Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • There's this interesting theory out there that every Pixar film exists in the same universe, that they're connected by overarching themes that place them along a single, unified timeline.

    面白い説があります―全てのピクサー映画は同じ宇宙に存在していて、1つの統一されたタイムライン上で、包括的なテーマでつながっているというものです。

  • Since the hit-making animation studio is set to release two more films in the next few months, I thought it'd be interesting to put the theory out there, and start a conversation.

    このヒットメーカーのアニメスタジオは、この先数ヶ月で、さらに2本の映画を公開することになっています。そこでこの説を出して、会話を始めてみたら面白いかな、と思ったのです。

  • It begins with Brave, and Merida discovering the "the-will-of-the-wisps."

    まずは「ブレイブ」で、メリダが「鬼火」を見つけるところから始まります。

  • This magic turns her mother into a bear, and is the reason why animals and inanimate objects behave like humans.

    この魔法で、メリダの母親が熊になります。これが、動物や無生物が人間のように振る舞う理由です。

  • A witch uses this magic and mysteriously vanishes through wooden doors.

    魔女はこの魔法を使い、不可解にも、木のドアから消えてしまいます。

  • The magic from the will of the wisps eventually leads to superheroes, who maintain order and justice in the world.

    鬼火の魔法は最終的に、スーパーヒーローにつながり、世界の秩序や正義を保ちます。

  • But the villain Buddy introduces artificially intelligent robots which try and destroy the superhumans.

    しかし、悪者のバディがAIロボットを導入し、それがスーパーマンたちを破壊しようとします。

  • He also harnesses Zero Point Energy, a power source that exists in wavelengths and gives life to toys, which learn that another energy source is human love, upon which they thrive.

    彼は「ゼロ・ポイント・エネルギー」という、波長に存在していておもちゃに命を与える動力源も持っています。そしてそのおもちゃたちは、人間の愛がもう1つのエネルギー源であることを学び、その愛によって強くなります。

  • In the first movie, the gang begins to understand what happens to toys that are isolated from humans.

    最初の映画では、おもちゃたちは、人間から離れたおもちゃに何が起こるかを理解し始めます。

  • In the second film, the toys evolve to become more self-aware and begin questioning their purpose.

    次の映画では、おもちゃたちが進化して自己認識をするようになり、自らの目的について疑問を持ち始めます。

  • And certain toys, like Jesse, begin to resent their human owners for abandoning them.

    あるおもちゃたちは、ジェシーのように、自分たちを捨てた人間に憤りを抱き始めます。

  • Resentment is felt by animals too.

    動物も、憤りを感じます。

  • We learn that fish have very advanced intelligence and are suffering from human pollution and experimentation.

    魚は非常に高度な知能を持っていて、人間の汚染や実験によって苦しめられていることを、私たちは学びます。

  • They too begin to resent humans for their lack of concern for nature and the environment.

    人間には、自然や環境に対する関心が欠如していることについて、魚たちは憤りを覚え始めます。

  • In Remy, we see an even more advanced animal who walks on his hind legs, can read, and cook better than all the other humans.

    「レミー」では、より進化した動物を見ることができます。後ろ足で歩き、読み、他の人間より料理が上手い動物です。

  • His relationship with Linguini is also the first time we see communication between animals and humans, but the tides are beginning to turn, as Remy essentially uses Linguini as his controllable cooking machine.

    リングイニとの関係を通し、私たちは、動物と人間がコミュニケーションを取るのを初めて目の当たりにできます。しかし、状況は変わり始めます。レミーは実質的に、リングイニをコントロール可能な料理マシンとして使うからです。

  • Three years later, the toys are also ready to take over.

    3年後、おもちゃたちも、乗っ取る準備ができています。

  • They're fed up with being abused, and some characters, like Lotso the Huggin' Bear, hate humans with a passion.

    乱暴に扱われるのはもうたくさんです。そしてテディベアのロッツォのように、人間のことが心から大嫌いなキャラクターもいます。

  • Meanwhile, as a result of the increasing dominance of the BnL corporation, Carl is forced to give up his property.

    一方、BnL社がますます優勢になった結果、カールは土地を手放さざるを得なくなります。

  • This foreshadows that BnL is the cause of widespread pollution that wipes out life on earth in the future.

    将来の地球から生命を消し去ってしまう、広範囲にわたる汚染の元凶がBnL社である、という伏線です。

  • Carl also discovers that animals can communicate with humans, and he learns how bitter they are at their subservient role.

    カールは、動物が人間とコミュニケーションを取ることができると知ります。そして、人間の言いなりになる立場に嫌な思いを持っていることも学びます。

  • When the animals finally do rise up, the machines side with humans in the war because people are the machine's source of energy, but eliminating the animals throws off the balance of the ecosystem, so humans are sent away on a ship called the Axiom.

    動物たちが立ち上がると、戦争で機械は人間の味方につきます。人は、機械のエネルギー源だからです。しかし、動物を排除することで生態系のバランスが崩れ、人間はアクシオムという船で追い払われます。

  • All of the other machines are left behind to populate the world and run things.

    機械は全て後に残され、世界に居住して物事を行います。

  • This is confirmed when humans are still nowhere to be found anywhere on earth.

    これは確かなことです。人間は依然、地球上のどこにも見当たりません。

  • With the humans gone, the cars have to run on oil, but the oil eventually runs out.

    人間がいなくなり、車には石油が必要ですが、石油は最終的になくなってしまいます。

  • Fast Forward a few hundred years when Wall-E is the only machine left on earth, surviving because of his connection to human culture and his relationship with the single remaining living creature, a sturdy cockroach.

    数百年たつと、ウォーリーが唯一、地球に残された機械です。ウォーリーは人間の文化とのつながりをもっており、1つ残された生き物である、屈強なゴキブリとの関係のおかげで、生き延びることができています。

  • This robot Jesus and his aptly-named love, Eve, save the human race and help them come home to repopulate the planet.

    ロボットのイエスと、上手く名付けられた恋の相手のイブが、人間を救い、地球に再び住むことができるようになります。

  • The end credits show the last plant growing into a mighty tree which we see in "A Bug's Life."

    エンドロールでは、最後の植物が大きな木に生長しているのが分かりますが、それは「バグズ・ライフ」に登場します。

  • Supporting the fact that the film takes place after Wall-E is that the ants are intelligent, long-living and socially advanced.

    アリが知能的で、寿命が長く、社会的に進化していることから、この映画が「ウォーリー」の後を舞台としていることが分かります。

  • Humans are barely alluded to in the film, which makes sense because there simply aren't many humans around after having only recently begun repopulating the Earth.

    人間は映画にほとんど出てきませんが、それも理にかなっています。地球に再び住むようになったばかりなので、単純に、あまり多くの人間がいないのです。

  • Hundreds, perhaps thousands of years after Wall-E, monsters evolve and mutate out of the pollution caused by BnL, and humans go extinct.

    ウォーリーから数百、いや数千年たった後には、モンスターが進化し、BnLが引き起こした汚染によって変異を起こして、人間は絶滅します。

  • At Monster's University, the monsters are taught that humans are toxic and from another dimension because it was feared that travelling back in time, as the monsters do when they go through the doors, could alter history and erase them from their present day existence.

    モンスターズ・ユニバーシティでは、人間が有害で、別次元に存在するものだと教えられます。モンスターがドアを通り抜けると、時間をさかのぼり、歴史を変えて、今こうして存在しているのを消し去ってしまうと恐れられていたからです。

  • But the monsters realize that they need human contact, especially laughter, to survive.

    しかしモンスターたちは、生き残るためには、人間とのつながり、特に笑いが必要だと気づきます。

  • The mobile trailer from A Bug's Life appears, but it's newer in Monsters, INC. because they are time-travelling back before humans were forced to leave on the Axiom.

    「バグズ・ライフ」のトレーラーが登場しますが、「モンスターズ・インク」ではより新しくなっています。タイムトラベルをして、人間がアクシオムで追い出される前に戻っているからです。

  • This all leads us to Boo, the character that brings the theory full circle.

    そこで、ブーの登場です。このキャラクターで、今紹介した説が元に戻ります。

  • Little Boo never stopped missing Sulley, and never gave up trying to find him.

    小さなブーは、いつもサリーのことを恋しく思っていて、サリーを探すのも諦めませんでした。

  • So she figured out how to time travel later in life and went back to the source of all magic, "the-will-of-the-wisps."

    後にタイムトラベルの方法を解明し、全ての魔法の源、「鬼火」へ戻ったのです。

  • She's the witch in Brave. She uses magic to try and find Sulley, to return to her happiest moments as a child, by creating doors going backwards and forward in time.

    彼女は「ブレイブ」の魔女なのです。魔法を使って、時間を戻ったり進んだりするドアを作り、サリーを見つけようとして、一番幸せだった子どもの時に戻ろうとします。

  • She leaves two wood carvings of Sulley and a pizza truck behind, and she turns Queen Elinor into a bear, maybe because she's trying to bring Sulley back, and a bear is the animal Sulley most closely resembles.

    彼女は木彫りのサリー2体とピザトラックを残し、女王エリノアを熊にします。それは、サリーを取り戻そうとしていて、サリーが熊に一番よく似ていたからかもしれません。

  • As she travels through time she leaves Easter eggs behind in other movies, like Flik and Heimlich in this scene from Toy Story 2.

    タイムトラベルをする中で、彼女は、他の映画の中にイースターエッグを残していきます。「トイストーリー2」のこのシーンの、フリックとハイムリックのように。

  • In the newest movie, the all-mighty life-giving energy force of human emotion is on full display.

    最新の映画では、無限の力を持ち、生命の源となる人間の感情のエネルギー力が、その姿を全て現します。

  • There's also a character named Bing Bong that could be based on a monster, which Riley likely encountered when she was a toddler the same age boo met Sulley.

    モンスターが元になっているような、ビンボンというキャラクターもいます。ライリー幼児の頃、つまり、ブーがサリーに会ったのと同じ頃に、出会ったのだと思われます。

  • There's a connection to "UP" too when the background memories in Riley's mind show scenes from Carl and Ellie's life.

    「カールじいさんの空飛ぶ家」とのつながりもあります。ライリーの心の中の記憶において、カールとエリーの人生における場面が映し出されます。

  • And in the upcoming "The Good Dinosaur," the asteroid that killed the dinosaurs misses earth, causing humans and dinosaurs to exist together.

    もうすぐ公開される「ザ・グッドダイナソー」では、恐竜たちを死に至らせた小惑星が、地球に当たらず、人間と恐竜が共生します。

  • This origin story could fill in some of the clues as to how animals are able to develop intelligence so fast in the Pixar universe.

    ピクサーの宇宙の中で、動物たちがなぜ知能をこんなにも早く発達させているのか、この根幹となるストーリーを通していくらか説明できます。

  • So that's the theory. It was thought up by the blogger Jon Negroni.

    これが説です。ブロガーのジョン・ネグロニ氏が提案したものです。

  • It's very interesting, and at least plausible.

    すごく面白いし、少なくとも、もっともらしいですよね。

  • The craftsmanship and care that go into each Pixar film is why fans are embracing it.

    ピクサー映画の1本ずつに、職人技と配慮が行き渡り、それでファンたちは映画を大切に思っているのです。

  • It's fun to believe that there's a brilliant thesis connecting the wonderful Pixar universe.

    素晴らしいピクサーの宇宙をつなげる、聡明なテーマがあると信じるのは、楽しいですね。

  • But Pixar employees have denied the validity of the theory, and the studio's genius creative director, John Lasseter, says the overarching themes binding the films together are love and coexisting with each other and the planet.

    しかしピクサーのスタッフは、この説の正当性について否定しています。スタジオの天才クリエイティブディレクター、ジョン・ラセター氏は、映画をつなぐ包括的なテーマは、愛、そして、お互いと地球との共生だと話しています。

  • But with all the strategically-placed Easter eggs, and the hard-to-deny connections, it's unlikely this theory is going away anytime soon.

    しかし、巧妙に配置されたイースターエッグや、否定し難いつながりからして、この説がすぐに消え去ってしまうようなことはないでしょう。

  • What do you think? Leave your thoughts in a comment below.

    どう思いますか?コメントを下に残してくださいね。

  • And to get deeper into the Pixar Universe we've arranged for you to get a free copy of the audiobook, "John Lasseter: The Whiz Who Made Pixar King" through the link below if you sign up for a 30-day free trial from Audible.com.

    ピクサーの宇宙にもっと入り込んでいくために、下のリンクからaudible.comの30日間無料お試しに登録すると、無料のオーディオブック「ジョン・ラセター:ピクサーを王にした名手」が手に入ります。

  • And you can watch more of our videos by clicking on the annotation on the left for our look at the biggest Megaprojects under construction around the world, or the right where we rundown interesting facts about the sci-fi epic "Interstellar."

    注釈をクリックすると、僕たちのビデオをもっとご覧いただけます。左側は、世界中で建設中の最大のメガプロジェクト、右側は、SFの傑作「インターステラー」の興味深い事実を見ていきます。

  • Until next time, for the two-brother team here at The Daily Conversation.

    また次回会いましょう。ザ・デイリー・カンバセーションの兄弟チームがお送りしました。

  • Thanks for watching.

    ご覧いただき、ありがとうございました。

There's this interesting theory out there that every Pixar film exists in the same universe, that they're connected by overarching themes that place them along a single, unified timeline.

面白い説があります―全てのピクサー映画は同じ宇宙に存在していて、1つの統一されたタイムライン上で、包括的なテーマでつながっているというものです。

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 ピクサー 理論 宇宙 映画 面白い 存在

みんな大好き!ディズニーピクサー映画の哲学

  • 17683 1671
    成功 に公開 2021 年 08 月 06 日
動画の中の単語