Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Matt Abrahams teaches strategic communication for Stanford's Graduate School of Business.

    Matt Abrahamsは、スタンフォード大学ビジネススクールで戦略的コミュニケーションを教えています。

  • He's also co-founder of Bold Echo Communication Solutions.

    また、Bold Echo Communication Solutionsの共同設立者でもあります。

  • Speaking in front of people is nerve wracking- we get anxious.

    人前で話すのは緊張するし、不安になる。

  • So what I'd like to do is share with you ten anxiety management techniques.

    そこで私がやりたいのは、10の不安管理テクニックをお伝えしたいと思います。

  • The very first technique is to greet your anxiety. When you begin to feel those jitters - you start feeling like "Oh no, everybody's going to tell that I'm nervous!"

    第一のテクニックは「不安を迎える」ことです。その不安を感じ始めると "やばい、みんなに緊張していると言われそうだ!" と感じ始めます

  • and we begin to actually make ourselves more and more nervous.

    そして、私たちは実際に自分自身をますます神経質にし始めます。

  • Say to yourself "It makes sense that I'm nervous" and by acknowledging your anxiety, you short circuit that building of anxiety.

    緊張していることに意味がある」と自分に言い聞かせ、自分の不安を認めることで、不安の構築を短絡させます。

  • Another very useful technique is to work on breathing. Nervous speakers breathe very shallow;

    もう一つの非常に便利なテクニックは、呼吸法に取り組むことです。緊張しているスピーカーは、非常に浅い呼吸をしています。

  • by simply taking some deep belly breaths prior to speaking,

    話す前に深く腹式呼吸をするだけでいいのです。

  • you slow down your blood pressure and your heart rate. It can help you tremendously.

    血圧と心拍数を下げることでそれはあなたを途方もなく助けることができます

  • Another thing to try is to warm up your voice. Singers practice their vocal range before they go out on stage.

    もう一つ試してみたいのは、声を温めることです。歌手はステージに出る前に声域の練習をします。

  • Speakers need to do the same thing. Say a tongue twister- do something to warm up your voice.

    話し手も同じことをする必要があります。舌をひねるようなことを言う-声を温めるために何かをしましょう。

  • Too often nervous speakers feel like everybody's attention is focused on analyzing and evaluating them.

    緊張しているスピーカーは、誰もが自分の分析や評価に集中しているように感じることが多々あります。

  • If your attention is on your audience and giving them what they need,

    あなたの注意があなたの聴衆にあり、彼らが必要とするものを与えている場合。

  • that gives you less bandwidth to worry about yourself.

    そうすることで、自分のことを気にすることが少なくなります。

  • Another useful technique is to write down your fears. By writing them down, we get them out of our head.

    もう一つの有効なテクニックは、恐怖を書き留めることです。書き留めることで、頭の中から恐怖を取り除いていくのです。

  • It gives us more of a sense of agency and control over them.

    それは私たちに代理店の感覚を与え、彼らをコントロールすることができます。

  • Many of us when we speak, worry about how bad things can go. And instead, we should expect success.

    私たちの多くは、話すときに、物事がどのように悪い方向に進むかを心配しています。そして、その代わりに成功を期待しましょう。

  • What could it be like if it goes well? Success can simply be getting through all of your material.

    うまくいくとどんな感じになるのでしょうか?成功とは、単純にすべての教材を使いこなすことです。

  • If you expect success, that gives you more of a sense of control and a goal that you will be pleased to try to achieve.

    成功を期待すれば、それだけでコントロール感が増して、やってみてよかったと思える目標ができます。

  • Reframing the speaking situation is one of the most powerful tools.

    話している状況をリフレーミングすることは、最も強力なツールの一つです。

  • Instead of seeing speaking as a performance, view it as a conversation. First, practice conversationally.

    話すことをパフォーマンスとして見るのではなく、会話として捉えましょう。まず、会話の練習をしましょう。

  • Sit around and converse your presentation with somebody.

    周りに座って、誰かとあなたのプレゼンテーションを変換します。

  • Second, use conversational language: Nervous speakers say things like "One must consider the ramifications."

    第二に、会話の言葉を使うこと。緊張している人は "その結果を考慮しなければならない "と言う

  • We don't talk that way. They should say things like "You should consider..."

    そんな言い方はしない"考えてみてください "みたいなことを言うべきですね

  • Third, use questions - questions are dialogic. They're two-way, they're conversational.

    第三に、質問を使う - 質問は対話的なものです。質問は双方向で、会話的です。

  • Another thing that we have to rid ourselves of is procrastination. A great way to do that is to publicly commit to your goals.

    もう一つ、私たちが自分自身を排除しなければならないものは、先延ばしです。それを行うための素晴らしい方法は、公にあなたの目標にコミットすることです。

  • By publicly committing to those goals, it will help you actually get your presentation prepared and ready.

    これらの目標を公にコミットすることで、実際にプレゼンテーションの準備や準備ができるようになります。

  • Another thing that gets people very nervous is thinking about all the things that could go wrong.

    もう一つ、人々を非常に神経質にさせるものは、うまくいかない可能性のあるすべてのことを考えることです。

  • So if you're afraid that your slide deck isn't going to be able to project -

    だから、あなたのスライドデッキが投影することができないだろうと恐れている場合は - 。

  • have a file that you can email to people. By having contingencies thought about

    人にメールできるファイルを持っています。不測の事態を考えておくことで

  • and planned for gets you out of that paralysis that comes from all of these concerns.

    と計画されていることは、これらの懸念のすべてから来るその麻痺からあなたを得ることができます。

  • The last bit of advice I give you is to break away from slides. Start with an outline.

    最後のアドバイスは、スライドからの脱却です。まずはアウトラインを作ることから始めましょう。

  • By having a structure that you've thought about that's in outline form, it gives you something to come back to.

    自分が考えたことをアウトライン化した構造を持つことで、自分に返ってくるものを与えてくれます。

  • If all you have are slides, then you are floating in space - you don't have something to root them down.

    スライドしか持っていないのであれば、宇宙空間に浮いていることになります-それらを根付かせる何かを持っていないのです。

  • Be sure to check out Matt's nofreakingspeaking.com for more advice on public speaking.

    人前で話すことについてのアドバイスは、Mattのnofreakingspeaking.comを必ずチェックしてください。

Matt Abrahams teaches strategic communication for Stanford's Graduate School of Business.

Matt Abrahamsは、スタンフォード大学ビジネススクールで戦略的コミュニケーションを教えています。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

A2 初級 日本語 緊張 不安 テクニック スライド アウトライン 話す

自信を持って話すための10の方法|マット・エイブラハムス (まとめ)

  • 416 53
    minicat に公開 2017 年 02 月 10 日
動画の中の単語