Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • In well-meaning attempts to boost our confidence ahead of challenging moments,

    困難な瞬間の前に自信を持とうとする善意の試みである。

  • people often try to draw our attention to our strengths:

    人はしばしば私たちの長所に注意を引こうとします。

  • our intelligence, our competence, our experience.

    私たちの知性、能力、経験

  • But this cancuriouslyhave some awkward consequences.

    しかし、これは - 不思議なことに - いくつかの気まずい結果をもたらすことができます。

  • There’s a type of under-confidence that arises

    自信のなさが生じるタイプがあります

  • specifically when we grow too attached to our own dignity

    特に自分の尊厳に執着しすぎると

  • and become anxious around any situation that might seem to threaten it.

    と、それを脅かしているように見えるかもしれないあらゆる状況の周りで不安になる。

  • We hold back from challenges in which there is any risk of ending up looking ridiculous

    私たちは、バカバカしいと思われてしまう危険性のある挑戦を控えています。

  • which comprises, of course, almost all the most interesting situations.

    もちろん、ほとんどすべての最も興味深い状況を構成しています。

  • In a foreign city, we might grow reluctant to ask anyone to guide us to the nice bars,

    外国の街では、素敵なバーを案内してくれる人に頼みたくないという気持ちが芽生えるかもしれません。

  • because they might think us an ignorant, pitiable, lost tourist.

    無知で哀れな迷子の観光客だと思われるかもしれないからだ。

  • We might long to kiss someone

    誰かにキスをしたいと思うかもしれない

  • but never let on out of a fear that they could dismiss us as a predatory loser.

    しかし、彼らは私たちを捕食する負け犬として解雇されることを恐れて、決して放っておかなかった。

  • Or at work, we don’t apply for a promotion,

    あるいは職場では、昇進の申請をしない。

  • in case the senior management deems us delusionally arrogant.

    上層部から横柄な妄想と思われた場合に備えて。

  • In a concerted bid never to look foolish, we don’t venture very far from our cocoon,

    愚か者に見えないようにとの総力戦で、私たちは繭からあまり遠くには出ていきません。

  • and therebyfrom time to time at leastmiss out on the best opportunities of our lives.

    そうすることで、少なくとも時折、人生の最高の機会を逃すことになります。

  • At the heart of our under-confidence is a skewed picture of how dignified it is normal for a person to be.

    自信のなさの根底にあるのは、人がどれだけ威厳を持っているのが当たり前なのかという歪んだイメージです。

  • We imagine that it might be possible, after a certain age, to place ourselves beyond mockery.

    私たちは、ある年齢になってから、嘲笑を超えたところに自分自身を置くことができるかもしれないと想像しています。

  • We trust that it's an option to lead a good life without regularly making a complete idiot of ourselves.

    定期的に自分を完全に馬鹿にしないで、良い人生を送るための選択肢だと信じています。

  • One of the most charming books ever written in early modern Europe

    近世ヨーロッパで書かれた最も魅力的な本の一つです。

  • is called 'In Praise of Folly'

    は 'In Praise of Follyと呼ばれています。

  • by the Dutch scholar and philosopher, Erasmus.

    オランダの学者であり、哲学者でもあるエラスムスによって。

  • In its pages, Erasmus advances a hugely liberating argument.

    そのページの中で、エラスムスは非常に解放的な議論を進めています。

  • In a warm tone, he reminds us that everyone, however important and learned they might be, is a fool.

    温かい口調で、どんなに大切なこと、学んだことがあっても、誰もが愚か者であることを思い知らされる。

  • No one is spared, not even the author.

    作者も誰も惜しまない。

  • However well-schooled he himself was,

    彼自身がどんなに教養があったとしても

  • Erasmus remainedhe insistsas much of a nitwit as anyone else:

    エラスムスは、他の人と同じくらいの馬鹿者であると主張しています。

  • his judgement is faulty,

    彼の判断は間違っている

  • his passions get the better of him,

    彼の情熱が彼を支配している

  • he is prey to superstition and irrational fear,

    迷信と不合理な恐怖の餌食になっている。

  • he is shy whenever he has to meet new people,

    彼は初対面の人と会う時は必ず人見知りをします。

  • he drops things at elegant dinners.

    彼は優雅な夕食会で物を落とす

  • This is deeply cheering,

    これは深く応援しています。

  • for it means that our own repeated idiocies don't have to exclude us from the best company.

    それは、私たち自身が繰り返してきた愚かさが、最高の会社から私たちを排除する必要はないということを意味しているからです。

  • Looking like a prick,

    ゲスに見える。

  • making blunders and doing bizarre things in the night doesn’t render us unfit for society;

    いたずらをしたり、夜に奇妙なことをしたりしても、社会に出ていけないわけではありません。

  • it just makes us a bit more like the greatest scholar of the northern European Renaissance.

    北欧ルネッサンスの偉大な学者のようになるだけです。

  • There’s a similarly uplifting message to be pulled from the work of Pieter Brueghel.

    ピエテル・ブリューゲルの作品からは、同じように高揚感のあるメッセージを引き出すことができます。

  • His central work, 'The Dutch Proverbs,' presents a comically disenchanted view of human nature.

    彼の中心的な作品である「オランダの箴言」は、人間の本質についてコミカルに幻滅した見方を提示しています。

  • Everyone, he suggests, is pretty much deranged:

    彼が提案するのは、誰もがかなり狂っているということだ。

  • here’s a man throwing his money into the river;

    ここに金を川に投げ込んだ男がいる

  • there’s a soldier squatting on the fire and burning his trousers;

    火の上にしゃがんでズボンを燃やしている兵士がいます。

  • someone is intently bashing his head against a brick wall;

    誰かが熱心にレンガの壁に頭をぶつけている。

  • someone else is biting a pillar.

    誰かが柱をかじっている

  • Importantly, the painting is not an attack on just a few unusually awful people--

    重要なのは、この絵は異常にひどい数人への攻撃ではないということだ--。

  • it’s a picture of parts of all of us.

    それは私たち全員のパーツの絵です。

  • Brueghel’s and Erasmus’s work proposes that the way to greater confidence

    ブリューゲルとエラスムスの仕事は、より大きな自信への道を提案しています。

  • isn’t to reassure ourselves of our own dignity--

    自分の尊厳を安心させるためではなく...

  • it’s to grow at peace with the inevitable nature of our ridiculousness.

    それは、私たちの滑稽さの避けられない性質と平和的に成長することです。

  • We are idiots now,

    今の私たちはバカです。

  • we have been idiots in the past,

    私たちは過去にもバカをやっていました。

  • and we will be idiots again in the future...

    と、今後もまたバカになってしまうのではないでしょうか...。

  • and that's OK.

    と、それはそれでいいのです。

  • There aren’t any other available options for human beings to be.

    人間には他に選択肢がないんだよ。

  • Once we learn to see ourselves as already, and by nature, foolish,

    一度私たちは、すでに、そして本質的に、愚かなものとして自分自身を見ることを学びます。

  • it really doesn’t matter so much if we do one more thing that might make us look a bit stupid.

    本当にどうでもいいことなんですが、もう一つ、頭が悪くなるようなことをしてもいいんですよ。

  • The person we try to kiss could indeed think us ridiculous.

    私たちがキスしようとしている人は、確かに私たちを馬鹿にしていると思われる可能性があります。

  • The individual we asked directions from in a foreign city might regard us with contempt.

    外国の街で道を尋ねた相手からは軽蔑されるかもしれません。

  • But if these people did so, it wouldn’t be news to us--

    しかし、もしこの人たちがそうしていたら、私たちにはニュースにならないでしょう...

  • they would only be confirming what we had already gracefully accepted in our hearts long ago:

    彼らは、私たちがすでにずっと前に心の中で優雅に受け入れていたことを確認しているに過ぎません。

  • that we, like themand every other person on the earthare a nitwit.

    私たちも彼らと同じように 地球上のすべての人が バカだということを

  • The risk of trying and failing would have its sting substantially removed.

    試行錯誤して失敗するリスクは、その刺さったものを実質的に取り除くことになる。

  • A fear of humiliation would no longer stalk us in the shadows of our minds.

    屈辱の恐怖は、もはや心の影で私たちをつきまとうことはないだろう。

  • We would grow free to give things a go by accepting that failure was the acceptable norm.

    失敗は許容される規範であることを受け入れることで、私たちは自由に物事に挑戦することができるようになります。

  • And every so often, amidst the endless rebuffs we’d have factored in from the outset, it would work:

    そして、よくあることだが、最初から考慮していた無限の反発の中で、それはうまくいくだろう。

  • we’d get a kiss, we’d make a friend, we’d get a raise.

    キスをして友達を作って昇給するんだ

  • The road to greater confidence begins with a ritual of telling oneself solemnly every morning

    自信への道は、毎朝自分に言い聞かせることから始まります。

  • before heading out for the day,

    その日のために出かける前に。

  • that one is a muttonhead, a cretin, a dumbbell and an imbecile.

    あの人はマトンヘッドで ろくでなしのバカで無能な人だ

  • One or two more acts of folly should, thereafter, not matter very much at all.

    愚かな行為の一つや二つは、その後は全く問題にならないはずである。

In well-meaning attempts to boost our confidence ahead of challenging moments,

困難な瞬間の前に自信を持とうとする善意の試みである。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 自信 バカ 馬鹿 愚か キス 尊厳

自信を持つ方法

  • 19381 2735
    clara.english.0001 に公開 2017 年 03 月 06 日
動画の中の単語