Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

AI 自動生成字幕
  • Studies on human embryonic stem cells are highly controversial, and the current law

    ヒト胚性幹細胞の研究は議論の余地が大きく、現行法では

  • says that embryos must be destroyed after 14-days. But why 14-days? What’s so significant

    胚は14日後に破壊されなければならないと言っています。しかし、なぜ14日なのでしょうか?何がそんなに重要なのでしょうか?

  • about the two week limit, and should we even keep using it?

    2週間の制限についてですが、使い続けるべきでしょうか?

  • Hi there my science buddies. Julian here for DNews. Human embryonic stem cells are one

    こんにちは 科学仲間の皆さんDNewsのジュリアンです。ヒト胚性幹細胞は

  • of the most legally and morally contentious areas of study. On the one hand, stem cells,

    は、法的にも道徳的にも最も論争の多い研究分野の一つです。一方では 幹細胞

  • both adult and embryonic, are valuable for researching a huge range of illnesses and

    は、成体と胚の両方の病気を研究する上で貴重なものです。

  • diseases, from cancer to diabetes to Alzheimer’s. On the other hand, many people believe that

    癌から糖尿病、アルツハイマー病に至るまで、様々な病気の原因となります。一方で、多くの人が信じているのは

  • this benefit to medicine comes at the cost of potential human lives. If you want a bit

    この薬への恩恵は潜在的な人間の命を犠牲にして得られるものです。もしあなたが少し

  • of background on the moral and medical controversy surrounding stem cells, you can check out

    幹細胞を取り巻く道徳的、医学的な論争の背景については、以下をご覧ください。

  • either of these videos on screen.

    どちらかの動画を画面に

  • Originally, the 14-day limit comes from a 1979 United States Department of Health, Education,

    もともと14日間の制限は、1979年の米国保健省、教育省に由来しています。

  • and Welfare report. A committee of theologians, psychologists, and doctors came to a compromise:

    と福祉の報告書。神学者、心理学者、医師による委員会が妥協案を出した。

  • human embryonic stem cells could be studied for two weeks after fertilization, beyond

    ヒト胚性幹細胞は、受精後2週間、それを超えて研究することができます。

  • which time the cells would have to be destroyed. But this limit was fairly arbitrary, as at

    その時には細胞は破壊されなければなりませんでしたしかし、この制限はかなり恣意的なものでした。

  • the time, scientists could not keep embryos alive in vitro for more than a few days.

    当時、科学者たちは体外で数日以上胚を生かすことができませんでした。

  • A later report, organized in 1984 by British existential philosopher Mary Warnock, justified

    1984年にイギリスの実存哲学者メアリー・ワーノックによって組織された後の報告書は、正当化しました。

  • the two week limit. The report states that on the 14th or 15th day, a faint line of cells

    2週間の限界を超えた。報告書によると、14日か15日には、かすかな細胞のラインが

  • appears on the embryo, called theprimitive streak”. This, it was argued, is a moment

    胚に現れます これは「原始筋」と呼ばれていますこれは、議論されていました。

  • that signifies that the embryo has become an individual being, as before this time the

    胚が個々の存在になったことを意味します。

  • embryo could potentially split into twin organisms.

    胚は潜在的に双子の生物に分裂する可能性があります。

  • One of the reasons this stage appealed to those who objected on moral grounds, was that

    このステージが道徳的な理由で異議を唱えた人たちに訴えた理由の一つは

  • if an embryo could split into two people, then it could not yet be an individual person.

    胚が二人の人間に分裂することができるならば、それはまだ個人の人間ではありえない。

  • The rule codified an easy to measure mark, coupled with an unambiguous time frame; making

    このルールは、明確な時間枠と相まって、測定が容易なマークを成文化したもので、以下のようになっています。

  • the question less about conception or “a soul”, while still allowing for a religious

    受胎や "魂 "についての質問ではなく、まだ宗教的なことを可能にしながら

  • and moral compromise.

    と道徳的に妥協しています。

  • Additionally, a 2002 report from California stated that less than half of all fertilized

    さらに、カリフォルニア州の2002年の報告書によると、受精したすべての

  • embryos, both in vitro and in vivo, ever reach the primitive streak, meaning that most of

    胚は、インビトロでもインビボでも、これまでに原始的な筋に到達したことはありません。

  • embryos used for research would have been unlikely to make it to term anyway..

    研究に使われている胚は、いずれにしても成育する可能性は低いでしょう。

  • But recent advances have made it possible for scientists to keep embryos alive for longer

    しかし、最近の進歩により、科学者が胚をより長く生き続けることが可能になりました。

  • than two weeks, by simulating womb-like conditions. With the potential for further research using

    子宮のような状態をシミュレートすることで、2週間以上の時間をかけてを用いた更なる研究が期待されます。

  • stem cells, the question has been forced again: is the 14-day limit still valid?

    幹細胞は、14日間の制限はまだ有効なのでしょうか?

  • Some scientists say no. Arguing that they could use the research in preventing miscarriages,

    科学者の中にはノーと言う人もいます。流産を防ぐために研究を利用できると主張しています。

  • infertility, and birth defects which they believe to be more important than a more or

    よりも重要だと考えている不妊症や先天性の欠陥などがあります。

  • less arbitrary time limit. For example, in 2014, researchers were able to cureinduced

    よりも少ない任意の時間制限例えば、2014年には、研究者たちは「誘発された

  • Parkinson's diseasein rats Neuroscientists used human embryonic stem cells to create

    ラットの「パーキンソン病」神経科学者がヒト胚性幹細胞を使って

  • neurons that produce dopamine, which is missing in those who suffer from the disease. Although

    ドーパミンを産生する神経細胞は、この病気に苦しむ人に不足しています。しかし

  • no human clinical trials have been done, these early results with animals have been very

    ヒトでの臨床試験は行われていませんが、動物を用いた初期の結果は非常に優れています。

  • promising.

    有望である。

  • That said, other researchers in bioethics have pointed out that even an arbitrary limit

    そのため、生命倫理学の他の研究者は、任意の制限であっても

  • is better than no limit at all. As more restrictions are lifted, the very real question becomes

    は全く制限がないよりはマシです。より多くの制限が解除されると、非常に現実的な問題は次のようになります

  • where is the limit on human experimentation in the pursuit of knowledge?”

    "知識の追求における人体実験の限界はどこにあるのか?"

Studies on human embryonic stem cells are highly controversial, and the current law

ヒト胚性幹細胞の研究は議論の余地が大きく、現行法では

字幕と単語
AI 自動生成字幕

ワンタップで英和辞典検索 単語をクリックすると、意味が表示されます

B2 中上級 日本語 細胞 制限 ヒト 研究 道徳 報告

なぜヒト胚性幹細胞の実験ができないのか?

  • 76 12
    Study English に公開 2017 年 02 月 17 日
動画の中の単語