Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

AI 自動生成字幕
  • You've probably seen one of these,

    これを見たことがある人もいるでしょう。

  • a Lego Brick.

    をレゴブリックに。

  • But have you ever wondered how it all started

    でも、どうやって始まったのか疑問に思ったことはありませんか?

  • and why it's called Lego?

    と、なぜレゴと呼ばれているのか?

  • Actually, the name is much older than this plastic brick.

    実はこのプラスチックレンガよりもずっと古い名前なんです。

  • Are you curious?

    気になりますか?

  • Let me tell you how it all began.

    始まりの経緯をお話ししましょう。

  • Many years ago

    何年も前に

  • there was a skilled and hard-working carpenter named Ole Kirk Christiansen.

    オーレ・カーク・クリスチャンセンという熟練した働き者の大工さんがいました。

  • Ole was a respected carpenter with his own company,

    オーレは自分の会社を持っていて尊敬される大工さんでした。

  • but times were hard. So he didn't have much money

    でも時代は苦しかっただから彼はあまりお金を持っていませんでした

  • and had to dismiss his last worker.

    そして、最後の労働者を解雇しなければならなかった。

  • Ole: "Come on in".

    オーレ"さあ、どうぞ"

  • Worker: "I have closed down the workshop and packed my things".

    作業員さん。"作業場を閉鎖して荷物をまとめました"

  • Ole: "Thank you. I suppose I'd better write you a paycheck".

    オーレ"オーレ「ありがとうございます。給料書を書いた方がよさそうだな」。

  • Ole: "Take care."

    オーレ"気をつけてね"

  • Ole: "Well, that was the last one.

    オーレ 「....そうなんですか?"彡(゚)(゚)「まぁ、最後の一本だからね。

  • I just didn't imagine that it would come to this".

    こんなことになるとは想像もしていなかった」。

  • Wife: "I know. It's hard to understand, but at least now it can't get much worse."

    嫁「わかってるよ。理解しがたいけど、少なくとも今はこれ以上悪くなることはない"

  • But it did get worse. Shortly after, Ole lost his wife.

    しかし、それはさらに悪化した。その直後、オーレは妻を失った。

  • But Ole was a special person.

    しかし、オーレは特別な人だった。

  • He wasn't the type that gave up.

    諦めるようなタイプではありませんでした。

  • And with the responsibility of his four sons, he had to think of something.

    そして4人の息子の責任を背負って、彼は何かを考えなければならなかった。

  • Ole had gotten an idea

    オーレはある考えを持っていた

  • and for him, it never took long to put an idea into action.

    彼にとって、アイデアを実行に移すのに時間はかかりませんでした。

  • Ole's little invention made his boys so happy that he thought maybe he should start making toys.

    オーレのちょっとした発明で息子たちは大喜びで、おもちゃ作りを始めようかなと思っていました。

  • Ole decided to give it a try.

    オーレは試しにやってみることにした。

  • Luckily, he had saved up a lot of wood from the carpentry production.

    幸いなことに、大工仕事の生産で大量の木材を貯めていた。

  • He could now use it to make toys.

    彼はそれを使っておもちゃを作ることができるようになりました。

  • Time passed by

    時の流れ

  • and even though Ole was a skilled carpenter and had a good eye for quality and detail,

    そして、オーレは腕の良い大工さんで、品質や細部にまで目が行き届いていたにもかかわらず。

  • sales were very slow.

    売り上げが非常に低迷していました。

  • Luckily, one of his sons, Godtfred, started helping out his dad after school.

    幸いなことに、息子のゴッドフレッドは、放課後に父親の手伝いを始めました。

  • Together, they just barely managed to keep up the production.

    一緒になって、ぎりぎりのところで生産を続けていました。

  • Eventually, word began to spread that the wooden toys of the finest quality were being made from that little workshop in Billund.

    やがて、最高品質の木のおもちゃがビルンドの小さな工房で作られているという話が広まり始めました。

  • One day, a man drove into town.

    ある日、一人の男が車で町に入ってきた。

  • A man who would change Ole's future.

    オーレの未来を変える男。

  • He was a wholesaler from factory shop.

    工場のお店からの卸し屋さんでした。

  • 'I heard that you are making some very nice wooden toys'

    "とても素敵な木のおもちゃを作っているそうですね

  • Ole: 'Well, one does his best'.

    オーレ「まぁ、一人はベストを尽くしている。

  • The wholesaler was very impressed with all the wooden toys.

    問屋さんは木のおもちゃばかりで感激しました。

  • And placed big order before he left.

    そして、彼が帰る前に大きな注文をしました。

  • Ole: 'Now there's finally someone who can see the opportunities and what we are doing'

    オーレ「これでやっとチャンスと自分たちのやっていることを理解してくれる人が現れました。

  • 'Look at this. The wholesaler wants to put a lot of our toys into his store for the holidays

    'これを見てください。問屋さんが休日のために私たちのおもちゃをたくさん入れたいと言っています。

  • it's going to be a good Christmas this year

    今年はいいクリスマスになりそう

  • that will be busy".

    忙しくなる」ということです。

  • Now, there was a lot to do with the little workshop

    さて、ちょっとしたワークショップがあったので

  • and Ole could rehire his former workers.

    とオーレは元労働者を再雇用する可能性があります。

  • Ole only used the highest quality wood

    オーレは最高品質の木材のみを使用

  • which was hand-picked and very carefully prepared

    丹精込めて作られた

  • They worked day and night to get the order finished

    彼らは昼夜を問わず、注文を完成させるために働いていました。

  • So the wholesaler could get the toys out in stores before Christmas.

    だから問屋はクリスマス前に店頭でオモチャを出すことができた。

  • Godtfred: "Is there something wrong, Dad?"

    ゴッドフレッド"パパ、何かあったの?"

  • Ole: "I'm afraid that we are in big trouble".

    オーレ。"大変なことになっているようです"

  • In the middle of their work, Ole received a letter saying that the wholesaler had filed for bankruptcy

    仕事の途中、オーレには問屋が破産を申請したという手紙が届いた。

  • and couldn't buy the toys that he had ordered

    注文していたおもちゃが買えない

  • Godtfred: "What are you gonna do? What about Christmas?

    ゴッドフレッド"どうするんですか?クリスマスはどうするの?

  • Now we can't even afford food?"

    "食料も買えないのか?"

  • Ole: "I'll do it".

    オーレ「......"俺がやる "と。

  • Godtfred: "What are you gonna do, Dad?"

    ゴッドフレッド"パパ、どうするの?"

  • Ole: "I'll do it myself. I'll drive around selling the toys"

    オーレ「............................................................................................................................................................................................................................................"自分でやるよ。"オモチャを売

  • There was no time to lose. Ole packed the car with all the toys and drove off.

    失う時間はありませんでした。オーレは車におもちゃを詰め込んで走り去った。

  • Ole was a very good toy-maker but was not a very good salesman.

    オーレはとても良いおもちゃ作りをしていたが、営業はあまり得意ではなかった。

  • He didn't like praising himself or talking about how carefully the toys have been made

    自分で自分を褒めたり、おもちゃがいかに丁寧に作られているかを話すのが好きではなかった。

  • but he had to keep trying

    頑張らずにはいられなかった

  • Ole: "This is going to be a blast. Is there anything you were interested in?"

    オーレ「............................................................................................................................................................................................................................................"これはすごいことになりそうだ

  • 'It looks exciting but i don't have a lot of money right now. Maybe we could trade in and call it even.'

    "興奮しそうだが 今は大金を持っていない"もしかしたら下取りに出して 差額を請求できるかもしれない

  • Ole: "Well, i would prefer money"

    オーレ"金の方がいい"

  • 'but'

    けど

  • In the end, he succeeded in selling all the toys.

    結局、おもちゃを全部売ることに成功した。

  • He didn't receive as much money as he had hoped. But the family managed and they had plenty of food for Christmas

    彼は期待していたほど多くのお金を受け取っていませんでした。しかし、家族はなんとかやっていて、クリスマスにはたくさんの食べ物を食べることができました。

  • Time passed by

    時の流れ

  • But the toys didn't sell as quickly as they had expected

    しかし、おもちゃは思ったよりも早く売れませんでした。

  • Ole thought perhaps the company needed a good name

    オーレは、おそらく会社には良い名前が必要だと思った

  • 'What should it be? It has to be short word. I wanted to convey playing well'

    "何にしたらいいの?短い言葉でなければならない。"いいプレーを伝えたかった

  • In Danish, `playing well` is called `LEG GODT`

    デンマーク語では、`playing well` は `LEG GODT` と呼ばれます。

  • 'What should it be? What should it be?'

    "どうしたらいいの?"どうあるべきか?

  • 'If only i could get some sort of a sign'

    "何かサインがあればいいのですが

  • 'LEGO'

    'LEGO'

  • As you can see, Ole himself ended up finding a very suitable name.

    ご覧の通り、オーレ自身も結局はとても適当な名前を見つけてしまいました。

  • But what he didn't know was that in latin, the word 'LEGO' means 'I put together'

    しかし、彼が知らなかったのは、ラテン語で「レゴ」という言葉は「私がまとめて」という意味だということです。

  • The name 'LEGO' was well received.

    レゴ」という名前が好評でした。

  • And the company slowly started to move forward.

    そして、会社はゆっくりと前に進み始めました。

  • Godtfred: "We have made 3000 krones this year. And we more orders than usual"

    ゴッドフレッド"今年は3000クローネを作った。"そしていつもより多くの注文がある"

  • Ole: "Did you say 3000 krones. Then you need to see what i've been looking at"

    オーレ「............................................................................................................................................................................................................................................"3000クローネと言ったか?

  • Even though Godtfred wasn't comfortable spending money on a milling machine.

    ゴッドフレッドはフライス盤に金をかけるのは気が引けたとはいえ

  • He could see that it was useful and that the quality of the toys improved

    役に立っていることがわかり、おもちゃの質が向上していることがわかりました。

  • 'Could you finish the last batch and get it ready for shipping?'

    "最後のバッチを仕上げて 出荷の準備をしてくれないか?

  • 'I will'

    そうします

  • 'Dad.... dad, i saved a lot of money for the company today'

    "パパ...パパ...今日は会社のためにお金をたくさん貯めたんだ

  • Ole: "Really? how?"

    オーレ"ほんとに?" "どうやって?"

  • Godtfred: "I figured we could save money in the locker. It's like only coated the duck twice instead of three times"

    ゴッドフレッド"ロッカーでお金を節約できると思ったんだ。"アヒルを3回ではなく2回塗っただけのようなものだ"

  • Ole: "You what?"

    オーレ"何だって?"

  • Unfortunately, Godtfred's idea didn't go over well with Ole.

    残念ながらゴッドフレッドのアイデアはオーレには通用しなかった。

  • Ole made Godtfred unpacked all the ducks himself

    オーレはゴッドフレッドが自分ですべてのアヒルを解凍しました。

  • gave them the last layer of locker and bring them back to train station.

    ロッカーの最後の層を渡して、駅まで持ってきてくれました。

  • Ole believes in high quality and not cheating his customers

    オーレは高品質を信条とし、お客様を騙さないことを信条としています。

  • when Godtfred returned, Ole explained that wasn't the way to create a good brand.

    ゴッドフレッドが戻ってきたとき、オーレはそれが良いブランドを作る方法ではないと説明した。

  • This little lesson opened Godtfred's eyes to the fact that every detail matters

    この小さなレッスンは、ゴッドフレッドの目を細部にまで行き渡らせてくれました。

  • and only the best is good enough.

    そして、最高のものだけが良いのです。

  • In the late 1930s, LEGO was making a profit even when the second world war broke out.

    1930年代後半、第二次世界大戦が勃発してもレゴは利益を上げていた。

  • They tried to make the best out of a difficult time.

    困難な時代を最高のものにしようとしてくれました。

  • It seemed nothing could go wrong.

    何もうまくいかないように見えました。

  • But a stormy night in 1942 changed their luck.

    しかし、1942年の嵐の夜が彼らの運を変えた。

  • 'There's a fire. The workshop is on fire.'

    火事だ"作業場が火事だ

  • But when the firemen arrived, they were unable to save the workshop

    しかし、消防士が到着したとき、彼らは作業場を救うことができませんでした。

  • it burned to the ground and all the drawings and models were destroyed.

    燃え尽きてしまい、図面や模型はすべて破壊されてしまいました。

  • Ole was beginning to lose hope.

    オーレは希望を失い始めていた。

  • All that he had worked for was gone and he almost lost his company

    勤めていた会社のすべてがなくなり、会社を失いかけていた

  • but being responsible for his children and workers inspired him to rebuild LEGO

    しかし、子供たちや労働者に責任を持つことで、彼はレゴを再構築するようになりました。

  • A new factory was constructed

    新工場を建設

  • Soon the production of the wooden toys started again

    間もなく木のおもちゃの生産が再開されました

  • The little company fought it way back into the market

    小さな会社は市場に戻る道を戦いました。

  • Gradually, the LEGO factory began to run smoothly and Ole started looking for new challenges

    徐々にレゴ工場は順調に運営されるようになり、オーレは新しいチャレンジを探し始めました。

  • One day, he went to Copenhagen to look at a new machine that had just arrived in Denmark.

    ある日、デンマークに入荷したばかりの新しい機械を見にコペンハーゲンへ。

  • It was a plastic moulding machine and Ole was very excited about it

    プラスチックの成型機だったのでオーレは大喜び

  • Ole: "Should we buy it? i'm sure it's a good bargain and it would give us a lot of opportunities"

    オーレ"買うべきか?" "お買い得だし、多くのチャンスを与えてくれるだろう"

  • Godtfred: "Well, it does sound interesting but it is a lot of money"

    ゴッドフレッド"面白そうだが 大金がかかる"

  • Ole: "I'll take that as a Yes"

    オーレ"そうだね"

  • When the plastic moulding machine finally arrived, Ole started making little plastic teddy bears and raddles.

    ようやくプラスチック成形機が到着すると、オーレは小さなプラスチック製のテディベアやラドルを作り始めました。

  • But he still had the plastic brick that he had received at the fair.

    しかし、彼はまだフェアでもらったプラスチックのレンガを持っていた。

  • There was something about that he couldn't stop thinking about.

    彼は何かを考えていました

  • And even though no one else could see the potential in them.

    そして、誰も彼らの中に可能性を見出せなかったにもかかわらず

  • Ole decided to redesigned and put them into production.

    オーレはデザインを一新して生産に投入することにした。

  • But it was when LEGO first launched the great Ferguson tractor, that the plastic toys became a success.

    しかし、プラスチック製のおもちゃが成功したのは、レゴが最初に偉大なファーガソンのトラクターを発売した時でした。

  • Unfortunately the sales were dropped during the summer

    残念ながら夏の間に売れなくなってしまいました

  • and the company had too many toys in stock.

    と会社におもちゃの在庫が多すぎた。

  • Godtfred: "This can't be right. Of course, our products can be sold the whole year, not only for Christmas"

    ゴッドフレッド"そんなはずはない。もちろん、うちの商品はクリスマスだけではなく、一年を通して販売することができます。"

  • Godtfred decided that he would go out and sell the toys himself.

    ゴッドフレッドは自分でおもちゃを売りに行くことにした。

  • Godtfred brought his wife as a company and moral support

    ゴッドフレッドは妻を会社として、また道徳的な支えとして連れてきました。

  • "If you can't get cash,we need butter and eggs"

    "現金が手に入らないなら、バターと卵が必要だ"

  • Well, it wasn't that bad.

    まあ、そんなに悪くはなかったんですけどね。

  • Godtfred was a success in his trip around the country which helped LEGO to get out of its financial crisis.

    ゴッドフレッドは、レゴの財政危機からの脱却に貢献した国内旅行で成功を収めた。

  • They reached home just in time for Ole's birthday party.

    二人はオーレの誕生日会に間に合うように家に着いた。

  • Ole turned 60 and the whole family was gathered to celebrate with him.

    オーレは60歳になり、家族全員でお祝いに集まりました。

  • Ole: "Well, I guess it was a long trip along the country"

    オーレ「............................................................................................................................................................................................................................................"まあ、田舎道の長旅だったんだ

  • "Hey, I got an idea. Eh, listen. Listen. What about a picture with the three generations"

    "ねえ、いいこと思いついたんだけど。え、聞いてくれ。聞いてくれ。"三世代で絵を描くのはどうだろう?"

  • Everyone thought that was a good idea. And we were placed on the sofa with all the presents and flowers around us.

    と誰もが思った。そして、私たちの周りにはプレゼントや花がいっぱいあって、ソファーに置かれていました。

  • On a business trip to England, Godtfred met the head of a big shopping center on his way home.

    イギリス出張中のゴッドフレッドは、帰宅途中に大型ショッピングセンターのヘッドと出会う。

  • They discussed the toy industry. And the conversation would be very important to the future of LEGO.

    おもちゃ業界のことを話し合っていました。そして、その会話はレゴの将来を考える上で非常に重要なものになるでしょう。

  • "Damn that industry. I just think that toys are no good nowadays"

    "あの業界はクソだ。"最近のオモチャはダメだと思う"

  • Godtfred: "What do you mean? I think they are working very well".

    ゴッドフレッド「.........................................................................................................................................................................................................................................."何を言ってるんだ?とても

  • "Oh, they work fine. Sure, but there's no system in anything"

    "ああ、彼らは正常に動作します。"確かに、しかし、何にもシステムがない"

  • Godtfred: "System?".

    ゴッドフレッド:"システム?"

  • Godtfred: "System? Hmm. There isn't any system".

    ゴッドフレッド"彡(゚)(゚)(゚)「システムですか?うーん。システムはない」。

  • Ole: "What in the world are you doing, Godtfred?"

    オーレ「............................................................................................................................................................................................................................................"一体何をしているんだ、ゴッド

  • Godtfred: "There isn't any system.

    ゴッドフレッド"彡(゚)(゚)(゚)「システムがないんだよ。

  • The toys need an idea and a system built around it.

    おもちゃにはアイデアとその周りに構築されたシステムが必要です。

  • I want to put system in the play. Children have only been offered ready-made solutions.

    劇中にシステムを入れたい。子どもたちには既製品の解決策しか提示されていません。

  • They need something different that will strengthen their imagination and creativity".

    彼らは想像力と創造性を強化するために、何か違うものを必要としています。

  • Ole: "So, you are trying to put LEGO into a system? Interesting".

    オーレ 「............................................................................................................................................................................................................................................"ということは、レゴをシステ

  • That same year, LEGO started producing the first LEGO system of play.

    同年、レゴは最初の遊びのシステムであるレゴの生産を開始しました。

  • Children could now build houses from the LEGO bricks.

    子どもたちは、レゴブロックで家を作ることができるようになりました。

  • The town planned gave play a realistic town setting and with this, children learned about traffic safety.

    街の計画では、リアルな街並みを再現した遊びを行い、子どもたちは交通安全について学んでいました。

  • My sister and I could play with the new LEGO system for hours.

    姉と私は新しいレゴシステムで何時間でも遊べました。

  • Some people said we were the luckiest children in the world.

    世界で一番運のいい子だと言っていた人もいました。

  • Because we grew up in a toy factory.

    おもちゃ工場で育ったから

  • It was a huge breakthrough.

    大躍進でした。

  • And Godtfred decided to try selling it outside of Denmark.

    そしてゴッドフレッドはデンマーク以外で売ってみることにした。

  • The system of play was so popular that they managed to sell it to many countries.

    遊びのシステムが人気だったから、なんとか各国に売ってくれました。

  • "Look what I just built".

    "私が作ったものを見て"

  • "That is really nice, Cal".

    "本当にいいね、カル"