Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • SAM BENEDICT: Welcome to SBCU.

    SAM BENEDICT: SBCUへようこそ。

  • We're going to talk about the all-around performance road

    オールラウンドパフォーマンスバイクである、

  • bike, the Tarmac.

    Tarmacについてお話しします。

  • This bike does it all, and does it all fast.

    このバイクは何でもできますが、とにかく速いです。

  • We're going to talk about how this bike climbs, how well it

    このバイクがどうやって坂道を登れるか、

  • handles, and how it just gets up and goes in the flat out

    ハンドルがどのように素晴らしいか、また平坦な道でのスプリントが

  • fastest sprint you could possibly want.

    どれほど速いかをお話しします。

  • So let's talk about the climbing

    ではTarmacのクライミング能力について

  • ability of the Tarmac.

    お話ししましょう。

  • Now, this bike is insanely light.

    このバイクは非常に軽量です。

  • This is a sub-900 gram frame in the S-Works, and we were

    これはS-Worksのサブ900gフレームで、

  • able to take the stiffness to weight ratio up 19% over the

    前世代のSL3から19%以上も

  • previous generation, the SL3.

    剛性重量比率を改善しました。

  • But to pull that off, it's not easy to do, and the engineers

    ですがこれは簡単なことではなく、

  • spent an incredible amount of time looking at every fiber,

    エンジニアがあらゆるファイバー、ビット、あらゆるフレームの製造方法を探すのに

  • every bit, every way to construct the frame.

    膨大な時間を費やしました。

  • And what we have here is a new way to

    そしてついに、FACT ISフレームを作る

  • build the FACT IS frame.

    新たな方法ができました。

  • So the frame is actually constructed in

    実はフレームは4つの独立したピースで

  • four separate pieces.

    造られているのです。

  • You have your top-tube, head-tube, and most of your

    トップチューブ、ヘッドチューブと

  • down-tube are really unique.

    ダウンチューブがとてもユニークです。

  • One piece BB chain-stay, your c-tube, and then your seat

    1ピースのBBチェーンステー、cチューブ、シートステーが

  • stays in the back.

    後部にあります。

  • And when you can build these pieces individually, you can

    個々にこれらのピースをあわせる際には

  • build them for the weight, the stiffness, exactly what you

    重量、剛性など必要なものを考えながら、

  • need to do, and come out with the best product that's going

    上り坂を駆け上がれるような、それでいて優れていて強固で、

  • to fly up the hills, but also be nice and stiff, exactly

    必要とされる最高の商品に

  • where you need it.

    なっています。

  • So this is the SL4 frame, super light and stiff.

    So this is the これがSL4フレームなのですが、非常に軽量で強固です。

  • So the handling on the Tarmac is part of what makes this

    Tarmacのハンドリングは

  • bike so much fun to ride, very responsive, very snappy, comes

    Tarmacのバイクをとても楽しいものにしているものの1つで、

  • to life right underneath you, and we're going to get that

    レスポンスが良く、スナップがきく、とても楽しいもので、

  • from three parts of the bike.

    これはこのバイクの3つの部分から成り立っています。

  • First part is in the front end.

    最初の部分はフロントエンドにあります。

  • The head-tube angle, this is a pretty traditional style

    ヘッドチューブアングル、これは従来のスタイルの

  • head-tube angle, steep, agile.

    ヘッドチューブアングルで、急であり、機動力があります。

  • It's going to respond to your inputs.

    操作に良く反応します。

  • But if you look closely, you'll notice it's a tapered

    ですが近くで見ると、先が細くなったヘッドチューブであることがわかり、

  • head-tube, 1 1/8 to 1 3/8, leading into this big old

    1 1/8から1 3/8で、この大きく古くしっかりしたフォークを

  • beefy fork here.

    ここに導いてくれます。

  • And that's going to give us a lot of stiffness, a lot of

    またこれにより強固さを実現することができ、

  • confidence when you're laying into those corners.

    コーナーで車体を倒すときにも安心です。

  • Moving down towards the bottom of the bike, the bottom

    バイクのボトムへと移ると、

  • bracket is low.

    ボトムブラケットが低くなっています。

  • You're going to feel planted in those corners, but it's not

    これらのコーナーに植え付けられているかのような気持ちになるでしょうが、それは違います。

  • so low that you're going to scrape your petals when you're

    コーナーでペダリングする際に

  • peddling through the corners, so a lot of speed, a lot of

    ペタルをこするよう低く、スピードがでますが、

  • confidence.

    安心感もあります。

  • And then when we move into the chain-stays, short

    次に、チェーンステーに話を移すと、

  • chain-stays, going to be responsive, make the bike easy

    ショートチェーンステーは、レスポンスが良く、

  • to accelerate and get up to speed, very good flickable

    バイクの加速が容易で鋭いターニングも

  • turning, as well.

    できます。

  • So at the end of the ride, it's all about the sprint.

    ですから乗り終えた後、全てはスプリントなのです。

  • You've got to put this away, put a bow on it, come across

    これは置いておいて、

  • the line in first place.

    最初にラインが思い浮かびます。

  • And the Tarmac is constructed to do that, and there's a few

    またTarmacはこれができるよう作られており、

  • places that we want to talk about, how we get that done.

    話したい場所が2,3あり、また我々がどのようにこれを成し遂げるか

  • The head-tube here, this is a hyperbolic head-tube.

    ヘッドチューブは、双曲線状になっています。

  • So it's got this interesting shape to it, where there's no

    ですからこれでこのフラットエッジがない興味深い形状が実現できました、

  • flat edges, and what we're trying to do there is make it

    また我々が今取り組んでいるのは

  • light on the top, but don't allow the carbon fibers to

    トップを軽量化することですが

  • breathe and flex at all, just make it super stiff and

    これによりカーボンファイバーが密閉されずまた伸ばすこともでき、

  • responsive.

    とても強固に、レスポンスを良くしているということです。

  • So when you pulling on the handlebars and really just

    ですからハンドルバーを引き

  • trying to get every ounce of power out of the bike, it's

    バイクの外に力を加えても

  • not going to move underneath you.

    動きません。

  • Going down to this big old beefy down-tube, it's going to

    この大きくて古い、しっかりしたダウンチューブについてお話しします、

  • be super stiff, and then into a really unique constructed

    これはとても強固でとてもユニークにつくられました。

  • one piece bottom bracket chain-stay.

    1ピースのボトムブラケットチェーンステーです。

  • This is where the power transfer is all about.

    これが電源の移譲に関することです。

  • You want those two pieces together, no interruptions,

    これら2つのピースを組み合わせたいでしょうが、

  • big, stiff, light.

    大きく、強固で安定しています。

  • Put the power down, Tarmac's going to take

    電源を落として、Tarmacはラインを越えたつながりを

  • you across the line.

    見せてくれます。

  • So three things I want to talk about on this Tarmac here that

    Tarmacについて私がお話しした3点の1つは、

  • are super cool.

    とてもかっこいいということです。

  • One is the Roval Repede CLX40 wheels.

    1つは、Roval Repede CLX40ホイールです。

  • Just like the bike, these things are all about being

    他のバイクと同じように、これらは全て

  • lightweight, and stiff, and getting up to speed and going.

    軽量で、強固で初速が優れています。

  • So, these are 40 millimeter clincher carbon wheels with

    これらがセラミックベアリングでつきの

  • sealed ceramic bearings, super nice.

    40mmのクリンチャーカーボンホイールで、とても素晴らしいです。

  • The crankset here, this is our S-Works FACT crankset, very,

    これはS-Works FACT cranksetで、

  • very light and stiff, crazy light and stiff, also really

    非常に軽量で強固で、

  • cool that it comes with standard gearing.

    スタンダードギアリングでわかる通りとてもクールです。

  • That's 53/39, but if that's not your style of gearing, you

    53/39ですが、あなたのギアリングのスタイルでない場合、

  • want to change it out, great, no problem.

    変えたいとお思いでしょうが、大丈夫です。

  • It has a removal spider.

    リムーバルスパイダーがあります。

  • You can put whatever gearing on there's

    なんであれ自分の好きなギアリングを

  • going to make you happiest.

    取り付けることができます。

  • And the last piece-- the one that's going to take us home--

    そして最後に、我々を家へ連れて行ってくれる、

  • is the Body Geometry saddle.

    Body Geometry のサドルです。

  • Doesn't matter how fast or slow you're going, you got to

    どのような速度でも問題なく、

  • stay comfortable on the bike, you got to keep blood flowing

    バイクの上で快適でいられて、血行が常に悪くなることも

  • where it needs to be flowing.

    ありません。

  • That Body Geometry saddle is going to do exactly that.

    Body Geometryサドルはこれを確実に実行できます。

  • So that's the Tarmac, the all-around performance race

    So that's the これがTarmac、オールラウンドパフォーマンスレースバイクで、

  • bike, one of my favorite bikes to ride the whole wide world.

    外で乗るバイクの中でも私が好きなものの1つです。

SAM BENEDICT: Welcome to SBCU.

SAM BENEDICT: SBCUへようこそ。

字幕と単語

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 バイク チューブ ピース フレーム ヘッド スプリント

ショップトーク。特殊ターマックを間近で見る (Shop Talk: Specialized Tarmac Up Close)

  • 1158 59
    dkdk に公開 2021 年 01 月 14 日
動画の中の単語