Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • I'd like you to come back with me for a moment

    翻訳: Kazunori Akashi 校正: Mamoru Ichikawa

  • to the 19th century,

    少しの間 皆さんを 19世紀にお連れしましょう

  • specifically to June 24, 1833.

    少しの間 皆さんを 19世紀にお連れしましょう

  • The British Association for the Advancement of Science

    日付は1833年6月24日です

  • is holding its third meeting at the University of Cambridge.

    英国科学振興協会の 3回目の会議が

  • It's the first night of the meeting,

    ケンブリッジ大学で 開かれているところです

  • and a confrontation is about to take place

    会議1日目の夜 ―

  • that will change science forever.

    その後の科学を変える ―

  • An elderly, white-haired man stands up.

    議論が始まろうとしていました

  • The members of the Association are shocked to realize

    立ちあがったのは 白髪の老人です

  • that it's the poet Samuel Taylor Coleridge,

    会員達は その男性が詩人の

  • who hadn't even left his house in years until that day.

    S・T・コールリッジだと 気づいて驚愕します

  • They're even more shocked by what he says.

    彼はそれまで何年も 自宅から出たことはありません

  • "You must stop calling yourselves natural philosophers."

    彼の発言を聞いて さらに驚愕します

  • Coleridge felt that true philosophers like himself

    「君達は『自然哲学者』という 呼び名を返上すべきだ」

  • pondered the cosmos from their armchairs.

    コールリッジの考えでは 自分のような真の哲学者は

  • They were not mucking around in the fossil pits

    アームチェアに座って 宇宙について考えるけれど

  • or conducting messy experiments with electrical piles

    振興協会員のように 化石の産地をうろついたり

  • like the members of the British Association.

    手を汚して電堆で 実験などしないというのです

  • The crowd grew angry and began to complain loudly.

    手を汚して電堆で 実験などしないというのです

  • A young Cambridge scholar named William Whewell stood up

    次第に聴衆の感情は高ぶり 不満を述べはじめました

  • and quieted the audience.

    ウィリアム・ヒューエルという 若いケンブリッジの学者が

  • He politely agreed that an appropriate name

    立ちあがって聴衆をなだめ

  • for the members of the association did not exist.

    振興協会員にふさわしい名称は

  • "If 'philosophers' is taken to be too wide and lofty a term,"

    確かに存在していないと 丁寧に述べました

  • he said, "then, by analogy with 'artist,'

    「『哲学者』という呼び方が 幅広く高尚過ぎると言うなら ―

  • we may form 'scientist.'"

    "artist"(芸術家)という 呼び名にならって

  • This was the first time the word scientist

    "scientist"(科学者)という 言葉を作ってはどうでしょう」

  • was uttered in public,

    この時初めて公の場で "scientist"という言葉が使われたのです

  • only 179 years ago.

    この時初めて公の場で "scientist"という言葉が使われたのです

  • I first found out about this confrontation when I was in graduate school,

    わずか179年前のことです

  • and it kind of blew me away.

    私は この議論について 大学院生の時に知り

  • I mean, how could the word scientist

    心底驚きました

  • not have existed until 1833?

    なぜ"scientist"という ―

  • What were scientists called before?

    言葉が1833年まで 存在しなかったのか?

  • What had changed to make a new name necessary

    それまでは どう呼ばれていたのか?

  • precisely at that moment?

    新たな名前が その時 必要になったのは

  • Prior to this meeting, those who studied the natural world

    どのような変化が原因か?

  • were talented amateurs.

    この会議以前は 才能あるアマチュアが

  • Think of the country clergyman or squire

    自然界を研究していました

  • collecting his beetles or fossils,

    チャールズ・ダーウィンのように

  • like Charles Darwin, for example,

    地方の聖職者や地主をしながら

  • or, the hired help of a nobleman, like Joseph Priestley,

    昆虫や化石を収集したり

  • who was the literary companion

    ランズダウン侯爵の司書で 酸素を発見した ―

  • to the Marquis of Lansdowne

    ジョゼフ・プリーストリーのように

  • when he discovered oxygen.

    ジョゼフ・プリーストリーのように

  • After this, they were scientists,

    貴族の助手だったのです

  • professionals with a particular scientific method,

    この会議以降 彼らは科学者になりました

  • goals, societies and funding.

    つまり科学特有の方法と目的 学会 予算をもった ―

  • Much of this revolution can be traced to four men

    専門家になったのです

  • who met at Cambridge University in 1812:

    この革命の大きな源となったのが

  • Charles Babbage, John Herschel, Richard Jones and William Whewell.

    1812年にケンブリッジ大学で 出会った4人の人物 ―

  • These were brilliant, driven men

    C・バベッジ J・ハーシェル R・ジョーンズ W・ヒューエルです

  • who accomplished amazing things.

    聡明かつ野心的で

  • Charles Babbage, I think known to most TEDsters,

    数々の優れた業績を挙げました

  • invented the first mechanical calculator

    たぶん皆さんもご存じの チャールズ・バベッジは

  • and the first prototype of a modern computer.

    初の機械式計算機や

  • John Herschel mapped the stars of the southern hemisphere,

    現在のコンピュータの 原型を発明しました

  • and, in his spare time, co-invented photography.

    ジョン・ハーシェルは 南半球の星を記録し

  • I'm sure we could all be that productive

    余暇を利用して 写真の開発にも一役買いました

  • without Facebook or Twitter to take up our time.

    私達もFacebookや Twitterの時間を減らせば

  • Richard Jones became an important economist

    同じ位 創造性豊かに なれるかも知れません

  • who later influenced Karl Marx.

    リチャード・ジョーンズは 大経済学者となり

  • And Whewell not only coined the term scientist,

    後にマルクスに影響を与えました

  • as well as the words anode, cathode and ion,

    ヒューエルは"scientist"以外に

  • but spearheaded international big science

    陽極 陰極 イオンといった 言葉を造っただけでなく

  • with his global research on the tides.

    地球規模の潮汐に関する ―

  • In the Cambridge winter of 1812 and 1813,

    国際的研究を率いました

  • the four met for what they called philosophical breakfasts.

    1812-13年の冬 ケンブリッジで

  • They talked about science

    この4人が集まって 「哲学朝食会」を開きました

  • and the need for a new scientific revolution.

    話題は科学について ―

  • They felt science had stagnated

    そして新たな科学革命の 必要性についてです

  • since the days of the scientific revolution that had happened

    彼らは17世紀の科学革命以降 ―

  • in the 17th century.

    彼らは17世紀の科学革命以降 ―

  • It was time for a new revolution,

    科学が停滞していると感じていました

  • which they pledged to bring about,

    4人が起こすと誓った 新たな革命が

  • and what's so amazing about these guys is,

    必要な時期でした

  • not only did they have these

    彼らのすごいところは

  • grandiose undergraduate dreams,

    大学生のような

  • but they actually carried them out,

    壮大な夢を抱いただけでなく

  • even beyond their wildest dreams.

    夢を遥かに超えることを

  • And I'm going to tell you today

    実現したことです

  • about four major changes to science these men made.

    これからお話しするのは 彼らが実現した4つの大きな変革です

  • About 200 years before,

    これからお話しするのは 彼らが実現した4つの大きな変革です

  • Francis Bacon and then, later, Isaac Newton,

    『証拠に基づく帰納的方法』 200年ほど前には

  • had proposed an inductive scientific method.

    フランシス・ベーコン その後にはニュートンが

  • Now that's a method that starts from

    科学の帰納的方法を 提案していました

  • observations and experiments

    帰納的方法とは観察と実験から

  • and moves to generalizations about nature called natural laws,

    帰納的方法とは観察と実験から

  • which are always subject to revision or rejection

    自然に関する一般法則 つまり自然律を導きます

  • should new evidence arise.

    これは新たな証拠が得られれば

  • However, in 1809, David Ricardo muddied the waters

    修正あるいは否定されます

  • by arguing that the science of economics

    ところが1809年に デビッド・リカードが

  • should use a different, deductive method.

    経済学においては演繹的方法を

  • The problem was that an influential group at Oxford

    使うべきと主張しました

  • began arguing that because it worked so well in economics,

    そして影響力のある オックスフォードの学者達が

  • this deductive method ought to be applied

    始めた主張が問題となります

  • to the natural sciences too.

    「演繹法が経済学で 機能するなら ―

  • The members of the philosophical breakfast club disagreed.

    自然科学にも応用すべきだ」

  • They wrote books and articles promoting inductive method

    「哲学朝食会」の面々は これに反発しました

  • in all the sciences

    彼らは科学の全分野で 帰納法を用いることを

  • that were widely read by natural philosophers,

    本や論文を通じて説き ―

  • university students and members of the public.

    自然哲学者 大学生 一般大衆に

  • Reading one of Herschel's books

    広く読まれました

  • was such a watershed moment for Charles Darwin

    ハーシェルの本は

  • that he would later say, "Scarcely anything in my life

    ダーウィンにとって 重要な転機となりました

  • made so deep an impression on me.

    彼は後に こう言っています 「あれほど影響を受けたものは

  • It made me wish to add my might

    一生を通じて 他に見当たらない

  • to the accumulated store of natural knowledge."

    彼の本を読んで 私も自然科学の知識を

  • It also shaped Darwin's scientific method,

    蓄積することに貢献したいと 感じたのだから」

  • as well as that used by his peers.

    その本は ダーウィンとその仲間たちの

  • [Science for the public good]

    科学的な手法を確立したのです

  • Previously, it was believed that scientific knowledge

    『公益のための科学』

  • ought to be used for the good of the king or queen,

    かつて科学知識は 王や女王のため ―

  • or for one's own personal gain.

    あるいは個人の利益のために

  • For example, ship captains needed to know

    使われるべきとされていました

  • information about the tides in order to safely dock at ports.

    例えば船長は

  • Harbormasters would gather this knowledge

    船を安全に着岸させるために 潮汐の知識が必要でしたが

  • and sell it to the ship captains.

    港湾管理人は その知識を集めて

  • The philosophical breakfast club changed that,

    船長に売っていたのです

  • working together.

    哲学朝食会は協力して

  • Whewell's worldwide study of the tides

    これを変えました

  • resulted in public tide tables and tidal maps

    ヒューエルの世界的潮汐調査により

  • that freely provided the harbormasters' knowledge

    公的な潮汐表と潮汐地図が完成し

  • to all ship captains.

    港湾管理人だけが持っていた 知識を 全ての船長が

  • Herschel helped by making tidal observations

    自由に得られるようになりました

  • off the coast of South Africa,

    ハーシェルも南アフリカ沿岸で

  • and, as he complained to Whewell,

    潮汐観測を行いました

  • he was knocked off the docks during a violent high tide for his trouble.

    激しい高波で 埠頭から落ちてしまったと

  • The four men really helped each other in every way.

    ヒューエルに こぼしたそうです

  • They also relentlessly lobbied the British government

    4人はあらゆる面で 助け合いました

  • for the money to build Babbage's engines

    英国政府に働きかけ バベッジが考案した ―

  • because they believed these engines

    機械を作る 資金を得ようとしました

  • would have a huge practical impact on society.

    彼の機械は社会にとって

  • In the days before pocket calculators,

    極めて有用だと考えたからです

  • the numbers that most professionals needed --

    電卓が開発される前は

  • bankers, insurance agents, ship captains, engineers

    銀行家や保険代理業者 船長や技師といった ―

  • were to be found in lookup books like this,

    専門家が 必要な数値を知るには

  • filled with tables of figures.

    数字で埋めつくされた ―

  • These tables were calculated

    早見表を調べる 必要がありました

  • using a fixed procedure over and over

    このような早見表は 決まった手順で

  • by part-time workers known as -- and this is amazing -- computers,

    何度も計算を行う パートの労働者 ―

  • but these calculations were really difficult.

    「コンピュータ」達が 作っていました

  • I mean, this nautical almanac

    数値の計算は 極めて難しいものでした

  • published the lunar differences for every month of the year.

    この航海暦には

  • Each month required 1,365 calculations,

    毎月の月の変化が 1年分載っています

  • so these tables were filled with mistakes.

    1か月分で1,365回の 計算が必要で

  • Babbage's difference engine was the first mechanical calculator

    誤りが多く見られます

  • devised to accurately compute any of these tables.

    バベッジの階差機関は このような表なら常に正しく

  • Two models of his engine were built in the last 20 years

    計算できるように設計された 初の機械式計算機です

  • by a team from the Science Museum of London

    ロンドン科学博物館では バベッジの設計図を元に

  • using his own plans.

    この20年で2種類の 機械を制作しました

  • This is the one now at the Computer History Museum in California,

    この20年で2種類の 機械を制作しました

  • and it calculates accurately. It actually works.

    1台は今 カリフォルニアの コンピュータ歴史博物館にあり ―

  • Later, Babbage's analytical engine

    実際に正確な計算ができます

  • was the first mechanical computer in the modern sense.

    後に構想された解析機関は

  • It had a separate memory and central processor.

    初めての機械式の 現代的な意味でのコンピュータで

  • It was capable of iteration, conditional branching

    独立したメモリと 中央演算装置を備えていました

  • and parallel processing,

    繰り返しや条件分岐 ―

  • and it was programmable using punched cards,

    並行処理ができ

  • an idea Babbage took from Jacquard's loom.

    パンチ・カードを使った プログラムが可能でした

  • Tragically, Babbage's engines never were built in his day

    バベッジがジャガード織機から 得たアイデアです

  • because most people thought that

    残念ながら 当時バベッジの機械は 制作されませんでした

  • non-human computers would have no usefulness

    そんな機械が社会の役に 立つはずがないと

  • for the public.

    そんな機械が社会の役に 立つはずがないと

  • [New scientific institutions]

    考える人が ほとんどだったのです

  • Founded in Bacon's time, the Royal Society of London

    『新しい科学団体』

  • was the foremost scientific society in England

    ベーコンの時代に設立された 王立協会は

  • and even in the rest of the world.

    イングランドのみならず 世界的にもトップレベルの

  • By the 19th century, it had become

    科学学会でした

  • a kind of gentleman's club

    19世紀には 会員制クラブ化していて

  • populated mainly by antiquarians, literary men and the nobility.

    19世紀には 会員制クラブ化していて

  • The members of the philosophical breakfast club

    好古家や学者や貴族が 主たるメンバーでした

  • helped form a number of new scientific societies,

    哲学朝食会の人々は

  • including the British Association.

    英国科学振興協会を含む 新たな多くの団体の

  • These new societies required

    結成を支援しました

  • that members be active researchers publishing their results.

    新しい団体では 会員は現役の研究者で

  • They reinstated the tradition of the Q&A

    研究結果の公表が 必要とされました

  • after scientific papers were read,

    論文発表後に 質疑の時間を設ける ―

  • which had been discontinued by the Royal Society

    伝統も復活しました

  • as being ungentlemanly.

    王立協会では

  • And for the first time, they gave women a foot in the door of science.

    「紳士的でない」として やめていた慣習です

  • Members were encouraged to bring their wives,

    また これらの団体は初めて 科学を女性に開放しました

  • daughters and sisters to the meetings of the British Association,

    英国科学振興協会では 会員が自分の

  • and while the women were expected to attend

    妻 娘 姉妹を会合に 同伴するよう奨励されました

  • only the public lectures and the social events like this one,

    当初 女性は公開講座や イベントにだけ

  • they began to infiltrate the scientific sessions as well.

    出席するものと 考えられていましたが

  • The British Association would later be the first

    次第に科学の授業にも 姿を見せるようになりました

  • of the major national science organizations in the world

    後に科学振興協会は

  • to admit women as full members.

    国レベルの科学機関としては 世界で初めて

  • [External funding for science]

    女性を会員として受け入れました

  • Up to the 19th century,

    『外部からの資金援助』

  • natural philosophers were expected to pay

    19世紀までは

  • for their own equipment and supplies.

    実験器具や材料は 自然哲学者が

  • Occasionally, there were prizes,

    自前で用意するものでした

  • such as that given to John Harrison in the 18th century,

    時々 賞金が出ることは ありました

  • for solving the so-called longitude problem,

    18世紀に「経度問題」を 解決したジョン・ハリソンに

  • but prizes were only given after the fact,

    与えられた賞金は その一例です

  • when they were given at all.

    ただ成果があがるまで 賞金は出ませんでした

  • On the advice of the philosophical breakfast club,

    ただ成果があがるまで 賞金は出ませんでした

  • the British Association began to use the extra money

    哲学朝食会の助言により

  • generated by its meetings to give grants

    科学振興協会は 会合で集まった余剰の資金を

  • for research in astronomy, the tides, fossil fish,

    天文学 潮汐調査 化石魚 ―

  • shipbuilding, and many other areas.

    船の建造など 様々な分野の研究に対する ―

  • These grants not only allowed

    助成金として使いました

  • less wealthy men to conduct research,

    これにより資金の乏しい人が

  • but they also encouraged thinking outside the box,

    研究できるように なったばかりでなく

  • rather than just trying to solve one pre-set question.

    既存の問題に 取り組むだけでない ―

  • Eventually, the Royal Society

    型にはまらない 発想を促したのです

  • and the scientific societies of other countries followed suit,

    その後 王立協会や

  • and this has become -- fortunately it's become --

    他の国の科学団体も その例にならいました

  • a major part of the scientific landscape today.

    現在の科学の世界では

  • So the philosophical breakfast club

    幸いにも これが主流になっています

  • helped invent the modern scientist.

    哲学朝食会は

  • That's the heroic part of their story.

    現代の科学者を生む きっかけとなりました

  • There's a flip side as well.

    それが彼らの物語の 成果の部分です

  • They did not foresee at least one consequence

    その反面 ―

  • of their revolution.

    自分達が起こした革命の

  • They would have been deeply dismayed

    結果の一部は彼らには 予見できませんでした

  • by today's disjunction between science and the rest of culture.

    科学と文化の他の分野が

  • It's shocking to realize

    断絶した現在の状況を見たら 彼らはがっかりすることでしょう

  • that only 28 percent of American adults

    驚くべきことに

  • have even a very basic level of science literacy,

    アメリカでは基礎的な 科学知識をもっているのは

  • and this was tested by asking simple questions like,

    成人のわずか28%に過ぎません

  • "Did humans and dinosaurs inhabit the Earth at the same time?"

    この結果は ごく簡単な 質問を通して得られました

  • and "What proportion of the Earth is covered in water?"

    「人間と恐竜が 一緒に住んでいた時期はあるか?」

  • Once scientists became members of a professional group,

    「地球上の何割が 水におおわれているか?」

  • they were slowly walled off from the rest of us.

    科学者が専門家集団になると

  • This is the unintended consequence of the revolution

    次第に その他の人々との間に 壁ができました

  • that started with our four friends.

    これは哲学朝食会の 面々も予期しなかった ―

  • Charles Darwin said,

    革命の副作用です

  • "I sometimes think that general and popular treatises

    ダーウィンは言いました

  • are almost as important for the progress of science

    「一般向けの論文も 元の論文と同様に

  • as original work."

    科学の進歩にとって重要である」

  • In fact, "Origin of Species" was written

    科学の進歩にとって重要である」

  • for a general and popular audience,

    実際 『種の起源』は 一般向けに書かれ

  • and was widely read when it first appeared.

    実際 『種の起源』は 一般向けに書かれ

  • Darwin knew what we seem to have forgotten,

    出版当初から 広く読まれていました

  • that science is not only for scientists.

    ダーウィンは 私達が忘れかけている ―

  • Thank you.

    「科学は科学者だけのものではない」 ということを理解していたのです

  • (Applause)

    ありがとうございました

I'd like you to come back with me for a moment

翻訳: Kazunori Akashi 校正: Mamoru Ichikawa

字幕と単語

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 TED 哲学 機械 会員 革命 ダーウィン

TED】Laura Snyder: The Philosophical Breakfast Club (ローラ・スナイダー: The Philosophical Breakfast Club) (【TED】Laura Snyder: The Philosophical Breakfast Club (Laura Snyder: The Philosophical Breakfast Club))

  • 1617 131
    VoiceTube に公開 2021 年 01 月 14 日