dursley is a very curious woman.

    ダーズリー夫人は好奇心旺盛な女性ですね

  • "The Dursleys had everything they wanted"

    "ダーズリーは何でも持っていた"

  • -I'm going to step off camera for this-

    -このためにカメラを降ります

  • "but they also had a secret, and their greatest fear was that somebody would discover it.

    "しかし、彼らには秘密もあった" "最大の恐れは、誰かに発見されることだった

  • They didn't think they could bear it if anyone found out about the Potters."

    ポッター家のことを誰かに知られたら 耐えられないと思ったのよ

  • So, they're a very happy family, they have everything they need, but they have a secret,

    だから、とても幸せな家族で、必要なものは何でも揃っているのですが、秘密があります。

  • a family secret: They are ashamed of part of their family, and that part of the family

    家族の秘密:家族の一部を恥じている、家族の一部を恥じている

  • is the Potters.

    はポッターズです。

  • Now, here: "They didn't think they could bear it",

    さて、ここで。"彼らはそれに耐えられるとは思わなかった"

  • so if you can bear something or you can't bear something

    堪えても堪えなくても

  • it means that you can't handle it, support it, survive it.

    それは、あなたがそれを扱うことができない、それをサポートすることができない、それを生き抜くことができないということです。

  • So they would not be able to handle it if someone, if their neighbours found out about

    近所の人に知られても対処できないだろうし

  • the Potters, part of their family.

    ポッター家の家族の一員だ

  • So the Dursleys have a very clean image that they want their neighbours to follow.

    ダーズリーはとてもクリーンなイメージを持っていて、隣人にも見習ってもらいたいと思っているんですね。

  • All right?

    いいですか?

  • Let's keep going.

    続けていきましょう。

  • And we're back.

    そして戻ってきました。

  • So, continuing with page seven:

    ということで、7ページの続きです。

  • "Mrs. Dursley pretended she didn't have a sister",

    "ダーズリー夫人は妹がいないふりをしていた"

  • so she has a sister and she doesn't like her sister, but she pretended, she acted like

    妹がいて妹のことが好きじゃないのに、妹のふりをして、妹のように振る舞っていました。

  • she didn't have a sister because...

    妹がいなかったのは...

  • Excuse me.

    失礼します。

  • I like magic.

    魔法が好きなんです。

  • "...because her sister and her good-for-nothing husband were as unDursleyish as it was possible to be."

    "...彼女の妹と無能な夫は可能な限りダーズリー的ではなかったからだ"

  • First, some excellent vocabulary, here.

    まず、いくつかの優れた語彙、ここに。

  • A good-for-nothing person is someone who is good for nothing.

    無駄に良い人とは、何の役にも立たない人のことです。

  • So, this is an insult, a negative, very negative thing to say about someone.

    だから、これは誰かを侮辱している、ネガティブで非常にネガティブなことを言っているのです。

  • So: "Your good-for-nothing son", "Your good-for nothing sister", etc.

    ということで"何の役にも立たない息子 "とか "何の役にも立たない妹 "とか

  • Her good-for-nothing husband, he had no value, no use,

    彼女の夫は何の価値も使い道もなかった

  • were as unDursleyish as it was possible to be.

    ダーズリーのようには見えなかった

  • You will never, ever, ever, ever, ever, ever use this word outside of this book.

    この本以外でこの言葉を使うことは絶対にない。

  • So, Dursley is the last name of the family, and I guess, you know, if you act in a specific

    で、ダーズリーは苗字なんですが、特定の行動をすると

  • way you are Dursleyish.

    あなたはダーズリー的な方法です。

  • "Dursleyish" is kind of an adjective that

    "ダーズリーッシュ "というのは、ある種の形容詞です。

  • J.K. Rowling made here.

    J.K.ローリングはここで作った

  • And if you are unDursleyish, you are not acting like a Dursley acts.

    そして、ダーズリー的でない人は、ダーズリー的な振る舞いをしていません。

  • Next: "The Dursleys shuttered to think what the neighbours would say if the Potters had

    次の人"Dursleysは、ポッターズが持っていた場合、隣人が何を言うかを考えるためにシャッターを切った

  • a small son too, but they had never seen him."

    "小さな息子もいたが 見たことがなかった"

  • So, they shuttered to think.

    そこで、考えるためにシャッターを切った。

  • If you shutter to think, it means you are just very afraid of what other people would

    考えるためにシャッターを切るということは、人からどう思われるかをとても恐れているということです。

  • say about you.

    あなたのことを言う。

  • They didn't want to think: What would happen if their neighbours discovered that their,

    近所の人にバレたらどうなるか、考えたくなかったのです。

  • you know, Mrs. Dursley's sister had a son, and they had never seen Mrs. Dursley's son,

    ダーズリー夫人の妹には息子がいたが、彼らはダーズリー夫人の息子を見たことがなかった。

  • Mr. Dursley's sister's son.

    ダーズリーさんの妹の息子さん。

  • It's a mouthful. Sorry.

    口パクです。ごめんね。

  • Moving on to page eight: "Mr. Dursley hummed as he picked out his most boring tie"

    "ダーズリー氏は退屈なネクタイを選んで鼻歌を歌った"

  • -I'll get off screen, here-

    -画面から離れます

  • "for work and Mrs. Dursley gossiped away happily as she wrestled a screaming

    "仕事のために" "ダーズリー夫人は叫びながらも" "嬉しそうにゴシップを言っていました

  • Dudley into his highchair."

    "ダドリーをハイチェアに"

  • So this is the morning routine of the Dursleys.

    これがダーズリー家の朝の日課なんですね。

  • Mr. Dursley hummed: "Hmm, hmm, hmm, hmm, hmm, hmm, hmm, hmm, hmm, hmm, hmm, hmm",

    ダーズリーさんの鼻歌「ふむふむ、ふむふむ、ふむふむ、ふむふむ、ふむふむ、ふむふむ、ふむふむ。

  • this is humming, so he hummed as he picked out his most boring tie for work, and Mrs. Dursley gossiped...

    これは鼻歌で、彼は仕事のために最も退屈なネクタイを選びながら鼻歌を歌い、ダーズリー夫人は噂話をしていました...

  • Phrasal verb: "to gossip away".

    句動詞:「噂話をする」。

  • So, "to gossip" is to tell secret information or kind of talk about people when they are not there.

    だから、「噂話をする」というのは、秘密の情報を話したり、人がいないときに人のことを話したりすることです。

  • Say: -"Hey, did you hear that [mumbles]?"

    Say: - "おい、今の聞いたか?"

  • -"Oh!

    -"ああ!

  • Did you hear that [mumbles]?"

    "今の聞いた?"

  • This is gossiping.

    これはゴシップです。

  • So she gossiped away happily as she wrestled...

    嬉しそうにゴシップを言いながら格闘していたので...

  • "To wrestle", think of wrestling.

    "プロレスをする "とは、プロレスを思い浮かべてください。

  • She has a small child, his name is Dudley, into his highchair.

    彼女には小さな子供がいて、彼の名前はダドリー、彼のハイチェアに入っています。

  • So, a highchair is what you put babies in or young toddlers in to feed them.

    だから、ハイチェアというのは、赤ちゃんや幼児を中に入れて食べさせるものです。

  • So in this book, their son, you know, Dudley, is very, very small.

    それで、この本では、彼らの息子、ダドリーは、非常に、非常に小さい。

  • He's just a baby.

    ただの赤ちゃんだよ

  • All right. Let's keep going.

    いいだろう続けよう

  • Okay, to continue:

    いいわ 続けて

  • "None of them noticed a large tawny owl flutter past the window."

    "誰も大きなフクロウが窓を通り過ぎたことに 気づかなかった"

  • So, "tawny" is a colour.

    なので、「Tawny」は色なんですね。

  • It means light brown, or a mix of brown and orange.

    薄い茶色、または茶色とオレンジが混ざった色という意味です。

  • Okay? So a light brown, brown-orange owl flutter past the window.

    いいですか?薄茶色の茶色と茶色とオレンジのフクロウが 窓の外を舞っていた

  • So, when you think of a bird and the wings going...

    だから、鳥と翼が行くと思うと...

  • Just swinging back and forth, the wings are fluttering.

    ただ前後に揺れるだけで、羽がはためいている。

  • Okay?

    いいですか?

  • So the owl flutter...

    だから、フクロウは羽ばたく...

  • Fluttered, past tense, past the window.

    ひらひらと、過去形、窓の外へ。

  • All right.

    いいだろう

  • "At half-past eight, Mr. Dursley picked up"

    "8時30分、ダーズリー氏が迎えに来た"

  • -phrasal verb, "picked up"-"his briefcase,"

    -動詞「拾った」「彼のブリーフケースを」

  • -for work, his case for work with his papers-

    -仕事のために 彼の書類で仕事をするために

  • "pecked Mrs. Dursley on the cheek and tried to kiss

    "ダーズリー夫人の頬をつついてキスしようとした

  • Dudley goodbye but missed, because Dudley was now having a tantrum

    ダドリーは今、かんしゃくを起こしていたので、ダドリーはさようならが、逃しました。

  • and throwing the cereal at the walls."

    "シリアルを壁に投げつける"

  • So, a lot of information here.

    だから、ここにはたくさんの情報があります。

  • So, Mr. Dursley is getting ready to go to work.

    ダーズリーさんは仕事に行く準備をしているんですね。

  • He pecked Mrs. Dursley on the cheek.

    彼はダーズリー夫人の頬をつついた。

  • So this is your cheek, a peck can be a quick kiss, like:

    これはあなたの頬だから、突っかかってもすぐにキスをすることができます。

  • "[Kisses]", that's a peck.

    "キス "って、ペックだよね。

  • Also think of birds eating seeds, they peck, peck, peck, peck, peck, peck, peck.

    また、鳥が種を食べることを考えると、彼らは、ペック、ペック、ペック、ペック、ペック、ペック。

  • Okay?

    いいですか?

  • So this action is quick movement of the mouth, is a quick peck.

    だから、この動作は口の動きが速い、クイックペックです。

  • All right?

    いいですか?

  • On the cheek.

    頬に。

  • He tried to kiss Dudley, but Dudley was throwing cereal at the walls.

    彼はダドリーにキスをしようとしたが、ダドリーは壁にシリアルを投げつけていた。

  • So, a tantrum is like an emotional episode, a period where a child or an adult sometimes

    つまり、タンキームとは、感情的なエピソードのようなもので、子供や大人が時として

  • is acting really, really emotionally and angrily, like: "Ah."

    (徳井)本当に本当に本当に 感情的に怒って行動してます (山里)"あー!"ああ"

  • If you go to a department store and you see a child lying on the floor crying, and the

    デパートに行って、床に寝転がって泣いている子供を見たら

  • parents are saying: "Come on, let's go, let's go", the child is having a tantrum.

    親が言っているのは"さあ、行こうよ、行こうよ」と子供がかんしゃくを起こしています。

  • It's not a nice scene.

    いいシーンではありません。

  • And: "There was a tabby cat standing on the corner of Privet Drive.

    そして"タブビー猫がプリヴェット通りの角に立っていた

  • What could he have been thinking of?"

    彼は何を考えていたのでしょうか?"

  • So before this line it is important to note that now Mr. Dursley has left his house, he's

    だから、このセリフの前に重要なのは、今、ダーズリーさんは家を出たということです。

  • in his car, he has left his driveway, and before this line he thinks he sees a cat reading

    彼の車の中で、彼は彼の私道を出て、この行の前に、彼は彼が読んでいる猫を見ていると思います。

  • a map.

    地図です。

  • Okay? So he's like: "There's a cat reading a map. Wait, wait?"

    いいですか?それで彼は"地図を読んでる猫がいる"待て、待て?"

  • So he sees the cat reading a map, he does what he keeps doing, he looks back and then

    そこで彼は猫が地図を読んでいるのを見て、彼が続けていることをして、彼は振り返って

  • he says:

    と彼は言う。

  • "Okay, there was a tabby cat standing on the corner of Privet Drive."

    "タブビー猫がいた" "プリヴェット通りの角に立っていた"

  • This is the street the Dursleys live on.

    ここはダーズリーが住んでいる通りだ

  • "Ah, what could he have been thinking of?"

    "ああ、彼は何を考えていたのだろうか?"

  • What could Mr. Dursley have been thinking of?

    ダーズリーさんは何を考えていたのでしょうか?

  • He couldn't have seen a cat reading a map, could he?

    地図を読んでいる猫を見ることはできなかったのではないでしょうか?

  • So a tabby cat...

    ということは、タビー猫は...。

  • Tabby refers to kind of like the fur of the cat.

    タビーとは、猫の毛皮のようなものを指します。

  • Any cat that has a lot of stripes of different colours, and usually an "M" pattern on their

    異なる色のストライプが多く、通常は "M "のパターンを持っているすべての猫。

  • forehead is a tabby.

    おでこはタビー

  • Many native speakers only think of orange cats as being tabby cats, but it's actually

    多くのネイティブスピーカーはオレンジ色の猫をタビー猫としか思っていませんが、実は

  • all cats, so we learned something new today.

    猫ばかりなので、今日は新しいことを学びました。

  • Yeah, I love this book, too.

    ええ、私もこの本が大好きです。

  • Okay, we'll talk later.

    分かった、後で話そう。

  • Okay, see ya.

    じゃあね

  • All right.

    いいだろう

  • So: "Mr. Dursley couldn't bear people who dressed in funny clothes - the get-ups you saw on young people!"

    だから"ダーズリー氏は変な服を着ている人に耐えられなかった" "若者の着こなしを見ていたからだ!"

  • So before this, Mr. Dursley is driving to work and he sees lots of people dressed in

    その前に、ダーズリーさんが車で出勤していて、たくさんの人が着飾っているのを見ます。

  • really bright cloaks, which are these kind of long robes. Okay?

    鮮やかなマントを着ていて長いローブのようなものです。いいですか?

  • So he couldn't bear...

    だから彼は耐えられなかった...

  • He couldn't handle people who dressed in funny clothes.

    変な服を着ている人には対応できなかった。

  • The get-ups you saw on young people today.

    今の若者に見られた下駄箱。

  • So, a get-up is kind of like a costume.

    下駄箱は衣装みたいなものなんですね。

  • Okay?

    いいですか?

  • Or a funny uniform.

    変な制服とか

  • So if I say: "That's a nice get-up", that's a nice kind of uniform or costume, or something

    だから、私が言うと"それはいい感じの制服やコスチュームだったりして

  • that is different than a regular set of clothes.

    それは普通のセットの服とは違います。

  • So he's saying: "These people are dressed weird on the street today.

    だから彼は言っている。"この人たち、今日は街中で変な格好をしています。

  • I think I saw a cat reading a map.

    地図を読んでいる猫を見た気がする。

  • There are people running around. There's an owl."

    人が走り回っている。フクロウがいる"

  • And then: "Mr. Dursley was enraged to see that a couple of them"

    そして"ダーズリー氏は2人を見て激怒した"

  • -a couple of the people on the street-"weren't young at all.

    -道行く人たちは、「全然若くない」と言っていました。

  • Why, that man had to be older than he was, and he was wearing an emerald-green cloak!"

    なぜか、あの男は自分より年上のはずなのに、エメラルドグリーンのマントを着ていた!"

  • So he thinks: "Hah, these young people today with their weird clothes."

    それで彼は考えた"今の若者は変な服を着ている "と。

  • But he said: "No!

    しかし、彼は言った。"No!

  • This guy is as old as I am or older, so what's going on here?"

    こいつは俺と同じくらいの年齢か年上だからどうなってるんだ?"

  • And finally: "Mr. Dursley"...

    そして最後に"ダーズリーさん...

  • After getting to work.

    出勤してから

  • Now he's at work, he's at Grunnings.

    今は仕事中で、グルンニングスにいる。

  • He's in his office, he said: "Mr. Dursley always sat with his back to the window"...

    彼はオフィスにいると言っていた"ダーズリーさんはいつも窓に背を向けて座っていた "と...

  • I'll move out so you can read this completely.

    完全に読めるように引っ越します。

  • So he: "...always sat with his back to the window in his office on the ninth floor.

    彼は"「... 9階のオフィスの窓に 背中を向けて座っていた」